« 2003年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月

2004年2月27日 (金)

チヂミ

そういえば、家にチヂミ粉が残ってたから今日の晩御飯はそれで行くか!と思ってたら

Kei(17:18:06): ちなみに
shige(17:18:13): にみなち
Kei(17:18:15): 韓国語にチヂミ
Kei(17:18:20): ということばはありません

とのこと。なぬぅ?韓国では「ジョン」とか「パジョン」と言うらしい。チヂミってのは韓国南部の一部の方言で韓国語のチヂダという動詞から来てるそうな。もうちょい調べるか。
「ジョン」ってのは「煎」って書くらしい。で「パ」は葱のこと。葱煎ね。一般的にはジョンでいいのか。「チヂダ」は油を引いて焼くことだそうな。「チヂミは油で押さえた餅という意味」とかあるな。焼くと揚げるの真ん中ぐらいなのかな、なんせチヂミを焼くときのあの感じと思われる。

てか、「チヂミを焼く」って変なのか。チゲ鍋(鍋鍋)みたいなもんね。

どーでもいいけど、リトル=ジョン(COMBATじゃなくてSNATCHERってわからんよな…)とかジョブ=ジョンとか思い出す自分が歳とって思えてちょっと鬱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月25日 (水)

Link

BlogのLinkを整備してみた。っていっても5件だけど。2つはUSの友人のもの。その下は私がここのところハマってる日記コンテンツ。日記というよりネタとしてしっかり成立してるのがすばらしいのです。1年以上智慧袋をホッタラかしてた者としては尊敬します。

日記って基本的に人に見せるものじゃないよねぇ、と「向田邦子の恋文」を見てから思うのですよ。やっぱネット上に上げてある日記ってどこか読まれることを意識して書かれる訳で。あ、いや人に見せない日記も見られないけど、誰かに見られることを意識して書くのかな?でも、Publicだと、人には言えない妄想とか、差別的な意識とか、そういうのは書きにくいよねぇ。一部、そういう文学者もいるんだろうけど。うだうだ。

ということで、「B型は日記をつけられない」といわれて悔しかった私は密かに日記をつけ始めてもうすぐ2ヶ月です。もちろん非公開。頑張れ俺様!
あぁそうそう、香水屋はちょっとしたカラミで入れてみたのでな。安いそうな。(わたしゃ海外の空港で外貨を整理するときにしか買わない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月24日 (火)

春分の日

1年以上ほったらかしの宿題。春分の日って世界中で同じなのかしら?と思った。良く考えたら、春分ってたまたま日本では春だけど、世界各地の季節はどうなってるかわからんやね。でも、春分って、公道の上で日光の面が地軸と平行(よーわからん言い回しだが)になるときだから、その瞬間は世界中昼と夜の長さが同じはず。ということで、春分の日は世界で共通なのです。

と思ったのだけど、厳密に言うと、日付変更線があるので、1日ずれる場所も出てくるのだな。
で、ちょとしらべると、Easterというのがあります。日本だとほとんど馴染みがないけどUSとかだとでかいEvent。あれは春分の次の満月の後の日曜日という何やらややこしい日取りが決められてるらしくて、これが1日ずれるのはキリスト教的にはNGなんだと。なので、キリスト教の教会暦(そんなのあるのか)では、何があろうと、3月21日が春分。日本の21日がアメリカで20日だろうと関係なし。日本では21日が春分。USも21日が春分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本因坊

張栩本因坊なる人が「不敗の名人」21世本因坊秀哉の墓参りしたとかいうニュースを読む。本因坊って「名人」みたいな位だとおもってたけど、秀哉って中国人?

調べるとちょっと面白かった。なにやら織田信長が囲碁が強いと有名な日蓮宗寂光時の日海という僧侶を呼んできて囲碁を教えさせたと。んで、この坊さんを信長が「名人」と呼んだそうな。1582年の本能寺の変の前夜も信長の前で別な坊さんと碁を打ってたとか。
その後秀吉が開いた全国大会でも優勝して秀吉直属の囲碁プロになったと。家康とも前から知り合いでよく囲碁を打ってたそうで、当然江戸幕府が開いてからは家康配下。で、最終的には隠居して元々住んでいた寂光時本因坊にちなんで本因坊算砂と名乗ったそうな。
ちなみに、信長・秀吉・家康とは同じハンデで打ったというからなかなかニクイ。

この後幕府に囲碁の専門職が出来て、血で血を洗う権力争いが起こるらしい。「白い巨塔」なみ?21世までは相続だったんだけど、21世が引退してからは、本因坊戦なるもので本因坊を決めるそうな。ちなみに張栩本因坊は台湾出身。21世は本名田村さんらしい。源氏名みたいなもんかね(ぉぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Blog

てことで Blog を始めてみたのよ。とりあえずのコンテンツは、以前書き溜めてた(?)「智慧袋」を移植したもの
そもそも何で始めたかっていうとKEiさんが自分のページをBlogにしたので、それで少し議論してて、「あんまたいしたことねーなー」と思ったものの、食わず嫌いは嫌なのでやってみようと。で、やってみてから KEiさんと話してみる

[15:05:04] KEi: わしおもうんだけど
[15:05:07] Shige;トリアエズ: うむ
[15:05:12] KEi: これ大騒ぎするほどの門でもないよね
[15:05:16] Shige;トリアエズ: そう
[15:05:38] Shige;トリアエズ: なんていうんだろ
[15:05:42] Shige;トリアエズ: んー
[15:05:47] Shige;トリアエズ: システム手帳

なんか、システム手帳ってタブついてるじゃないですか。あれが共通になってるからどの人の手帳も同じ方法でアクセスできるよね、みたいなものかなと。別にそれ自身大したことないような気がするのです。

と、TIPNESSのサウナで考えた

1. 別にTechに詳しいわけでもサイバーな感じで語るでもない人(一般の方)
何となく日記とかつけるのに、流行モノらしいし、Blogやってるっていうとかっこよさそうだから。何よりサイバーな人の仲間入りした気がする(スノボだったら早く上達するからスキーよりスノボみたいな)

2. サイバーで語ってる人(ちょっと文化人系?)
コンテンツあるしファンはいるし、とりあえずやっとかないと洒落にならない。うまくいったらBlogで語って本でも書いちゃおうか、みたいな

3. Tech な人
お、Trackback だの XML 吐けるだの言ってる。コレ使って面白いもん作れるんじゃねーの?

要は根本は大したことないけど、いろんな人のWantsを満たすし、それなりに自己満足させることができる枠組みってことかしら。別に中身はこれまでの日記とかスクラップブックとかと変わらないと思うんだけどねー。

で、さらに思うに、これってみんな一緒のものを使いましょう!みたいな(事実、近頃の日記サイトとか同じLook&Feel が多い)感じで、超Win(95)的というかM$的だなぁと。で、それをいかにも「俺は林檎派だ」とか「ペンギン派だ」とか主張しそうな人たちが推し進めてるように見えるのが可笑しい。ま、俺は皮肉屋だしぃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月23日 (月)

orkut

ってことでorkutなるものにKEiさんに誘われた。笑っていいともの友達の輪みたいなもんですな。
ただ、KEiさんも書いてたんだけど、友達関係をPublicにするってのが、悪く言うと供出するみたいで、ちょっと気持ち悪いかも。その他にも、面と向かって褒めるような機能とか、ちょっと日本人には親しみにくいのかなぁ。
オイラの感想はズバリ「キレイな出会い系」
違うかなぁ?

とりあえずもう少し様子を見てみるけどハマりそうにはない予感。システムとしては面白いと思うけどねん。つーか一通り見終わったらやることないのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月17日 (火)

ホワイトゴールド

つらつらと宝飾品のページを見ていて思う。「ホワイトゴールドって何?」ホワイト=白 ゴールド=金 =>白金?じゃぁプラチナは?
「通常の18金は、75%が金で、残りの25%は銀と銅をいれた合金ですが、ホワイトゴールドは、残りの25%の何%かに、ニッケルまたはパラジウムをいれて合金としたものです」だそうな。金が3/4も入ってて銀色なのも不思議。ていうか金いれる意味あるのかしら?よくわからんけどとりあえず白金じゃないと。プラチナよりも金が安いから同じ銀色作るにもホワイトゴールドの方がええんやと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年1月 | トップページ | 2004年3月 »