« 春菊とマーガレット | トップページ | 丁字路 »

2002年7月30日 (火)

ちくわとソーセージ

この間、横浜スタジアムへ行った。何を隠そう何も隠さない、神戸出身の私は阪神ファンである。で、レフト側が取れなかったのでライト側自由席で横目に横浜ファンを見ながら応援をしていると、前の席に2人の外国人が座った。突然ピスタチオをくれたりして仲良くなったので色々聞いてみると海兵隊のFuji Campから来てるらしい。で、色々と周りの人たちと横浜ファン・阪神ファン関係なく仲良くなってたみたいで、ちくわを誰かにもらったらしい。彼はもらったものの何かわからなかったらしくオイラに"what's this?" と聞くので、う〜んと思いながらも "mashed fish"と答えておいた。帰り道に「しまった baked もつけたほうがよかったなぁ」と思ったのココロ。
気になるので家に帰ってから三省堂の辞書で調べると "a kind of fish sausage"、研究社の辞書だと"a tube‐shaped fish paste cake". ううううううぅん、これじゃ魚肉ソーセージじゃん。ちくわと魚肉ソーセージは断じて違うぞ!ちくわは焼いてあるし。
と言う話を Makiちんにしたら、「ソーセージも加熱してあるよねぇ」というコメント。んぐ、してるような気もするけど、でも塩とか香辛料練りこんであるから保存食なんじゃないの???と思ってみたり。で、調査。

ソーセージ(いわゆるふつーの)

これは腸詰した後に燻製するのが普通らしい。ボイルもあるらしいけど。スーパーとかで売ってるやつは燻製の後にさらにスチームとかで加熱して安全性を高めてるそうな

ドライソーセージ

保存食として作られるもので、肉に香辛料や塩、ものによっては酒を入れて乾燥させるもの。サラミとかチョリソーがそう。水分含有量35%以下と決まってるらしい。

フレッシュソーセージ

加熱を全く行わない生ソーセージ。当然ながらすぐに加熱して食べなきゃいけないそうな。

ってことで、「ものによっては加熱してるし、ものによってはしてない」という中途半端な結果.
で、ふと思った。「そもそも魚肉ソーセージってソーセージなのか??」で、調べると、その名も「社団法人 日本魚肉ソーセージ協会」なるものがあるではないか。で、作り方が書いてあるのだけど、魚の冷凍すり身を混ぜてチューブにいれたものをレトルト殺菌釜で高圧高温殺菌するらしい。なんかボンカレーみたい。大塚食品が開発したんだよね。レトルト食品。

結論。「ちくわは魚肉ソーセージとは違う!」断じて。ってゆーか、何調べようとしたんだっけな…おいら

|

« 春菊とマーガレット | トップページ | 丁字路 »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748601

この記事へのトラックバック一覧です: ちくわとソーセージ:

« 春菊とマーガレット | トップページ | 丁字路 »