« Catcher in the Rye | トップページ | R&D »

2004年5月24日 (月)

横綱

横綱といえば、千代の富士貢なのである。中学ぐらいかな、やたらと相撲を見ていた。ビデオに取ってまで見ていた。十両の取組から録画してたな。ちょうど、藤島親方の息子兄弟がデビューで騒がれだした時分だったけど、個人的には長尾(舞の海)と村田(大翔鳳)が好きだった。この二人は日大同期なんだけどね(村尾は若くして亡くなった)。
よく横綱相撲というけれども、当時最大4横綱時代まで行った中でも、千代の富士の技の切れといい相撲の厳しさといい、あれが正に横綱相撲であり、彼は男というより漢であった。ヒーローつうのはあああるべしやね。彼が貴花田に敗れて、振り絞る様な「体力の限界!」という引退発表をしてから、あたしゃ相撲を見ることがなくなった。そういえば、彼以来、あれほど心に迫る悔しそうな引退会見をした横綱がいただろうか?みんなあっさりやめすぎじゃない?何か、辞めて清々した、みたいな。

昨日は朝青龍が勝って3連覇。色々といわれることの多い横綱ではあるけど、久しぶりに攻めて強い横綱という気がする。そもそも色々言われる根源は、何が仕事なのか良く分からない「横綱審議委員会」にかなり原因があると思うのだけど(もちろん相撲カルチャーに反する言動があったのは確かだが)。日本相撲協会の諮問機関で横綱昇進の推薦がメインのお仕事。その他、成績不振の横綱に注意したり引退勧告したりするのが仕事らしいのだけど。面々の肩書きを見ても何で選ばれてるのか良く分からないし、某委員に至っては左効き差別か?と思える発言してみたり、小言好きなジジババの集団のようですな(つーか10人いて、五月蝿いのは2,3人だけど、あ、ババは一人か?)。

ま、いいや。昨日は久々にちゃんと相撲中継を見ました。ちょっと後味の悪い取組もあったけど、総じてまぁ良かったんじゃないですか?優勝旗授与の時も九重親方(元千代の富士)が軽々と旗を持ち上げるところが見れたし。(タダの千代の富士ファン)

あと一つ、オークスでダイワエルシエーロが逃げ勝った。4月13日のこのページで、ロンドンブリッジの娘ならもっと応援してやればよかったと書いていたのだけど、まさかオークス勝っちゃうとはね。武は「ダービーでも勝てるかもしれないと思わせる牝馬」と絶賛していたダンスインザムードで4着。かなりショックを受けていたらしい。これだから競馬は分からんのよね。

|

« Catcher in the Rye | トップページ | R&D »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748668

この記事へのトラックバック一覧です: 横綱:

« Catcher in the Rye | トップページ | R&D »