« K点 | トップページ | アマイロ »

2002年3月18日 (月)

カダフィ大佐

遥か前に「カダフィ大佐ってなんで将軍にならないんだろうねぇ」という話を L としていた。そう、9/11のテロ以来テロリストの呼称っちゅうのを考えてて、


「テロリストは将軍になっちゃいけないんじゃないか?」
「いや、ノリエガ将軍ってのもいたぞ」
「あれってテロリスト?」
「さぁ?」


その時は外務省ページやら、CIA Factbook やらをあたったり、地球の歩き方を探してみたのだけど、真実にはたどり着けなかった。
で、今回も真実にたどり着いたわけではないのだけど、L からメールがあったので。

多分69年の革命で大佐の身分でありながら政権奪取したことを記念することから、自らこの階級で居続けているのでしょう。自分は決して軍隊の中のエリートでなく一般庶民の味方だ、とアピールする意味もあると思います。如何にも独裁者らしいやり方だが。ちなみにヒトラーも第一時大戦で従軍したとき伍長まで上がりましたが、彼が政権を取った後、国防軍に対しもっと高位の階級を与えるよう要求したことは無かったはず。ヒトラーにとってエリート意識が鼻につく軍への対抗意識から、たとえ名誉的なものであっても軍から高い階級を贈られたくなかったのではないかと思います。

ちなみに場所はhttp://www.warbirds.nu/
結構おもしろいですな。リンクフリーちゅうのでとりあえず。

そういえば、以前どっかのページでリビアは思ったより治安がよくて旅をしやすいと読んだ。なんでも少しでも不審だとすぐに警察(?)にしょっぴかれるから治安がいいんだとか。ほんまかいなぁ。

|

« K点 | トップページ | アマイロ »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748588

この記事へのトラックバック一覧です: カダフィ大佐:

« K点 | トップページ | アマイロ »