« 京ポン | トップページ | Catcher in the Rye »

2004年5月21日 (金)

周期ゼミ

以前、友人Nと話をしていて、「13年セミ」だかの話を聞いた。アメリカで周期的に発生して、その年の夏は道を歩けないとか、セミの尿で異臭がするとか、すごい話らしい。「ったって、オーバーな話だよ」とあまり相手にしていなかったんだけど、今年は17年ゼミの大ブレークに当たる年だそうで、産経新聞に17年前のエピソードが載っていた。
「一本の木を覆い尽くすようにセミがとまり、鳴き声が共鳴して木が揺れていた」
「駐車していた自動車の通気口にセミが大量に入り、故障した」
「大量のセミの死骸で道路が覆われ、自動車がスリップした」
「当時のレーガン大統領が、鳴き声の大音響に対策を講じるように指示した」
何か、これ東スポじゃねーの?って感じだけど(すげー、とうすぽって一発変換なんだ…)マジっぽい。
朝日新聞の記事に拠れば、東海岸で数十億匹が羽化するそうで、「多いところでは、フットボール場ほどの面積に100万匹もの密度で発生」し、「オスは自動車のエンジン音にも匹敵する鳴き声でメスを呼」ぶらしい。ヒッチコックの「鳥」かよ。

周期の理由は良く分かってないけど、どうやら素数にヒントがあるとか。でも11年周期はないとか。なんせ、There are a number of theories. Most likely they've developed this rhythm to avoid predators. Climate events -- perhaps the Ice Age -- are also factor.とのこと。

このニュースで思い出すのは清里辺りの8年周期のヤスデ大発生。線路がヤスデの潰れた油で滑って列車が動かなくなるとかいうニュースが流れたりする。ヤスデは見たくないけどセミはちょっと見てみたいような、でも見たくないような…

とりあえずManiaになりたい人はこちら。結構FAQが面白い。
Q. You can see letters on a cicada's wings: either W or P. W means there will be war, P means there will be peace. Is this true? とか。都市伝説ってUSにもあるんだー、それも"urban legend"ってそのままやん!

|

« 京ポン | トップページ | Catcher in the Rye »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748666

この記事へのトラックバック一覧です: 周期ゼミ:

« 京ポン | トップページ | Catcher in the Rye »