« zphoto | トップページ | 牡丹 »

2004年5月 6日 (木)

日本史

GWは観光地は海外も含めどこも混むので「人のいなさそうな所に行こう」というConceptの元、島根に行って来た。島根の方にはゴメンナサイなのだけど、まじで人いなかった(ぉ

松江という街みなさんがどれほどご存知であろう?島根、出雲は昔から出雲文化の中心地として栄えた場所らしいが、戦国時代には尼子氏が守護代として月山富田城に拠ったものの、毛利元就に攻め滅ぼされ、その後、関白秀吉の時代には豊臣家中老にまでなった堀尾吉晴が24万石を拝して松江城を築くのである。ただ、堀尾氏は嫡男無く3代で断絶、一瞬京極氏が来るも同じく断絶、そこで福井の松平(結城)秀康の四男直政が来て、明治維新まで松平氏が統治することとなるのである。江戸時代は安来の鋼などを主産業として、お茶や和菓子の文化を今に伝える。
もう、堀尾茂助とか結城秀康とか言うだけで(戦国)歴史好きにはグッとくるんだけど、写真は堀尾吉晴の墓。周り荒れ放題。トカゲ走りまくり。車降りてから往復10分ぐらい、墓に5分くらい滞在(すぐ隣に山中鹿之助幸盛の供養塔があったりして)してたけど誰にも会わねー。あれだよ。高松攻めだよ。山崎の合戦だよ。賤ヶ岳の合戦だよ。むぅ。
あれかな、松平氏にとっては以前の城主だから扱いが冷たいのかな?そういえば松江城じゃなくて、月山富田城の麓の寺に墓があるしな。

それにしてももっと皆、日本史にちゃんと興味持ってもいいんじゃないの?と思う。大河ドラマにケチつけるのもいいけどさぁ、NHKが取り上げたり、週刊誌が叩いたりする前から確固とした知識持っておこうよ。受け売りで叩くのもかっこ悪いじゃん。
昔、日本史の先生に「日本人は日本の歴史を知らない」って言われたけど本当にそう思う。Swedenに行った時に、向こうで会う人たちが、自分の街やそこにあるStatueなどの由来を詳しく教えてくれてすげーと感じたものだけど、奈良の大仏を誰が何のために作らせたか知ってる日本人って何%なんだろ?

荒れ果てた堀尾吉晴の墓を見て、少しそんな気分になったのでした(ま、ピカピカでも嫌だろうけど…)
次は加藤嘉明の松山でも行ってみるかな?

|

« zphoto | トップページ | 牡丹 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748655

この記事へのトラックバック一覧です: 日本史:

« zphoto | トップページ | 牡丹 »