« 飛行機のエンジン | トップページ | 「生」チョコレート »

2002年1月21日 (月)

特許と実用新案

http://www.hirax.net/dekirukana6/treasure/index.htmlでみっけた特開2001-42765「狩野埋蔵金の埋蔵場所を解読し発掘する方法」で L とバカ話をしてたときにふと。(これはこれで面白いのでご一読あれ)
abiys「特許と実用新案の違いがよくわからないのだな

昔から学研の科学のファンだった私は、付録の箱に特許出願中というのを見ていたが、あるときから実用新案出願中っつうのもよく見掛けるようになった。何がどうちがうのかしら?
で調べると、『「特許法が高度な発明の保護」を目的とするのに対し、「実用新案法では、考案の保護」を目的とします。』はぁ。
『自然法則を利用した技術的思想の創作であって、「物品の形状、構造又は組合せ」に係る実用性のある新しい考案の保護を対象としています。また、特許法の保護対象と異なり、技術的思想の創作のうち高度のものであることを必要としません。尚、考案は「物品に係わる考案」に限定されています。』ってことなので、すんごい発明は特許で、「これってこう言う風に使えば便利じゃん」、くらいのものは実用新案なのだな。
『大正時代の「亀の子たわし」などは、当時、特許登録されていますが、現代では、実用新案の対象にしか、ならないだろうといわれています。よって、創作が高度であるかどうかの判断は、時代や国の特許政策によって異なってきます。』結局これかよ。B(

とりあえず、イメージとしては

・実用的じゃないかもしれないけど、高度な発明 = 特許」
・「産業にインパクト与えそうな具体的なものの使い方 = 実用新案」
ってことにしておこう。

|

« 飛行機のエンジン | トップページ | 「生」チョコレート »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748585

この記事へのトラックバック一覧です: 特許と実用新案:

« 飛行機のエンジン | トップページ | 「生」チョコレート »