« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004年9月30日 (木)

くりみなる

特に意味はないんだけど。昔まいこーの"Smooth Criminal"って曲(てかビデオ)が好きで。未だにタイトルの意味分かってないんだけど。

今日は朝からばったばたで。で、開放されたのが14時前。弁当屋ももうやってないし、仕方なく坂の上のコンビニまで行く。コンビニでもろくな物は残ってないので、昼食代500円以下。そこらのOLより安いわよっ。

で、オフィスに戻ろうとしたら坂の下からサイレンが。見るとスーツのおっちゃん2人が乗った覆面パトカー、その後ろに普通の乗用車、で、その後ろに警察のバン。なんか挟まれてる乗用車の人が妙に可哀想な感じだった。最初はスピード違反かな?とも思ったんだけど、それをワザワザ覆面でサンドイッチにはしねーだろうしな。たまたま間に入っちゃったんだろうなと。

で、オフィスに帰ってコンソール飯。PCの前で画面見ながら飯を食うのを業界ではこう言うのよ(嘘。で、ものの10分もかからず食って、また仕事を始めようとしてたら、ヘリコプターの音。しばらく気にならなかったんだけどやけにしつこいので見ると2機飛んでる。と、突然、建物の影からどアップのヘリが。Mi-24D"ハインドD"かっ!
「どうした! 生身でハインドに楯突くつもりか!?」リキッドの声が聞こえそうだ。Stingerどこにしまったっけ・・・・・・・・・どうやら順繰りに低空飛行しながらぐるぐる上空を回ってるらしい。そういや、報道ヘリってなんか順繰りに回転しながら取材するって聞いたなぁ。
と、またパトカーの音。どうもオフィスの周りを回ってるらしい。営業マネジャーと「月末だから左折禁止キャンペーンですかね?」「お前ら数字上がってないんだから稼いで来い!、みたいなんですかね」なんて軽口をたたいて、自分のオフィスに戻る。も、ヘリの音は大きくなりパトカーの数は増えるばかり。ふと気になって2chを見てみる。ニュース速報板によると、うちの通りの1本向こうの通りは歩道が封鎖されて警察車両20台ほどとか。マンセー。

で、どうやら「元組員、白昼オフィスで額を撃たれて意識不明の巻(後死亡)」だったらしい。

で、ちょっとばかりオフィスでも騒いで、隣近所のテナントも騒いだんだけど、良く考えたら犯人つかまってねーよな。「ちょっと怖いよね。オフィスのドア閉めとく?それも変かなぁ」なんて話しているうちにパトカーの音減少。ヘリもいなくなった(一説によると衆議院に突っ込んで炎上した車があったのでそっちに向かったとか)。

結局夜までそのまんま。オイラ達はニュースサイトからしか情報得てなくて、こういうとき近隣に警察から説明とか「気をつけてください」とかないのかね?なんだかなぁ。
ま、別にビクビクしないで帰ったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月29日 (水)

SH252i

ik0929.jpgテスト用というか仕事用の携帯を変えた。これまではF212iだったんだけど、あまりにあまりなのと、二次元バーコード読めないのが仕事上差しさわりあるので(てか、そもそもカメラがついてない)。で、SH252i。505iS シリーズも0円らしいんだが、テストを考えると解像度の低い液晶の方が都合がいいので。

で、SHと言えばカメラでしょってことで撮影してみる。こんなもんかね?デジカメ黎明期に光沢が全てねずみ色(グレーじゃなくねずみ色って感じ)になってた時代が懐かしい。が、i-shot っていけてないねぇ。写真送るだけなのに発信者番号通知を一時的に解除します、みたいな。

え、写真?知人の北海道土産。実家で漬けてるとのことで頂いたのよ。もうね、塩辛すぎず、それでいて薄くないコクのある味。スーパーとかで売ってるのって妙に醤油っぽいからねぇ。ここのところ働きづめで食欲なかったんだけど、これは食ったね。魚卵マンセー

それにしても、バーコードリーダついて、きれいな液晶ついて、ブラウザついて、カメラ付いて、もちろん電話できて、このハードが0円で手に入るわけだ。こないだマーケ屋の人と無駄話してたんだけど、DSLも価格競争だったり、通販はどんどん便利になるわで、社会全体が引きこもりを推奨してるとしか思えん。
「そのうち佐川のにーちゃんみたいに昼間走り回る運送業の人と、引きこもりに二極化するんじゃないか?」「いや、ホント引きこもりしねー奴の方がバカみたいになるって」なんてバカ話をして分かれたんだども。物価が安くなっても生活が楽にならない(給料下がる)時代に突っ込んで行ってるのは間違いないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月28日 (火)

Mileage Run

ちょっと面白いものを見つけたので。Wall Street Journal からの出典らしい。
=====
For most travelers, it sounds like a nightmare: Boston-to-Tokyo and back, in just 36 hours.

But for Joe Lin of Boston, it's the ultimate frequent-flier challenge. He does it several times a year, just to rack up tons of miles and get the most out of his elite status on American Airlines. Usually, he doesn't even leave the Tokyo airport.

Trips like these are called "mileage runs" and are a year-round activity for a mileage-obsessed group of travelers. Mr. Lin, a Boston information-technology engineer, buys international business- and first-class awards with his miles, and also gets upgrade credits for his regular business travel.
=====
これをMileage Runと言うそうな。身の回りでやってる人知らんが。

でも、2日以上とかの滞在じゃないとチケット出なくないっけ?バラバラに買っちゃうとかできるのかな?それに安いシーズン選んでもチケット代はタダじゃないわけだし、それでもUpgradeを換金したと思えば利益があるのかなぁ???

ってことはSFOに朝9時とかについて14時過ぎの便で帰ればいいのね。SEAだとどうすればいいのかな。あ、上手くいけば1泊できるかも。金曜夕方便で出て、金曜朝着。土曜のお昼に出て日曜夜着。逆も可。どうよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月27日 (月)

データ移行

なんだかこのBlogのデータ移行をしたらしく、金曜夜に終わるはずのが、月曜の夜になっても妙に不安定。
普通なら文句言うところなんだろうけど、すんなり行くデータ移行なんて見たことないからねぇ。大なり小なり何かあるものよ。そう思うとこの3日、4日で現場は死屍累々だろうなぁと。
南無阿弥陀仏

ということで、今後のURLはhttp://blog.drecom.jp/abiys2000/になるそうな。

この書き込みもちゃんとアップされるんだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月22日 (水)

おときさん

KEiさんが加藤登紀子のコンサートに行ったらしい。

いや、羨ましいね。てか、オイラが加藤登紀子を聴き出したのも、2年前KEiさんたちと「I-5で行こうRedwood <=> Seattle 往復の旅」の帰路、真っ暗な(本当に向こうのFreewayは照明が少ない)I-5を走るCivicの中で「百万本の薔薇」「時には昔の話を」を絶叫(?)したのがキッカケである。

オイラの中学頃からの持論として「日本語は音楽に乗りにくい」というのがあるのだな。これは今でも変わらない。母音がしっかりしてるせいか、洋楽に比べてブツブツと切れるような気がするのよ。それを回避するためか、所謂ノリのいい邦楽はやたらと横文字を使ったり、サザンのような歌い方になったりするんだろうなと。
なので、オイラ中学ぐらいでSting(当時 We'll be together という曲が麒麟麦酒のCMでやたら流れてた)に走ってからは、大学入って付き合いにカラオケが必要なんだ、と邦楽を聴くようになるまでは、全く日本語の歌を聴いてなかった。
でも、音が乗り難いとはいえ、オイラには英語より日本語の方がすんなり入って来る訳で、やっぱり言葉の力のある曲はいいなというのが近頃の思い。さらに声や雰囲気に力がある歌い手だといいよね。という訳で、加藤登紀子、大橋純子、高橋真梨子なんてところは近頃好きだ。チョッと年齢層高いけど :) 後、昔の今井美樹とかね。

そういえば、1年ほど前に行きつけの飲み屋で隣に座った人が会社の経営やってる人とかで、お互い独りで来てたので話をしてたんだけど、なんだかそこで大学の話になって。どうもその人は学生運動の時分に結構先頭にたって色々やってたらしく、興味深い話を聞かせてくれた。
その中で、「ずいぶんとお登紀さんの曲にはをもらったもんだよ。あれで感動して戦ってたからなぁ。今考えれば藤本(故藤本敏夫氏;加藤登紀子の夫)の為に作ってたんだろうけどさ、俺らも単純だったから(笑)」なんて話をしていた。近頃はあまりなさそうだけど、昔から歌とか音楽ってのは軍と関連があったりするからな。そういう力もあるのだろう。"La Marseillaise"とか。

大学入ってすぐぐらいに、とあるイベントで加藤登紀子の歌を聞ける機会があったんだよなぁ。当時はまだHR/HMばっかだったから何の興味もなく見過ごしてたんだが。ずいぶん勿体無いことをしたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月21日 (火)

祭り

ここ2〜3週間辺り、地元は秋祭りだったらしい。

神戸から東京に出てきてびっくりしたのは、各町会で結構真面目に秋祭りをやることだった。神戸では大規模な祭り(神戸祭り)や、ある程度の町が集まっての夏休みの盆踊り(ぐるっと回って最後にお菓子の袋がもらえる奴だな)とかはあったんだが、大人が神輿担いで練り歩くようなのはなかった。

東京なんて冷たい街、コンクリートジャングルだぜ、なんてイメージで上京したんだけど、その年の秋に下町に住む従兄に誘われて秋祭り出動。4年ぐらい神輿担いだ気がする。吹っ切れると結構楽しいもんでね。知らないおっちゃんと仲良くなって休憩所で一緒にビール飲んだり。
最後に神輿の頂上の鳳凰が咥えてる稲穂を解いてばら蒔くとオバちゃんどもが飛び上がって群がるのが東京のイメージとはミスマッチで何度見ても不思議であった。オイラも従兄の姑さんに頼まれて取ってあげたりしたんだけどね(背がある程度あって、ジャンプ力あればオバちゃん相手なので10本ぐらいつかみ取れる)。もちろん自分では持って帰らないけど。なんだか、家内安全だか無病息災だか商売繁盛だか君臣豊楽だかそんな効き目があるらしい。

こないだなんかも、土曜の夜にしてはやたらと近所の焼鳥屋に客が入ってるなと思ったら、オッサン連中がわいわいやってる。結構遅い時間でも、高校生ぐらいのがそこらに座り込んでだべってたり。治安の面では少し悪そうだけど、コミュニティの活性化という意味では、現在では貴重な手段なのかもしれじ。久しぶりに近所の同い年ぐらいの人たちと話すとか、隣のご主人同士でだべるとか。

ま、そんなこんなで、東京以外にいると、超都会なイメージがあるかもしれない東京も案外田舎っぽかったりするのよ。根津とか三田とか乃木坂辺りとかもちょっと入ると、神戸なんかよりよっぽど古くて、悪く言えばボロボロの、よく言えば風情のある町並みがあったりするのですよ。

てか、神戸の方が空襲だの震災だので、よっぽど「新しい」街なのかもしれず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月17日 (金)

ICHIRO

一昨年になるのかな、7/4にSeattleにお邪魔してSAFECO FIELDに連れていってもらった。ICHIROや当時全盛期(?)のDAIMAZINが出ると観客が大歓声を送っていたのを現場で見て妙に感動したのを覚えている。
4th of July ってことで、セレモニーがあったり、色々とUS崇拝色が強い中で見た日本人選手の活躍だったからかもしれず。

そのICHIROは今季も一人で大活躍。なのは皆さんご存知の通り。で、バッティングの分析がSeattle Timesにあった。(asahi.com経由)

これによると、えーと内角高めが一番苦手なのね。と思うが、.279 の数字。ふざけんなっちゅーの。これ打率だから、空振り取ろうと思ったら本当に大変よね。オイラが何球投げたら空振り1個取れるんだ?(取れネーって)

でも、日本人だとICHIROより打率が高い選手がいるってのはあまり知らないんじゃないかなぁ。振らせてもらえないからヒット数こそ伸びないけど。ICHIROも凄いけど、やっぱBondsは異常だと思うんですよ。ほんと。一度SFでも野球見たいなぁと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月16日 (木)

Live and Let Dye

先週末美容室に行ったときの話。

ふとしたことから「髪の毛染められたこと無いんですか?」と美容師に聞かれた。
どーでもいいけど美容院にいる男性美容師さんって、ひょろっとしてちょっとナイーブっぽい感じの人が多い気がするのよねぇ。洗髪してもらうときとかも声の掛け方が弱々しかったりしてちょっと(そっちっぽくって)怖い。ま、オイラの担当は恰幅のいいオネーサンなんだが。
で、「いや、ないですよ。別にいいことないですし」と答える。

髪の毛染めるってのは、オイラにしてみれば髪と頭皮に確実にダメージを与える行為以上でも以下でもないと思うのだな。密度濃すぎて海苔みたいになっちゃう女子が軽く見せるために茶系を入れるってのは少し納得できる。腕とかスネの毛が剛毛で、剃っても剃ってもウフフフフなので仕方なく脱色してるという女子もかなり納得できる。高校時分に通ってた矯正歯科の受付のオネーサンがそうだった。顔はキレイなんだが照明の角度によっては腕がキラキラと光るのだよ。親父お手製スピーカの中に入ってるグラスファイバーのように(なんちゅう例えじゃ)
でも、それ以外に関して(もう少し感覚的なのを)付け加えれば、妙な西洋コンプレックスの存在を感じなくも無い。日本人が茶髪やパツキンになりたがる一方で、外国人には黒髪の日本人女性がうけるというのも不思議なもの。

で、続き
「確かにあまりいいことありませんけどねぇ。高校の時とかもですか?」「いやー、高校の時のほうがありえないでしょ」みたいな。

そもそも、ガキの頃はリンスなんて母親(うちの家族で女性は母親だけなのでな)専用アイテムだったし、男の整髪料ったらポマード(チック?)みたいなオッサンアイテムしかなかったと思うんだが。高校入ったぐらいからムースだジェルだと出てきて、POLAれぃでぃの伯母からジェルを買った覚えがある。
大学入る前後ぐらいにとれんでーどらま全盛で、江口洋介の長髪が話題になり、うちの大学の城下町(?)のラーメン屋では髪を掻き上げながらラーメン喰らう男どもが多発したんだが、「オマイラそれは宅八郎やろ!」って突っ込みを入れてたのを思い出す。今や長髪の男なんて珍しくもないやね。男も眉毛剃ったり書いたりするし。あたしゃ未だにバブル期モデル並みの無修正眉毛ですが何か?

今や、高校生でもピアス開いてたりするしなぁ。なんだかなぁ。そんなこと考えながらLEGOマニアの間で、「LEGO純正パーツを削ったり塗ったりすることを魔改造という」なんてのを読んだことを思い出した。あ、単純に「魔改造」だけで検索するとエライコトになるので素人にはオススメ出来ない。

中身でしょ中身。日本人なんだからやっぱ純正でいきましょうよ(なんて言ってみるテスト)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月15日 (水)

voda骨

何だかvodafoneはJ-Phone買ってから躍起になってJ-Phone/J-Skyの名前を葬り去ろうとしてたので、いつか来るとは思っていたのだが。

どうも年内発売の端末で、HTTP_USER_AGENTから J-PHONE の文字がきえるっぽい。
$ua = explode("/",$_SERVER["HTTP_USER_AGENT"]);
if ($ua[0] == 'DoCoMo') {
***********
} elseif ($ua[0] == 'J-PHONE') {

なんて処理で3キャリア対応をしてた勝手サイト、特に技術者囲ってなくて外注で作ったとこは結構大変かもね。

え、新規のvodafoneからアクセスできなくなっても大して影響ないって??(ぉ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月14日 (火)

くじら28号

給食にクジラ、釧路市で40年ぶり復活

釧路市の小中学校で調査捕鯨で捕れたクジラを給食に出したそうなのだが、「40年ぶり」なんだそうな。

てか、オイラ小学校の時給食に出てたぞ。俺様50代なのか?いくら老け顔とはいえそれはひどい。「クジラ肉のノルウェー風」。かなりの人気メニューで男子はお代わり合戦してた気がするんだが。対極にあったのが八宝菜だな。何だか野菜が生煮えな感じだったりして。
捕鯨で栄えた釧路で40年ぶりで、神戸では20年ほど前に食ってたとはコレ如何に?と調べると、結構出てたんじゃん

クジラといえば、思い出すのが夏の親父。風呂上りにビール飲みながら通称「オバケ」を食ってた。クジラの尻尾の脂身かなんか?白いびろびろなのをからし酢味噌みたいなのにつけて食うの。ちょっと食べさせてもらったけど美味いとも思えず。大人になったら美味く感じるのかしらと思っていたのだけど、大人になったら無くなってるじゃないのよさ。

うおー、「お化け」だと思ってたら「尾羽毛」だとよ。尾羽の部分の脂身だからかぁ。

ん、もしかしてまだあるのかなぁ?今度スーパーで探してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月13日 (月)

JAM

僕わぁ何を思えばいぃんだろぉ 僕わぁ何てぇ言えばいぃんだろぉ♪

先週土曜は言わずもがな9月11日であった。ま、回想はいいとして。
丁度、KEiさんが「沈まぬ太陽」ネタを書かれてることもあるのだが、人命についてつらつら思う。(ちなみに沈まぬ太陽はまだ読んだことない)

人命は「重さ」とか言っても超主観的だしね。近いところでは、台風で亡くなった数十人、ロシアで亡くなった人質数百人、911で亡くなった数千人、このとこの戦争で報道されてる亡くなった米兵、イスラム信者。でも、大きく報道されていない内戦とか災害だっていっぱい有る訳だし、それは商売としての報道に乗らないだけなわけで。もちろん個人の親族が病死したりしてもね。
その一方で商売になるから、イラクで捕まった人たちとかは大きく報道されるわけだ。

てことで、土曜は色々番組やってたみたい。事故を検証して疑惑をあばく、見たいなのも有ったけど、ドラマ仕立てにしてるのは上記の商売主義を見てるようでちょっと気分が悪い。ドキュメンタリならまだしも、ちょいとお涙頂戴ものに仕上げたりしてるとガキの頃に見た(見せられた?)「南極物語」に通じる嫌悪感を感じる。(もちろんそんな番組マジメに見ないわけだが)

そんなことをここ(hirax.net 経由)を見ながら思うわけですよ。数の問題ではないのも分かっているけど、インパクトあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月10日 (金)

コルカタ

先日、ワールドカップアジア予選の日本vsインドが、インドのコルカタで行われた。ハーフタイムに停電したり、色々あったのだけど 4-0 で日本が順当勝ち。

で、コルカタってどこやねん?高校の頃かじった地理には出てこなかったが、サッカーが盛んで10万人入るスタジアムがあるってのは結構大きな都市っぽい。ということで調べてみた。

コルカタ(Kolkata):西ベンガル州の州都、ガンジス河口デルタ地帯に位置する東インドの経済中心

外務省のページその他によると、17世紀にイギリスが商館を建てた時に、そこにあった大部落 Kolikata にちなんで英語名Calcuttaとつけたとか。てことは、オイラの知ってるカルカッタなわけだ。
インドでは押し付けられた(?)英語名を廃して従来の名前に戻そうなんて運動があるようで、2001年1月からカルカッタはコルカタになってるそうな。うーんIMEもカルカッタは変換してくれるけど凝る肩は変換してくれないぞ。
ちなみに、同じようにボンベイ=>ムンバイ、マドラス=>チェンナイなんて名前になってるらしい。オイラの知ってるインド地理とはかなり違う。
てか、3年間もその事実を知らなかった俺様にビックリ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 9日 (木)

重陽

皆知ってると思ったら案外知らない人が多いので。今日は何の日?

重陽の節句という。ちょうよう。江戸時代は五節句と言って祝日のようなものがあったのだな。1/1,3/3,5/5,7/7,9/9 の5つ。他のは端午だの七夕だのついているのに、9月だけは可哀想である。ちなみに3月3日は桃の節句というのは植物を当てはめただけで、正式には上巳の節句という。植物で行くならばarray('5月'=>'菖蒲', '7月'=>'笹', '9月'=>'菊')である。
昨年辺り流行った陰陽道では、いろんなものを陰陽2つに分けて考えるのだが、数字もまた然り。奇数は陽で、偶数は陰となる。なんとなくな感じがするのはオイラだけか。で、陽の中でも最大の9が重なる9月9日は「重陽の節句」なのである。その他の奇数もめでたいので、重なる日を祝うのであらう。
ちょいと調べると、九州地方で祭りを差す「くんち」という言葉。語源は「九日」らしい。元はといえばメデタイ重陽の日に行われる祭りのことだったと。

陰陽道と関連する(陰陽)五行説を知っているとちょっと面白い。五行とは「木・火・土・金・水」の5つであり、万物の素である。
方角、季節に4色が当てはめられていたり、これとからんで守護神として動物が当てはめられていたり。例えば国技館の天井から下がる房(元は柱が立っていた)の色になっていたり、京都御所の南に朱雀門(赤)があったり、関羽の青龍偃月刀の青龍は東の守護神だったり、春は青くて青春だったり。
なんで五行なのに4つしかないのかっていうと、真ん中があるのである。季節で言えば土用と言った感じ。
他にも東京には目黒や目白だけでなく目赤や目青、目黄があったりする。知る人は少ないのではないかな?

で、話戻って重陽の節句。この言葉を聞くと、子供の頃に読んだ「雨月物語」を思い出すのであった。何故か小泉八雲(らふかでぃお=はーん)だと思ってたんだけど、上田秋成の作品なのね。大中寺つながりか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 8日 (水)

電脳量刑

ちょっとSAC(攻殻機動隊)っぽくていいよね。

被告の量刑、コンピューター任せ 山東省で「電脳量刑」

中国で「被告の犯罪状況や情状酌量などのデータを加えると、適切な量刑が決められるという」という凄いソフト。
恐らく過去データしこたま入れて多次元解析とかして、「量刑予想ソフト」を作ったんだろね。こーゆーときはこれぐらいになるんじゃないの?と予想するソフト。で、それを現場で実際の判決に使っちゃう。投入するデータ(パラメータ)次第で結構大きく変わりそうだけど。競馬予想とかして欲しい。

何だか文面見ると「中国だから裁判官の決定がいい加減」みたいな雰囲気が行間に漂うのだけど、別に日本だって同じだと思うのだけどね。裁判官が説教した、とか、温かい言葉をかけて被告が涙した、とか良いか悪いかは別として主観が混じるわけで。
こういうの是非、汚職事件の政治家どもに用いてもらいたいものです。プレッシャーを感じない裁判官。丁度いいじゃん、1億ほどもらってた橋本さんとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 7日 (火)

SpamAssassin

もうすぐ秋だよねぇ
秋になると美味しいものいっぱい♪
でも食べ過ぎて太らないようにしなとね
食べても食べても太らないものって・・・
やっぱり○○○かな?(>_<")
ここのところご無沙汰だから妄想が暴走しちゃってσ(^_^;)アセアセ...
たまには連絡くださいね

真奈美</斜>
=====
小西真奈美はエルフ顔だと思う。(本件に無関係だが)

で、近頃こんなメールが頻繁に来る。それもISPの方とフリーメールと同時に来たりするのですよ。
昔はこれ系(出会い系?)のSPAMって携帯電話に来て、分かりやすくURLが書いてあってクリックを促すようなものが多かったんだけど、近頃のにはURLないのよね。
「近況教えろ」「返事くれ」みたいな内容の若い女性もしくは人妻を装ったもの多数。
真奈美タンに返事出すとどうなるんだろう?向こうでFromアドレス抽出して…どうするんだ?URL送りつけてくるのかな?謎。

それにしても、Content-Typeもなく、"SUBJECT: 久しぶり♪"なんて何故かSubject が大文字。もう少し上手にやらんのかね?

ほぼ同時に、会社のお問合せアドレスにもSPAMが来るようになった。こちらは異国専門。「薬売ってやる」「SPAM用のアドレス売る」「海賊版売る」ってので99%ですな。一度、麻薬とミサイルランチャー販売ってのがあったんだけど…
この手のSPAMは
* ^X-Mailer: AOL .* for Windows US
* ^Content-Type: text/html;
の二つで半分以上取り除けてたんだけど、それ以外もワラワラ来る様になったので、SpamAssassin なるものをサーバに入れてみましたわよ。乞うご期待!もう、早くSPAM来ないかと楽しみで楽しみで

しかし Assassinって打ちにくいな。何故かアサシンと聞くと Iron Maiden と FinalFantasyが頭の中で半々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 6日 (月)

地震

多々今。ごつか地震があった。
神戸震度3となっているが。そんなものではなかった。
震災に会っているので比較的落ち着いていたが,怖かった。
和歌山、奈良辺りが震源のようなことを言っているが、広範囲に揺れた模様。

=====
昨日午後19時過ぎの母親からのメール。どうやら、この後23時ごろにももう一度ゆれたらしい。奈良は震度5弱とかなので結構な揺れである。

関西は東京に比べて地震が少ないので、ちょっとした地震でもかなりインパクトがある。あたしゃ人生の40%を東京で過ごしてしまったので、震度2とか3なら慣れてしまってどうでもないのだけど。というか、最初に東京に来て借りた家が、1階が駐車場でがらんどーの2階、窓から中央道高井戸出口が見えるという状況だったので、昼夜を問わずトラックが下りてくると「ずごんごんごんごんんん」って感じに家ごと揺れたんですな。ので、揺れには鈍感。

うちの母親も寝てる最中に地震があっても起きたりしない人だったのだが、さすがに阪神大震災以降は敏感なようだ。家族であれを体験していないのはオイラだけなのでな。

あの日は大学3年か4年かだったのに、何故か朝の6時半ごろに勝手に目が覚めてテレビをつけたら永井美奈子がニュースやってたんだよなぁ。最初は映像が無かったんだけど段々、長田あたりの火事とか倒れた高速道路とかの映像が入ってきて焦って実家に電話した頃には遅かりし。もう電話なんて通じない。京都出身の大学の友達に「公衆電話からかけた方が掛かりやすいらしいで」と聞いて大学の公衆電話からかけてやっと無事が確認できてほっとしたのを覚えてる。

「バングラデシュで洪水被害」とか「フロリダにハリケーン直撃」とか見ると、「大変そうだけど、分かっててそういうとこ住んでるんだもんねぇ」とか思ってしまうんだけど、日本に住んでて地震の被害にあうのもそういうものかもしれん。東海大地震来るかも、来るかも、と思いつつ東京に住んでるわけで。やっぱスペインに住むか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスクデータ

hirax.net を通って「ぽいんつさんのブログ.」へ。
中身はとても面白いのだけど、あまりコメントするとアレなんで…

やっぱゲーム、特にRPGとかシミュレーションゲームとかってマスクデータがある程度ないと面白くないのだけど、仕事が忙しくなったり年を取ったり(?)すると、何だか複雑なゲームには手が出なくなるわよね。
"strategy"をリスト化していつでも見れるようにしておいて欲しいなぁ…(何を言いたいんだか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 3日 (金)

ケコーン式

もう憂鬱なんすよ。

明日はケコーン式に出なきゃならんのです。「ならん」ってぐらいで、正直祝う気持ちもないのですよ。別に呪うわけじゃなくて、気持ちとしてneutral。仕事の付き合いだから参加するわけですよ。高い金払って昼飯食べに行くぐらいなら、粗食喰らって昼寝したいです。もう、このところで傷んだ体と荒んだ心のメンテぐらいさせてくださいって感じ。

この年になると、もうありきたりな式だと飽きちゃってね。普段から「都内・横浜の結婚式は不参加」と公言してるんだけど、仕事がらみだとそうもいかず。ああいう儀礼に半強制参加ってのはツライわ。てか、祝いたいカップルなら俺様自らがぱーちー仕切ってやってやるっちゅうねん。

というわけでさっき熨斗袋ってか祝儀袋か、買いにいったら何故かガラ空きの文房具屋で熨斗袋コーナーにおっさんとおばさんと俺様。ラッシュですか?明日って大安とかなのかしらねぇ。もうコストだってバカにならん。金と時間のトレードオフなら許せるけど両方取られるなんてゆるせーん。

ってとこに、Lの「ケコーン汁」Blogハケーン。おっしゃるとおりだ。
オイラも昔は「いつかは結婚するんかねー」ぐらいに思っていたかもしれんのだけど、人生どんでん返ししちまってからは、もはやメリットが見出せないただのRegistrationだ。むしろリスクでかい気がして。いろいろとネ。
古来は社会的Statusとしてメリット大きかったんだろうけど、てか、ケコーンしてないことのデメリットがでかかったのかな?、実際デメリット感じないしなぁ。不動産関連で聞かれたり、ローン組もうとすると聞かれたりするぐらいか。でも、起業した時点で都銀のローンとは無縁なのでな。
税制優遇がでかいとか、相手が外国人で日本に住むためには、とか、後は逆タマ!とか、そういうんでもなければやる気にならん。少なくとも不特定な誰かと「ケコーンしたい」とのたまう方々は理解できず。

ま、三十路に入って、ケコーンを構造解析しようとしている時点でダメなのもLの言うとおり。やっぱ若くて熱いうちに感性でやってしまうもんだね。きっと。
間違っても既婚者を批判するわけではないので。私に取れなかった何かをとった人々はどこかで尊敬すべきだと思うし。でも心の奥底では何かオイラに優位性があるはずだと信じていたりして:-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 2日 (木)

Tough PC

なんだか iMac G5 発表だとかで。

まー確かに面白いデザインだけど、実用的なのか?というと疑問だなぁ。昔から一体化ってのはサポートが金を稼ぐための詐欺的なもので、何か壊れると全部駄目になるという非常に不便なものだという考えがあるのでな。テレビデオしかり。近頃の車のテールランプしかり。ビデオが壊れて修理に出すともれなくテレビが見られない。ウインカーが切れただけで、ブレーキランプとかも全部含んだユニットごと交換。
事実、うちのオフィスにもどっかがいかれただけの粗大ゴミと化した初代iMacが何台かあるんだな。ディスプレイにもなりやしない。

と、その一方で、こんなの発見。「90cmの高さから鉄製の床に落としても壊れない」ってUSでPanasonicがだしてるToughBook(って今見たら日本でも売ってるな) もこんなんだっけなぁと思う一方で、「30cmから落としたら壊れるんだろうか?」と変な揚げ足取りを思いついたりする。
「-20〜55℃の広い温度範囲での動作を実現」っていうのがちょっと気になるのだけど、凍らないのかねぇ。何か想像しただけで指先がキーボードに貼り付きそう。このキーボードを手袋越しに叩くんだろうか?「HDD低温動作サポート」ってのも気になるぞ。

とりあえず007御用達だな。映画の中のエージェント連中は何故かiBookを持ちたがるようだが、これ持ちなさい。
うちの社員にも今度からこれ持たせようかな。もう修理に往復するのはカンベン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年9月 1日 (水)

オリンピック

9月ですなぁ。後4ヶ月で今年も終わってしまう。とりあえず時代遅れにならないうちにオリンピックを自分なりにまとめておこう。

○ 通訳のおねーさん
前半の柔道でやたら見かけた通訳ボランティアのおねーさんがキレイだと思ってたら、結構周りでも評判。が、2つ年上でお子様のいる奥様というのでガッカリ(何が?

○ 株
野口選手がキスしたシューズがきっかけとかで、アシックスの株が年初来高値をつけたらしい。でも、日本で流れた映像では圧倒的にミズノが映ったと思うんだけどな。現在大活躍のICHIROのバットもミズノだし。と、株価を見ると調子悪そう。
一概には言えないんだなぁ、と思いつつも、北京オリンピックにはどっか買ってみるか(ぉ
ちなみに、Google で「株価 ミズノ」とかってやると株価ページが出るんだね。知らなかった。もひとつオマケに、Google News の日本語版がはじまったっぽい。

○ メダル
日本のメダル数がどうこうと話題だけど、日本だけじゃなくて色んな国が色んな種目で初メダルを取ったっぽい。どうも、水泳とか陸上とかで、これまで活躍してた国がイマイチなのを見ると、「今までのはドーピングの競い合いだったんじゃねーか」とか思ってしまう。でも、何か中国頑張ったみたいね。陸上とかカヌーとか新体操とかもそうだっけ?記者のマナーが悪い(共同記者会見なのにメダリストと記念撮影始めたとか)とかで他国の顰蹙買ったりもしたみたいだけど、その辺はアジアカップの件と合わせて宿題ということで。
個人的には中国株ファンドにもうひと伸びしてほしい今日この頃(近頃落ち着いてしまった)

○ 武道
よく時代劇とかで「隙ありっ!」みたいなシーンがあって、そんなのウソだろと思うんだが、今回の柔道の野村、準決勝だかのアルゼンチン選手との試合は正にそんな感じだった。足払いで体制を崩した野村に相手が仕掛けた内股を空かしての内股。鳥肌ものの集中力ですな。
ちなみに、なんちゃって柔道初段のオイラは「やべっ」と思ったときには投げられてたりするのだけど、相手に隙があるかどうかはイマイチ分からなかったりする(ダメじゃん)。中学の時に一度細川さん(ロスの金メダリストだったはず)と乱取りしてもらったのだけど、その時はよくわからないうちに巴投げでふわっと投げられた。何だか自然に受身とったけど、本当に何が起こったかよくわからず。達人というのはああいうものかと。ま、その後お世辞で大内刈りを褒めてもらったのだが。13ぐらいで柔道始めたてだったオイラは、素直に嬉しかった記憶があるな。

個人的にはテレビの視聴率あがったすよ。近頃のテレビにしては面白いソフトだったと思われ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »