« 牡丹 | トップページ | 椅子 »

2004年5月10日 (月)

DST

たまーに新聞などでも見かける「サマータイム」。Summer Time といえばJanis Joplinか、Jazz好きの親父の影響で聞いたSarah Vaughanか(ちょっと王道すぎ?)。

で、夏の日暮れの余暇を楽しもう、とかエネルギーの節約をしよう、とかいうので、導入するしないの議論が定期イベントとして行われる「サマータイム」は公式には(?)"Daylight Saving Time"略してDSTというらしい。

先日、Lのハンドル名に「アリゾナにサマータイムがないって常識でつか?」と書かれていたので、来日中のめぐちん(CA在住)に確認してみたところ「えっ?そうなの?」とのこと。むぅ。とりあえず調べてみるとこれは事実。

そもそも、DSTってのはBenjamin Franklinが「1年のうちのある時期の時計を進めれば、フランスの商店主(shopkeepers)は百万フランのロウソク代を節約できるだろう」と計算したのが最初だとか。ちなみにBen Franklin はアメリカの独立宣言の草案作ってサインして有名な人だけど、もう一つの雷雲に凧を揚げて電気を貯めたという実験の話は、真似して事故る人が多発したので現在ではあまり語られないとか。オイラの子供の頃は学研マンガとかに出てたんだけど、今はないのかな??
で、そもそも1918年に第一次世界大戦の燃料節約のためにアメリカ全土が導入したのが始まりで、その後も二次大戦の際に War Time として導入されたりしたような。その後もDSTは継続されたんだけど、1967年10月末をもってアリゾナではDSTは行われていないらしい。選挙で拒絶したとか。節約ってと、オイルショックを思い出すのですが、この時も全土でDST導入がなされたのに、アリゾナ・アイダホ・オレゴンは免除されたという。理由は「アリゾナはMountain TimeZone の西の端っこだから、免除したらしたでカルフォルニアやメキシコと同じ標準時になって、仕事に都合いいかもしれないじゃん」。
まぁ、ずっとDSTを導入しないで来ていることに関しては
"The above data [sunrise and sunset times and average temperatures during the summer months from the U.S. Weather Bureau] clearly show that we must wait until about 9 p.m. DST to start any night-time activity such as drive-in movies, moonlight rides, convincing little children it’s bedtime, etc. And it’s still hot as blazes!" なんて記述があって、これが一番しっくりくるかも(笑)
一応訳してみると、
「上のデータ(気象局の夏の間の日の出、日の入りの時刻、平均気温)を見ても明らかに分かるけど、アリゾナのわしらがドライブインの映画とか月明かりのドライブとかガキに『もう寝る時間やで!』と納得させたりとか、そーゆー夜の活動(?)するためにはDSTでも夜の9時まで待たなアカンねん。それに9時でも燃えるように暑いっちゅうねん!」
てなことですな。

ちなみに、
Hawaii, the part of Indiana, American Samoa, Puerto Rico, and the Virgin Islands also exempt themselves from Daylight Saving Time.
らしいのです。そういえば、HIに言ってもサマータイムは無かった。Indianaは元々農業が盛んで時刻と関係なく日の入りで仕事を終えていたからとか。

|

« 牡丹 | トップページ | 椅子 »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748657

この記事へのトラックバック一覧です: DST:

« 牡丹 | トップページ | 椅子 »