« 西瓜 | トップページ | 横山光輝 »

2004年4月15日 (木)

エンジニア

人間、必要に駆られれば何でも出来るもんだな、と思う。

オイラは最初の会社を辞めるまではエンジニアであった。プログラムを設計したり、サーバ構成考えたり、といった所から、実際プログラムを書くところまで色んな仕事をしていた。それが転職先の会社の事情で(てか、見てられなくて)BackOfficeに関わるようになって、税制だの労基法だのミヨウミマネ(?)でやらなきゃなんなくなって、良くわからない中途半端なSkill Set になった。
もうJavaの最新バージョンのAPIは分からないし、かといって社労士の資格を取れるほどの知識でもない。今でも技術的な質問を受ければ答えるし、小さなシステム作ったり、お客さんのシステム保守したりしてるんだけど、「今の会社で何やってるの?」と聞かれるのが一番困るのだ。営業にも行くしなぁ、経理見てるしなぁ…

ということで、少し客観的に「エンジニア」という職業を見ることが出来るかもしれない今日この頃、非常に興味深い記事があった。(from hirax.net)

特にこれを見ての感想を述べることはしないけど、エンジニアに限らず、「聞き手に分かりやすいように説明する」ってことは心がけて行かねばならんなと。心がけても結局受け手が理解できなきゃ意味ないわけだし。
ともすると、相手と自分の知識レベルとか視点が同じだと考えがちだからなぁ。小さい子供と話すときはしゃがんで目線を同じ高さにする、みたいな基本だと思うのだけど、とも内面的なこととなると中々に難しいものよ。
ま、これが人生の綾を織り成す根源なので、GAPが無ければ面白くも無いんだろうけど。

|

« 西瓜 | トップページ | 横山光輝 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748645

この記事へのトラックバック一覧です: エンジニア:

« 西瓜 | トップページ | 横山光輝 »