« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004年12月29日 (水)

初雪

すげー勢いで雪降り出したよ。普通、初雪って降るか降らないかぐらいのものじゃない?
てか、初雪かどうか知らないけど、とりあえずこの冬初めて見た。

子供の頃は近所に芝生とか土のグラウンドとか多かったので、これぐらい降ると積もったもんだけど、東京はアスファルトとか多いからなぁ。まぁ、神戸でも積もることは珍しくなったみたいだけど。

ってことで、今年の更新もこれが最後かな。よいお年を。他人事じゃなく来年はいい年にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月28日 (火)

クルシマス商戦

米インターネット小売り大手アマゾン・ドット・コムは27日、歳末商戦の11月25日から12月23日までの間の売上高が過去最高に達したと発表した」らしい。
何でも1秒当たりのOrderが32件というからすごいもんだ。

一方でNYの百貨店なぞは不振などというニュースもあったけどね。

以前AEにも書いてあったけど、クリスマスっていうとどうして女性がバッグを欲しがるのか謎。クリスマスに限らんのかもしれんけど。宝飾品とか、時計とか服とか色々ありそうなのに、バッグを欲しがる人が多いように思うのだけど気のせいなのかしら?
オイラは時計欲しいとか服欲しいってのはあるけど、このカバンほしーって感覚はないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末

いつの間にやら年末といえば格闘技になってしまった。今年はTBS系列のK-1とCX系列のPRIDE ってことで。
ガキの頃は大晦日といえば、紅白と何故か民放が皆同じ番組をやる行く年来る年ってのでテレビはほとんど見た覚えが無い。面白くなくて。学生時分は年明けのパペポを良く見てた気がする。上岡龍太郎はどうしてるんだろう。

さて、諸事情により大晦日は家にいないのだけど、うちのカワイイCoCoonは飼主に似ておしとやかなので、「複数番組同時録画」なんて派手派手しい野暮なことはできないのだ。
古くはタイガーマスクvsダイナマイトキッドやカンナムエクスプレスの華麗な技に感動し、福澤アナがジャストミートで、若林アナが恩知らずでものもらいだった頃のプロレスを見続けていたオイラにとって、K-1とPRIDEどっちを録るかは大問題なんだな。

格闘技通としては、文句無くPRIDEなのは分かるのだけど、ボビー見たいし。と思ってたら桜庭欠場ってので、K-1に決定やね。あ、でもPRIDEの方が始まるの早いから少し録っとくか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月27日 (月)

TSUNAMI

インドネシアの地震でインド・タイ・スリランカなんかが津波被害ですごいことになっているようで。
その気になればまとめて休み取れてしまう某外資系企業の同期なんかが巻き込まれて無いだろうかと、少し心配になってみる。メジャーどころには居そうにないけど、スリランカ辺り行きそうな知り合いいるし…

かく言うオイラも、日本を脱出したいのは変わらないわけで、数ヶ月前までは、「年末はタイかマレーでも行くかなぁ」なんて思っていたのだ。もちろん、プーケットやモルディヴなんてラブラブな雰囲気のところに行く気は毛頭無いが、CREAなんかに乗ってる、もうちょっと渋めなところ。結局やめたんだけどね。
それが、「プーケットやモルディブ、ツアー中止も スマトラ沖地震」なんてことらしい。ま、間違っても、今時分に休暇とって海外にいれるほど暇じゃないので、被害にあうことは無かったと思うのだけど。

さて、TSUNAMIというのが英語として通じるというのは知られた話だけど、その元々はハワイの日系人が使ったことによる。ハワイは1946年、1960年と大きな津波に襲われているところで(1960年の時は日本も被害を被った)、未だに太平洋沿岸で地震が起こると警報発令され、地震が無くとも定期的に観光客も巻き込んで抜き打ちの訓練が行われるらしい。

今年、ワイキキに泊まった時に、ホテルが中庭をはさんで半分に分かれていて、中庭に滝なんか流れてて、景観はいいのかもしれないのだけど、部屋に戻るのにエレベータにたどり着くのが面倒で(2階の渡り廊下のようなところをぐるっと回る)、「デザインかもしれんけど、もうちょっと使い勝手考えろよ」と思っていた。のだけど、後で聞くとどうやらワイキキのホテルは津波の被害を抑えるために水の通り道を確保しているらしい。ちょっと納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有馬記念

オイラの予想は5着=8着だった…

終わってみれば今年のJC優勝馬=>昨年のJC優勝馬ってことで、あまり面白みも無かったわけだが。直線も決まりきった感じだったし。
それにしても、あれね。有馬記念の後に最終レースあったのね。オイラがバリバリ現役の頃は有馬記念の後は無かったはずなのに。

が、何が一番腑に落ちないって、今年一度も競馬を見ていないはずのKEiさんの予想が当たって、ゼンノロブロイとペリエの強さを目の前で見たはずの俺様が外したってことだな。天皇賞・JCの疲れって何よ?1枠1番で包まれるってどうよ?

今年の競馬予想は散々だった…予想が当たったのはダービーとNHKマイルぐらいか。来年は3歳に絞って勝負するかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月24日 (金)

牡蠣

ガキの頃は牡蠣が食えなかった。生だろうがフライだろうが、あの原型の気持ち悪さと、ぐにゅっとした食感がダメ。おそらく、原型のインパクトが強かったんだろうけど。

食えるようになったのは、東京に来て、親戚に銚子に連れて行ってもらったときのこと。気を利かせてか、やたら大きな岩ガキを注文してくれて、お世話になってることもあるので、断るのも何だなというので、食ってみたら案外美味かった。その後はフライでも何でも食うね。「大好物です!」ってことではないけど、揚げたてのフライでビールってのは幸せな気がする。フライなら何でもそうか…

で、昨日スーパーに買い物に行ってふと見ると「生食用」と「加熱用」がある。何が違うんかなー、と見ると、「生食用」は水入りのパックに入っててちょっと高め?「加熱用」は剥き身が普通の発泡スチロールのトレイにぼてぼてっと入ってて、ちょいと安い。見るからに「生食用」の方が鮮度がよさそうなので、そういうことだと納得して帰ってきた。別に買ってないよ。

帰ってから、ちょいと調べると、歴史的には「プランクトンの少ない海域で獲れた牡蠣=生食用」だそうな。要は毒素をあまり溜め込んでないってことか。それが、法律改正とやらで、殺菌処理が義務付けられたと。
なので、売っている生食用の牡蠣は、獲ってから1日ほど、紫外線やらオゾンやらで殺菌された海水につけて、最後に海水より少し薄い塩水で洗って、塩水ごと出荷するとのこと。だからパックに入ってるのだな。加熱用は何をしてもいいらしい。ので、剥き身でぼてっと売っても良い訳で、鮮度が落ちてるわけじゃないらしい。いやぁ、見た目って大事よねぇ、とつくづく。

で、一説によると、消毒過程で、生食用牡蠣は1日断食になるのと、薄めの海水で洗われるために、中の水分が吸いだされてしまうので、味が落ちると。ううむ、それっぽい。
ので、フライだの鍋だの過熱前提の料理のために買うのなら、「加熱用」を買った方が良いそうな。
ちなみに牡蠣に当たるのは鮮度も影響するけど、基本的には体内にどれだけ毒素が溜まってるかっていうそもそもの要因で決まるらしい。獲られてから毒素が出来始めるわけじゃないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月22日 (水)

Adobe Reader

Adobe Reader 7.0 japanese が出た。

6.0 よりかなり速くなった感じ。よい傾向だ。つーか、5.0に比べて6.0が重すぎた気がするけど。

昔は Adobe Acrobat Reader じゃなかったっけなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不在着信

仕事の関係で FOMA (P900i) を持っているわけだが。元々仕事用で持ち歩いてる SH251i に比べて格段に遅い。ボタン押してからワンテンポ置いて動作開始みたいな。
ま、V801SAに比べれば2倍ぐらい速いのだが…

で、たまに朝来て画面見ると、朝6時過ぎとかに不在着信がある。普通なら未だに懲りずにワンギリかよー、と思うんだが、これがTV電話の不在着信なんだな。
すげー気になる。てか、チョッと出てみたい。これってやっぱり詐欺もどきなんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月21日 (火)

キーボードトイレ

3週間ほど前の金曜日に、妙に左の肘が痛いと思って。ずっき〜んと痛いとかじゃなくて、ずーんと重い感じ。ちょうど肘掛に当たるぐらいのところが痛い。で、良く分からずに土曜日、立ち上がろうと何気なく左手を突いたら手首に激痛

「こ、これは…」

昔オカンがキータイプしすぎでなっていた腱鞘炎ではあるまいか。

てことで、色々調べてみると、結構授乳するお母さんがなりやすいらしい。で、治療は重度の場合は手術なんて恐ろしいことが書いてあるのだけど、軽度の場合は「とりあえず使わないこと」だそうな。
が、Meadow使いのオイラに左手使うなってのは、お母さんに授乳するなって言うのと同じぐらい無理なことなのである。まーだましダマシ仕事するか・・・

で、その話をKEiさんにしたところ、「キーボードトレイ使ってる?」とのコメント。なんじゃいそれ?どうでもいいけど、「トレイ」って見ると「トイレ」に見えてしまう。いつもHotmail の画面で「受信トイレ」と読んでしまうのだけど、そんなトイレ嫌だ。似たような現象に、「チャイドルシート」ってのがあるのだけど。
んで、どうも海の向こうの国のある程度の会社のオフィスには机にキーボードトレイなるものをつけてくれるようだ。想像でしかないけど、机の前の部分にくっつけて、ちょっと低めに突き出てるような、キーボード置き場。

で、とりあえずそれをまねしてみることにした。机の正面の引き出しをちょっと片付けて、ERPやりかけた時代、何故だかバックオフィスを束ねてた時代の遺物「日商簿記検定2級 問題と解答・解説」なるものを敷き、その上にキーボードを載せてみる。
しばらく慣れないのだけれど、頑張って2日ぐらい使ってると、確かに手首が反り返らなくて楽かも。

後、物理的にキーボード分だけ後ろに下がらなければならないので、オイラ自慢のチェアに背中がピッタリしていい感じ。後は、テンキーにかぶせて使うマウスパッドが欲しいのだけど、日本でどこか売ってないものか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電GO!

オヤジに人気と定評のある(?)電車でGO!で思い出したのだけど、うちの親父の仕事仲間だか遊び仲間だかに、現役だか元だかJRの運転手がいるらしい(すげー曖昧だなぁ、我ながら)。

で、親父が「お前、電車でGO! やったことあるやろ?」と聞いたところ、恥ずかしそうに「あります」とのことで、「上手く止まれるんか?」と聞いたら「止まれません」とのことらしい。

本人曰く、加速度(ブレーキの減速)を体で感じないのが気持ち悪いらしい。そっか、本当はかかるべきGがかかってないのよね、と改めて認識。
そいや、オイラが学士の時はVRにおける加速度の重要性みたいなのを扱ってたんだった(ちょっと違う方向に逃げたのだけど)。ってことで、将来的には電車でGO!はライドになるのかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月20日 (月)

野良さんた

NORAD がサンタというか、正確には赤鼻のトナカイ(ルドルフ)の鼻を赤外線Trackingする季節がやってきた。
ということで、NORAD Tracks Santa (略称:野良さんた)

詳細はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石清水八幡宮

1週間前の話になるのだけど、実家に帰っている間に熊野権現ネタが出たので、八幡さんについても調べて見た。八幡さんはそこかしこにあって、全国に3万とも4万とも言われているらしい。誰か数えろよ。
八幡さんといえば、関東の生活が長いオイラは鶴岡八幡宮を思い出すわけだ。
2度ほど行ったんだけど、石段の上の若宮は工事中のために大銀杏の影に隠れて公暁ごっこをすることができなかった。で、関西で八幡と言えば、石清水八幡宮かラグビーの強い滋賀の八幡工かと。

で、鶴岡と石清水のどっちが大元かなーと調べるとあにはからんや、宇佐八幡なるものが元締めらしい。って大分かよ。これまた遠いな。どうやらここは東大寺から菩薩をもらって八幡菩薩になった由来の場所だったり、本宮の地下に何かが埋まってるらしいのだけど、まだ誰もその正体を見た人がいない、とか楽しそうなところなのだが。後、源氏に追われた安徳天皇を匿ったとかいう外伝付き。八幡と言えば源氏だと思うのになぁ。
ここを元に石清水に八幡さんが出来て、それが更に鶴岡八幡になってるらしい。

さて、ここまで調べて神戸にいるとなったら、行くしかあるまい、石清水
両親と3人で車に乗って1時間ちょっとで、男山につく。場所は京都の左下(大阪側)辺り。京の都の裏鬼門らしい。いいねぇ、こういう言葉。河が3本合わさったようなところにあり(親父曰く、こういう場所には必ず神様がいるらしい)、そこにけっこう急な勾配で岩山がもっこりと存在する。この中腹に地下水が湧き出ているらしく、この男山全体が神域なのだ。石段のような道をつらつら歩く。台風23号とこの間の爆弾低気圧の影響で竹が倒れたり、建物の屋根(木の皮で葺いてあるやつ)が飛んでたりと、荒れているところもあるが、その割に紅葉は残っていて中々綺麗だった。つーか、台風って神風じゃないのか?神社が破損したら自損事故だよなぁ。

上りきったところに神様集合住宅がある。本殿の周りに小さな社がいくつか。農業から漁業から縁結び、勝利まで何でもありである。素晴らしい。
本殿の横の辺りに、何故かエジソンの記念碑。と思いきや、最初の電球のフィラメントに使われた竹は、この石清水八幡の竹だったとのこと。
帰りは、裏参道から松花堂跡など見ながら降りた。そこそこ足に来るね。けど、自然がキレイなので車やケーブルカーでも上がれるけど、足で上り下りするのがよいかと。
京都市街からは京阪電車で30分ほどなので、人も少なくてよかった。

その後、親と別れて四条へ。南座は築地と違ってまたぎゅっとした感じでよい感じなのだが、その向かい、オイラの好きな十六五の甘納豆を買って、先斗町を抜け、姉小路を左に。昨年末に泊まった俵屋旅館のグッズを扱ってる遊形という店で、去年品切れだった器を買って、京都駅から帰りましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月17日 (金)

げーまー

昨日はMGS3の発売日だった。メタルギアシリーズは初代を三宮の星電社でやってから、大抵やっているので、オイラは周りから「16日発売ですぞ」とか「やってないんですか?」などという声をかけていただく。皆、寝不足らしい。

実はこの1年ぐらいだと思うのだけど、ゲームに対する情熱(?)というか、集中力と意欲が急激に落ちているのだ。この間発売されたAceCombat5は久々にやりたいと思ったゲームなのだけど、1プレイ目の最終面で何度か失敗してそのまま放置プレイ。GBAのファイヤーエンブレムもスペイン行くときの飛行機の手遊びに、と友人Bのススメもあって購入したのだけど、結局刺してもいない。パッケージ開けて説明書読んで、「あー、はまれそうだなー」と思ったものの、そのまま放置プレイ。
そのくせ、寝る前にWE7(8でないとこがミソ)やってたり、スペイン以来半年ぐらいホッタラカシのダビスタでGI取るまでやりこんでみたり(いきなりフェブラリーとMCSの2冠馬が出来た)自分でもよくわからん。

なんだか、俺様もオヤジになってきたんかなー、なんて思ってたところに「五十路のドラクエ8」。かなりいい感じなのでご一読を。

ちなみにうちのオヤジはほとんどゲームをしないのだけど、お古のSFCとかPSとか与えると麻雀ゲームをやってたりする。ところが、数年前にPS2が欲しいと言い出したので、何をするのかと思ったら「電車でGO!」だった。そっかー、オイラの誕生日にかこつけてNゲージ買っただけはあるなぁ、などと思っていたのだけど、近頃はDVDプレーヤー(ちゃんと焼けてるかチェック用)になってるっぽい。
と思っていたら、この間、実家に帰って両親とハーバーランドに寄った時に、母親が妙に「太鼓の達人」に惹かれていた。曰く、「いや、やろうとは思わんけど、やってるの見ると面白いねぇ」とのこと。誕生日にタタコン付きで贈ってやろうかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月16日 (木)

ルミなり得

頭ルミなり得、神戸ルミナリエが始まっているらしい。

このイベント、震災復興的な意味合いで始まったものなんだけど、毎年クリスマスぐらいに終わる。正月早めに里帰りしたぐらいでは見れないのだな。ということで見たことが無い。
てかさー、折角実家に帰ったのに、帰京した翌日から始まるってどういうことよ?月曜スタートってどうよ?普通土曜とか金曜スタートじゃねーの?

正直、イルミネーションとか興味あるほうじゃないんだけど、やっぱ地元というのと、震災がらみっていうとちょっと見ておいたほうがいいような。でも近藤サトの新しいダンナがこれで儲けてギロッポンヒルズに住んでると思えば、素直に見れないような。
ま、両親が言うには色んな他府県とかからまで人が来て、三宮の真ん中はえらく混雑するらしい。やっぱ行きたくねーな。

ちなみにミレナリオも見たこと有りません。見に行く気もしない。バッタモン臭いし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月15日 (水)

忠臣蔵

昨日は何の日かと言うと、じぇみないの流星群の極大とかじゃなくって、赤穂浪士討ち入りの日ですよ。300年ほど前の。

ガキの頃に親父に赤穂に連れて行ってもらったけど、海水を田んぼに引き込んで乾かして溶かして笹の葉にかけてウンタラカンタラすると塩が出来るってのと、塩味(しおみ)饅頭が何気に美味いってことしか知らなかった。

その後、大学に入ってから池波正太郎の堀部安兵衛を読んで、赤穂浪士についてちゃんと知ったわけで。フィクションも多いが中々の名作だと思われ。

つーことで、昨日はマツケンの忠臣蔵の最終回を見ました。あのドラマ、なんとも分かりやすい配役だし、やたらとセリフを繰り返す演出(なのか脚本なのか)がハナにつくのだけど、まぁ生まれて初めて忠臣蔵みたわけだしいいかと。
東京に住んでる人は一度泉岳寺に行ってみるとよいと思うよ。ずらっと並んだ浪士の墓は中々のものかと。塩味饅頭も買えるし。ちなみに、小泉さんは昨日泉岳寺におまいりしたらしい。曰く、「昔はえらい人がいたね」。そう、昔「は」いたのよ。

忠臣蔵と聞くと、中学高校と同級だったMのことを思い出すのだ。Mは、登校の途中で「やっぱ、ギター練習しよ」と思い立って家に帰ってしまうぐらい豪気な奴だったのだが(確かにギターは上手かった。文化祭でJudas の Electric Eye のソロ弾いてたしな)、当然テストはほとんど白紙で出したりすることも多かったわけで。
そんな彼が中学の地理のテストで、いつもどおりほぼ白紙で提出した中で、「大阪には江戸時代から大名の(   )があり、」という穴埋め問題に、そこだけ「忠臣蔵」と書き込んで、先生に職員室に呼ばれたのだな。ま、大したオチではない。彼のキャラから言って教師を挑発しようという意図は無かったと思うんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月14日 (火)

八咫烏

実家に帰ると晩飯に竹泉が出た。オイラが一番好きな酒は何かといわれたら竹泉の夢酔人と言うだろう。この蔵は兵庫の但馬の蔵である。神戸というと有名なのは日本酒なのだが、あたしゃ天邪鬼なので、灘の酒よりは但馬の田治米なんだな。灘だと瀧鯉の木村酒造などよいかと。

で、自然と酒の話などになるわけだが、うちの両親は山に登りに行ってはその辺りの酒屋で酒を買って帰るという結構な趣味をしてる。で、吉野に行ったときに八咫烏という酒を買って帰ったという話になった。どうしてなかなか、これが旨い酒で、オイラは東京で知ったのだが、八咫烏といえばサッカーの日本代表のユニフォームのマーク。

で、「何で吉野で八咫烏かいね?」と言うと、無宗教なのだが神話マニアの親父が「そりゃ熊野権現のマークやないか」とのこと。更に聞くと、初代天皇(?)の神武天皇が大阪湾(当時は河内のあたりまで海だったとか)から上陸しようとしたところ、土地の豪族に惨敗して兄貴を2人殺されたので、ぐるっとまわって和歌山から上陸し熊野から大和に入って天皇になったと。このとき、山中で道に迷っていたら神が道案内として八咫烏を遣わしたんだそうな。このときのカラスの足は3本とも1本とも言う説があり、足を悪くした土地の有力者かなんかのことを差しているのかもしれないとのこと。

んじゃ、なんでサッカーのユニフォームにそんな宗教的なもの使うのかね?と思うと、日本サッカーの始祖中村覚之助という人が、和歌山の那智勝浦町出身だったからとのこと。実は熊野権現は3箇所に分かれていて、本宮と新宮と那智なのだ。三重の新宮という地名は熊野権現の本宮に対する新宮なのだな。

つーことで、こういう話を聞くと、こう日本中に散らばってるものの元締めに行ってみたくなるのだが、どっからどう見てもすげー不便な場所にあるなぁ。よくこんなところに、34回もいったよ>後白河上皇

他に散らばってるものったら、恵比須とか住吉、お稲荷さんに八幡さんか。お稲荷さんは去年伏見にいったし、恵比須は島根の端っこにいったなぁ。なんてつらつら思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑い飯

今朝も茶色の靴のはずが、信号で気が付いたら黒い靴を履いてて3マス戻る。
神戸に帰っても脳味噌は直らなかったらしい。無念。

帰省のついでに立ち寄った京都で地下鉄に乗ったら551の蓬莱の広告に笑い飯が出てた。関西では着実に売れてるような。てか551って言った時点で関東の人間にしてみれば、なんじゃそりゃ?ってとこか。

ついでにサンガリアのCMが誰なのかが気になるが、こっちじゃサンテレビ見れんし。まさか山田雅人ではないと思うが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月13日 (月)

spring8

週末はオーバーホールと親孝行を兼ねて神戸に帰っていたのだ。
羽田空港の話題の(?)第2ターミナルからANAで伊丹まで。別にたいしたこと無いぞ<第2
で、伊丹からリムジンバスで神戸三宮まで。しめて1万2000円ちょっと。やっぱ新幹線に乗る気になれん。

で、今回はオヤジがバス停まで迎えにきてくれた。で、乗り込んで何故だかいきなりspring8の話をされる。先月当たりに母方の叔父の家族と赤穂の辺りに行ったらしく(マツケンの忠臣蔵とは関係なく行ったらしい)、その帰りに見学してきたらしい。

spring8っつーと、和歌山カレーの砒素の同一性を調べるのに使われたり、イシカワが出島で見つかったプルトニウムを持っていくためタチコマと合流しようとしてたりするので有名なところなのだが、その正体は世界最高性能を誇る放射光施設なのだ。放射光ってのは何かっていうと、高速に動いている物質に急ブレーキをかけると光がでるのだけれども、電子もぐぎっと進行方向を変えると光を出す。これが放射光なのだな。よくわからん。ので、この辺り見るよろし。確か、原子炉の写真がぼーっと青く映ってるのも、シュレンプフじゃないしシェフチェンコじゃないな、ええと、チェレンコフ光だ。あれも、荷電粒子が水中で減速したときに放たれるエネルギーの塊としての光なのだな。
話がそれたけど、この光は結局強力なX線みたいなもんなので、物質にあてて作用させたり、構造分析したりということが可能なんだそうな。

んで、親父は何故かそれを見学しようと思い立って行って来たらしい。60過ぎのオッサンなんだが、この親にしてこの子ありというか、この子にしてこの親ありというか。

名前の由来は上から見ると8の字なんじゃなくて、8GeVまで電子を加速できるからとかだそうな。8GeV は80億電子ボルトのことらしく、「電子ボルト」というのが良く分からないので比較のしようが無いのだが、おそらくきっとたぶん、君の瞳よりも痺れると思う。
年間の電気代が18億円だそうな。ドーナツ型の中は真空にしなきゃいけないので、そのポンプ代と粒子を加速するためのコイルの電気代かねぇ。真空が破れると引きなおすのに3日かかるとか。てか、3日で引けるのがすごいと思うんだが。後は当然ながら円周方向だけじゃなく、上下方向にも軌道をコントロールできるとか、噂だと300万ほど払うとがん治療に使えるとか、ぐだぐだ聞いてるうちに家についた。

書いてることに嘘があってもごめんねー。もう理学を目指してたのは10年以上前なので。

つーことで、姫路から車で1時間ぐらいらしいので、お近くにお立ち寄りの際は是非(って普通いかねーよな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月10日 (金)

Pantera

米人気バンド、ライブ中に射殺される

なんともショッキングなタイトルだけど、やっぱアメリカってやーね、とか思って読んでると、
「ダメージプラン」のライブが開始された午後10時18分ごろ、アイスホッケーのユニホーム姿の男がステージに上がって何かを叫び、ダレルに向かって銃を発射したという。
だそうな。ふーん。

で、読み進めると
ダメージプランは、90年代のメタルロックを引っ張った人気バンド「パンテラ」のオリジナルメンバーだったダレルとポールの兄弟が結成。
あれま、Panteraでしたか。ほとんど聴いたこと無いけど、オイラがHR/HMをバリバリ聞かなくなる寸前ぐらいに売れてたバンドじゃなかったかなぁ。なんとも。ご冥福を祈るのみ。

何故かこのニュース見た後で妙に若い頃を思い出して伊藤正則のBlogを探してみたんだけど無かった…(あれば面白そうなんだが、ラジオのネタが無くなるか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 9日 (木)

風船おじさん

こいつはすげー(from hirax.net)

のだけど、足がぶらぶらした状態で下に雲があるってどんな感じなんでせう。小心者のオイラは海で下に岩とか見えずに果てしなく青緑だったりすると、ちょっと怖いんですが。

しかしやっぱ風船で飛びたいってのは人類共通の夢かね?ぷーやんとか。バルーンファイトとか。バルーンファイト、小学生の頃友達の家で燃えたな。ちょっとムキになるぐらい。

何となく風船おじさんを思い出してみたのだけど、ちょっと調べると、こんなに面白いのが出てきた。

教訓としては、勝手に風船で飛び上がるとFAA(Federal Aviation Administration)に罰金取られるってこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老いて益々…

女子高生に交際せまりストーカー行為 容疑の70歳逮捕

「好きだから、つき合いたかった」と供述しているという。

いや、やっぱ男子たるものこう…はなりたくないねぇ。これって一種の幼女趣味なのかなぁ(ボソ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 8日 (水)

塞翁が馬

久しぶりに聞いたのだが、世間的には Tomorrow is another day. 的に捉えられている気がして。ちゃんと調べてみよう

塞上に近きの人、術を善くする者あり。馬故無くして亡げて胡に入る。人皆之を弔す。其の父曰く、此れ何遽福いと為らざらんやと。居ること數月、其の馬、胡の駿馬を將いて帰る。人皆之を賀す。其の父曰く、此れ何遽禍いと為らざらんやと。家良馬に富む。其の子騎を好み、堕ちて其の髀を折る。人皆之を弔す。其の父曰く、此れ何遽福いと為らざらんやと。居ること一年、胡人大いに塞に入る。丁壮なる者は弦を引きて戦う。塞に近きの人、死する者十に九。此れ獨り跛の故を以て、父子相保つ。故に福いの禍いと為り、禍いの福いと為る、化極むべからず、深きこと測るべからざるなり。(淮南子 - 人間訓)

つーことで、幸福が禍(わざわい)を招いたり、逆に禍が幸福を招いたり、世間の運命なんてのはわからんものだよ、というのが教訓だと思うのだが。明日は明日の風ってのもちょっとニュアンス的に違う。それに、悪いことがあったらきっと良い事があるよ(もしくは逆)、ってのもちょいと違うんだな。なんせ、予想できねーっと諦めるのがこの故事の教訓かと思われ。

ま、裏を返せば何事も予想できないのだから、帰る頃には居なくなってる府中競馬場の予想屋とか、自信たっぷりに人の人生全否定してがっぽり稼いでるおばちゃんとか、虚空を見つめながら誘導尋問して霊視した振りするインチキオヤジとかが商売できるってことなんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

びっぐぶるー

IBM、パソコン事業売却を発表 中国・聯想Gにだそうな。

オイラ、ノートを買うときは ThinkPad か Mebius かってのでいつも迷ったものだが。ThinkPadの方が割高なんだけど、キーボードとかよくってねぇ。HDDうるさかったりはするんだけど。
IBMとかThinkPadのブランドは当面残すらしいけど、その辺りのクオリティは保たれ続けるのかしら?

ちなみにお値段は1300億円弱とのこと。日本のメーカーに打診はなかったのかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 7日 (火)

サービスマンコマンド

いつからか、携帯電話の自機の番号は「メニュー => 0」というのが常識(?)になってるんだが、このページを見て、確かにツーカーSにはメニューボタンがないから自機番号分からんな、と思った。

ということで、7と9を長押しで、音声読み上げされるらしい(知ってて得する場面が来るとは思えんが・・・)。

こういう保守コマンドというか、サービスマンコマンドって何となくいいよね。昔トリニトロンのサービスコマンドだか、中々凝ってて楽しいテレビがあったんだけどな。忘れた。ex-電気屋の親父は色々知ってたんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛丼

牛丼屋マップを見る。
やっぱな、オイラ神戸人なんだけど、神戸じゃ「らんぷ亭」を見かけたことないと思ったのよ。
同じく神戸コロッケも東京に来て初めて知ったんだけど、あれも同類?それとも時期的なもの?オイラが無知なだけ?

らんぷ亭のページを見ると「牛どんの発祥地「神戸」にちなみ」と、玉虫色なこと書いてあるし。店舗リスト見ても…ってエリアマップねぇがな。画像のリンク先が
"file:///C:/Documents and Settings/klt0004/My Documents/DeskTop/神戸らんぷ亭様hp/カウンター無し/メニューテキスト版/map2.gif"
ってよぉ、こんなんで検収通ったの?すげー制作会社&システム部だな。

とりあえず東京人には「神戸」ってのは何らかのブランドらしい。でも名を汚すようなことはして欲しくないなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 6日 (月)

うし

小生、たまにカレーを作るのだな。何がいいって、一気に量作れるし、冷凍させておいておけるし。それに何より大事なのは、美味く作れるということだ。
某知り合いの弟が当時付き合っていた彼女が料理下手だというのを評して「カレー作っても不味いんだ。どうやったら不味いカレーが作れるのかわからない」と言っていたぐらいカレーはどう作っても美味い。さらに Black Jackの言葉を借りるならば「ボンカレーはどう作ってもうまいのだ」ということになる(イタリアかどっかの拘置所にボンカレーを差し入れてもらうようなストーリーだった気がする)

ということで、週末カレーを作った。カレールウから作っても良いのだが、そういう人はここを見るといい。とりあえずルウは市販のものを用いる。ルーが正しいのかルウが正しいのか。

〔名〕(フランスroux)バターで小麦粉をいためたもの。牛乳やスープで伸ばしてホワイトソースやブラウンソースにする。

ということで、ぶっちゃけ発音がわからん。だれかフラ語選択の人教えてくれい。何となくルウっぽいけど。ここで我が家の家訓「ルウは複数種類用いること」というのがあるので、とりあえずグリコ辺りの中辛とSBの辛口を使う。我思うにルウって高いルウでも安いルウでも大して変わらん気がするのだ。本人がそう思ってるからいいのだ。もちろん全部入れるわけじゃなくて残りは次回に使えばいいのだ。野菜の量も適当、肉はなんでもいいんだが、半額の国産牛カレー用というのが有ったのでご購入。まんまとスーパーの戦略に乗ってしまうのは嫌いではない

で、家に帰って何をするかというと、肉を開けて、スーパーのトレーのまんま塩コショウ。なので、開けようとしたら裏面にシールをハケーン。
牛の個体識別IDだそうな。あれだな、例の偽装国産牛うんたらでつけるようになったやつだな。中々エライ。わざわざ書いてくれてるので、ここにアクセスして調べてみる。謎な証明書でSSLがかかっていたり、https を http にしてもアクセスできたりするが、気にしない。やっぱ個牛情報も保護しなきゃならんのかね?で、オイラの買ってきたこの牛のIDは1176257137だ。2年前の10月10日生まれの牝で、先月10日にと畜されたらしい。恐らくきっと多分、すろーたーってことなんだろうな。ちょっと情が湧いてしまいそうになったが、オイラは動物愛護団体ではないのだ。とりあえず1番ずらして入れてみたが、該当無し。ちゃんとチェックサム的なものは入れてるっぽいな。ちょっと安心(何に?)

てことで、カレーに戻る。タマネギを炒め付けて、他の野菜投入。肉に適当に小麦粉まぶして入れて適当に炒めたら、超安物の赤ワイン(向こうが透けて見えそうな奴)300mlほどを投入。適当なところで水追加。沸騰したらアクを掬って、そのまま煮込む。ルー、ルウか、割りいれて、95円で買ってきたヤクルトのヨーグルトを投入。ただ、今回は安さに引かれてしまったんだけど、ゼラチンみたいなので固まったヨーグルトよりはドロドロの方がいいな。で、インスタントコーヒー適当に入れておしまい。野菜の量も肉の量も炒め具合も水の量も超いい加減。それでも美味く出来るがいいとこよね。

と、ここまで書いてマンゴーチャツネ入れるのを忘れてるのに気が付いた。折角買ってきたのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 3日 (金)

get wired

近頃何故かこんなモノをいじってたりする。これ見て分かる人は、若い頃ブイブイ言わしてた悪い子じゃないかしら :-)
親父がオーディオ好きだったし、オイラ高校のころは同級生のバンドの裏方ちょろっとやってたので分からなくもないのだけど、ミキサーってむずいな。あ、いや趣味じゃなくて仕事なのよ。ちょっと音声通信込みのごにょごにょな案件で。

で、足りない機材があって、業務用なので量販店では調達できず、昨日はアキバに行って見た。とりあえずLAOXの楽器館。
平日の昼間に行ったので閑散としてる(さすがに昭和通り側は外国人観光客も来ないらしい)のだけど、それっぽいおっちゃんやにーちゃんねーちゃんが店内に数人。目指す機材はすぐに見つかったんだけど、その棚の前にマイクを探しているらしいネーチャンとニーチャン。で、試させてくれとか言ってるらしい。ドンバでもやってるのかしら?それともDJかなんか目指してるのか?
と、店員がテキパキと壁に並べられたセレクタやらに端子抜き差ししてセットアップしてデモやってる。「あ、ノイズ気になりますか?ちょっとケーブル長いんで、チョッと待ってくださいね」で、またテキパキ作業。ちょっとカッコイイ。

あれだな、テレビ局でバイトしてたときも感じたんだけど、こういうケーブルさばきとかコネクタいじるとか、ツマミ動かすとかって妙にプロっぽくて職人っぽくてカッコイイよね。

いやーやっぱ時代は有線だわ。AirMac Express で飛ばして喜んでちゃだめだ。Bluetoothなんてもってのほかだ。get wired! (大嘘)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 2日 (木)

流行語?

流行語大賞はいつからか冠名が着く様になったんだなぁ。いとおかし。

まぁ決まったものはさて置き、「負け犬」ぐらいしか使ったり耳にした言葉が無かったのは、いかに流行の外にいるかってことだな。11月段階でノミネートされた60語ってのがあるのだけど、身の回りで流行ったと思えるのは「萌え」ぐらいか?あれっていつぐらいからの言葉だろう。

それにしても、ここ数年「(若手)お笑いブーム」とやらで、ノミネートにもいくつか入ったり入ろうとしたような。あたしゃお笑いに詳しいつもりはないのだけど、周りの人と話をすると「よくチェックしてますねぇ」と言われたりする。詳しいかどうかはさて置き、結構好きなんだろうな。
が、ピン芸人と道具や衣装を使ったコントは好きになれないのだな。落語とかなら見れるんだけど、若手のピン芸人は見てるほうが恥ずかしくなりそうで見てられないのよ。独りの芸で一番落ち着いて見れるのは紙切りかね。意外性はないけど。

まぁ、多分関西人だし、年齢的にもしゃべくりの漫才とか、漫才と言わずともテンポの良い掛け合いとか、明るく奇想天外なボケが好きなのだと自己分析。世の中が光GENJIな頃に見てたのは売り出し中のダウンタウンだったし。世の中が夕焼けニャンニャン(どんなタイトルやねん)だったころは4時ですよ〜だだったし(ちょっとずれるか?)。だから、変な間とかボヤキ系の芸とか寒くて見てられないんだと思われ。という訳で、近頃目に付いて面白い(良く練れてる)かもと思えるのはアンタッチャブルと笑い飯ぐらいかな。後者はたまに微妙に面白くないネタを勢いだけで持って行ってる感じがするので良く分からんが。あと、名前は知らんが「間違いない」と言うにーちゃんは中々頭が良さそう(切り返しが速い)な気がする。

ダウンタウンついでに思い出したのだけど、あたしゃトップアイドルとかメイン張る様な女優って余り惹かれないのだけど、たまに端役とかアシスタントに来ることがあるのね。そういう意味で、CXの「考える人」に出てる中田有紀嬢はイチオシ。同い年だし(なんのこっちゃ)。番組自体も松本の大喜利が見れるので中々かと。

久々に中身の無いこと脈絡無しに書いたな。戯言っぽくてよいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネームオフ

やべ、自宅のシュレッダー壊れて、月一会社でシュレッドしてるオイラは、これは欲しいかも。
週末にハンズ行くか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道

・ 黒い靴を履いていくつもりが、家を出て30秒ほど歩いて茶色の靴を履いていることに気が付いて戻って、会社にちょい遅刻
・ 自動改札機を出ようとして何故か家の鍵を取り出してしまった

住所入力のFormを作っててふと思う。
テレビ、特にスポーツなんかで出身都道府県が表示されることがあるけど、「埼玉」「東京」「神奈川」…「京都」「大阪」…なんてなってるのに、どうして「北海」じゃなくて「北海道」なんだろう???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月 1日 (水)

SYLK

またも備忘録。何かこのプロジェクトは色々細かいところで躓くなぁ。まぁ、個人的に鬼門の顧客なのだが。

早速始まったキャンペーンのデータダウンロード部分でも作るかと、3分ほどでCodingして、ダウンロード。ExcelでCSV開こうとしたら
「ファイルにエラーが含まれるか、SYLK ファイル形式でない可能性があります。」

いやいや、俺作ったの CSVだから。SYLKなんて見たことも食べたこともないし。
別に開こうとすれば開くのだけど、毎回エラーダイアログでるのも気持ち悪いので調べる。
SYLK ファイルは "Symbolic Link File" の略で、この形式のファイルは他のプログラムでも読むことができ、Multiplan でも読み込むことができます。」だそうな。知らんし。てか、今時まるちぷらんってどうよ?

てことで、どうやらファイルの先頭が'ID'で始まってると、ご丁寧にダイアログを出してくれるらしいよ。たぶん。
IDを何かに変えるか、先頭にスペース入れるとかすれば回避可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハミガキ

2週間ぐらい前からハミガキが無くなってきてるのに気がついてて。
オフィスの近くに新しくドラッグストアが出来たので、先週あたり行って買ってきたのだ。まだ使ってない。ついでなんだけど、どうもその新しいドラッグストアは妙に広くて落ち着かない。おいら、妙に広い(空間に隙間がある?)店とか異様に明るい店は落ち着かない。あれだったらちょっと遠いけど、商店街の奥にあるおっちゃんがやってるドラッグストアの方がいいかなぁ。

と、さっき部屋の片隅に袋発見(部屋が汚いのバレバレ)。中を見るとハミガキが出てきた。そういえば、こないだの週末、ハミガキ無いからって近所の商店街で買ったんだった。それも同じメーカーの同じブランド

なんだかこのところおかしい。
こないだなんてPHP書いてたのに
if ($cnt == 0) then
と書いて、何で then なんて書いたのか考え込んでしまった。てか、いつ以来やねん?
then って MSX Basic 以降使ったっけ? Lisp にはないよなぁ。FORTRAN にあったっけ?もう記憶もあやふやだ。

もうそろそろ召されるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »