« 電脳量刑 | トップページ | コルカタ »

2004年9月 9日 (木)

重陽

皆知ってると思ったら案外知らない人が多いので。今日は何の日?

重陽の節句という。ちょうよう。江戸時代は五節句と言って祝日のようなものがあったのだな。1/1,3/3,5/5,7/7,9/9 の5つ。他のは端午だの七夕だのついているのに、9月だけは可哀想である。ちなみに3月3日は桃の節句というのは植物を当てはめただけで、正式には上巳の節句という。植物で行くならばarray('5月'=>'菖蒲', '7月'=>'笹', '9月'=>'菊')である。
昨年辺り流行った陰陽道では、いろんなものを陰陽2つに分けて考えるのだが、数字もまた然り。奇数は陽で、偶数は陰となる。なんとなくな感じがするのはオイラだけか。で、陽の中でも最大の9が重なる9月9日は「重陽の節句」なのである。その他の奇数もめでたいので、重なる日を祝うのであらう。
ちょいと調べると、九州地方で祭りを差す「くんち」という言葉。語源は「九日」らしい。元はといえばメデタイ重陽の日に行われる祭りのことだったと。

陰陽道と関連する(陰陽)五行説を知っているとちょっと面白い。五行とは「木・火・土・金・水」の5つであり、万物の素である。
方角、季節に4色が当てはめられていたり、これとからんで守護神として動物が当てはめられていたり。例えば国技館の天井から下がる房(元は柱が立っていた)の色になっていたり、京都御所の南に朱雀門(赤)があったり、関羽の青龍偃月刀の青龍は東の守護神だったり、春は青くて青春だったり。
なんで五行なのに4つしかないのかっていうと、真ん中があるのである。季節で言えば土用と言った感じ。
他にも東京には目黒や目白だけでなく目赤や目青、目黄があったりする。知る人は少ないのではないかな?

で、話戻って重陽の節句。この言葉を聞くと、子供の頃に読んだ「雨月物語」を思い出すのであった。何故か小泉八雲(らふかでぃお=はーん)だと思ってたんだけど、上田秋成の作品なのね。大中寺つながりか。

|

« 電脳量刑 | トップページ | コルカタ »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748747

この記事へのトラックバック一覧です: 重陽:

« 電脳量刑 | トップページ | コルカタ »