« Gmail lawsuit | トップページ | スパイ大作戦 »

2005年6月23日 (木)

ブラジル2-2日本

正直サッカー日本代表ってあまり興味がなかったりする。だってあんま面白くないんだもん。
日韓World Cup開催の辺りからか、何かつけ、やたらと街に青い人たちが溢れ返ったりするこのごろだけど、そんな盛り上がりのカケラも無い頃、オイラはダイヤモンドサッカーなる番組を良く見てた。レベルの高い海外の試合を地上波で見れたとてもよい時代だった。個人もチームも技術にすぐれた試合が見れて楽しかった。ああいう試合はコンテンツとして人気が出ちゃったから衛星とかに取られちゃってもう地上波では見れないんだよね。

今回のコンフェデも正直ブラジルとかアルゼンチンの試合を見たい。ドイツはブンデスの若手中心で、世界的に有名な選手も少なく見ててもレベル低い気がするので、ちょいと落ちるかな。

で、昨日(今朝)は日本=ブラジル戦ってことで、録画して見ました。メキシコとかギリシャ戦は見なかったけど、KakaやRonaldinhoが出るかもというなら見たい。
ところがびっくり、いやー、やればできるじゃん日本、って感じで非常に緊張感のある良い試合だったと思う。飛ばすこともなく最後まで見ましたよ。Ronaldinhoも素晴らしかったし。てか奴からボールまともに取ったのNakataの1回だけじゃねーの?

しかし日本は、相手なりに走る馬ってとこなのかねぇ。GI馬とも接戦するけど、GIII辺りでもやっぱり負けるみたいな。最後はイメージの差なのかね?
ブラジルってボールの動く瞬間に他の選手が何人も動いているけど、日本ってボールキープしてから見回すみたいなことが多い気がするもんな。桜井章一の言う「2秒以上の思考は迷いだ」というとこか。神戸製鋼が強かったときに平尾キャプテンが学生日本一メンバーが1本目に入れないことを聞かれたときに「プレーにイメージが無いから」と言っていたのを思い出す。
後は、味方を差し置いても俺が打つ、味方のシュートでも最後に自分が触って押し込む、みたいな意地汚いぐらいの得点への執念の違いかな。

いやー、なんせ久々に面白かった。でも、相手なりの馬だとすると、アジア地区予選で負けちゃったりなんてこともあるかもねん。

|

« Gmail lawsuit | トップページ | スパイ大作戦 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37748989

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジル2-2日本:

« Gmail lawsuit | トップページ | スパイ大作戦 »