« 八咫烏 | トップページ | ルミなり得 »

2004年12月15日 (水)

忠臣蔵

昨日は何の日かと言うと、じぇみないの流星群の極大とかじゃなくって、赤穂浪士討ち入りの日ですよ。300年ほど前の。

ガキの頃に親父に赤穂に連れて行ってもらったけど、海水を田んぼに引き込んで乾かして溶かして笹の葉にかけてウンタラカンタラすると塩が出来るってのと、塩味(しおみ)饅頭が何気に美味いってことしか知らなかった。

その後、大学に入ってから池波正太郎の堀部安兵衛を読んで、赤穂浪士についてちゃんと知ったわけで。フィクションも多いが中々の名作だと思われ。

つーことで、昨日はマツケンの忠臣蔵の最終回を見ました。あのドラマ、なんとも分かりやすい配役だし、やたらとセリフを繰り返す演出(なのか脚本なのか)がハナにつくのだけど、まぁ生まれて初めて忠臣蔵みたわけだしいいかと。
東京に住んでる人は一度泉岳寺に行ってみるとよいと思うよ。ずらっと並んだ浪士の墓は中々のものかと。塩味饅頭も買えるし。ちなみに、小泉さんは昨日泉岳寺におまいりしたらしい。曰く、「昔はえらい人がいたね」。そう、昔「は」いたのよ。

忠臣蔵と聞くと、中学高校と同級だったMのことを思い出すのだ。Mは、登校の途中で「やっぱ、ギター練習しよ」と思い立って家に帰ってしまうぐらい豪気な奴だったのだが(確かにギターは上手かった。文化祭でJudas の Electric Eye のソロ弾いてたしな)、当然テストはほとんど白紙で出したりすることも多かったわけで。
そんな彼が中学の地理のテストで、いつもどおりほぼ白紙で提出した中で、「大阪には江戸時代から大名の(   )があり、」という穴埋め問題に、そこだけ「忠臣蔵」と書き込んで、先生に職員室に呼ばれたのだな。ま、大したオチではない。彼のキャラから言って教師を挑発しようという意図は無かったと思うんだが。

|

« 八咫烏 | トップページ | ルミなり得 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748823

この記事へのトラックバック一覧です: 忠臣蔵:

« 八咫烏 | トップページ | ルミなり得 »