« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月30日 (金)

ハレー彗星

阪神が2年ぶり5度目のリーグ優勝

2年前もそうだったんだけど、阪神の優勝を見るとハレー彗星を思い出す。1985年の秋に優勝したとき、世間は翌年(86年)大接近するというハレー彗星の話題でもちきりであった。
76年に一度しか近づかない長軌道の彗星にEUだかが探査機をぶち込むとか、Newtonとかでも特集してたしなぁ。あれ?当時ってEUってあったっけ?

その頃のありがちなネタとして「次にハレー彗星が来るのと阪神が優勝するのとどっちが先か?」みたいな話だったんだけど、おととし星野阪神が優勝、と思いきや85年優勝時の中軸岡田監督であっけなく優勝。生きているうちに3回も阪神優勝を見るとは思いませんでしたよ。

まぁ、日本一を再び見れるかどうかは謎。そういや以前のボスは中日ファンだったなぁ。悔しがってるんだろうなぁ。機嫌悪いだろうなぁ。

とりあえず、上京してから阪神ファンのオイラは一人で祝杯あげて寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月29日 (木)

au 乗り換え project

先般も書いたように TU-KA から au に乗り換えられるわけで。地味に嬉しい。

まずは自分の料金明細を見ながら乗り換えた場合の月額を試算してみる。

現在の月額が4k程度。8月の通話432円、パケット257円。誰だ「友達いないんじゃねーか」とか言ったの。
ほとんど受信専用だし100ヶ月以上継続利用だからなぁ。仕事用は別だし。パケット使おうにも、HDML機だからほとんどのページはレイアウト崩れてリンク押せなかったりだし。

で、これがauになると100〜200円ほどアップするっぽい。これぐらいなら許容範囲だけど、ヘビーにTU-KA使ってる人は結構なアップになるんだろうなぁ。やっぱTU-KA安いよ。

とりあえず乗り換え確定として機種を決めたいところなんだけど、惹かれる機能はFelicaぐらいか。Edy 買おうと思いつつ、買うのが面倒くさくて am/pmでCashを使い続ける俺様。Suicaにパスネットにバス<共通>カードに…プリペイドカード多すぎなんだもの。ということで、W32H/Sで迷っていたのだけど、昨日知り合いのSと話していて一気に方向転換。

Sは昔一緒に働いていた頃は月末になると「散財してきます」と不敵な笑みを浮かべて秋葉原へ消えていったガジェットマニアなのだが(当時の秋葉は今のようなソフトの街ではなかったので、所謂アキバ系ではない)、彼と色々話しているうちにW31Tにほぼ決定。どうも秋冬でW32Tが出るかもとかいうけど、Felica搭載しないならW31Tでよいかも。W32Tは4G HDD乗っけるとかいう噂もあるけど、iPod nano の時代にHDDもへったくれもないでしょうが。

で、なぜW31Tかというと…(つづく)

P.S.
と思ったらタイムリーにリリースが。100ヶ月超の利用履歴もポイントも持ち越しか。メアド変わっても問題ないし。てかメールくれる人いないし。つーか、メアドほとんど教えないし。

ただ、端末が13kもするんだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

鶴+龍

モンゴル出身の鶴竜が新十両 外国出身関取は14人に
結局先場所は応援してた普天王関はダッシュは良かったものの3日目から失速してしまった。代わって、引退まで口にしていた千代大海関が3日目をきっかけに一気に勝ち越したのを見ると、流れってあるのかねぇと思う。

で、相撲と全く関係ないのだが、昨日はさんまの特番を見ていると紳助が出ていた。二人がTVで顔をあわせるのはこの間の27時間(だっけ?)以来で、その前はパペポの最終回じゃないかと。二人そろえたらギャラ高そうだしな。さんまも紳助も自分のフィールドに持ち込むと突っ走ってしまって、少々鼻につく時もあるのだけど、同期の二人が絡むとその辺りがSave(潰し)しあって非常にバランスが良い気がする。

ということで、パペポの最終回を引きずり出してみてみた。紳助が鶴瓶をいぢり倒したかと思えば上岡龍太郎を皮肉っているところにさんまがショージと寛平を連れてやってきて、その後は鶴瓶を脇にすごいテンポで話を重ねる。最終回と思わせないテンポで進んで、さんま達が掃けた後もさっぱりと終了。高校の頃は毎週楽しみにし、正月も欠かさずスペシャルを見ていたのだけど、面白い番組だったなぁと改めて思う。今はお笑いブームとかいうけど、妙な決めギャグやテンション芸ばっか目立つ気がするもの。計算と段取りがあってしっかり落として笑わせるというのが少ない気がする。
そういえば、オイラが録画してまで見てるのって、「ガキ」「松紳」「きらきら」とかだな。好きなのか。ガキと松紳はちょっとテンポがユルいのだけど、そこは松本の芸だからなぁ。

きらきらアフロはパペポとほぼ同じ形態でやっているのだけど、パペポでは鶴瓶がボケというかアホっぷりを発揮していて、それを上岡が的確に突っ込むというスタイルだったのに、今ではオセロ松嶋がボケていて、鶴瓶が突っ込んでいるのは世代交代というか面白いものだなと。パペポの頃を思い出せばきらきらなんてボケと天然ボケで成立しそうにないのに。

関西の深夜って低予算なので、ああいったシャベリに依存する番組が多いのだと聞いたことがあるけど(関東はセットや取材・VTRに凝れる)、こういうしゃべくりの番組でもっと大笑いしたいものだ。DT松本と作家高須の放送室も聞いてみたいものの、今の家にはFM聞ける環境ねーしな。

うーん戯言っぽい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

くらげ not うなぎ

伊東美咲は「あ、くらげがいる」と言っていたのだな。何故か「うなぎがいる」だと思っていたことよ。
どういう空耳だらう。大川(隅田川)には水母がいないという先入観か。鰻は江戸前は深川って言うぐらいで、大川のが有名だったらしいからね。

むむ、90秒CMなんてあったのか。
そういえばこの間仕事で某化粧品会社に行ったら、マーケ担当者が「どうして資生堂さんは売れてるラインを統合したんですかねぇ?」と不思議がっていた。業界でも謎なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DL360

Blade Serverの先駆けとも言うべきCPQのPCサーバである。出たのは5年ぐらい前だろうか。Spec、価格ともに当時としては素晴らしく、意気揚々とCPQの営業さんが売り込みに来て当時のコンサル先が採用したんだな。HWPとコンペだったものだ。

で、今の出入りさせてもらってる会社でちょっとした社内システムを手伝うことになって。営業内勤のオネーサンにサーバルームの片隅で放置されているDL360を使ってくれといわれました。PIII-1.13x2ですか、そうですか。DL360としては上等でねぇの。で、火を入れてみると TurboLinux 6.0 の文字。えーっと何年前ですか? つーか、Turboって懐かしいぞ。
そう思いながらも、ごちゃごちゃといじってると postgreSQL が 7.2 ぐらいまでしかupgrade できない。ソース取ってきて作るか、と思いきや、lib 絡みが逝かれてるっぽい。 readline ぐらいならとコンパイルしたら次は ncurses …他にも挙動不審だし全とっかえするか。

「OS入れ替えてもいいですか?」とオネーサンに聞くと、私に聞かないでよと言わんばかりに「もぉ、どうにでもしてっ」(意訳/超訳)との回答。どれにしようかなと迷ってたら、Fedoraっていつの間にか4まで出てるんだね。でも標準でPHP5がついてるらしく、怪しいのでFC3にすることに。日本語がutf-8だったりするのが嫌なんだけど、RH系は慣れてるしなぁ。boot image 6M ってでかすぎだろ。FDに焼けねーよ、とCD−Rをもらってきて1枚目を焼いてBootすることに。

CD-Rを入れて Reboot するも Turboが立ち上がる。むむ、再起動して片っ端からFunction Keyを押すもRAID Controllerのconfigとかそんなんばっかで、起動順序の設定ができん。色々調べてみると DL360では SmartStart なるものが必要とか、同じ症状ではまってる人とか発見。あーそーだ、最初にこれいじった時もCPQのSEに来てもらって設定したんだよなぁ。某お台場のiDCの中で。これは参った。あーだこーだ色々やってたのだけど八方塞がり。違うDistributionにするかなぁと思いながら、CD-RをTurboでmountして中を見ると boot image がない。ん?SRPMS?

同じ1枚目でも焼くもの間違ってるよオイラ。ってことで、改めて焼きなおして再起動するとあっさり Fedora の文字。120分ほどのロス。

今朝は、ftp で wild card 使おうとしたら分からなくなって、fget とかタコなことをやってしまった。mget を忘れるとは GUI に頼りすぎだなぁ。いや、むしろCUI世代からGUI世代へと進化してるのか?

そろそろ指先で稼ぐのを引退して、口先で稼げるようにならねばなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

キョロちゃん

やっぱりダメだったよ…

昨日、友人Oと「金のクチバシを見たことがない」という話をしていたので、帰りにコンビニによって買ってみたのだが、見事にハズレだったよ…20年ぶりぐらいに買ったんだろうか。

また折にふれ買ってみよう。いつか出してやる(別におもちゃの缶詰が欲しいわけではないが…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まます

愛知万博が閉幕 2204万人が来場

知り合いの会社の男性社員(20代後半)が行って「楽しかった」と感想を漏らしたそうで、それを聞いた別の女性社員(30代前半)が行っての感想が「全然面白くなかったですよ」

混雑してたとかそういうことにキレているのかと思って聞いてみれば、

「マンモスってゾウじゃないですか!!」
と憤慨している。どうやら「マンモス」っていう現代では見られないような奇異な動物が見れると思って行ったらしい。てか、あんたテレビ・新聞見てないのかよ?それ以前に、「マンモス(象)」ぐらい子供の頃図鑑かなんかで見てないのかよ?

不思議な人もいるもんである。自分の常識は他人の常識ではないということを再認識せねばなるまい。あらゆる点で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

一人称

昨日、ジャポニカロゴスなるCXの特番をぼーっとみてた。日本語を掘り下げるバラエティで、少し早めに上がって家で仕事しながら見るにはいい感じの番組だと思った。

で、見てると日本語には一人称が116個(広辞苑)あるそうな。英語等に比べて敬語が発達していると言われる日本語ということ、言語としての歴史等々が影響してるんだろうけど、かなり多いな。

で、自分はというと
・ 仕事では基本的に「私」、社内で親しいor目下には「俺」
・ このBlogみたいに書き物するときは「オイラ」か「わい」「あちき」、稀に「私」、後は学生時代の仲間内の造語「俺様
・ Private は基本的に「俺」、目上の人には「僕」

「あちき」って広辞苑に載ってないらしい。個人的な感覚では女郎とかの言葉だと思ったんだが違うのかしら。時代小説とかで知った言葉なのかしら。そういえば、退職のお知らせメールを書くときに当時読んでた真田太平記に影響されて講談物のノリで書いたところが、帰国の女の子に全く理解されてなかったことがあったな。日本語は同じ行動を表す言葉が多いのだなぁと思ったことよ。

後、方言とか時間の流れでややこしいのもあるねぇ。「うぬ」ってラオウだと相手のことだもんな。関西だと相手のことを「自分」って言ったりするし。ラオウは方言じゃないって?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

こるば

某金融機関のマイページにログインして照会しようとしたところ、エラーが。
未だに生きていたんですね。確かに金融機関の基幹系とWebの連動にはCORBAが最適とかオイラも説明した気がしなくも無いけれども。ログインできて参照が出来ないってことは、UIDとかSession関係はフロントで、データだけWrapした基幹系から持ってくるんですなぁ
当時オイラが担当していた重厚な自前ORB付WebServerは、あっさりとApacheベースのSlimな製品にバージョンアップしちゃったし。ここのServerはNetscape-Enterprise/3.6か…懐かしい恋人に会った気分でございます…。早いとこ直せよ、おら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月20日 (火)

袋田

18日日曜日。7時前に家を出る。目指すは上野駅。山手線に揺られていくと、秋葉を通るときに開店したてのヨドバシカメラを発見。なるほど、新宿高島屋のようなデカさだ。ま、おいらは有楽町ビックで済ませてしまうだろうから足を運ぶこともあるまい。

で、上野へ。上野発でどこかへいったことなんてないんだけど。いや、一度あるな。高校の修学旅行で東北へ行ったとき。当時は東北新幹線が上野発だったので、東京からE電で上野まで行って、地獄の底にあるんじゃないかというぐらいもぐった新幹線ホームから出発したんだった。ま、とりあえず今回は16番線だかの特急ホームへ。目指すは8時発のスーパーひたち。特急ひたちにはスーパーとフレッシュがあって何なんだろうと思ったら、なんとこのスーパーひたち、仙台行きなんですな。常陸とかいいつつ、その辺がスーパーらしい。桃鉄で東京から仙台目指すときに一番太平洋側を行くルートですよ。
で、乗ってみると結構自由席が埋まってる。何とか空席を探し、座って周りを見ると圧倒的にジジババ多し。それも半端なくて、平均年齢50超だな。60近いかも。皆さん、どういうバックグラウンドなんだろうとお節介な事を考えながらコンビニおにぎりを食って寝る。

4駅ほどの停車で水戸着。所要時間は1時間強。ここで乗り換え時間4分で水郡線に乗り換え。水戸から郡山に行くので水郡線なのだけど、「すいごうせん」かと思いきや「すいぐんせん」らしい。なんだか、水戸から群馬に行きそうな感じ。
で、この水郡線、キハ110系2両の単線なんですよ。ドアの開閉は乗客のセルフサービス。無人駅多発。行く前に「Suica使えるんかなー」などと利用可能エリアを調べたら、水戸はOKだけど水郡線は無理と。まぁ、これじゃ無理か。駅もほとんどが屋根のないプラットホームですからー。
久しぶりにディーゼルエンジンの力強いうなり声と、電子音ではなく、排気を回して鳴らしてますっぽい「ピィー!!」というヒステリックな汽笛を聞きながら久慈川に沿って北上するのでした。それにしても真っ直ぐな単線の奥の信号が陽炎で揺らめいているのを見たときのちょっとした興奮ってなんなんだろう。思わずガキの頃のように運転席の後ろにかぶりつこうかと思いましたよ。で、水戸を出て1時間強。10時半過ぎに袋田に降りました。さすがに観光客っぽい人が多い。

んで、デジカメの電池を忘れたっつーか切れてたので、購おうと思ったのだけど、それらしき店がない。コンビニなんてありえねー、って雰囲気を醸し出してるし。つらつら歩くと、「友釣り専用地域」の看板。そして釣具屋。だめもとで入ると、気のよさそうなメガネのおっちゃんがレジの後ろの畳でごろっと横になってたので、「すみません」と声を掛けると起きて来て、電池を扱ってるかと聞くとわざわざ取りに出てきてくれた。単3を2パック購入して挨拶して店を出る。何ともいえない温かさと懐かしさ。この懐かしさって何なんでしょう。

30分ほど清流に沿って登ると、やたらと人が増え、駐車場などが現れる。ここが滝本。11時半ぐらいだったので、店が混む前にと適当な店で腹ごしらえ。アユの塩焼きとこんにゃく(しょうが醤油)、山菜の唐辛子和えとご飯と味噌汁の定食。太子町地ビールの生を頼んで食す。単純に美味い。ついでに柚子味噌団子をお土産にしてもらってさらに奥へ。徐々に轟々という音が大きくなり、良く揺れる吊り橋を渡ると滝登場。日本産大幕府、ちげ、日本三大瀑布の一つ、袋田の滝でございます。

袋田の滝は西行法師が秋に訪れて感動し、「この滝の趣は全ての四季に訪れないと理解しきれない」と言ったとかで「四度の滝」とも言われるそうな。単純に4段あるからという説もあるそうだけど、オイラには3段しか見えなかった。もっと上にもう一つ離れて滝があったけど。
感想としては確かにでかいけど、観瀑台なる見るところが設けてあってあまり近づけなかったのが残念。前に抱き返り渓谷で観た滝は袋田ほどでかくなかったけど、マイナスイオンどころか水しぶきが直接かかるところで見れたのでド迫力だったんだよねー。

で、この後、武田耕雲斎が水戸藩と戦った(その後西上する)月居山へ向かったのだが、なめてかかったらすげー石段で後悔。それも伏見稲荷みたいに整備されていないので、最後の方は膝が笑って、カメラを構えても手ぶれじゃなく足ぶれする状態。何とか切り抜けて駅のほうへ向かったはずが、どこかで路を間違えたらしく滝本へ戻ってしまった。
んーと、オイラの予定では13:55袋田発なんだけど…時計を見ると13:40.15分で駅には…もどれねーよ。バスの時刻表を見ても1日5本ほどのバスが丁度来るわけもなく、タクシーもいないし(後で分かったんだけど駅前にタクシーは2台だけあった)。で、諦めて携帯で次の水戸行きを調べると、15:42発??? え、昼の日中に1時間半以上間隔あくですか? それでも行楽シーズンだし臨時列車あるかもと駅に向かうも無駄。無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ。
駅舎で待つのも飽きたので、外にでてバス停の日陰になったところの少し盛り上がったアスファルトに腰掛けてボーっと山を見たり、柚子味噌団子を食ったり、アスファルトの上の蟻を眺めながら時間をつぶす。何だか地面に座って秋風に吹かれて蝉の声を聞くのって、小学校の頃に皆で虫取りにいったり、弟とキャッチボールをしたときの空気を呼び戻してくれる感じ。

で、やっとのことで来た電車。行きは2両編成だったのに3両編成であった。乗り込んで爆睡。水戸に17時過ぎについて、貧乏性なオイラは途中下車し、バスで偕楽園へ。日本三公園の一つですからこの機会にでも行かないと。次に水戸に来るのがいつかなんてわからんし。着いてみると、萩祭りやらで、本当は18時閉園なのだけど、今日は20時過ぎまで開いてるっぽい。さすがに大きく、手入れの行き届いた庭園でしたよ。入場無料だし、こういうのが近所にあれば散歩に良いのに。

で、ぐるぐる回ってると秋の日は釣瓶落とし、真っ暗になってきたので駅に帰ろうとバス停に行くと、バスは17時台で終わりらしい。ありえねぇ・・・。歩いても30分ぐらいだと思うんだけど、月居山でダメージを受けた膝ではつらく、1000円弱払ってタクシーで戻った。タクシーの中から大きくて真ん丸な中秋の名月を見る。上り始めなので、少し赤っぽいのは人間どもが出す塵埃のせいであろう。赤い月、るなろっさ。赤い月を見てノーマン王子との約束を思い出すのは俺様ぐらいか(理解できる人少なし)
帰りはフレッシュひたち。ホームで待ってると、水郡線が出発するところだった。4両編成。見る度に編成が変わるぞ。水戸で遊んだ人たちを連れて帰るのであろう。

21時帰宅。東京で見る月はだいぶ高くなって小さくなって見えた。
シャワー浴びてビール飲んで寝る。充実の一日であった。来るかと思われた筋肉痛は2日たっても大して来ず。痙攣はしても筋繊維は大して断裂していなかったのか、はたまた明日来るのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

めっきり

昨日からめっきり涼しくなった。一昨日まで酷暑といってもよい残暑だったことを思えば、あまりのGapである。風邪引く人がいそうだけど。
どうでもいいけど、めっきりって下向き(?)な言葉だよね。「めっきり調子がよくなった」とか「めっきり暑くなりましたね」とは言わない。あれ?言うのか?言わないよね?つい20年ほど前までは「全然」も否定的な時しか使わなかったしな。もーよーわからん

で、そんな秋の朝。今日は午前4時からサーバ移行で作業ですわよ。まーさー、この手の作業が早朝になったりとか連休中になったりとかは仕方がないんだけどさぁ。昨日は22時過ぎに寝て、今朝は3時半起き。テレビつけても信号音とカラーバー。おかげで4時半から生で中田有紀嬢を見れたのだけがメリットか。おかげで移行は順調ですわよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

イーバンク

イーバンクが全銀システムに加盟するそうで、支店名が振られました、とのこと。
これまでは無味乾燥な3桁数字(支店番号)のみだったのだけど、今後はちゃんと名前がつくらしい。というので見てみましたが…


ダンスってなんすか?他もジャズだのサルサだの。最後の方のリズムとかビートとか、曲種じゃなくなってきてるし。ネタ切れかしら。

つーことで、あたしゃダンス支店に預けてます。何かでもらった500円だけだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

au 乗り換え

おおっと、ついに来ましたよ
どうやら、au と統合される TU-KA から au に乗り換えられる模様。もちろん、電話番号はそのまま。

期待していなかっただけに嬉しい。後は料金プランとの兼ね合いだな。
さーて、どうするかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

大相撲

中学・高校の頃は相撲が大好きだった。毎日ビデオ録画をして、学校から帰ってきて見ていた。もちろん幕下から。巨砲とか霧島、あとはもちろん千代の富士が大好きであった。
千代の富士の引退以降、ほとんど相撲を見なくなったので、若貴ブームと逆位相になって、結果的に天邪鬼。

そんな私ですが、以前からKEi-sanが「相撲、一回見といた方がいいよ」と妙に薦めるのと、先場所終わったぐらいから、普天王関のBlogというのを見始めたのがあって、行ってみようかと。ヤクルト古田選手も書いているようにこの日曜日から始まっているのです。本当は後半行きたかったんだけど諸事情により2日目ということで、午後に休みを取って行ってきました。
Mtgが押したのもあって、両国駅についたのが3時半ごろ。やたらと年齢層の高い方々がゆっくりと歩いているのを追い越し追い越ししつつ、国技館の表へ。チケットをもぎってもらい、手荷物検査を受けたら、大相撲クリアファイルをくれました。集客頑張ってるんだねぇ。で、案内所に行って席まで案内してもらう。ちょうど幕下の後半半ばというところ。席は結構空いてたんだけど、中入後になるとだいぶ埋まってきた。お水っぽいおばさん・オネーサンが目に付く。後はお年寄りと、ちょっと怪しげなおっちゃんかな。
歌舞伎座でも思ったのだけど、案外近くで見れる。そしてテレビでもやってたけど升席は狭い。隣なんてスーツのサラリーマン4人で入ってたのでかなりきつそうでしたよ。あーんど、オッサン臭が漂ってきてたので、ちょっとつらかったけど。

つーことで、もみ上げの闘牙が負け、片山の見事な四股に拍手し、盛り上げるパフォーマンスの後であっけなく高見盛が負け、普天王関が堅実に勝ち、横綱朝青龍が黒海を攻めまくって勝ったところでおしまい。歌舞伎と違ってずっと集中するというよりは、のんびりビール飲みながら国技館地下工場製の焼き鳥食ってると、行司軍配が返って「あ、もう立会いなの」って感じ。で、相撲に見入って拍手すると。

その他感想は以下の通り


  • 土俵は結構狭い
  • 力士は何か違う生き物っぽいよ
  • 力士って案外筋肉質。特に足。テレビは横に太く映ってるのかなぁ
  • 懸賞の垂れ幕って両面刷りなんだねぇ
  • 中入後後半の審判長が九重親方(千代の富士)で向上面に座ってたオイラの正面だったので感動。秩父宮で5mぐらい左に平尾さんがいた時以来の感動ですよ
  • 国技館の焼き鳥は何だか焼き鳥っぽくないけど美味い

相撲で言うと、あたしゃ切れのある攻めの相撲が好きなので、色々言う人はいるけど朝青龍の相撲は結構好きなのだな。でもって、前の日に横綱を攻めきった普天王関は久しぶりに強いあんこ型の良い力士かもしれない。今日は大関千代大海戦。大関は引退がちらついてるようなので、もし今日引導を渡すようなことがあると、普天王関も大関辺りが見えてくるのかも。結構そういう因縁みたいなのがあるからね。

それにしても、「相撲をもっと知ってもらいたい」という動機でBlogを始めたという普天王関。まんまと乗せられて国技館に行ってしまったし、普天王を応援してしまいましたよ。
どうもITって言うと、メーカの製品担当者とか、マーケ・宣伝の人たちは、何か予算いれてサーバ借りて何かやると、がばっとファンが増えるんじゃないか、みたいな期待をされてる人が多いみたいなんだけど、結局自分から情報発信していかないと、ちゃんとしたファンは付かないってことよね。ってことで今場所は横綱と小結を応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

オータムハンデ

友人Oが学会で大阪から上京するという連絡を受けていたので、金曜の晩だけ泊めるはずが、そのまま短期の単身赴任になったとのこと。で、週末我が家に滞在することになったのですが。

最初は土曜の昼の便で帰る予定だったので、「紫苑S行けんなぁ」と行っていたのだけど、こうなっては事態が違う。ということで、朝の11時前に家を出て船橋法典へ。あ、ちゃんと投票はしていったよ。

9月とはいえ開催週、劇的に蒸し暑く風も凪いでいたので、パドックを見てはガラス戸の中に非難し、馬券を買ってスタート5分前に馬場の方に出て観戦というのを繰り返しておりました。勝ったり負けたりを適当に繰り返しながら順調にCashが減って行ったのが不思議なのですが、9R辺りから暗雲が立ち込めて参りまして、遠雷がなったかと思えば、ポツポツと雨が降り出し、しばらく耐えていたのだけど指数関数的に勢いが増してきて、ざんざ降りに。
急いでベンチ席の方に逃げ込んだのだけど突然強風が吹きだして、大屋根の下まで吹き込む状態。2階の方まで避難して10Rを見て、11Rの予想をしてたら馬場が「やや重」に、さらにダートは「重」に。メイン直前に小降りになったものの、あたしゃマイネル3頭出しの取捨をミスってモルゲンじゃなくソロモンに張ってしまったのだな。軸はあってたのに。残念。

さて、メインは「京成杯オータムハンデ(AH)」だったのですが、オイラの知ってる中山のハンデ戦は「京王杯AH」。いつの間にか名前が変わったの?と調べてみると、京成杯AHはもともと、府中開催のレースだったので、府中競馬場に近い京王電鉄がスポンサーで京王杯AHだったそうな。それが1980年から中山開催になったと。このために、沿線にゆかりのないスポンサーでの開催になっちゃったんですな。1988年に、逆に中山で始まって現在は府中で開催されている京成杯3歳ステークスと交換する形で、京成杯オータムハンデになったと。3歳Sの方は、京王杯3歳ステークス(現京王杯2歳ステークス)になったんだそうです。つーか7年も経ってて知らなかったよ。

間違えると年寄り扱いされるので注意しましょう(なんのこっちゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

高千穂鉄道

高千穂鉄道、廃線の危機 台風14号で復旧に多額費用

うへー。次に国内で行くとしたら、金沢か萩・津和野、休みに余裕があれば高千穂に行きたいと思っていたのに。
鶴岡八幡、石清水八幡と行ったからには、宇佐八幡に行って、ついでに高千穂とか行きたいと、宇佐から延岡回りで画策までしてたのにぃ…

とりあえず、復旧を祈ってPendingだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

途中経過

明後日は投票日なのだが、先日も書いたようにオイラの住んでるところは小選挙区で4人立候補。

先日書いた煩いだけの街宣車を回してる候補者Aは相も変わらず連呼攻撃。今朝なんて朝8時明けたと思ったらいきなり家の近所で連呼ですわよ。折角朝晩涼しくなってきたから窓開けてソファーでコーヒーなど楽しんでいたのに台無し。
残り3人はというと、
・候補B:昨日オフィスの周りで一応政策らしきものを車から流しながら走ってた。遭遇したのはこの1回。
・候補C:よくわからない絶叫系を2回ぐらい聞いたか。
・候補D:未だ遭遇せず。

これだと選挙に行くならBかなぁというのが人情よね。そうなってくると、各党のマニフェストなんて関係ないような。ってか、やりたいこと聞いたの1人だけだし。党派と小選挙区の関係ってNANDA?
比例区用のマニフェストもまとめサイトとか色々あるけど、RFPなしで複数社コンペやってるようなもんで、比較の軸がねーよ。こういうところは2大政党制で侃々諤々やってもらった方がわかりやすいんだなぁ。

とか思いながらテレビ見てたら、オイラのところは激戦区だそうな。へぇ。候補者A曰く「地道に従来の宣伝カーや握手を続けていく」と。勘弁してくれよ
車での連呼を禁止にして、インターネットメインの選挙活動とかに公職選挙法を改正すると、国会からジジババがいなくなったり、党派構成が変わったりするのかしら?現職が自分の席を守りたがることを考えると、少なくともオイラの世代(学生時分からWindows95を触ってる世代)がジジババになるまでは選挙法変わりそうにねぇなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

とらいせらたぷす

昔、英語の教科書だかでトリケラトプスをトライセラタプス( triceratops)と発音すると聞いてへぇ〜と思ったのを覚えている。

先日、丸の内の丸善をウロウロしていたら、すんごい懐かしいものを発見して。
子供の頃に親父が、合板のパズルのような恐竜の骨格を兄弟2人に買ってくれた。おいらはベタにティラノザウルスとかだったのかなぁ?覚えていないのだけど、恐竜マニアだった弟はパラサウロロフスなる聞いたこともないような恐竜を選んでいた。小さい頃から弟にはオイラにかけらもない芸術的センスがあるというか、単に他の人と違うものを選びたがる(茶色のランドセル選んだり)のかもしれないけど、何せ頭がにょきっと長いへんてこりんな恐竜を選んだんだな。

で、それと同じものが丸善にありました。パラサウロロフスもあったよ。値段を見ると税込みで1,050円。安すぎます。そう思って25年ぶりぐらいに1体組んでみたくなって買いました。
6種類ぐらいあったんだけど、ステゴザウルス。
合板からパーツを抜いてはめ込んで組み立てるのだけど、いやー、合板ちゃちいから割れてくるし、Instruction(英語)で書いてある場所と違うところにPieceが入ってたりするし、毛唐の製品っぽいわーと思いながら小一時間ほどで組みました。

組み上げてトイレに飾ってみると1,050円とは思えなくていい感じ。うむ。なかなかの Cost Performance。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

うお座

結局、暴風域だか強風域がカトリーナよりでかいという台風14号は日本海側に逸れたので、たいしたことはなかったのだけど、今朝は朝からヌルい強風が吹きつけるという最悪な気象状態。
雨も降りそうな降らないようなという中途半端なの。

こんな日に限って、客先に行くのでスーツですわよ。

で、今日初同行のオネーサマと一緒にクライアントの会議室に通されて待ってる間に、オネーサマが赤ボールペンを取り出して「これ交換した方がいいですかねぇ?どうですかねぇ?」と独り言のようなオイラに尋ねているような。
赤ボールペンのインクの残量が少なくて、打ち合わせ途中で切れるのが嫌らしく、代え芯(?)と交換しようかどうか迷っているらしい。「別に迷うこと無いじゃないですか」というと、今朝は占いで運が悪いと言われたので、それが気になってるとかいう分かったような分からないような話。

思わず聞いて笑ったら、「占いとか信じなさそうですよね」と。「えぇ、全く信じませんよ」といいつつ、何を見たのかと聞いたら、めざましテレビの占いでかなり悪いことを言われたと。
「何座ですか?」と聞くと「うお座です」と。

以前、同期だったと思うんだけど、うお座の奴が「絶対うお座は12位になることが多い!」と憤慨していたのを思い出して彼女にそういうと、「そうなんですよ。絶対うお座って順位が低いんですよ」と言っていた。そこでクライアント担当者登場。

ふと思ったのですが、めざましテレビで一番12位が多いのは何座なんでしょうか?これってトリビアになりませんかね?よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

内P

昨日の晩の内村プロデュースであっけなく番組終了告知があった。
(画像はmixi内の内Pコミュで展開してた番組終了反対運動のやつ)

オイラは関西人なので、さま〜ずやらTIMやらの標準語の笑いよりは、ダウンタウンとかの方が馴染み易いのだよね。なんつーかこっちの笑いってテンポが無いというかキレが悪く感じるので。が、何故だかこの番組だけはダラダラと見てた。
何か仕事終わって帰ってきてぼーっと見るユルユルな感じが良かったのか?おちまさともBlogで書いてるように「全く意味のない 全くためにならない 全てが無駄(笑)な 番組。」だったのだな。
何か途中で台所にいって見逃してもさほど悔しくない感が不思議な番組。てか、まーよく5年半も続いたよな。

色々とネット上では反響があったようでホームページにもコメント載ってるね。

打ち切りといえば9末でヘビメタさんも終わるらしく、ユルい番組が2つも同時になくなるのは悲しい限りである。ということで、火曜深夜に始まる「アカギ」にかけるか。「ブラフ!」しか印象に残っていない漫画だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

蚊取り犬

Snatcherのネタなんだが知る人はいないだろうなぁ。

KatrinaってKで始まるんだねぇと思ったりするのだけど、現地では"Too Little, Too Late"なんて政府批判が強まってるとか。中には「国のことほったらかしてIRAQやってる場合じゃねーだろ」みたいなのもあるとか。まぁ、ほったらかしてるわけじゃないだろうし、時間軸からして少し歪んだ批判ではあるのだが、「自分のことできないのに、他人のこととやかく言うんじゃない(やるんじゃない)」ってのは子供の頃から良く言われた言葉であろう。そういう意味では正論だ。
政府(国家)ってのは自国の安全を守って、自国を発展させて、自国民が幸せに暮らせる環境を作るのが第一の仕事だよね。きっと。そういう意味ではUSはかなり上手くやってきてるんだろうし、日本も戦後60年で素晴らしく上手にやってきたんだろう。個々の政策だの、個別の首相・政治家の評価は置いておいて。

実は引っ越したら投票所が非常に近くなったので、今回は投票に行ってみようか、とおもっていたのだけど。選挙運動が始まってから、例によって選挙カーがうろうろしている。で、先日書いたように音量制限無しでガンガンやるもんだから否が応でも耳に入ってくるわけで。
オイラの住んでる場所では4人立候補らしいのだけど、未だに一人の選挙カーにしか遭遇しない。その一人だけはもう5回ぐらい遭遇しているのだけど。
で、その内容ときたら Cheap なことこの上ないのだ。「名前の連呼」「XX(地名)の皆さんには応援いただきありがとうございます」「地元を大切にしています」の3連コンボのみ。特に2点目については、仕事帰りに隣町(?)の商店街を歩いていたら、地名部分だけ切り替えて使ってやがるの。
何かこんなのガッカリっつーか、「私、何も考えてません」っていうアピールですよ。選挙に行こうかと思っても萎えるっちゅうねん。他の候補者の運動を見かけないのは運動してないのかしら?オイラが徒歩通勤だから駅前の演説を目にしなくなっただけかしら?
どの候補者が何をしたいか、どう考えているのか?ってのは有権者から情報を取りにいかなきゃならんのかね?そこも微妙な気がする。興味があるなら取りに来いっていうか、有権者の意識の高さとして取りに行けってのも分かる気がするんだけど、だったら選挙カーは公職選挙法で禁止して欲しいなぁ。煩いだけで無駄だし。

3点目の「地元を大事にしている」ってのも国政を担おうとする人としてどうなんだろう?地元考えるなら都議(県議)なり区議に立候補すればいいのに。
比例区で行くと、こないだやってた党首討論ってのも言いたいこと言って他の悪口を言うっていうのを全員がやっててつまらない。やりっぱなしって感じ。USの大統領戦みたいに、互いにきっちり向き合って緊張感のある勝負をやればいいのに。

さて、私はこの1週間で投票したい候補者・政党が見つかるのでしょうか? 見つかったら中山行く前に投票して行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

フォー!

エンタメ路線に走るハッスルがレイザーラモンHGを出すとか。

どこまで本気でやるのか知らないけど、Wikipediaを見ると学生時代はそこそこちゃんとやってたっぽいので、ちゃんとやるのかなぁ?

ちなみにあたしゃレイザーラモンがコンビ名って初めて知りましたよ。mixi にも居たりして結構びっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

光化学スモッグ

なんだか飯食ってたら「光化学スモッグ注意報」なるものが流れてきたわよ。
東京都の発令状況ページを見ると 9/1 12:20 発令とのこと。

何だか小学校の頃に「光化学スモッグってのが出ると学校が休みになる」というようなことを聞いて心待ちにしていたんだけど、一度も出会ったことが無かった。
どうも、休みになるんじゃなくて運動場とか出ちゃいけなくなるみたいね。それはいかん。

何となく語感だけで「ガスっぽいもやっとしたもの」を想像してしまうんだが、それってスモークだよなぁ。我ながら「スケルトンが透明を意味する」みたいな安直な連想だ。

で、奴は何者かと調べてみたんだけど、「排気ガスとか工場の煙なんかが強い日光を浴びてオゾンなどの強烈な酸化剤に変化したものの総称」ってことで何だか曖昧。で、そういう時は極力外に出るなって、夕方外出なんですけど。目や喉が痛くなるって粘膜が酸化されるのかね?

どうも東京だと東京湾から風が吹いて日差しが強いと工場とかの煙がいい感じに流入するっぽい。ま、その他にも環七とか環八とかあるんだろうけど。
東京以外も環境省大気汚染物質広域監視システムなるもので状況を見ることが出来る。愛称「そらまめ君」の横に「そらまめ君は、空をマメに監視します。」と句点付で駄洒落の説明を出来る勇気に脱帽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いなかもん

ご当地チェックというサイトを知る。

結構有名なサイトらしいのだけど、あたしゃ本の方を先に知ったね。何だか、地方とか方言のブームが来そうな今日この頃、中々Fitしたサイトだと思われ。
で、早速兵庫人チェックをやってみようと思ったのだけど、これほとんど神戸人ちぇっくじゃねーの。タイトルから神戸人になってるし。

結構ツボにはまったのは
向陽閣という文字を見ると「ありっま、ひょうえのこっうよっうかっくへ〜」と節をつけて歌ってしまう
 かのキダタロー中先生の名曲ですな。
ポートタワーの高さが108mだと知っている。
 何故か知ってた。私たちの神戸(小学3年の教科書)で習ったんだろうか?
窓がスモーク使用のベンツやナンバーがゾロメの高級国産車が横を通ると、見てみないフリをする。
 小さい頃、親父と車に乗ってて、スモークの真っ白なベンツが思いっきり割り込んできたのにクラクションも鳴らさないので、親父に「なんでクラクションならさんの?」と聞いたけど明快な返事が無かったのを覚えてる。東京に来て、普通のオバちゃんが白塗りベンツを乗り回してるのを見て不思議な気がしたもんだ。
王子動物園の亀井一成さんとチンパンジーの神ちゃんを知っている。
 小さい頃よく行ったよ、王子動物園。観覧車も乗った。高所恐怖症のオカンは教育のため(?)と腹を決めて乗っていたらしい。
モトコーのピンクおじさんを知っている。
 確か伊丹空港行きのバス乗り場の近くよね
電化製品は星電社、だった。
 小学校の頃は塾帰りによったりしてた。MSXが並んでた時代。EPSONが互換機作ってた時代。
「靴のヒラキ」に一回は行った事がある。
 一度じゃすまんな。中高の頃はよく靴を履きつぶしたのでその度に親父の車でいったもんだ。
阪急線を使ってる自分が好きだ。
 なんとなくのブランドだなぁ。高2まで阪神電車で通ってたけど、高3だけ阪急電車にしたのはやっぱ何となくカッコいいからかも。通ってた予備校とかその他事情もあるけど。
「六甲のおいしい水」を買うことに抵抗がある。
 オイラの中では新神戸トンネル近くの湧き水なんだよなぁ。親父が言うには取水場所を知られないために無印の銀色のローリーが来て水を汲むらしい。灘あたりだったと思う。

結構そのほか細かいツボがあって楽しいかも。友達とかダンナとか嫁とかの田舎もん度をチェックしてみるとよろし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »