« カステラ | トップページ | ぷれすて3 »

2005年5月18日 (水)

ふぐ

CoCoonが録ってたトリビアを見ていると「ふぐ毒の単位がどうたら」というのをやってた。
それをぼーーーーーーっと見ながら思った。

ふぐって高級食材だけど、果たして毒が無くても高級食材だったんだろうか?

何となく天邪鬼に考えると、毒があるから調理に技が必要だし、ちょっと危険っぽいイメージがあって、「こいつはそんじょそこらの奴じゃ食えないよ」的なところから「高級」になったんじゃねーかなー、なんて。

オイラはふぐ(てっさ)はポン酢の味だと思ってるし、鯛もそうなんだけど無駄に硬い魚はあまり好きく無いので「ふぐを食う」ってのはそれほど嬉しくないのだ。あご疲れる感じ。

オイラの中で最高の刺身は平目だね。

|

« カステラ | トップページ | ぷれすて3 »

寝言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748957

この記事へのトラックバック一覧です: ふぐ:

« カステラ | トップページ | ぷれすて3 »