« 飛び込み自殺続報(電波少年風) again | トップページ | Memorial Day »

2002年5月27日 (月)

痛風っていうかプリン体

Lと飲みに行ったら飲めないとのこと。尿酸値が高いので禁酒だそうな。聞くと別段どこが痛いとかいうことじゃないが、Spec的に痛風だという。ということで痛風を調査


調べると「財団法人痛風研究会」なるものがあるのだな。すごすぎ。トップページによると「行動的、大食い、酒飲みというように”エネルギーの出し入れの大きい人”がなりやすいらしい。およそ L とは程遠い印象。しかし奴のことだから、夜中にこっそりエネルギーを放出してたりするかもしれん。手のひらから電磁波とか。
で、原因。尿酸が濃くなると体液中で飽和するそうな。で、尿酸ナトリウムの形で血液中に析出するらしい。この結晶が関節に沈着したり、腎臓に溜まったりするらしい。関節に沈着すると周りの細胞が破壊されるんだと。うう痛そう。ぎしぎし音がしてそうだ。

で、尿酸ってのはプリン体の一種らしい。一種なのか?んー、プリン体が分解されて尿の中に捨てられるときの形が尿酸だと。プリン体とは、窒素と炭素でできた化合物のことで、生命を保つのに非常に重要な物質だそうな。日本プリン・ピリミジン代謝学会なんていうのもあるらしい。摂り過ぎるとダメなんだけど、摂らなきゃいけないっていう何ともたちの悪いもんですな。おかげで、近頃はプリン体関連の食事制限療法はあまりなされないらしい。Totalの食事量を減らすのは効くんだと。
酒はもともとプリン体が多く、体内で分解されるときにさらに尿酸が作られて、なおかつ分解時に出来る乳酸が尿酸を蓄積する働きがあるという、一口で三度おいしい痛風万歳なものなんだけど、蒸留酒にはプリン体はあまり含まれていないらしい。ビールにはわんさか入ってるんだと。ということで、ウヰスキー・ブランデー・焼酎はそんなに問題じゃないっぽいぞ。
後、痛風患者の2割ほどは親戚が痛風にかかっているらしい。遺伝やね。他にヤクの副作用とか。


とりあえず、食べ過ぎず、ランニングやエアロビクス等の有酸素運動をしていればなりにくい病気らしい。とりあえずおいらは縁遠いかな…と油断してみる。が、日本痛風・核酸代謝学会とか痛風友の会とかあるところを見ると結構身の回りでは頻発してるんだろうか?うう、怖い怖い。


と、ふと「プリン体」という名前が気になった。プリン?何で?調べてみるも不発。痛風はgout というらしい。google で "gout pudding" と引いてみるも、gout には「血の塊」とか「味・趣味」という意味もあって、綺麗にヒットせず。そもそも pudding ではないのかな。どうでもいいけど、プリンは明治時代に日本に入ってきたらしい。当時は「プデン」と呼んでいたとか。その方が正しい気がするが。

|

« 飛び込み自殺続報(電波少年風) again | トップページ | Memorial Day »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748594

この記事へのトラックバック一覧です: 痛風っていうかプリン体:

« 飛び込み自殺続報(電波少年風) again | トップページ | Memorial Day »