« 暴君ハバネロ | トップページ | パワフルぞうさん »

2004年3月16日 (火)

人事

イルボンでは女子マラソンのオリンピック候補決めるので昨日は大騒ぎだったのでした。個人的には高橋尚子が落ちたのは納得なんですが、国際的に見れば「えっ、何で出てこないの?」ってことになるでせうなぁ。でへんでんぐちゃんぴおんなわけで。

陸上長距離ってのは興味がなくって、TV中継とか何が楽しくて見てるのかわからんと、正月は箱根駅伝好きの親父とよくチャンネルの取り合いをしていた。(そのくせ、何故かF1は好きでビデオ録ってまで見てた。親父曰く、同じとこグルグル回ってるの見るほうがつまらんと。そう言われれば言い返す言葉もないんだけど…)
そんなオイラの率直な感想は「うぬぼれるんじゃない!アムロくん(=高橋尚子、ナメすぎたね)」って感じかな。実績がどうであれ選考会でレコード狙いにいって失敗したんだもん。仕方ないよ。ブライアンで宮杯取りにいくようなもんだよ(ちょっと違うな)

それはさておき、人が人を(正確に)評価するってのは、オイラに言わせりゃ根本的に無理なわけですよ。そんなの平気で出来る奴は思い上がりも甚だしい(もしくはいい加減な)わけで、評価って非常に苦しい業務なんですな。評価をDryに出来る評価者もいれば、思い入れの激しい(贔屓する)評価者もいるし、アピールの上手な被評価者もいれば、引っ込み思案な被評価者もいるわけです。どっちがいいってことじゃなくて、Characterだから、ある程度はどうしようもないよねぇ。仕方がないから人事コンサルなんていつまでもNeedsがあるわけですな。第三者の意見を借りるっていうのは結構楽な逃げ道だし。
枠が決まってるとか、賞与原資に限りがあるとかいう条件で能力のある人を低く評価せざるを得ないという状況は結構身に染みてるわけで、そういう意味で「苦渋の決断」というのは良く分かる。

今回の件に関して言えば、確かに選考基準をリャンメンに張ってた(選考会タイムと実績)という陸連側の保険が例によってウラメったわけで、ましてや大勢でアタマ突き合わせると答のないこういった議論になると紛糾するだけだし。Standard を一つに絞るというのは組織をManagement する上で大事なことだなぁと再認識したわけです(特に大きな組織では主観の入った Double Standard は混乱のもと)

それにしてもQちゃんとヤワラちゃんはそろそろ止めにしないかなぁ。全然似ても似つかないと思うんだけど…(ぉ

|

« 暴君ハバネロ | トップページ | パワフルぞうさん »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748621

この記事へのトラックバック一覧です: 人事:

« 暴君ハバネロ | トップページ | パワフルぞうさん »