« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004年8月31日 (火)

Rainier Beer

おいらは生まれる前は「熊五郎」と呼ばれていたらしく。何で五郎なんか分からん。
長男やっちゅうねん。

で、なにやらWashingtonのキャンプ嬢(どんなんやねん?)、キャンプ場で熊が出たと。ビールを36本飲んで寝てたと。なかなか凄い話ではある。缶ビールって匂いするのかなぁ?スナック菓子とか危ないって聞くけど。

で、読むとこの熊、なんだな。Busch Beerは1本しか飲まずに、残りは全部 Rainier Beer だけ飲んだと。Rainier Beerはよくわからんのだけど、名前からして地ビールっぽいね。Busch よりはいいってことなんでしょ。オイラの知ってるSeattleの熊さんは、あんま酒飲まないんだけどなぁ :)

それにしてもBuschのサイト、入り口で年齢チェックするんだな。この辺りも酒やタバコに対するUSの厳しさかしらね?(てか、日本が甘いんだろうけど)

オイラ Seattle でRainier Beer 飲んだかしら?覚えてない。美味いのかなぁ? Man.Uみながら Budweiser 飲んでたのは覚えてるんだけど。球場内のふにゃふにゃ瓶のやつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月30日 (月)

反面教師

オリンピックも終わったし、と書こうかと思ったんだけど、久々に愚痴でも書いてみる。

今日は暑かった。温度はそれほどでもなかったのかもしれないけど、湿度との塩梅が絶妙。もう不愉快この上なし。
で、そんな中、取引先の人に頼まれて営業同行したわけですよ。汗で透けた半そでカッターなんて我が家では認められないので、当然Tシャツの上に長袖カッターですよ。行く先は超有名外資系メーカ。「モバイルサイトのリニューアル考えてるってことなんで、同行お願いしたいんですよ」ということでホイホイ着いて行くことになったのよね。相手はマーケティングマネジャーみたいな肩書き。

結論から言うと、もうねダメ。何か腰巾着みたいなのがいるんですよ。それも何故か社外の製作会社。で、何かというと、そことこらぼれーしょんとかって話。どうやらマネジャー氏にはミッションとか意思決定の意識はないらしい。何の目的もない。少なくとも数値目標0だし。こういうことをやりたいって企画もない。自分で「白紙です」とか言っちゃうし。
なんかさー、何でお給料もらってるのさ?って思っちゃうわよ。まったく。

こっちがアイデア出しするだけ腰巾着にパクられそうな気がして、まとまったらオリエンしてくださいって出てきたわよ。ぷんぷん。時間の無駄。ってか、往復にかいた俺様の汗を返せ。

オイラが過去にすげーなと思ったマーケティングマネジャーのおねーさまは、会社と喧嘩するぐらいの勢いでアイディア出ししてゴリゴリ推し進めてたけどな。マーケティングっていう間接的な部門で何がGOで何がNOGOかを判断するのは難しいのはわかるけど、そこにJudgeを下してそのJudgeに責任をもつのが統括している人間の仕事だと思うのだが。怖いのは分かるが逃げるのだったらもっと下っ端にならなきゃだめだ。少なくとも周りの迷惑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月27日 (金)

オタク市場

「おたくいちば」ではない。そんなのやだ。

「オタク」市場の規模は2600億円という試算があるそうな。そいつはすごい。
でも、どっからオタクなのかねぇ。知識レベルでいくと、オイラもコンピュータオタクとか言われても仕方ない気がするし。マンガやゲームともまるっきり無縁ではないし。
ガンダムのセリフを口走る30代男子なんて結構いそうだし、オイラが子供の時の数倍もの本数のアニメが昼夜問わず放映されてるってことは、それなりに数字が取れる(=視聴者がいる)ってことだよなぁ。「オタク」ってメジャーになったのかしら?

と、後ろのほうにマニア(オタク)の定義があるな。んーと、オイラは…
アニメ映画の視聴は日課ではないし、週二桁以上のアニメ録画はしないな。アイドルのコンサートに行かないしグッズも集めてない。コミックは何冊か持ってるけど同人誌ってのは見たこともないね。生活時間のほとんどをゲームに費やせるわけねーし。何気に組み立てPCってのは作ったこと無いのよ。カード差し替えぐらいはやるけど。
ってことは、残念ながら(?)オイラはオタクではないらしい。

それにしても組み立てPCマニアの定義の冒頭が面白い。「文書作成などPC本来の使用目的を忘れ、組み立てる行為が目的化している層」って何となく分からんこともないな。「手段のためなら目的を選ばない」ってのはあるよね。使ってみたいから買う、入手したから使ってみたい、みたいな。

ちなみに聞いたところによると近頃は秋葉界隈にあつまるオタクさんを相手にした喫茶店なのか飲み屋なのか、そういうのが流行ってるそうな。なんだかコスプレしたメイドさんが話し相手になってくれたりする、とかいうのが売りらしいのだが…それってキャバクラとは違うのか?
でも、求められているものを供給することでビジネスが成り立つのは確かなので、秋葉な方々にコミュニケーションを供給するのはいいビジネスなのかもしれない…なんだかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月26日 (木)

酔っ払い

「酔っ払いはダサい!?」なんて見出しに興味を持つ。

なんでも、若者が大勢で開く飲み会が減って、若者の摂取するアルコール量自体も減りつつあるらしい。大きな要因としてはこのところの不景気、特に心理的な不景気が大きいのだろうけど。やっぱ、最初に切られる無駄遣いよね。携帯電話とかは知らないうちにどんどん課金されていってるわけだし、使わないってのも無理なわけで。
後は、男同士の飲み、なんてのが減ってきてるので、売れる酒類のアルコール度数が低くなってるとか。確かに、自分が結構渋めのcab.CSが好きでも、渋いワイン飲めない女性が面子にいると自然と軽いものに流れることはあるしな。逆にこれがオイラが独りで飲みに行く理由でもあるんだけど(好きなものを好きなだけ飲み食いしたい)

まぁさ、飲まなきゃ話が出来ないわけでもないけど、たまには友達とか同僚と飲みに行くのもいいと思うんだよね。だらだら話すの。飯だけだと、何時間も話すのは難しいし。愚痴ってる酔っ払いは確かにダサいけど、どーでもいいこと議論したりしてても結構違う角度から物事見えたりするしね。自分なりに美味しい酒を探してみたり、そういうのもとても楽しいし。

ま、あたしゃ「楽しい人と旨いもの食って美味い酒飲んで笑う」というのが人生最高の幸せだと思ってます。その幸せを継続的に味わえるように日々頑張るわけで。ええ。

ってわけで、今日にでもまた独りで飲みに行くかなぁ。でも給料日後だから混んでるかしら?(てか、もう今日はヘロヘロ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月25日 (水)

ヘッドスライディング

Shun-san のページで、下記のコメント。
=====
アメリカの解説者も、「走りぬいた方が絶対速いし、怪我する可能性も高いのに、なぜ1塁にヘッドスライディングするのか理解できない。間違いだ」と言っていた
=====

昨日は早めに帰って(au のデバッグが必要だったんだけどデモ機を営業が持って行ってしまって、オイラは自分のTU-KAを家に忘れてたので、自宅でデバッグ)、テレビをつけたら野球の準決勝で日本が負けるところだった。阪神ファンとしてはウィリアムスの好投は微妙なところ。解説の星野元監督も「ペナント戦ってる時よりいいんじゃないか」なんて苦笑してたし。Closerなのに背番号「3」をつけてるのは長嶋にあやかってるんだなんてのも、なかなかナイス。

で、見てたら中村(だったと思う)が内野ゴロで一塁にヘッドスライディングしてた。一塁は走り抜けてもタッチでアウトにならないので、走り抜けるほうが絶対に早いと昔から信じているんだけど。だって、あの方が早かったら陸上の100mとかみんな最後は体中擦り傷だらけになりながらスライディングですよ。
ガキの頃、高校野球見ながら「ヘッドスライディングの方が遅いんと違う?」と親父に質問したのを覚えてる。親父は「走りぬけたほうが速いけど、あれが青春やなぁ」みたいな(当時のオイラには)訳の分からん返答をしたような気が。

日本のプロ野球でもたまに見かける。昔、立浪か誰か一塁にヘッドスライディングして肩脱臼したとかじゃなかったかな。で、探してみるとありました。
名球会のQAですよ。柴田勲が答えてくれてる。
「一塁にはファイトある走塁のように見え高校生などはしばしばやるが、素早く走り抜けた方が速いしケガをしません。」
あっさり。

ちなみにこの名球会のサイト、デザインは素人っぽいのだけどコンテンツはナカナカ面白い。他サイトでネタにもなってたんだけどここの最初のQ&Aなんて最高。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月24日 (火)

左京郵便局

事件は一通の封書から始まった。

真面目にポチポチお仕事してたら、女性社員が不審な顔をしながら「郵便です」と封筒を持ってきてくれた。金閣っぽい建物のイラストが描かれた薄い青緑の封筒。見ると、京都市左京区高野竹屋町なるな住所の左京郵便局からである(金閣は北区だと思うんだがなぁ)
左に「通信事務」の字、上には赤で「速達」。うーん、俺様、京都で何か悪いことしたかなぁ?京都は去年の年末に俵屋に泊まったっきりだけど…
と、ちょっとビクビクしながら封筒を開けると紙に包まれた封書が出てきた。封筒から封書?マトルーシカ?で、紙には左京郵便局長の名で「このたび、あなた様宛の大切な郵便物を機械処理中に損傷させてしまいました」との詫び状。な、なにぃ?と、包まれた封書を見ると封筒の下半分が黒く汚れ、ビリビリに裂けたのをセロテープで修復してある。し、しどいわ
で、これ、知人Kから送ってもらったんだけど、中にはメモだけで、一緒に入っているはずのブツがない。しまった、公安にばれたか?と焦りつつ、頭の中を山城新伍や藤田まことが行き交いつつも、左京郵便局郵便課に電話。通話中。もう一度かけても通話中。なんじゃここ?とメッセンジャーでKに聞くと、京都でもかなり大きい方に入る郵便局だとか。忙しいのかねぇ。
で、3度目に繋がったのだが、妙に軽い調子の関西弁のおねーちゃん。やべぇ、持っていかれる、と耐えつつ標準語で交渉してたんだが、1分ほどで敢え無く関西弁モードに変更。久々に関西弁しゃべる女性と話をした(関西弁しゃべる男はクサるほどいるんだが)。たまには良いわね。うふっ。
事情を説明したら、ブツを探してくれるというので、携帯の番号を教えて電話を切る。

しばらくして、電話が鳴った。「えーっと、お探しのものですけど、カートリッジの名前確認させていただいていいですか?」
一瞬の恥ずかしさに躊躇するも「『逆転裁判』です」「カプコンのものですかね?」「あーそうです」「じゃぁ、局内にありましたので、速達でお送りします」とのことで一件落着。
ちくしょー、Kめ。ハメやがったな。

何だか郵便やら宅配やらでのトラブルが多いけふこのごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月23日 (月)

Deep Blue

1997年5月に世界チャンピオン Garry Kasparov にチェスで勝利した体重1.4t の 32 nodes RS/6000 を思い起こす人も多いだろう。あんまいねーって?当時は「チェス・アクセラレータってなんだよ?」とか思ったもんなんだが。

週末2度目(かな?)のギロッポンヒルズに行って来ましたよ。以前、ピーターか誰かが「オシャレでカッコイイ六本木はもう無いから興味が無い」とかいうことをテレビで言っていたんだけど、オイラその頃の六本木知らんのでな。何とも言えんが。とりあえず、金持ちそうなオサレな人と、分けの分からんニーチャンネーチャンが混在してるよーわからん街。てか、その電池入りと思われるピカピカ点滅する指輪はうれしいのか?と突っ込みたくなる付け睫毛の長すぎる女子はどうにかした方が良いと思われ。

で、Deep Blue 見てきました。何かのテレビで紹介されてるの見たときから行きたくてね。普段はトレーラ見て映画に行きたいなんて気分にはならんのだけど、これは久々に来たのでね。

中身は紹介されてる通りだけど、弱肉強食っぽいカットでの映像が多いかな?「野生の王国」が好きだったオイラにはかなり楽しめた。よくアップでこれだけ撮れたなぁーというような迫力ある映像も多いし。ただ、ナレーション少なめ(英語は生物名除けば易しい)で、ずっとBGMが流れてるので周囲に寝る人多数。かく言うオイラもクラゲが漂ってるところで落ちそうになったっすよ(てかカイロプラクティック行った後にビール飲んでから見るのはお勧めできない)。ってことは、もしかしたら部屋にこれ置いておくと良く寝れるのかもしれじ。

結局のところ、オイラは好きですよ。「野性の王国」とか「Discovery Channel」とか好きな理系人(に限らないかな?)は楽しめると思われ。でも、あれだけ寝てる人がいるのを見ると人を選ぶ映画なのかね?話題だけが先行?感想としては「イカってバックもできるんだー」「エイってカッコイイ」「サメには敵味方識別機能があるのかしら?」ぐらいかな。

オイラは生まれ変わったらジンベエザメかマンタがいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月20日 (金)

財布の中身

Shun-san が財布の中身を公開しているので。やってみるか。近頃ネタ切れ気味だし(ぉぃ

オイラの財布はぼろっぼろのグリーンのEpi。5年以上使ってるんじゃないか?表は汚れてても中はしっかりしてる。こういうところが一流ブランドといわれるメーカの良いところかね?で、中身は。
・Cash 80kぐらい(今晩会社の歓迎会があるのでおごらなきゃならないかもしれない)
・記念に取ってある2k円札(どこで出回ってるんだろうねぇ)
・クレジットカード使ったときのレシート多数(詳細下記)
・クリーニングの預かり票(やべー、預かり期日今日までじゃん ^^;)
・証明書用写真1枚
・Jul 22, 2003 の Manchester-U vs Celtic FC@Seahowks Stadium-Seattle のチケット(ステキなおもひで)
・オオゼキ(近所のスーパー)のポイントカード
・使い終わったパスネット(靴べら代わり)
・パスネット2枚(この間ズボンに定期券とパスネット入れたまま着替えてしまったので、1000円のパスネット買った)
・定期券
・theory point card(1年に50万以上買うと次から割引が…って、俺様が洋服を1年に50万以上買うとは思えんけど…)
・Bic Point Card(有楽町BicのHeavy User どす)
・某スポーツジム会員証(1999年1月入会らしい。よく続いてるな)
・美容室のカード
・UAゴールドカードの連絡先リストみたいなの
・クリーニング屋のポイントカード
・カイロプラクティックのカード(明日行くのだ)
・UAのMileageカード(Plutinumじゃなくなっちゃったよぉ)
・Victoriaのポイントカード(ゴルフやらなくなったので冬季限定)
・ヨドバシポイントカード(Bic行くようになってほとんど使わない)
・ヨドバシポイントカード(何故かSF在住の人のサインがあります :)
・SAKURAYAカード(735ポイントって書いてあると使いたくなるな)
・鍵屋の名刺(一度、スキーバッグにキーホルダーを入れたまま湯沢から東京に宅急便で送ってしまって家に入れなくなったことがあって。それ以来財布に鍵屋の名刺を入れてる)
・Minami Sportsのカード(これイラナイな)
・証券会社のキャッシュカード
・UAゴールドカード
・Bankのカード(BTM/SMBCx2/Mizuho)
・バックアップ用のMaster Card
・免許証
・免許証のコピー(こないだレンタルスキー借りたときのだな)
・名刺1枚(落としたときにね)
・Suica
・健康保険証
・映画のチケット(明日にでも行こうかと)
・昔友達にもらったお守り(恋愛か金運かどっちかだったと思うのだけど忘れた…)

こんなとこね。結構普通じゃない?
レシートは、
・無線LAN用ルータ
・Foodshowで日本酒
・とんかつや
・服(シャツとジャンパー)
・ヘッドホン(こないだ壊れたのでreplace)

てか、クリーニング取りに行くの忘れてたよぉ。ぉぉぉぉぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月19日 (木)

すげー

オリンピックあまりみないんだが。

今回は結構見てる方かな。夜中にやってるサッカーだの競泳だの見てないけど。仕事あるしね。なんちゃって初段の俺様的には、やっぱ柔道が気になる。特に時差の関係で夕方から始まって0時ぐらいに決勝が終わるのでちょうどいい感じ。野村すごすぎ。ぜってー負けねー感が漂ってた。

で、昨日はぼーっとしてたら、勝手に卓球始まってて。結論から行くと「愛ちゃん」が負けたんだが。相手の韓国選手がすごくて。カットボールがえぐくて。福原渾身のスマッシュが、逆転フィルムというかマトリックスというか、そんな感じで糸を引いたように戻ってくる。結局、我慢比べの根負けみたいな感じだった。
実はオイラ、マイラケットを持ってたことがあったりして。ガキの頃、オカンの趣味の卓球に連れて行かれてたので、ペングリップの握りのところをナイフで削って、黒の裏ラバーを張った極悪カットモデルを持ってたのだな。中高のころは卓球部の奴の練習相手に使ってもらってたり(柔道部だけどね)。

実は「愛ちゃん」てのはマスコミに作られたようで余り興味もなくて、見ることも少なかったのだけど、試合見て見るとつえーな。集中力と反射神経とかは当然かもしれんけど、臨機応変な戦略の切り替えとか。すげー。

と、思ってたらアーチェリーで日本選手が銀だ。これまたプレッシャーのすごい競技だ。おいらは無理だな。この緊張感。

とりあえず、ちょっと卓球がやりたくなりました。間違っても浴衣でスリッパとかじゃないよ。あくまで熱く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月18日 (水)

レーシング

ネットサーフィン(死語?)してたら、こんなページに行き着いた。

ビールを飲むたびにグラスの内側に泡の輪が残るのをレーシングと言うらしい。あんま見たことないけど。そもそも、お店でビールあんまり飲まないからなぁ(独りだと初っ端から日本酒)
で、このページの動画を見れば、なんでこんなことが起こるのか説明してくれるのかと思いきや、本当に過程を見せてくれるだけだった。原因とか理由とかを期待するのは理系の悪い癖かね?ちょっとがっくり。

学生時代に某放送局のバイトをしていて主に実験スタッフ(企画・工作・実演)だったのだけど、一度ビール関連のプロジェクトに携わったことがあって。ビールの泡は脂に弱いんだそうな。ので、ビールの泡にポテチの破片突っ込むとショワショワと泡が無くなる。逆に綺麗に洗って冷やしたグラスに上手にビールを注ぐと非常に固い泡が出来て、爪楊枝が刺さるのよね。
オイラが習った方法は高さ30cmぐらいから注いで、泡立てて、大きな泡がはじけたらまた注いで、というのを3度ほど繰り返す方法なのだけど、これを上手くやるとグラスの口から1cmぐらい上まで泡を出すことが出来る。もち爪楊枝刺さるよ。こぼしやすいのが難点だけど。
後、グラスが綺麗だと、どこからとも無くビールの液中から泡が発生するのだけど、汚れているとその汚れから泡が出る。ので、グラスの内壁に泡がついてたり、決まった場所から泡が立ってるようだと、それは汚れてると思われ。逆にシャンパングラスは底の真ん中に傷をつけてあって、まっすぐに泡が立ち上るようにしてあるのよね。

とか、薀蓄は色々あるのだけど、一度ビール会社の営業の人に目の前で実演してもらったら、ふつーのビールの注ぎ方(分けたり高いところから注いだりしないで)で、見事に綺麗な泡を立ててくれた。「何年かやってれば普通ですよ」と言われてしまったのだけど。

もっか、悩み中なのはこれ
Riedel他にも揃ってるから買ってもいいんだけどなぁ。でも収納場所がないんだよなぁ。350mlを1本注ぐと理想の比率の泡が立つってのが魅力的なんだけど…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月17日 (火)

mobile movie

オクラとビデオミキサーが並んでるとオクラホマミキサーみたいだな。何故かバッファローマンを思い出してしまった。

で、全然関係ないのだけど、昨日、営業が「vodafone で動画見れないんすよー」とやってきた。FOMA や au で動画が見れるのはよく知られているけど vodafone で見れるのは余り知られていないかも。で、調べて見ると 15fps 以下だし、200k 以内だし、うーん表示可能なはずだなぁ。営業曰く「同じファイルをFOMAで見ると見れるんですよ」とのこと。
FOMAとvodafoneは3gppなので、実はMovieは共通のファイルが使える(容量がちょっと違うけど)。余り知られていないけど、実はテレビ電話もお互いに出来たりする。
au は 3gpp2 なので似てはいるけど違うんだなこれが。この辺りどうなるのかしらね。

で、さっきの vodafone で見れなくて、FOMAで見れる 3gp ファイル。そんな不思議なことはあるまい、と思うも、何度ダウンロードしようとしても「データ容量が制限こえてます」みたいなエラーが出る。何度資料を見ても200k 以内なら表示できるって書いてあるしぃ…
と、たまたま来てた知人Sが「Content-Type 何ですかね?」というので、Web Serverに telnet かけて見て見ると見事に text/plain …で、video/3gpp にしてもらったらちゃんと表示できるようになった。めでたしメデタシ。

ちょっと待てよ。じゃぁ、なんでFOMAは表示できたのかしら???
どうやらFOMAは Content-Type 見てないらしい。拡張子だけ見てるのかね?超いい加減(昔はContent-Length の無いHTML表示できなかったくせに)。で、Sとの結論。「IEもそうですけど、Share 取るものってある程度いい加減なProductなんすかねぇ」
タグの入れ子がいい加減でも、タグが閉じて無くても表示できるBrowserのおかげで、おそらく世のHTMLの半分以上が XML としては不適格なんじゃないかな。いい加減だから天下が取れるのか、天下取ったからいい加減なのか。ま、良く言えば「初心者にやさしい」というか「よく知らない人でも操作できる」ってことなのかもしれんけどね。
その辺り厳格(?)な Mew は少なくともオイラにとっては Outlook Express より使いやすいんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月16日 (月)

ししとー

タパスというのをご存知かしら。タパスと聞いて、久々に用賀で小エビのクリームスパゲッティを大盛りで食いたいと思った人は、ある意味正解なのだが違う

スペインのBarで出てくる小皿に乗った「おつまみ」のことを総称して"Tapas"という。もう、こないだのスペイン旅行ではこのBarの習慣にすっかり魅せられて(c)ジュディ=オング しまって。で、こんな本を買った。

結構大判なのだけど写真もきれいだし、レシピも載ってるのでオススメ。買って速攻でページがばらけてきたのが難点だけど。拙宅には揚げ油なんてないので(てか、揚げれる鍋がない)「ふりとす(から揚げ)」とか「くろけっと(コロッケ)」は無理なんだけど、それ以外なら大体出来そう。じゃがいも・卵・トマト・タマネギ・にんにく・オリーブオイルに塩コショウ・ワインビネガー(本当はシェリービネガーらしいが)があれば、後は素材買ってくれば大抵の物は出来る。

で、昨日、そん中でも一番楽そうなしし唐の焼き物作ったんですよ。スーパーでしし唐買ってきて、割って種出して、舟形にヘリを折ったアルミ箔にのっけて上からオリーブオイルを適当にぶっ掛ける。で、魚焼きのグリルに投入。適当に焼けたら塩かけて食う。シンプルなのが美味いね。ビールでもワインでも合いそうだけど。
例によってたまーに辛いのがあるのはなんだろうね。農家からの出荷ルートを想像してもしし唐に青唐辛子が混入するとは思えないのだけど。昨日はまじで辛いのがヒット。で、牛乳飲んだりして何とかごまかしたのだけど。

風呂に入ろうと思ってコンタクトレンズを外そうとしたら目に激痛。「疲れ目か?」と思いつつ、何とか外して風呂に入る。と、出てきてアテネの柔道なぞ見てると右手の人差し指と中指が火傷をしたようにヒリヒリする。むー。石鹸で洗ってもおさまらず、水で流すと少しおちつくが、すぐにヒリヒリ復活。色々考えた結果、しし唐に唐辛子が混ざってたとしか思えん。種とるときに内側を指2本でしごいてたからかと。

結局、サージカルテープでテーピングしてみたり無駄にあがいてみたんだけど、治らず。こりゃ寝れないぜ、と思ってたら記憶失ってた。気が付いたら3時ぐらいか。寝ぼけながらテレビ付けたら北島が表彰台で、サッカーは負けてた。ヒリヒリもマシになってたので似非テーピングを外して寝る。なんだったんだろう…

で、朝起きてシャワー浴びてコンタクト入れようとしたら激痛。どうやら昨日外したときに成分が付着したらしく、コンタクト2枚ご臨終。2weeks でよかったよ、またーく。
で、目潰し喰らったので今日はメガネで出社。出社してから思ったんだけど、先週の金曜と同じシャツ着てるっぽいし。いや、ちゃんと洗濯したんだよぉ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月13日 (金)

ビデオミキサー

秋葉いったんですよ。

結構久しぶりかな?こないだ Office 買いに行ったときは kakaku.com で店調べて直行だったので、滞在時間15分ほど。今日は探し物だったのですよ。
仕事で、画像のミキサーが必要になって。そもそも、何で秋葉から足が遠のいてるかっていうと、新宿とか有楽町の電気・PC関係が発展して、価格も結構安いのでわざわざ行く意味もなくなってきたんですな。オイラ今では有楽町ビックのヘビーユーザ。

で、昨日もビデオミキサー求めて有楽町に行ったのですが、なひ。あったのはAVセレクター。セレクターじゃだめなのよ。4チャンネル入力でマルチ(2x2)で出したいの。やっぱ普通のご家庭にはいらないわよねぇ。
てことで、今日はまず、ソフマップのCreators Land に行ってみる。DJとか打ち込み系な人御用達な店(?)。行ったらあったわよ。でも、KORGとかRolandとかので、VJ(びでおじょっきー?)が利用する奴らしい。カッコイイワイプが何十種類も入ってたりして、昔大学の研究室に転がってた AMIGA の編集機を思い出した。あれ、バカっぽいいかにもあめりかーんなワイプが入ってて好きだった。ムキムキマッチョがバーベル持ち上げてワイプとか、ミニスカートのおねーちゃんがゴルフスイングしてワイプとか。
話それた。で、オイラが欲しいのは、NTSC4本突っ込んで1本出てくればいいだけなので、これだとToo Much. 案件にかこつけていじってみたいけど…

で、こまった。とりあえず石丸電気のホームシアターコーナーとか行ってみるも、昨日の有楽町Bicと同じ。仕方ない、今日は諦めるかと、駅に戻る途中でふと記憶が蘇る。そうだ、あれ見たことあるじゃん!ということで、高架下へ。ありましたありました。監視カメラだか盗撮カメラだかわからないカメラ打ってるお店にイパーイあるわよ。ということで価格調査完了。こんなことなら灼熱の日光の下あるかなくても、吉川晃司ばりのグラサンした変なにーちゃんとすれ違わなくても、アンケート用紙みたいなの持ったメイド服のねーちゃん回避しなくてもすんだのに。

それにしても T-ZONE跡地はドンキになるし。街にはどんどんアダルトと美少女の文字が増えていくし。電気の街、PCの街の次はもうダメな感じ。新大久保と並ぶ東京のMystery Spotと化してるわよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月11日 (水)

オクラ

綾戸智絵というJazz Singer(Pianist)がいる。歌うときに結構間を取って歌うので、人によってはシツコイと思うかもしれないけど、オイラは結構好き。松山千春とかね。
テレビなんかにもよく出ているけど(こないだは堂本兄弟で体脂肪率9%と言ってた…恐るべし)、オイラの中では平野レミと並んで「これが自分のオカンやったら家出する」RankingのTOPを争う双璧である。しかし、お二人とも、ひたむきな努力と前向きなMindは見習うべきものである。ってか憧れに近いものがあるな。もちろん本業もすごいしね。

で、この綾戸智絵のLIVE!というアルバムに入っているMCで、「ex-husband(アメリカ人)が"オクラ"と言うので、"Oh, you learned Japanese, How to say in English?"と聞いたら"Okra is Okra"と答えられた」という話が入ってる。

調べて見ると、オクラはエジプト・エチオピア辺りが原産で、土地の言葉で「おくら」と言うらしい。ので、世界中広範囲にわたって「おくら」。知らなかったべ。
ついでに言うと、「いくら」もロシア語だったりするのでな。ロシア語では魚卵を全てイクラというのだけど。

母音と子音が交互にならぶと日本語っぽいよね。ハワイの地名とか。「むとんぼ」とかもひらがなで書けばいけそうじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月10日 (火)

男の存在意義

「アダムの呪い」という本があるらしい。
男の存在意義って何かしらねぇ。と改めて思ってみる。別にハードボイルド方面ではない。仁侠映画でもないよ。

一応なんだ、単為生殖だと遺伝病で全滅しちゃったりするリスクがあるので…みたいなのが生物学的な説明なのかしらね。ちょっとこの本には興味がある。遺伝子的に「ヨーロッパ人の共通母系祖先が7人の母親に辿りつく」とか「チンギスハーンのものと思われる遺伝子は、わずか30世代で旧モンゴル帝国の領域を中心に現在1600万人に広がっている」なんてのを読むとサラブレッドの三大始祖を彷彿とさせるね。

しかしあれだな。「男は遺伝子のために生きてる」ってのは、どう捉えるかは置いておいて、ちょっと悲しいな。でも、自分の出来なかったこと・獲得できなかったことをヤタラと息子や娘に負わせようってのは、自分の遺伝子を残しつつ、そのポテンシャルを最大限発揮しようという努力の現われなのかもねぇ。子どもを可愛がったり、子どもの成績に一喜一憂したり、やはり遺伝子のために生きているのかもしれね。

まぁ、ちょっと読んでみたい。けど時間無いし。また飛行機に乗る機会があれば買ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 9日 (月)

CEOのBackUp

こないだメルマガで「スティーブ=ジョブズの癌手術が成功したと、本人が社員に宛ててメールを出した」というニュースを読んだ。え?そうだったの?みたいな。

と、「CEOにもバックアップは重要」なる記事。別にシリコン・バレーに限らずとも、多くのベンチャー企業ってのは、創業者の想いで作って大きくするわけでね。そん中でたまたまうまくいったりすると、結構大変なんでしょうな。中身が追いついてこないというか。特にITの場合は拡大するのにそれほどリソース(金とか人)が必要ないので、乖離が激しいかもしれず。

ま、Yahoo!(US)とか、こないだのavexみたいに、ある程度のところで経営のプロを迎えたり、出資者(Fund)が送り込んできたりってのも一つの手なんだな。オイラも成功したわけではないけど、やたらと社員が増えた経験は以前の会社であるのでな。やっぱ社長が新しく入ってきた社員が誰で何やってるかわからなくなったり、社員からすると社長が何やってるかわからなくなったりな。ま、当然、バックアップ育てる余裕なんてないわけだ。上手くいってる(ように見えてる)間はそれこそ忙しいのでね。
記事に書かれてるIntelもそうだけど、GEのトップ教育も有名よね。やっぱ、1代限りで終わらない会社はそういうとこちゃんとやってるのかね。新しいとこだと MSFT がどうなるかって感じかね。ORCLとかSUNW、AAPLは確かに不安かも。

しかし、JITでHiringてのは言い得て妙かも。転職多いしな。結構突然だったりするし。てか、CEOにBackUpってのは非効率だぞ。Silicon Valleyなんだから。
CEOをH/Aに、もしくはそれこそ JIT で CEO を Procure だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 6日 (金)

台風

先日、おかんからメールが来た
=====
The Japan Times said on Sunday, Aug.1
"Typhoon Namtheum slams into western Japan"
で、Namtheumと言うのは、台風の固有名詞でしょうか?
=====

ちなみに、これがメールの書き出し。相変わらず急に謎なことを聞いてくるAB型ではある。

で、調べてみるとびっくりするぐらい日本語のページが引っかからない。ながらも、どうやらNamtheumはラオス語(?)で「川」の意味だと。

でもさぁ、台風の名前って英語でおねーちゃんの名前つけるんじゃなかったっけ?と思って気象庁に行くと、
「北西太平洋領域に発生する台風の呼名として、1999年までは米国が英語名をつけていましたが、これに代わり2000年1月1日からアジア名を用いることとなりました」
だそうな。アジア名…
見てみると、どうやら色んな国が交代で名前をつけているみたいだ。アジアと言いながら何故か米国が入っているけど…
日本はどうやら星座名で攻めてるようだ。「ヤギ」とか「かんむり」とか。って「コップ」とか「コンパス」とかセンスなさすぎじゃねーか?折角日本語つけれるんだからさぁ・・・

このアジア名、日本国内ではほとんど使われず、船舶に乗っている人たちの間で使われたりするらしい。ので、オイラたちにはなじみないのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 5日 (木)

Baskin-Robbins

ということで、昨日無事に「さーてぃーわん」を迎えた。
本当に今年はバタバタでよくわからないうちに誕生日であったことよ。

よく言われるけど、もうなんか有り難味ないよね。素数だからかしら?
ちょっと思ったんだけど、もっと年齢によって出来ること増やせばいいのに、とか。
「30になったら大吟醸飲んでもいい」とか「35になったら葉巻吸ってもいい」とか。60ぐらいまでにいくつか設定しておくの。
さすれば、年取ったときにもっと記念日的意味合いが強まるのではないかと。(業界団体的には絶対NGだな…)

ま、アホなこと言ってないで、また1年頑張るか。ちなみに今年の抱負は正月に飲み屋で書いた「無事是名馬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 4日 (水)

動画

ここんとこバタバタなので、サボリ気味で行こう(ぉぃ

まずはiPodのCMでしょ。でも、これは結構いろんなところで広まってるらしい。

で、知人Sに送ったらバカウケしてたマリオ攻略法
と、今日そいつから帰ってきたもっとすげーの

人は何故こうもマリオをプレイすることに熱くなるのだろう…

後は、先日Shun-sanが取り上げてた、病後に突然二足歩行を始めたサルムービー
写真見たときはへぇと思ったぐらいだけど、動画見ると、サルの今の骨格や筋肉で二足歩行できるんだねぇと感心してしまう。いやまてよ、これってMADか?むむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 3日 (火)

お家騒動

いやー派手な業界だけに騒ぎも大きくて。

avex の創業者が辞表叩きつけたらあっさり受理されちゃったり、そしたらayuがavexの所属離れるとか大々的に公表しちゃったり、と、2日たったら辞めた人が戻ってきたり。
いや、普段芸能なんてあまり興味の無いオイラが関連ニュース追っかけてるのは、オイラ株主だからなのよね(ぉ

3年ぐらい前に洒落で買った単位株なんだけどね。一瞬ちょろっと上がって、今じゃ半額程度ですよ。塩漬けもいいところ。諦めきっちゃってるので昨日のニュースが出たときも気配見ながら「ふ〜ん」って見てたんだけど。昨日は300円ストップ安で、今日のお昼で123円高(12:55)ですか。慌てて売った人は損したよねぇ。ただ、このまま行くとも思えないので、会長さんはどうにかなるんでしょうな。公開企業は大変よねぇ、ほんと。やっぱ本当に力のある会社はIPOなんてしないほうがいいんじゃないかと思っちまう。サントリーとか。このページの一番下なんて見るとびっくりよ。世界を牛耳るMajorが日本じゃ有限かよ!みたいな。

今回の騒動の原因は具体的には公表されてないけど、「金儲け主義」vs「金儲けだけがビジネスやないやん」みたいな経営方針の違いとかいう報道が一般的。もっと端的に言うと目の前の利益か、将来を見越した投資か?みたいなとこなんだろね。どこの会社でも新商品開発とかリスクを負った代理店契約とかM&Aとか、そういうタイミングで出てくる議論ですな。今回は人間扱ってるだけにさらにややこしいんだねぇ。人間だって目をつけてから売れるまでに投資が必要なわけで。
でも何か色々考えて想像するに、「この子カワイイ」「そんなことないやろ、お前趣味悪いわ」とかいうヤンジャンの巻頭特集ページを指差してる高校生レベルな争い議論がベースのような気もするんだが。結局芸能なんてそんなもんかもな。

ちなみに株主優待コンサート(?)には行ったことありません。興味ないし(ってこないだ話してたら飲み屋の客と店員にすごい勢いで怒られた。BoAファンらしい)

そんな裏でひっそりとイエモン解散

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年8月 2日 (月)

bicniws

実はスペイン旅行中のメルマガがまだまだ未読で残ってたりして…仕事の合間にGMail(また2人ほど誘えるらしい)開いて見てるわけだが。

「ふーん、IT企業ってもうかるのかねぇ。それにしてもオイラももうすぐ年寄りの部類かねぇ」なんて、NRIの平均年収が985万で平均年齢が35.2歳なのを見ながら思ってみたり。

と、こんなのみっけ。ジョークのようなんだけど、ちゃんと売ってるらしい。ビックカメラとIBMのパートナが組んだと。もう2ヶ月ちょっとやってるみたいだけどね。どうやらビックの店頭で支払うとポイント還元があるらしい。

「バックアップバリューセット」なんて某マ○ドなノリで Tape Device+VERITAS+SCSI Card+Tape*20 売ってたりしてちょっと感激。ビックが持ちかけたのかねぇ。
もう、各社のIT関連調達関係者はここで買ってポイント貯めるしかないっしょ!(別に回しもんじゃないよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »