« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005年2月28日 (月)

NEC 17-13 トヨタ

両チーム、お互いの時間帯があって、中々の好ゲーム。
全体にキックが多くてつまんねーなーと思っていたのだけど、やはりゴール前の波状攻撃、特に前後半両方の終了間際の攻防は中々の見ごたえでした。
終わってみれば、トップリーグ3位と4位の決勝で3位が勝ったっつーことで、トップリーグの上のほうは横並びってことなのかしら。東芝時代到来かなぁと思ってたのだけど。

今回の試合は何となく東芝を破って仇討ち(?)してくれたトヨタを応援したかったのだけど、やっぱヤコが出てくると応援したくなるねぇ。応援したいというかプレーが見たいって感じなんだけど。

ヤコが出てからしばらく圧倒的にトヨタの時間帯で、中々SOまでボールが渡らなかったのだけど、やはり窪田へのスルーで見せてくれましたよ。スーパー12レベルだとあるプレーなのかしら?ラグビーでサインじゃないスルーって初めて見ました。キック時の余裕、飛距離もそうだけど、そういった周りが見えた上での判断というのも、さすが南ア現役代表SOってことよね。

今年はテレビでも生でも中々ヤコを見れなかったので、来シーズン以降もっと見たいものです。ヤマハのマクドナルドももっと見たかったんだけど、今年で契約が切れるというか、NZの要請で契約期間短縮とかで残念!

そういやスーパー12にチャレンジしたいというex-関東学院大の四宮君のBlogはこちら。中々楽しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

写楽

写楽「多作の謎」の、解明1 from hirax

見ると一目瞭然。これが事実だとすれば、非常に効率的な製作を行っていたってことだなぁ。もともと版画は絵画に比べて飛躍的な生産効率を実現したものだけど、さらに版もコンポーネント化してたとすると中々すごい。ある意味産業革命?もしかしたら、写楽って工房の製作集団だったのかもしれんね。ヨーロッパのガラス製作とかの美術工房みたいに。

よく言われる「歌舞伎役者の似顔をうつせしがあまりに真を画かんとて、あらぬさまにかきしかバ、長く世に行われず、一両年にして止む」っていう、「あらぬさま」の解釈、「誇張(でふぉるめ)しすぎ」とか「(歌舞伎役者にとって)望ましくない」だとすると、その原因は写生でなくすでに原版が決まっていたからなんだろうか?

疑問は、写楽が1年ほどの制作期間で果たしてどの程度儲けることができたのか?ってことなんだけど。折角効率的な生産方法を生み出しても、値段が付かなきゃ意味がないわけで。
写楽の存在自体あーだこーだ言われてるので真実はわからないんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月25日 (金)

鉄分

ブルトレ機関車4台、最後のそろい踏み JR東が公開

子供の頃電車が好きだった。大抵の男の子は、電車とか飛行機とか車とか好きよね。「男の子はこういうのが好き」っていう親の主観で刷り込まれるものなのか(オイラは男の子は青が好きで、女の子はピンクが好きってのは刷り込みじゃないかと思ってる)、小さいながらに機能美みたいなのを意識してるのか。

親父には小さい頃よく神戸の川崎重工の工場に連れて行ってもらった。建造中なのか修理中なのか、国鉄の電車がいっぱいあって。あと、海沿いに住んでる叔母の家の前は山陽本線が走っていたので、貨物列車とか通ると興奮したものだ。

そんな中、6歳の誕生日だったかに、親父がNゲージを買ってきた。確かKATOのだったと思うのだけど、オイラにはキハ82の「まつかぜ」、弟にはEF65が引く「あさかぜ」だった。それからしばらく、レールを買い足したり、貨車車両を買い足したりはしたけど、何故か編成のセットを買うことはなかったなぁ。いつも「まつかぜ」「あさかぜ」「貨物列車」のどれかで遊んでた。
そういうこともあって、毎月時刻表を買ったり、どこからか親父が入手してきたダイヤグラムを読んだりしてたのだけど、何故か「鉄ちゃん」にはなりそこなったんだなぁ。

実はキハ82はディーゼルなので、パンタグラフがなくて、小さかったおいらは弟のEF65(電気機関車;上の記事で一番奥に写ってる奴)にパンタグラフ(可動式)があるのが羨ましかったのを憶えてる。その代わりこっちはモーター車以外全車両内部照明が灯る仕様だったんだけど。

そんな「あさかぜ」もいなくなるそうですよ。「まつかぜ」は走ってるんだろうか?
あ、もう走ってないらしい・・・ orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月24日 (木)

地図?

Shun-sang に教えてもらったページ

結構感動。Google Maps も感動したけど。てかちょっと怖い。丸見えですよ。

オイラが最初に出張で行ったところ。やっぱこう見てもCrazyだ(ほめ言葉ね :)
その時とまったホテル。オレンジジュースとクロワッサンが美味かった。

誰か会長のUS版桂離宮を探して教えてください。BillG邸も希望。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月23日 (水)

こどもごころ(2)

Shun-sangのコメントに返答しようかと思ったのだけど、ちょうどいい記事を見つけたので(from hirax)

5歳児に、理科を説明するって難しいねぇ。 かなり苦労したよ。
そう、苦労するのである。でも、何故なんだろう?

丁度、昨日書いた「煙突の煙が上にあがる理由(理由と書いてワケ)」を教えてあげてた時のことを思い出した。こういうとき、オイラはまず「何故だと思う?」と聞いて、彼なりの意見(大抵は外れてて突拍子もないことだったりする)を聞き出す。no idea だと言っても、出来る限りひねり出させる。で、それを修正するのだけど。
「煙」の話の時、彼がどういう意見をしたかは忘れちゃったのだけど、その後かなり苦労した。
まず、自分の頭の中で考える。煙(杉並区の焼却場の煙だったのだけど)は水蒸気と仮定しよう。何故上に上がるかと言えば、周りの空気より軽いからである。どうして?それは暖かいから。
暖かい空気が上がる(軽い)こと、冷たい空気が下がる(重い)ことは「常識」だ。でもどうして?「対流ってのがあるから、わかるだろ」というのだと順序は逆だ。重い軽いがあるから対流が起こるんだもの。
何故軽いのか?漠然と「軽い」んじゃなくて、「比重が小さい」ってことなんだよな。ってことは、「体積が大きくなると軽く(比重が小さく)なる」ってことを説明しなきゃ。当時、受験地獄を抜け出したばかりのオイラの頭には "PV = nRT" なる公式が浮かんだ。T(温度)が上がれば P(圧力)一定なら Vも比例して…、ダメだ、そんなの意味がない。理由にならない。

結局、まず、「熱膨張」について教えるところから始めた気がする。もちろん、分子間の力が…なんてことは話せないから、身の回りの熱膨張の例を出してきて説明したんだろうなぁ。で、風呂の話なんかも交えて、対流で比重について納得してもらって…と、かなり苦労したのを憶えてる。

そんなことを思い出しながら出社したら、Alan Kay氏のインタビューに、似たような(?)ことが書いてあったので。いくつか引用。

アメリカの小学校教師は、数学や科学についてよく理解していません。日本でもそうではないかと思います。数学は、数学としてではなく、計算として教えられています。数学は計算じゃないんですよ。数学と計算は違うんです。

本当にそう思うのよね。ドリル何枚やっても意味ないのよ。68x25 って出されたときに、何秒で暗算できて正確か?っていうよりは 68x(100/4)って考える頭の方が重要だと思う。(単にテクニックってことじゃなくて、そういう考え方つーかな)

私たちが本を読む時には、その内容を覚えているのではなく、本を記憶装置として活用しているんです。19世紀に教えていたスキルは、「読んだことを実際に自分の内側にどう活かすか」という技術だったのです。私が小学校時代に学んできたのも、そういうことなのです。

大学の時に漠然と感じてた授業に対する虚無感はこれだと思う。結局調べてわかることをテストしても仕方ないんだよな。テキスト、ノート持ち込み可にしたら全員が満点を取れるような授業やテストは意味がないんだと思う。

なぜなら、大人がそのアイデア(考え方)についてすでに持っている常識が、子どもが自ら考えることを妨げてしまうからです。

これが(小さな)子供に物を教えるときに大人が一番苦労するし、やってはいけないことなんだと思う。でも、大人が常識をとっぱらって同じ目線まで降りることはやってみるとかなり難しい。多分コストがすごくかかるんだな。そういう意味で、義務教育の中ではカバーできないんだと思われ。

一緒にいろんな人と仕事をしてきても、限定列挙して指示しないと動けない人っていうのが、若い人はもちろん40歳、50歳になってもいるものだというのに驚かされる。多分、「こういうときにはこれ、これにはこれ」という様な理解の仕方を続けてきていて、その後ろにある「何故、こういうときにはこうなのか?」みたいな原理がわかってないんだろうなと。

出来るだけ、多くの子供が色んな事象を深く理解して、考える力を蓄えてほしいものだと。それは、理系だ文系だ、技術者だ芸術家だという区別なしに。

ま、その他、「カエルの話」なども面白いので是非ご一読を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月22日 (火)

こどもごころ

会社から帰ると、息子(5)が熱心に学研の図鑑を見ているので、そこに参加。
というShun-sanのBlog
ほのぼのとした画が浮かんできて良いのだが。

上京したばかりのころは、近所の親戚の子供がちょうど一回り下で6つだった。「将来は冒険家になるんだ」なんて言ってて、彼も理系の図鑑を引っ張り出しては、オイラに色々と質問してきたもんだ。煙突の煙が上にあがる理由、宇宙の果て、地震の起こるわけ等々。
うちの親はオイラの同じような興味に決して面倒がらずに調べて答えてくれた。オイラも彼のそういうのは大事にしたいなと思って、可能な限り分かりやすく説明してたつもり。

そうやって説明してると、彼の妹も構って欲しいらしく、何とかオイラに質問しようとしてくるのだけど、「キツネってどうして化かすの?」とか「天井ってどうして『てんじょう』って言うの?」とか珍問をひねり出してオイラを困らせたものだ。

そんな彼も今年大学かな。バンドでVo&Bやってると聞いた。冒険家はどうしたんだろう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月21日 (月)

ゴレンジャーストーム

いや、ホントどうでもいい話なんだけど。

オイラが3つ、4つぐらいのときにやってた戦隊モノの源流「ゴレンジャー」の必殺技の名前を今日の今日まで「ゴレンジャーストーン」だと思ってました。
四半世紀を経て知識が修正された。多謝 > AEさま

いや、だってさ、蹴っ飛ばす時点でストームよりストーンぽくねぇ?会話の中でも「すとー」と「すとー」で通じてたんだなぁ。

どうでもいいけど、ミドレンジャーが好きでした。単純に緑好きだったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワン切りTV電話

仕事で借りてるFOMAに朝4時とかにTV電話の着歴があったりするのよね。
普通のワン切りと違って、かけたところで課金サービスできるわけでもないだろうに…と疑問に思っていて、先週末も知り合いのデザイン会社の人と話をしてたら、
「僕、かけなおしましたけど、何も出ないんですよね」
とのこと。てか、かけなおすって度胸あるよなと思ったのだけど。

と、今朝のニュースでこんなの
TV電話かけることで、ランダムに生成した(てか連番だろうけど)相手の電話がFOMAかそうでないかを判別して、FOMAだったら専用SMSを送りつけると。確かにうようよSMS来てるよ。それもTV電話着歴の後12時間ぐらいでSMS来てるね。中には丁寧に「FOMAユーザへ」ってSubjectのものもあるし。

でも、asahi.com の"携帯テレ電「ワン切り」にご注意! 有料サイトへ誘導"ってタイトルはどうよ?注意のしようもないのだけど。むしろ書くなら「FOMAのSMSにご注意!」なんでないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月18日 (金)

還付

きましたよ。着金確認。控除1か月分丁度ぐらい帰ってきた。
1月26日に税務署に行って、2月18日入金。お役所にしては悪くない仕事か。

今日はREITの配当も受け取ったし、いい日だなっ、と一瞬うれしいんだが、正当な財産が帰ってきただけのことなんだな。Virtual Rich 略して VR
ま、そんな怒りもイメージキャラが仲間由紀恵だと(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予見

野球ボール当たり死亡 死因は心臓振とう 賠償請求認める

今朝の情報番組がこぞって取り上げてたネタ。9歳の子供が17mはなれてキャッチボールしてたらボールがそれて、脇に立ってた10歳児の胸にあたって、その後死んだと。公園はキャッチボール可だと。法律相談所生活笑百科のネタになりそうな件だけど。

結局、近くに人がいるときにキャッチボールしたら当たって死ぬことも予見できる、つーので損害賠償が認められたということなんだな。「予見」って他人が決められることじゃないと思うのだけど、過失の責任を問う裁判では裁判官が決めるのよねぇ。決めなきゃいけないから。で、予見しなかった?できなかった?できたのに回避しなかった?のは親の監督責任なんだそうな。

このニュースをみて小学5年ごろの休み時間を思い出した。ちょうどキャプテン翼全盛期で、休み時間になると男の子はサッカーボール持って校庭に出て行ったものだが、例に漏れず、オイラも友人3人ぐらいと一緒にPKごっこというかシュート練習というかをしてたんだな。
で、背が高く体格もでかい友人Mがキッカーで、オイラがキーパーやってたんだけど、Mが渾身のシュート(自称タイガーショット)を放った瞬間というか、正確にはその寸前なんだろうなぁ、おっかけっこか何かをしてた小1か小2ぐらいの子供がゴールとMの間に走りこんできたんだよな。で、頭部にクリーンヒット。子供は1mぐらいふっとんで倒れたのを覚えてる。

やべーーーーー、と思ったら、その子はぱっと立ち上がって泣きもせずに、鬼から逃げて走り去っていったんだけど。あれで死んでたりしたら、オイラ達も有罪なんだろうか?少なくとも、あの時、あんなことは予見できなかったんだがなぁ。まぁ、立ってたと走りこんできたの違いか。

東京じゃキャッチボールしてる子もほとんど見かけないし、たまに親子でやってるのを見かけるのは、家の前の車の往来が少ない道路みたいなとこだしな。他人の命以前に車とかにぶつけないのかしらとこっちが心配になってしまう。

うーむ、今回のケースも大局的な引きこもり助長の流れか。訴えた親の気持ちももちろん分かるが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月17日 (木)

詐欺被害者未遂?

仕事中に電話がかかってきたわけで。なんだか社員が不安げな声で取り次いでくれたのだけど、のっけから怪しいジジイ。しゃべりも落ち着かんし、何言ってるかよくわからんし。
で、「某大手製薬会社が秋に公開予定の未公開株を買わないか」と。しゃべるだけしゃべらして「そういうの興味ないです」と言ったらガチャ切りされた。大体、それぐらい大手の会社で主幹事証券通さず、売却承諾もなく、社名名乗らんジジイの手引きで売買できるかっつーの。

で、検索してみてびっくり。ハヤリの振り込め(オレオレ)詐欺だったっぽい。しまつた。もう少し遊べばよかったと後悔するも遅し。詐欺の基本だけど、儲かるもんなら自分たちで秘密にしとけよって辺り突っ込んでみたかった。

しかし、うちの社長じゃなくてオイラをご指名だったり、取り次ぐ前の社員に色々離してた内容を聞くと、前の会社時代の情報を売られたっぽいんだよなぁ。誰に売られたんだかなぁ。社内?取引先?怖いこわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月16日 (水)

10年は

「十年はひと昔」という井上陽水の曲がある。「夏祭り」だかな?「少年時代」とタイトルを間違えやすいのだけど。

今週あたりからオフィスの近所の大学は入試なので、駅前に学ラン着た学生が案内板を持って立ってる。なんで学ランなのか謎だけど、毎年のこと。今日は地震の影響で法学部B日程とやらの試験が遅れて始まるらしい。

思えば10年ほど前、愚弟を連れてこの道を歩いたものだ。大学入試のために上京してきた愚弟がオイラの家をベースキャンプにしてたので、一緒にストア派よろしく禁欲生活をする羽目となり、エピクロス派のオイラは耐えられずに、愚弟を送り届けた後、新宿ヨドバシに直行して、初代プレステを購入し、そのまま方南町の友人宅に転がり込んだのである。
サルの様にリッジレーサーと闘神伝をやったなぁ。泊り込みで(爆)。まぁ、何でも(マリオカートとか、Humanサッカーとか)サルのようにやる面子だったのだけど。あの頃はめちゃくちゃキレイな3D画像で感動したのだけど、今引っ張り出して見てみると悲しくなるぐらい荒い。

10年はひとむかし…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うはー

地震だびょー。震度3とか言ってるけど、もうちょっと揺れた気がしたびょー。

どんぐらいって、このオイラが玄関までの経路確保してコート引きずり出して脱出準備したぐらい。うちの構造の問題かなぁ?おそらく東京に来て1番揺れた気がする。こないだの中越地震のときも良く揺れたけど。

つくば(震度5弱)に住んでる友達が気になるが、とりあえずもう一度寝るか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月15日 (火)

ひげ

今日、会社に着く一つ手前の駅で何気なく顔を触ったらジョリジョリ。
ひげ剃り忘れた。それも今日は昼から取引先なのに・・・ま、いっか、勝手知ったる取引先だし、先方だってジーンズに裾出したシャツとかで応対するところだから(親しき仲にも…って何?)。

関係ないけど、今日はDoor2Doorで24min. を達成。なかなか25分の壁を敗れなかったのだけど、乗車駅前で少し走ったのと、オフィスの手前の横断歩道の青信号点滅をダッシュしたのと、エレベータがちゃんと1階で待っててドアが開いていたのが勝因かと。

都内で30分以内の通勤に感謝。そして、AIMのLogin/off でいつも測定してくれるKEiさんに感謝 :)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月14日 (月)

トヨタ 28-9 早稲田

結果を見ると常識的な結果か。社会人4位ならもう少し点が取れててもよさそうなもんだけど。謎Judgeもあったしな…
早稲田はさすがにフラットなラインが機能する場面が2回ぐらいしかなかったのでAttackはつらそうだったけど、Deffenceは相変わらずの素晴らしさ。

企業スポーツって、福利厚生ももちろんだけど、あのレベルだとAdとかBrandとかそういったMarketing要素も強いよねぇ。そういう意味では、学生とやるのはマイナスかも。そもそも、社会人ラグビーより学生ラグビーの方が人が集まる(=応援が多い)わけだし、判官びいきという言葉もあるぐらいで。

それにしても、薫田、増保、朽木(英)が監督なわけだ。やっぱ元木や剛臣がフル出場してるようでは神戸は厳しいんだなぁ。好きな選手だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mume

戦国小説好きなら相模の国には興味があるはずで。そう、信長シリーズやった人なら分かるように、激堅い+デカイ城があるわけですよ。
ということで一度は行ってみたかった小田原に行ってみた。新幹線で通過はしょっちゅうだし、箱根に行ったときにも通過したのだけど、下車したことは無い。

ただ行くにしても、小田原ってどうも城以外あんま見るものなさそう(小田原人には申し訳ないが)なので、ついでに「梅祭り」なるものに絡めて行ってみることにした。で、朝から東海道線に揺られて国府津へ。辻堂より向こういったことねーよ。てか、熱海ちけーよ。で、梅祭りはそこから御殿場線で一駅の下曽我なるところでやってるらしいのだけど、えーと、次の電車は30分後ですか。1時間に2本ですか・・・

どうやら、歩けるコースがあるらしいので、30分寒風の中で待つよりはと、国府津で降りて歩くことにする。ガキの頃から六甲山系を毎週のように歩いてたオイラにとって、大抵の「健脚向き」コースは大したことないのだけど、国府津〜下曽我コースは序盤からすごい登坂力を要する。ってのが、蜜柑畑の中を歩くことになるのだけど、これが海向きの急斜面に作ってあるのだな。で、1時間ちょっと歩くと所々に梅が見られるようになり、左手から別所梅林ののどかなアナウンスが聞こえるようになるので、そっちを目指して下山。麓の梅林は確かにでかく、ジジババだらけ。ま、そうだな、若いもんなら3連休はお台場かネズミーランドでも行くか。

肝心の梅は、中々キレイで香り高いものですな。桜に比べれば地味だけど、よく言えば上品か。
ちなみに下曽我の曽我というのは、オイラがガキの頃に妙に古びた絵本で読んだ曽我兄弟の墓があるところらしい。曽我兄弟の話も良く覚えていないのだけど、三大仇討の一つとか。もう一つは赤穂浪士なのは知ってるけど、残りの一つを知らん。

で、肝心の小田原城。昼間は1時間に1本の御殿場線で国府津に戻って小田原へ行ってみたのだけど、昭和30年代に建てられたという、てっこんきんくりーとの天守閣があるのみ。前の広場は何故かちょっとした動物園でゾウがいたりするし。もうガッカリですよ。北条氏降伏後に全長9kmとかいう外郭は取り壊されたらしいのだけど、明治以後に天守閣もぶっ壊されたとか。


大阪城や姫路城は言うまでも泣く、松江城レベルでも良い保存がされているんだなぁと改めて認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月10日 (木)

春節

香港証券取引所経由(?)でチャイナのファンドを持ってるのだけど、ここのとこちょっと低調(とは言え130%)だったのが再び145%ぐらいまで盛り返してたので、証券会社の担当からは「北京(オリンピック)までは上がりますよ」と言われてるんだが、何かと物入りな今日この頃、換金してしまおうと思ったら、香港証券取引所はオヤスミでした。

昨日から春節、要は旧正月だそうで・・・orz

Lunar New Year's Day というらしい。Lunarってのが太陰暦ってことか。じゃ、元旦はSolarかと思ったのだけど、The first day of Januaryだそうで。あっけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡詣で

昨日のBlogを朝6時半なんてファンキーな時間に書いたのだけど、朝8時半羽田発、帰りは21時5分福岡発、その間は隙間なくミーティングという非常にに来る1日であった。

羽田にはいつも京急で行くのだけど、朝8時着だと電車の中に明らかに奇妙な一団がいるわけだ。細身で髪の毛は後ろで束ねるか団子、同じようなブルーのアイラインにピンクのチーク、赤のリップ。そして、その半数は黒のパンツで、黒のロングコート、ピンクのマフラー。たまにブルー系のマフラーがいるのは会社が違うからかしらと思ってみなくもない。
飛んでる人たちなのか、飛ぶ受付をする人たちなのかわからないけど、何となく黒のロングコートの人たちは飛びそうで、それ以外の人たちは地に足が着いてる人たちのように直感的に思えるのが不思議。
そういえば、ああいう人たちは、茶色いリップとか真っ青な爪にすることは出来ないって聞いた気がするので、画一的になるんだろうかな。

ま、キレイなおねーさんは決して嫌いじゃないが、高校生でもないので、朝8時前からテンションも上がらず、だーらだらと空港について出発。相変わらずノートPCだけを単体でチェックされる理由が謎だ。
福岡ではあーだこーだと5箇所ぐらい場所を買えて打ち合わせ。まともに飯も食えず。オイラ、今年2度目の福岡だけど、まともに福岡の地で飯食ってないよ。とりあえず学習したこと。「DoCoMo九州のことを略してDQと言うらしい」

帰りはいきなり大雨になって、空港についたらテレビで北朝鮮戦をやってた。後半15分ぐらいだったか。1-0で、「へぇ、小笠原4分かぁ」とぼんやり見てたら、オイラのWE7マスターリーグばりにショートパスつながれてぬるっと1-1。搭乗時刻になったのでビールとつまみを買って(晩飯は食ってない)機内へ。機内でもちょろっと試合のテレビやってたのだけど、すぐに767の緊急脱出ガイドに変えられて、そのまま羽田へ。羽田に着いたら機内アナウンスで「日本が2-1で勝ちました」と。ふーん。

家に帰って髪の毛洗ったら、タバコっていうより、GSでバイトしてた頃の灰皿洗浄器のタンクの匂いがしてびっくり。やっぱタバコ吸う奴、鼻おかしいよ、と思いながら3回シャンプーして10回ぐらいお湯で流してみた。それでも気持ち悪い。

今朝起きたら腰が重いですよ。いやぁ、金曜から3連休なのが唯一の救いか。土曜にカイロプラクティック入れてあるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 9日 (水)

エッグマフィン

Man fined, banned from McDonald's after Egg McMuffin assault

物騒(?)なタイトルなんだけど、オランダでエッグマックマフィンにハムじゃなくてソーセージが入っていたと言ってキレたおっさんが捕まった上に、金輪際マクド立ち入り禁止になったらしい。

と、ふと思ったのだけど、エッグマフィンっててっきり太いソーセージの輪切りが入ってるのだと思ってたよ。
で、マクドのページに行って確認しようとするも、細かい商品情報はなし。

探してみると、「ソーセージマフィンは豚肉エッグマックマフィンは牛肉」なんて情報があるのだけど、マクドのページのアレルギー情報で見ると、両方とも豚肉で、牛肉は入っていないらしい。もしかしたら昔は入っていたのかも。

結局、どうやら正しそうなのは
 ソーセージエッグマフィン:ポークソーセージ
 エッグマックマフィン:カナディアンベーコン
ということ。カナディアンベーコンというのは通常のばら肉で作るベーコンと違い、ロース肉で作ってあるので、普通のより脂肪が少なく肉の部分が多いとか。

ってことで、エッグマックマフィンにはソーセージは入っていちゃいけないのだな。オランダのおっさんはその意味で正しい。(オランダと日本のマクドの製法が同じかどうか知らんけど)

オイラはマクドには行かないので、もちろんXXマフィンも食ったことない。
上京してから行ったのは、バイトの打ち合わせで大岡山駅前1回、夜中の時間つぶしに新宿で1回、仕事で芝公園で日曜どこも開いてなくて1回、Seattle から Redwood city に帰る途中のOregonで1回、Seattleでお子様のトイレに1回、計5回だな。そもそもファーストフードを利用しないのだけど、行くとしたらモスぐらいか。大学のときのUSからの留学生は「モスは100%ビーフじゃな〜い」って怒ってたけど。怒ることもないだろうに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 8日 (火)

おおっ

以前より皆様からお問い合わせいただいていた
「Web ブラウザ Firefox でブログの左サイドバーが画面一杯に表示される」
という問題を修正いたしました。

だと。以前、メールで問い合わせたところ、問題は認識しているけど対応中との返事をもらってたのだな。素晴らしい
FireFoxはオイラも使ってるし良く聞くようになったけど、その一方でOperaを聞かんな。
何せこれでストレスなくチェックできるってものよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家具

4年ぐらい前に仕事でSweden に行く機会があって。その時に見学させてもらった携帯関連の会社と同じフロアにデザイン事務所(?)が入っていて、同じスポンサーが出資してるからってので見学させてもらった。snowcrash という集団なのだけど、なんつーか北欧モダンの家具っていうよりは面白いものを色々と作っていた。空気で膨らませる会議室とか、殴ると照明がon/offされるサンドバッグ型のライトとか。当時まだ出たてのBluetoothを意識したオフィス用の家具とか。
そこの人とは色々話したり、昼飯も一緒に食べたんじゃなかったかな、そんなんで、それまでインテリアとか全く興味なかったのだけど、機会があれば少しずつ見るようになった。

そんな俺様の部屋の家具はというと、おおよそインテリアと呼べないものばかり。というのも、オーディオラック、ローボード、本棚などの9割がたが、上京時に大学生協で調達したものなのだ。自分で組み立てるやつで、バリとかでまくり。穴がちょっとぐらいずれてるのもご愛嬌。そんななので、かなりガタが来てる。
家電も石丸電気でまとめ買いしたものそのまんま。本当に長持ちするねぇ、家電は。

で、まぁ、服とかも物持ちいいので驚かれるオイラなのですが、引越しで持っていくのも面倒なので、これを機会に買い換えるかと。大学生協排斥運動。んでもって、家具ってRunningに特別費用がかかるものでもないので、出来るだけ気に入るものを探してちょっと値がはっても頑張ってみようかと。
石丸電気排斥運動はコスト面から断念。ちゃんと動くからもったいないし。妙にGEの冷蔵庫とか買ってみたいんだが。てか、ネット直販かよ。

そんなわけで、ここ1ヶ月ほど週末は都内を流離ってる、これで「さすらってる」と読むらしい、わけなのですよ。こないだも、取引先に言ったついでに目の保養をして帰ってきたり。ここは美男美女の店員が多いのだけど、珍しくすげーカワイイ感じのおねーちゃんがいたので、話し込んだらカタログくれた(ぉぃ
話がそれた。一応、色々回って大体の目星はついたのだけど、現在 Low table で迷い中。気に入ったのはあるのだけど、高さ25cm ってのが微妙なのよね。Low table とは言え、Low すぎねーか?平たく言うとちゃぶ台的に使うことになると思うのだけど、30cmぐらいは欲しいよなぁ、でも高すぎるよりは低すぎるほうがまだ使いやすいだろうなぁ。そもそも暮らしてて不便と感じるかなぁ、などなど。

しかし、こーでねーたの人たちは家具の単品を見て、組み合わせを想像できるのかね?俺様なんて単品の良さはなんとなくわかっても、これとこれとあれを組み合わせて果たしてしっくり行くのかなんて想像もつかないので不安でいっぱいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 7日 (月)

東芝府中 20-6 ヤマハ

まぁ、MSカップ2005は東芝の2冠達成ということで終わったらしい。ヤマハはノートライと。残すは日本選手権の1冠と。
「らしい」ってのはゲーム見てないからなのだけど。昨日はTVKもやってくれず、夜中にどこかの民放がやっていたようだけど、もうどうでもいいのだ。

で、秩父宮で決勝が行われてた頃、何をしてたかって言うと、外を見て「うわ、風つえーな。外いきたくねーな」なんて思いながら、何かと話題のM・シャラポワとダベンポートの試合を見てたのですよ。オイラの記憶の中では美人テニスプレーヤと言えば、マレーバ姉妹とかになるんだが。
試合はさすがに世界ランク1位vs4位の試合だったので迫力があってすごかった。ダベンポートもう少し走ってもいいんでねーか?と思ったけど。それにしても余りに偏った放映が面白いぐらいで、スローでダベンポートが映ったのは何分ぐらいなんだろうか?試合が始まるときから、番組プレゼントは勝つか負けるか分からないシャラポワのサイン入り写真だし。世界ランク1位のダベンポートも可哀想だ。日本人なのにシャラポワの「敵」扱いだった浅越も可哀想だったけど。

よくデカイと言われているシャラポワ、183cmらしく、爆笑問題の太田が「183cmっていうと吉田照美ぐらいでかいんですね」とわけのわからん例えをしていたので、調べてみたら182cmらしい。なかなかいいとこだね。
ま、触れてもらえないダベンポートはもっとでかくて189cm 79kg なわけだが。俺より重いよ。

てことで、2月の第1日曜日といえば、Super Bowlなわけだ。当然、イルボンは月曜朝なので、キックオフのパントリターンだけ見て家を出てきた。昔は、Super Bowlの日は一切ニュースサイトも見ず、電車の中のおっさんのスポーツ新聞も見ずに帰宅して、ビデオを見ることにしてたのだけど、今年はオイラの好きなピッツバーグが負けちゃったのでどーでもいい感じ。何が好きって、あのスーパーファミコンのボタンみたいなマークがヘルメットの片側だけに入ってるのが好きなだけなのだけど。片側だけに入ってるチームってスティーラーズだけだったはず。
ということで、今年もペイトリオッツの勝ちと予想してみる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 4日 (金)

めもりすちっく

Lがどうやら携帯動画再生装置(通称PSP)の購入と共に、動画用媒体メモリースティックDuo 512M をご購入らしい。のだが、「俺の半導体領域を返し給い」とのたまわっているので、商品ページを見てみる。商品ページってかCSなのか。でも、どうみても商品紹介だけど。

確かに512Mのメディアなのに「※ユーザー容量は約460MBです」と堂々と書いてある。それってひどくねーか?恥を知れ、恥を。
「本メディアには、ご利用頂けないシステムファイル領域があります。」ってたかが媒体ごときが大きく出るねぇ。1割がシステムファイル領域ですか。メモリじゃあるまいし。OSじゃあるまいし。それも50Mも使うのー?

どうでもいいけど、MSX-M512Sなる郷愁を誘う型番のつけ方はどうよ?思わずMEGA-ROMとか思い出しちゃったわよ。あの頃は三国志でも4Mのカートリッジだったのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 3日 (木)

太巻き(恵方巻)

ダウンタウンの松本が浜田を馬鹿にして、「あいつんちまじめに節分の日は家族で太巻き食べるらしいで」と言っていたのだけど、関西では結構普通な風習だと思う。近頃やるかどうかは知らぬが。

うちでもガキの頃は母親が太巻きを作って、みんなで恵方を向いて黙って食ったもんだ。まぁ、迷信とかに縁遠い家なので、おそらくは文化風俗の伝承って意味合いなんだろう。オイラ達が大きくなるとやらなくなった。

今日、ちょっと昼休みが遅くなったのでコンビニに行ったら、いつもお弁当が並んでいるところに、腐るほど太巻きが並んでた。売りさばけるのかなぁ。本当に腐るんじゃないだろうか?
おかげで目当ての弁当を買えず、今日の昼はおにぎり2つとヨーグルト。そこらのOLよりカワイイ昼飯食ってるぞ、俺。ガンバレ俺。

さて、この風習の由来も理由も分かってないらしい。いい加減なもんだ。普通に切らずに丸かぶりするのは、縁を切らないため、というのを聞いたことがあるが、それも怪しいな。黙って食う理由も分からない。
どうやら、土用の鰻よろしく、寿司屋と海苔屋のプロモーション戦略という説も強いらしい。

その流れを受けてか、今年はコンビニが熱いね。今年はセブンが300万本、ローソンが200万本売ると息巻いてるとか。

どうでもいいけど、願い事を浮かべながら丸かぶりしなければいけないので、何も考えずに食べてもいいことないのでお気をつけて。腹がいっぱいで苦しくなるのがオチ。
オイラはやらんよ。関西人だけど無神論者だから :)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

What You'll Wish You'd Known

Tech総研でみかけたのだけど。

Paul GrahamというLisp絡みで有名だけど、決してそれだけじゃない人が書いた高校生向け講演原稿。高校生向けだけど、16〜18歳をにした人達にも響くんじゃないかな。英語が得意な方はこちら

色々と示唆に富んだ言葉があるので、一読されることをお勧めする。
てか、コメントのしようがねぇなぁ。今のオイラが高校の自分に助言するとしたら何を言えばいいんだろう?

いいこと言うなあと思ったのはここ。大会社で保身に走る意思決定者に聞かせてやりたい。
If you'd asked me in high school what the difference was between high school kids and adults, I'd have said it was that adults had to earn a living. Wrong. It's that adults take responsibility for themselves. Making a living is only a small part of it. Far more important is to take intellectual responsibility for oneself.

でも、ずっしりと実感持って感じたのは注釈のところ…賭けてもいいけど1時間持ちません…orz
The key to wasting time is distraction. Without distractions it's too obvious to your brain that you're not doing anything with it, and you start to feel uncomfortable. If you want to measure how dependent you've become on distractions, try this experiment: set aside a chunk of time on a weekend and sit alone and think. You can have a notebook to write your thoughts down in, but nothing else: no friends, TV, music, phone, IM, email, Web, games, books, newspapers, or magazines. Within an hour most people will feel a strong craving for distraction.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 2日 (水)

Chinese Character

「楽書き」「電園地帯」……子どもの苦手な漢字くっきり

先週やってたニュースだけど、小学生と中学生を対象に漢字の読み書き能力の全国調査があったと。平均すると読み書きとも25年前と対して能力が変わってないらしいのだけど、34%が「電園地帯」、29%が「積乱運」って書いたってのがビックリですな。「電園地帯」なんてちょっと昔の安っぽい漫画かゲームにありそうだ。

思うに、電を「でん」って読むことは覚えてるけど、意味がわかってない訳だ。田園の意味がわかってないのか、田の意味がわかってないのか。後者はさすがにないか。

丁度、オイラは第2次ベビーブームの真っ只中な訳で、全ての入試や就職というのは倍率が最高潮に達してたんだけど、そういう中で、小学校の頃からひたすら暗記させるというような塾がいっぱい出てきたような気がする。オイラは小さい頃から人一倍記憶力が悪い(単純記憶)ので、そういうのは無理だったし、母親の教育ポリシーとして「丸暗記は意味が無い」というのがあったので、そういった塾には行かなかったのだけど。
オイラ達の頃は塾って行っても小6か早くても小5で行ったもんだけど(首都圏は知らんが)、弟ぐらいからは小4とかのコースが出だして、今じゃ1年とかでも行くみたいだねぇ。そんな時分から、ひたすら意味もわからず暗記なんてのを繰り返してたら対応力のない人間が増えてしまう気がする。
あとさぁ、漫画じゃなくて本読めよなと。逞しいとか爽やかとか、そういうのって習わなくても歴史小説で学んだ気がする。

漢字は外国人が日本語を習得する中でのハードルの一つ(海外ソフトの日本語化の高い高いハードルでもある)だろうけど、逆に日本人は同じ音で形の違う文字を仮名と混ぜて使うことで、小さいうちから頭のトレーニングをしてきたと思うのだよね。日本人の学力が世界的に見て高いと言われてきたのは、そういうベースがあるんだと思う。
なのだけど、近頃はほとんど漢字を捨ててハングルを使う韓国に負けているというのだから、そうなると漢字のメリットってないよねぇ。日本も平仮名だけにする?そしたら1バイトで行けそうだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年2月 1日 (火)

A9.com Yellow Pages

米Amazon.comの子会社で検索サイトを運営する米A9.comは米国時間1月27日に、地域の企業を検索するための新サービス「A9.com Yellow Pages」を発表した。「ユーザーが地域の通りをバーチャルで歩き回り、企業とその周辺を眺められるまったく新しい手段を提供する」(A9.com社)としている。

だそうな。実際、A9.comのFormに企業とか店とかランドマークを入れてGo,その後右のYellow Pages を押すと検索結果が出る。

現在Block Viewが対応している都市は、アトランタ、ボストン、シカゴ、ダラス・フォートワース、デンバー、ロサンジェルス、ニューヨークシティ(マンハッタン)、ポートランド(オレゴン州)、サンフランシスコ・ベイエリア、シアトルなど。

なんだけど、オイラの知ってる企業はみんな中心街にはないので、仕方がないからSanFranciscoで Banana Republic を検索してみたのがこれ。なんでBanana Repblic って理由はないんだけど、昔泊まったホテルのすぐそこにあったから。

ま、これがすぐに実用的か?っていうと謎だけど、VRやってた人間というか、オイラより少し前ならマルチメディア(死語?)やってた人間はAspen Movie Mapを思い出して感慨深いんじゃないかなぁ。まだ、通りに入っていくような自由度はなさそうだけど、ブラウザ上でこんだけのことができるんだねぇと。

しかしあれだな、やっぱ技術革新は長い目でみると引きこもりを助長してるよな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »