« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月31日 (月)

六義園

14番人気のヘブンリーロマンスがGI馬になっちまった。府中に行かなくて良かった。
来年調教師転向するかもという松幹が牝馬で取ったのが妙に嬉しい気分なのだけど、レース後にヘルメットを取って天皇に黙礼したシーンがやたら報道されていた。黙礼はいいと思うんだけど、馬上からってありなのかな?もちろん天皇の席の方が高いんだけど、講談物をよく読むオイラとしては馬上って不自然な気がしたのでした。まぁ、ウイニングランの本馬場で馬降りるのももっと不自然か。

んで、府中に行かずにどこにいったかというと六義園。何かで見かけてずっと気になっていたので、散歩がてら(とはいえ地下鉄でいったのだが)に出かけてみました。
六義園は柳沢吉保が引退後に自らの下屋敷を改造して池を作り山を作って完成させた日本庭園だと。明治に入って岩崎弥太郎の別邸になっていたのが寄贈されて、現在は東京都の管轄だそうな。




いやはや、見事な庭園ですわよ。思った以上に。庭園の景観もそうだけど、枝垂桜やツツジや紅葉も立派で季節になれば随分と綺麗なのではないかと。別に遠出しなくても駒込で立派な日本庭園が見られるんだねぇ。箱根や鎌倉まで行かなくても見事な紅葉が見れそうだ。
外国人のGuestとかにも良いかも。入園料300円だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

トビウオ

鶴の間という番組で鶴瓶が「トビウオは1kmぐらい飛べるんやで」と言っていた。ほっしゃん。が「そんなん魚ちゃいますやん」と言っていたのだけど結局どのくらい飛べるのか分からず。

ちょいと調べてみる。ダツ目トビウオ亜科トビウオ科。ダツって何?
と、飛距離は大体200mぐらいらしいけど、Maxで500mぐらい飛ぶことがあると。そのときの高さは10mぐらい時速70km程度らしい。すげーなおい。
別に趣味で飛んでいるわけではなく、脅威から逃れるために必死こいて飛び上がって滑空するとのこと。TVとかで見ると優雅だけど本人必死なんだねぇ。

小学生の頃都井岬に行ったら、旅館の朝飯にトビウオが出てきてビックリしたのを思い出しましたわよ。普通、アジの開きとかそういうのがいるべきポジションにでっかい胸鰭の魚。正直気持ち悪かったっす。九州の人は普通なのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月27日 (木)

日本シリーズ

ロッテがsweep したようで。

結局今年はラグビーだ競馬だ仕事呑みだとやってるうちに終わってた。見たのは一瞬、例の下柳が切れてた併殺崩れのシーンだけ。やっぱ日本一はハレー彗星ぐらいの周期か。

まぁ、ロッテ=阪神の日本シリーズなんて、オイラが子供の頃には考えられんことだったけどね。PLより弱いと言われた阪神、ガラガラの川崎球場が毎年珍プレーの合間に流されるロッテ。

そういえば、ロッテに阪神3連敗ということで、近鉄加藤投手を思い出した人も少なくなかったようだけど、岩手県某所からの情報で加藤哲郎投手インタビュー全文を読む。これが正しいとすると、「巨人はロッテより弱い」ってのはどこから湧いて来たのかしらね。不思議ふしぎ。

生活に関係あるとこでいくと、阪神がリーグ優勝の時には近所のスーパーがセールをやったのに、ロッテが優勝しても都内では何も起こらないのが不思議でございます。千葉の方が格段に近いのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

にほんこ

寝起きに冷蔵庫を開けて牛乳をだそうと思ったら何故か手に開運をつかんでた、そんな秋の平日。

馬鹿話をしていて「尻に引(轢?)かれる」と「尻に惹かれる」だとえらい違いだなーと思いました。

客先行くのにバスに乗っていて「次は墓地下」の後で「Next Bochi-shita」と出て、「はかちか」だと読んでいた自分に気づきました。えれー恐ろしい名前だなぁと思っていたのに。そんなとこにバスが止まるわけねーか。

ニホンコムツカシネー、そんな秋の日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

W32T

W32Tが正式発表されたと。

W31Tとの違いが良く分からんのですが、チャットソフトが乗っかって、1mm分厚くなったのかしらね。カメラの性能はどうでもいいし、音圧って電話のスピーカかなぁ。だったら困るけど着メロとかどうでもいいし。

とりあえず11月末まで待つか。W31Tの価格をWatchしつつ。
TU-KAからの乗り換え受付も止めてるみたいだし(今日復活との噂)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

三冠馬

天高く豚肥ゆる秋である。

ということで、競馬場。今度は府中競馬場である。今月末で単身赴任が終わる友人Oと待ち合わせて府中競馬正門前に着くと、入場券売り場がえらく混んでる。ちなみに今日のメインは「テレビ静岡賞」。こんなもんに殺到のわけもなく、みんな菊花賞というので来ているらしい。たまたまOの滞在と重なったオイラ達にとっては迷惑旋盤^H^H千万である。
で、入り口のところで、「本日入場券をお買いのかたに先着でDeepImpactのストラップをお渡ししておりますが、残りわずかです」と係員絶叫。欲しくも無いのに、こう聞くとGetしたくなるのは不思議なものであるが、普通にもらえた。ちょっと嬉しい

んで、競馬場に行くと、昨日と打って変わって快晴。1コーナーの向こうに富士山が見えます。それも暑いのなんのって、ダービーの頃と同じような感じで日焼けしましたわよ。
レースの方は6Rで三連複を当てていい気になったものの7,8とかすりもせず心が折れる。この辺りから予想もまともにせず、謎の複勝攻撃をしていたら、10Rで当たってしまったので、賭けずにWatchしようと思っていた菊花賞に手を出すことに。結果は秘密。


菊花賞の前あたりには府中でやるわけでもないのに、スタンドからゴール前から人だらけ。安田記念か天皇賞かって感じですよ。レースはJRAのページか何かで見るよろし。DeepImpactはスタート最高で、途中までかかりまくり。武の日記によると、頭がいいので最初のゴール板をゴールと勘違いして走りたがっていたとのこと。ほんまかいなと思うが、あの馬のレベルだとそれでも不思議がない気がする。岡部も「ルドルフはゴールが分かってた」と言ってたからなぁ。ノーマークで2番手を追走していたアドマイヤジャパンが最高のタイミングで抜け出したところ、残り100mでも1馬身ぐらいジャパンが前にいたものの、武の右ムチが5発6発と入ると例の加速を見せて2馬身差でゴール。場内大歓声。いやーすげーわ。
帰りの電車の中もいつもなら不機嫌そうなオッサンとかいるもんだけど、皆清々しいような気がしました。

家に帰ってビデオを見たけど、武がインタビューで声を詰まらせていたのが印象的。それにしてもノリは大一番でやるなぁ。
菊花賞の強さというところではビワやブライアンの方が圧倒的に「つえー」って感じだけど、切れ味とスピードではこれまで見たことも無い馬の登場ですな。本当に小さい馬だけど今後が楽しみ。ブライアンの時は結果的に残念なことになってしまっただけに、オーナーもテキも無茶はしないで大事にして欲しいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEC 31-16 セコム

「秋とかけましてぇ」「かけましてぇ」「タケジョーと解きます」「その心はぁ」「あき竹城〜」と言っていた若手の頃の今田が懐かしい。そんな秋だがスポーツの秋でもある。ということで連荘。

相変わらず雨は降り止まないが、1試合目が終わったぐらいから緑の旗を持った人が一杯。NEC軍団である。セコムの応援も大勢来たようだが、人が増えたのはオイラの周りだけでやはり寂しい。「日本に足りないのはラグビーだ。」とかいうコピーの元、2011年のW杯を招致しようとしているようだけど、本当に足りない感じ。普及のためにW杯を呼ぶのか、普及しているから呼ぶのか。盛り上がりを考えると後者の方がいいような気もするが、このままの状況で招致できたら、黄金カードとかも難なくチケットが入手できそうなのでそれはそれでいいかな(ぉぃ

で、試合開始。勝手な思い込みで圧倒的にNECかなと思っていた。NECもPG狙わずにタッチでトライを取りに行く作戦だったし。が、セコムのハーフ陣が素晴らしく、バックスのラインもつながりまくり。FWもラックからの球出しが早いので2次攻撃3次攻撃が綺麗につながって往年のフランス代表を思わせる、と言ったら言いすぎだ、でも素晴らしいラグビーを展開していた。一方のNECはなんだか試合が進むにつれチグハグになってきて、時間を使ってラインを広げてから球を出すのかと思いきや、中途半端なタイミングでオープンに展開してみたり、早稲田の安藤のマズイキックなどもあって何だか変な感じ。終了間際にセコムがチョン蹴りでトライを狙ったところにNECの選手が手を広げながら体当たりしてしまって、認定トライをとられたのは厳しいような気がしたが、これで流れは完全にセコムな気がした。それにしても、ワールド戦でも四宮がハイパントを競りに行った時にボールじゃなくて当たりにいったということでファウルを取られて注意をうけていたけど、オブストラクション系に厳しくなったのかね。

前半を13対7とリードして盛り上がるセコム応援団。電光掲示板で全勝対決が三洋51-32東芝で三洋が勝ったというのにどよめく観客。どうしちゃったんだろう、三洋。

後半に入るとNECのラインが蘇り、見違えるようにパスがつながる。セコムも敵陣10m辺りからはPGを細かく狙って逃げ切ろうとするも、スタミナ切れのような感じで全体の精度が落ちてきた。その辺りでNECの地力が勝ったか、最後は突き放して終了。中々よい試合でした。

個人的にはキックオフで目の前に生箕内が来たので感動。後、グレン・マーシュすげーよ。特に2本目だったかな。そこはウイングの一番おいしいところ、というライン際ギリギリのところに何故か背番号7。素晴らしいパフォーマンスでした。33歳。オイラの1つ上か。まだまだ老け込んでいられんなぁ。
ヤコは見られなかったけど満足。試合終了間際には西日が差してきましたとさ。

後、後ろに座ってた親子連れ。4〜5歳ぐらいの男の子を連れてきてるんだけど、お父さんが試合に熱中しちゃって、「パパ、パパ」というのに「ちゃんと見なさい」とか言ってたのはいいけど、そのうち「うるせぇな」とか切れだしたのに辟易。だったら連れてくるなよって感じでした。まぁ、子供作りながらも自分の趣味貫くのもバランスが難しそうだわ。

そんなこんなで神戸製鋼もだいぶ調子を戻してるようなので、今シーズン後1〜2回ぐらいは見に行こうかねっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クボタ 10-10 ワールド

食欲の秋でもあるが、スポーツの秋でもある。ちなみに食欲の方は、連日梨を食いまくっており、先週末は秋刀魚の炊込みご飯を作ったら思いのほか美味であった。この秋をバンガロールでカレー三昧の某氏が哀れである。くくく。

んで、ラグビーシーズンが始まってまんがな。というわけで土曜日はトップリーグ第6節を見に秩父宮へ行ってきました。

当日の天気予報は曇りのち晴れ、のはずが起きてみると小雨がぱらついている模様。11時に家を出るときも改善していないが、天気予報を信じて青山へ。全然やまねーの。座席はいつものようにグラウンドに近いバックスタンド。天井無いほう。仕方が無いので売店で500円のレインコートを買う。
15分前にスタンドに入るとガラガラ。悲しくなるぐらい。いつもはある程度高い場所から見るのだけど、一緒に行った友人H(素人)が一番前で見たいというので、センターラインすぐ右の一番前へ。程なく試合が始まったが、雨は強くなったり弱くなったりしながらも降り止むことはなかった。

試合はと言うと、雨の影響もあってか両チーム、Knock-on連発。特にクボタはひどくて、ラインで4人回ることは無かったんじゃないかな。必ずどこかで前にボールが落ちる感じ。FWは完全にクボタの勝ち。でも、ワールドのディフェンスが素晴らしく、何とか食い止めるといった感じだった。後半になって、Line out のサインを読まれてるんじゃないかというぐらいクボタがLine outを取られまくってたのが気になったが、試合は双方1トライ、1ゴール、1ペナルティーゴールで引き分け。

オイラは神戸人としてワールドを応援してたのだけど、一番前に座った宿命か、いつの間にかクボタ応援団に囲まれていたのでたまに「ショウタロウ!」とか「よーへー!」と叫ぶのがやっと。大西なんて同志社=>ワールドだから関東じゃ知る人少ないかもね。ま、ワールドはAwayの雰囲気充満でしたよ。

この試合の見所は、後半のワールドFLラワンガがラックのボールをピックアップしたと思ったら、ラックを乗り越えて独走トライしたところかな。クボタがサイドをCareして張り出してたのに、ラックを乗り越えてくるなんて思っても無くて、場内も騒然。あと、クボタFBのマクイナリが不思議なステップとすごい加速力で何度か見せ場を作ってたのが印象的。弟推奨の職人FL舛尾キャプテンはいまいち目立つところが無かった。後、後半入ってきたジョー・ロフも期待してたのだけど目立たなかった。

大西はカッコよかった。雨もあって中々オフェンスでのいいところは無かったけど、ディフェンスが素晴らしかった。終了間際に抜けたらやばいってとこでドンピシャのタックルとか。けど、ワールドって似た様な茶髪が3人ぐらいいて紛らわしい。後、後半四宮が目の前に良く来たんだけど、昔の長髪をなびかせて走り回ってた印象とは一転イガグリ頭っぽかった。なんつーか、バナナマン日村じゃないな、ドランク塚地でもなくて、えーと、インパルスの誰だっけ、堤下だ、あれに似てる気がした。

そんなこんなで初雨合羽観戦でした。グランドレベルだと迫力があって、タッチキックが頭の上越えて行ったりするんだけど、逆サイド見難いし、案外旗とかMedical Staff とか邪魔だったり。やっぱもうちょっと上で見るのがいいかな。
逆に言うと、選手からはブラインドとか見えてない訳で、それでも俯瞰で見えてるかのように動く海外代表チームとかは凄いトレーニングとイメージ力の塊なのでせう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

ぎゃお

近頃話題のUSEN. おもしれーよなー。楽天からUSENから今度はLivedoorまでTBSに手出すみたいだし。重力に魂を引かれた爺どもにNEWTYPEが群がってるわけですよ。

で、うちはUSENの光を引いていて、入るときに一杯パンフレットとか渡されたので放置してたんだけど。

GyaO Reviewなるサイトがあったので、「ああ、そういやUSENユーザ使えるって書いてたな」と GyaOのページに行ってみた。
なんだか、USENの契約者じゃなくてもいいのね。

やたらとCMが入るけど少林サッカーをまるごと見れましたわよ。アホらしくて楽しい。わざわざ映画館行ってまで見る気にならない映画をこうやって見れるのは良いね。
とりあえずヒマつぶしにはいいかも。CM入るったって、テレビで放映してるのと同じぐらいだし。多分、海外でもみれるんじゃん?ちなみに Firefox だと見れなくていちいちIE立てなきゃならないのが少し悲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

Dress Code

NBA Player Dress Code

at any time while on team or league business:で禁止されてるもの


  • Chains, pendants, or medallions worn over the player's clothes
  • Sunglasses while indoors
  • Headphones (other than on the team bus or plane, or in the team locker room)

要はヒップホップ系とかストリート系とか言われるものが禁止されるそうな。

そういえば、オイラがNBAを見てた頃はみんなスーツでインタビュー受けてたような。MLBもスーツだっけ?
日本のプロ野球もユニフォームかスーツかって感じだな。サッカーもそうかも。

なんつーか、バスケはチャラチャラした奴がやると思われたくない、っていうような親目線な規則のような。果たして定着するのかしら?ちょっと疑問。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

迷いどころ

旅行に行くときはNotePCを手放せない。もうずっと。
仕事誰かに任せられないの?とはよく言われるが、結局最後の砦にならなきゃならないので持たざるを得ないのだ。

で、NotePCって小さくなったとは言え、そこそこ大きさがあるし重い。毎回空港で別に出さなきゃなんないし。ちなみに家にあるのはA4のMebiusとB5のThinkpad。国内とかがっつり旅行行くとき(京都行ってついでに実家に帰るとか)はA4、それ以外はB5。
で、もう少し小さいの欲しいなぁと思っていたら libretto の新しいのがあるのね。でも20万弱ですかー。こんなコンマいの普段は使わないだろうから、それに20万はたけーよなー。

目論見としては、新しいハード+Vodafoneの3G通信カードでどこでも通信。必要なのはPOP3とSSH/SCP。実現出来そうなのは、XPかLinux。Win Mobile はちょっと不安。

そんな感じで夏頃から停滞していたのですが、au 同番乗り換えで急加速。何を考えているかというと、Bluetoothですよ。通信カードのためにわざわざVoda骨1契約増やすのも馬鹿っぽいし、旅行だったらホテルに電話回線あればそれ使うから、そもそもそんなに通信しないわけだし。だったら自分の携帯電話使えればいいじゃん、と。で、Bluetoothの乗ってる携帯は某芝製しかないのですな。SonyEricssonのW32Sには何故かBluetoothが載ってないらしい。Swedenの誇りはどこへ?青歯王の誇りは!

ということでW31Tにほぼ決まりなのです。で、問題は箱の方。ということで、このところPDA調査をしていたわけですが、日本ではWindows Mobileはお寒いようで。そんな中、ZaurusでBluetooth つかってダイアルアップをするという「りなざうとA5504Tで快適Bluetoothライフ」なる記事を発見。今のZaurusは生でLinux触れるのかぁ。ちょっと惹かれる。MacOS X的でステキ。

で、お値段はSL-C3100の最安値が57kほど。これにBluetoothのCFカードが10〜20kぐらいか。バルクを上手く見つけられれば7k ぐらいでありそうだけど。ねーだろな。合計70k前後かぁ。
と、ふと某芝のGENIO e830W に目が行く。価格73kでBluetoothと802.11b標準搭載。うう。

ただGENIOで問題があるとすると、sshCEがどれぐらい使えるものかってとこと、キーボードの有無だなぁ。なんでペン入力にこだわるんだろう…外付けキーボードは折りたたみでもかさ張るし、結構お値段するし。

つーことで、次の旅行までに決定しよう。順序としてはハード決め=>携帯チェンジかね。てか旅行に行く暇あるのかよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

WarmBiz

今井美樹がやってた頃のオンワード樫山のCMは好きだった。確か組曲の名前でCDも出てたはずだなぁ。今でもやってるのかと思って調べてみると藤澤恵麻なるモデルになってるらしい。4代目と。初代は今井美樹で、その後が中谷美紀、伊東美咲らしい。資生堂に次ぐ中々のセンスではないか。知らなかったヨ。

で、クールビズに代わって冬の暖房温度を下げて厚着しようとかいうウォームビズという言葉が出来ているそうな。確かにクールビズって言葉は定着したけど営業に行くときはネクタイしたし、向こうもネクタイだったし。ノータイで出てくる会社は前からそうだし。個人的な感覚では言葉の独り歩き+小泉首相の周りだけ実施って感じだなぁ。
やるならやるで徹底して欲しい。役所に行くと全員NORTH FACEの防寒着だったりとか。

そんなウォームビズのこーでねーと例が、上記オンワード樫山のサイトにあるんですが…なんだか妙にコメディアン(or 手品師)っぽかったりオカマっぽい色の取り合わせな気がするのはオイラだけでしょうか?トルソの腰が細すぎるのか?でも相手は服飾のプロだしなぁ。

ちなみに母親が元アパレル業界なので、歳の割にやたらとジャケットとかを持ってるのです。もしWarmBizがMustになったところでオイラは経済効果を生み出しそうにはないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

接客/接待

福岡のメードカフェに風俗営業指定

喫茶店の場合、従業員は「接客」をしているだけとされ風営法の許可は不要。しかし、福岡市の店は警察から「接待」とみなされ、許可が必要になるのではないかと考え、福岡県警中央署に相談した。んだと

接客と接待の違いがよくわからないのだけど、


接客

来店客に対して店側の従業員が応対すること

接待

能の一。四番目物。宮増作か。源義経が奥州平泉へ落ちて行く途中、屋島の合戦で討ち死にした佐藤継信の老母から接待をうけ、弁慶は継信の最期を語る。歓楽的雰囲気を醸し出す方法により、客をもてなすこと


古典的には客と一緒に歌を歌うかとかが分岐になるようなのだけど、結局は当局の主観によるみたい。舞台の歌手が客と会話を交わしただけでも接待と見なされることもあるみたいだし。でも、一緒にゲームやったりケチャップで字書いたりして、それ系な人がニタニタするような場合は間違いなく接待になっちゃいそうね。
ということで、営業許可を取らずに開こうと思えば楽しそうな雰囲気を醸し出さずにつっけんどんに対応するってことでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月14日 (金)

AirMacExpress(2)

nonoさんとこでAirMacExpressの話題が出てたので。オイラは去年の年末ぐらいに買おうかどうか迷ってたらしい。

引っ越してはや半年なのだけど、今回の家は収納が多いこともあって、テーマはものを出さないということ。親や友人に不評だったケーブル地獄もどうにかしたいと思って。その割にテーブルの上はすぐに物だらけになるんだけど…
で、AirMacExpress と BOSEのCompanion2を購入してみた。BOSEも3種類ぐらいショップに聞きにいったんだけど大して変わらないのでフロントの色で決定。サイズの割に低音が出る。てか、出すぎな気がするのでiTunesで絞ってる。
スピーカはテレビの影に隠し、AirMacExpressもひっそりと裏に隠して結構すっきり。プリンタもCanonのiP4100RでCableless。つながってないのに独りでに紙が出てくる正に妖術。奇術。

でも、母艦はCableでつないでるんだな。だって、せっかく光引いてあるのに勿体無い気がして。我ながら貧乏性だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

体脂肪率

目が痒くて少しこすったらコンタクト(ソフト)が外れてしまった。着けようとしても乾いていてつかないので、目薬を一滴たらして装着すると着いたのだけど、なんていうかCool系な目薬だったので右目だけ爽快というか冷たい。
なんだかそのせいで両目の焦点がしばらく合わない気がした。

「やっぱ両目の温度同じにしておかなきゃ焦点合わんのかなぁ。キャリブレーション必要かも」とアホなことを考える。そもそも、清涼感があるだけで、刺激によって実際の温度は上がっているかもしれないのだが。さらにアホな思考は止まらない。「もしかして両目に電位差できてるかなぁ」

中学か高校で習った熱電対。2種類の金属をつないでわっかにして、2つある接続部分の片方を冷やし、片方を暖めるとあら不思議、電気が流れ出す、というもの

そういえば、ジムにある体脂肪計(両手で握って胸の前で計る奴)って、体の抵抗値を測って水分含有量を割り出して体脂肪率を出しているはず。とすると、右手か左手だけを氷水で冷やして測定すると電位差が出来て体脂肪が上がったり下がったりするのかしら。体重計一体型の奴なら片足だけ冷やすとかね。妙に実験してみたくなるのであった。近頃は身長・体重・体脂肪率を一緒に測定するような機器があって身体測定で体脂肪率も出たりするようなので、実験で優位に差があれば、女子社員身体測定時の救世主となれるかも(馬鹿)

アホなこと考えてないで仕事しよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

ヨドバシ

御茶ノ水に用事があったのでついでに秋葉へ。

ヨドバシデビューですよ。広場の青ジャンパーのネーチャンを回避しつつ、東西連絡通路(こんなのあったっけ?)を通ってヨドバシへ。あー確かにでかい。てか、通路広いし。ただ、異邦人は西側に比べて少ないような。まだまだアピールが足りないのであろうか。
不満なのは、マップがないこと。エスカレータおりたとことか、エレベータ降りたとことかに、このフロアのどこに何があるかを示しておいて欲しい。広すぎて不便。あと、やたらと人にぶつかりそうになる(みんなキョロキョロしてるから)

で、目的は2つ。一つはTU-KAの乗り換えの本体価格チェック。こちらは噂通り、新規購入と同じ値段でいけるようだ。ちょっとお得。とは言え、W31Tは15,000円強。むぅ。
もう一つの目的はPDA市場調査、と思ったのだが、PCのとこ探しても文房具のとこ探しても周辺機器のとこ探してもPDAがないのよね。仕方が無いので案内係みたいな人に聞くと「髭剃りの向こうに置いてあるんですが、zaurus しかないんですよ」とのこと。行って見ると本当にzaurusが2機種だけ。それも電子辞書の並び。ひどいっす
そもそも、有楽町Bicに行ったらPDAコーナーって幅2mぐらいのところに、zaurus2機種とどっかのPocketPCだかしかなかったので、ヨドバシ秋葉ならあるだろうと思って来たのに…

で、ガジェット大好きSに聞くと「WindowsMobileなんてほとんど見ないっすよ」とのこと。むぅ。
かく言うSはhpのiPAQ hx4700なる10万ぐらいのWindows Mobile 2003搭載マシンを持っているのだけど、これも秋葉の店頭で買ったものの、本来は店頭販売ではないと。hp direct からの販売となるので修理等は直接hpと交渉していただくことになりますと脅されて、見事に初期不良だったとかいう代物。店頭でWindows系のPDAを見ることは出来んのか。

ということで、予定通り zaurus に傾きつつあるのであった…(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツンデレ?

こないだ人のケコーン式でツンデレについて語っていたわけだが。
思い出してもひどいテーブルだよな。酒飲みまくりだし、新郎新婦回ってきても写真撮影に非協力的だし(拒否してるわけじゃなく、やる気がない)。B型過半数が原因という噂もあるが、新郎新婦も織り込み済みで招待したんだろう。うむ。

で、TVを見てて思った。
ママー スパゲッティのCMを見てからDTIの「今日の大丈夫」を見るとツンデレ愛好者は萌えるのであろうか。個人的な嗜好では前者のみでも良いのだけど。
つーか、やっぱりエルフ顔だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

BRAUN

ブラウンと聞いて何を思い出すって、髭剃りとモーニングリポートでしょ。

日曜に別件で麻布十番からフラフラとあるいてAXISへ。と、ポスターがあってブラウン展と。入場無料と。急いでもないので、フラフラAXIS4階のギャラリーへ行きました。

いやー、BRAUNって髭剃りだけじゃなかったんだねぇ。それもBAUHAUSの流れを脈々と受け継ぐ工業デザインの製品を出し続けてるんだねぇ。言われて見ればロゴの感じとか似てるかも。
自分の生まれる10年も前のトースターとか格好良くて欲しくなりましたよ。トーストなんて焼かないけど。工業製品として必要なこと(ガイドの表示やエラーを起こさないためのデザインなど)を満たしながらも魅力的であるというのは素晴らしいことだと再認識しました。一応、なんちゃって機械科なので工業デザインも少しやらされてて、その頃を少し思い出したり。
やっぱ、AAPLとかこういうの見てると日本の電化製品のデザインって野暮ったいような。見た目のデザインだけじゃなくてカードが逆に入っちゃうETCとかね。工業デザイン以前に規格として成ってないし。

つーことで、後1週間しかないんですが、展示量もそんなにないですが、興味のある人は散歩がてら行ってみると良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

持病 -第3部-

日曜朝6時半にPCの前に座ってぼーっと考える。
起きたらPCに火を入れて座るのは数年前のADSL導入から続いている悲しい性。

やだなぁ。今日、結婚式とぱーちーのはしごだしなぁ。ずっと痒いのもつらいよなぁ…

で、更にぼーっとこれまでの発症のことを考える。SFO行きの飛行機で寝て起きたら痒くて腫れてたこと。飛行機で発症したの2回ぐらいあるなぁ。青山辺りのバーで仕事先の人と飲んでたらピリピリきたこと。どこぞのCafeで飲んでたらピリピリきたこと。中3以来のでぜにらんど(正確にはネズミーシー)の中の店で酒飲んだときピリピリきたこと…
ん、何か酒飲み中の発症が多いな。昨日も黒霧島トニック飲んでたら来たしな。ん、そういや、オイラ昔は飛行機の中ではジンとトニックウォーター、近頃はウォッカとトニックウォーターだな。Barでもウォッカトニック頼むこと多いかも。モヒートがあればモヒートだけど。

ハッ!だまされてる!

目の前のPCでトニックウォーターの成分を調べる。トニックウォーターには色んな薬草類が入っていて、最初は保健飲料だったとか。で、調べていくと「皮膚科の臨床 46/5 2004年5月号」なる雑誌に「トニックウォーターに含まれるキニーネによる固定疹の1例」なる記事が。

固定薬疹 fixed drug eruption

薬剤摂取のたびに同一部位に皮疹を繰り返すもので、口唇や外陰部などの皮膚粘膜移行部に好発する。 数週間後に色素沈着を残して治癒する。

まさにその通りじゃん。区民図書館でもいって雑誌のバックナンバー探すか?

だとしたら、ゾビラックスなんかより、他の薬剤の方がよさそうだ。そういえば、と塗り薬を出してくる。以前発疹が出たときにゾビラックス集めに会社の近くの医者にいったらオバーチャン先生がゾビラックスを出してくれなくて、代わりに軟膏をくれたのだった。ロコイド軟膏
ステロイドの外用薬である。ちょいと怖いがウイルス性でないとすると、これが効くはず。ウイルス性(細菌性)であればカケラも効かないはずである。日曜で医者休みだろうし、自分の身体でギャンブルやってみるか。友人のケコーン式中に臨床実験
ということで、軟膏を塗布して、これまで効いていたゾビラックスを服用しないで頑張る。痒いので気にはなるのだが、夕方からの結婚式の間には気にならない程度に痒みが軽減。次の日にはほぼ治ってしまった。うーん、あのオバーチャン先生やるなぁ。

むむむ、これまでの苦しみはなんだったんだ?でも、やっぱ血液検査(ヘルペスウイルス陰性)は正しかったってことだよなぁ。
と、キニーネについて調べていくと、食品衛生法不適格事例の中にイギリスからのリキュールが「硫酸キニーネ、キノリンイエロー、グリーンSの含有」で輸入不適格になっている。日本の食品にはキニーネ使っちゃいけないってこと?日本のトニックウォーターにはキニーネが入っていないという情報も。
んー、それが本当だとしたら、オイラは何に当たってるんだ?UAの機内で飲むトニックウォーターにはキニーネが入ってるかもしれないけど、それ以外は?

とりあえず、ウイルス性ではないことには安心したけど、解決したつもりがまたも迷宮入り。臨床的にトニックウォーターを避けて生きていこうと思う。カクテル頼むときに困りそうだなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 6日 (木)

カレーライス師匠

バイク盗少年逮捕グループ名チョモランマ

4人は足立区内の同じ中学の卒業生で「盗みの頂点を極める」との意味で「チョモランマ」というグループ名を付けていた。

何だかこの記事を読んでごっつええ感じの「カレーライス師匠」のコントを思い出したのだけど。みんな知らんか。ダサいコンビ名をつける二人組に師匠が意味を聞く奴。
コンビ名に何があったかねぇ。「パラシュート部隊:お客様の心に舞い降りたい」「レーザービーム:お客様のハートを打ち抜きたい」とかあったな。「ミルキーウェイ」の意味が思いだせん。

しかし、この少年グループ、
コンビニ店で食品やたばこをかごごと盗み出す「かごダッシュ」という手口も繰り返したという

「かごダッシュ」は普通っていうかそのまんまなんやな。もうちょっとヒネれよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持病 -第2部-

つーことで、先週の金曜に耳鼻科にいったのだ。2年前に行った所。その後も何度か難聴の症状は出てたのだけど、ストレス等が原因と分かっては医者に行っても仕方ないし、寝て起きたら治ってる程度のものだったので、2年間足を運んでいなかった。今回は長続き+頻発するので久々の訪問。

検査を受けるも前回と同じ。ただ、喉がひどく腫れているらしく「痛くないですか?」と聞かれる。「別に痛いとは思わないんですけど、数日前から痒いですけど」というと「いやー真っ赤ですけどねぇ」と驚かれる。ここの医者はフランクで色々興味本位の質問も出来るので好きだ。結局、2年前と同じクスリを処方してもらい、更に医者が「喉のクスリも出しましょうか?」と聞く。「いや、別に痛くないんで」というと「でもすごく腫れてますよ」と。出したいんだったら出せよ、と思いながら「じゃあお願いします」と言ってネブライザーで吸引を受けて薬局よって帰る。

薬が効いたのかどうだか、土曜の朝起きると難聴は治っていた。まぁ、前から寝れば治るので何とも言えないけど。喉の方はまだ痛いのと油断しちゃいかんのでクスリは継続。
で、家にある名酒大全なる本を昼間に眺めていた。この本は金賞受賞酒のリストみたいなものなんだけど、飲み屋とか少しだけど焼酎についても書いてある本。で、見てると泡盛のトニックウォーター割というカクテルが載っていた。ふーん、ちょっと美味いかもなと思う。丁度、土曜は暑かったし、晩飯の買出しに行くついでに、安い焼酎(黒霧島)とトニックウォーターを買って帰る。残念ながら泡盛がなかった。

作った煮物とサラダでテレビを見ながら焼酎トニックウォーター割を飲む。オイラ、基本的に日本酒・ワイン・ビールを飲むので蒸留酒は余り飲まないのだけど、ウイスキーを飲むときは邪道と言われてもハイボールが好きだったりする。ので、焼酎トニックは悪くないなと思う。ジントニックとかそういうもんだよね。
で、トニックウォーターが終わりに近づいた頃、上唇の縁辺りにピリピリとした感じが。
「あ、やべ、来たか?」と思う。例のヘルペスである。「難聴とダブルパンチかよー」と思うも、その日はゾビラックスは服用せず寝ることに。

明けて日曜の朝。友人のケコーン式に出なければならないのだが、6時半ごろ目が覚めると、上唇左上+下唇中央やや左下が痒い。洗面台に行って鏡を見ると、言われなければ気づかないだろうけど少し赤味がかって腫れているようだ。

来たよ、奴だよ。
(ひっぱるわけじゃないけど長くなったのでまた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

持病 -第1部-

持病っつーほどでもないのかもしれない。
オイラは内臓、ことに消化器系は丈夫に出来てるらしく「お腹が痛くて会社にいけない」とか「頭痛がひどくて」とか文字通り倒れるということが余りないのだ。病気で会社を休んだこともほとんど無い。無さ過ぎて親を恨むって感じ。たまには休みたい。

そんなオイラだが持病(?)が2つ。1つは突発性難聴。2年ぐらい前に突然右耳が詰まったので、「なんだよぉ、耳掃除してるのにぃ」と思いつつ耳鼻科にいったら、耳の中は綺麗で、鼓膜に圧力をかけても左右問題なしとのこと。で、聴力検査をやったら見事に右耳だけ低音域が聴こえなくなっておりまして。ええ、検査受けてて自分でもわかるんですよ。
医者によると、低音域が聴こえなくなると人は「詰まった」と感じるらしく。眩暈などがないのなら軽度だと。で、結局「身体を休めてください」という不可能な治療法を伝授されて炎症抑制剤と体の中の循環を良くする薬を処方されて帰ってくる。しばらくすると治る。これを2年間に5回ぐらい繰り返したかなぁ。

もう1つの持病は単純ヘルペス。こっちは性病のヘルペスと間違えられやすいのだけど、口唇ヘルペスとも言って、唇の周りに疱疹が出来てほっとくと水疱になってやぶけてかさぶたになって…というもの。何年前か忘れたけど社会人になってから発症。最初はちょっと痒いぐらいだったので放置してたら水疱がどんどん増えて破れ始めまして。痒いのもそうだけどLooksに問題ありで、自分でも気持ち悪い。
で、皮膚科に言ったら速攻で「ヘルペスですね」と。その上医者(メガネ40代男性)に真顔で目をみて「キスしないでください」と言われて『頼まれたっておめーにキスなんてしねーよ』と思って笑い出しそうになったのを覚えてる。ヘルペスはウイルス性なので、感染するそうな。結構絶望的なのが、ヘルペスって一旦感染すると完全にウイルスを除去する方法がないため、その後は体が弱ると発症するってことだな。
で、採血されて検査に回すと。んで、ゾビラックスという発症してる細胞中のヘルペスウイルスを選択的に殺すという素晴らしい薬を処方されて帰る。
薬のせいか腫れも引いて、次回訪問すると血液検査の結果陰性と。医者も首をかしげる。ヘルペスウイルスはいないのに、ゾビラックスは効いている。「うーん、不思議ですねぇ。でも治ったからとりあえずよしとしましょうか」というとこで初回は終了。

その後、何度か疲れがたまったようなタイミングで発症。その度に「臨床的に効いているので処方しておきます」と決して安くないゾビラックスを処方してもらう。
一度USに行った時に向こうについてから発症してどうしようもなくなったことがあり、大層苦しんだので、その後は発症するたびに3軒ほど皮膚科詣でをしてゾビラックスコレクターと化す。一度は連休前の土曜日に発症したので、皮膚科を捜し求めて一駅ぐらい歩き回り、やっと見つけた午前中だけ空いている店じまい寸前の医者にいって「せ、先生、モルヒネ打ってくれよ〜」という勢いで名指しでクスリを要求。海外へ行くときは常にゾビラックスを携帯。慣れてくると(?)、ちょっと唇がピリピリしだしたぐらいで「来たな」と分かるのでゾビラックスを服用し始めると、1週間たつかたたないかぐらいで直る。

で、先々週ぐらいから断続的に右耳が詰まるので久しぶりに耳鼻科へ。ちょっと風邪気味だったのもあって喉も炎症を起こしているらしく、それも原因の一つかもと。例によって薬と、喉の消炎の薬を処方してもらって帰る(長くなったのでつづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

au 乗り換え project(続報)

銀座に仕事で行ったついでにBicによって確認。
「au shop/TU-KA SS 以外の代理店(#include BicCamera)でも乗り換え手続きはOK」とのこと。
しばらく最安値を求めて彷徨うか。

関係ないけど、初めて「代理人」という職業の人と話をしたよ。
いろいろ面白かったんだけど書けねーなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラネタリウム

別に大塚愛のファンではない。むしろ余り理解できないのだが売れてるのは確かだな。別に嫌いでもないけど。
昔はavexの株も持ってたけど全部損切りで売っちまったし。のまネコは株価に影響したのだろうか?チャートを見てみると堅調もしくは騒動以降却って上がっているようにも見えるなぁ。株価に影響するほどのRiskではなかったということか。頑張れひろゆき。

んで、本題。色んなところで書かれてるかもしれないのだけど、今回の大人の科学は結構本格的なプラネタリウムキットである。知らない人は是非リンク先を。子供の頃、親父が何かの景品を持って帰ってきたんだか(親父は当時電気店に勤めていたのでSP用のグッズとかをたまにもって帰ってきた)直径20cmぐらいのプラネタリウムモドキがあって結構好きだった。黒いプラスチックに穴があいてて中央に豆球が入っているだけのものだけど。

それに比べて、こいつは恒星1万個、見るからにすげー。そして税込み2,200円。実は9月中旬から買おうかどうか迷っていたんだけど、なんだかすぐに物置にしまわれてしまう気がして躊躇してたら在庫切れ。上述のプラネタリウムモドキもしばらくするとホコリまみれだったからなぁ。

しっかし2,200円は安いよなぁ。この間ふと見た絵でいいなと思ったら89,000円。某インテリアショップで「お、トイレの本置きに丁度いいかも」と見た30cm四方のスツールが148,000円。だったら40kの食洗機がほすぃ気がする。ものの価値って分からんもんだ。そして、「だったら」という自分の思考回路も少しおかしい気がする…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

Finalize

土曜日、自分の中で得意料理になりつつある、手羽中と大豆の煮物を作ろうとしていたのである。得意料理といっても、近頃は便利なもので、どのメーカの和風出汁入り醤油を何倍に希釈するかで煮物の味が決まるだけなんだが。

で、やってたら電話が鳴る。急いで手を洗って出ると、明日結婚式を挙げる友人H。前日に何かいな?何か悪いことでも?と思ったら、「披露宴で新郎の人柄について司会者が振るからよろしく」とのこと。残念ながら花嫁を盗まれたとかではなかったらしい。しかし、それだけ言われてもどういう状況でどれぐらいの時間をいただけるのか不明なのだが、とりあえず快諾して料理に戻った。

当日はNO PLANで臨む。学生時代の学会発表とかもそうなんだけど、まずプレゼンに原稿見ながらはNG。かといって、事前に準備して暗記するまで練習するというのも、途中が飛んだときにテンパると野暮なのでNG。いつも、その場で適当に話をするのである。なので、研究室で発表練習とかやらされると「お前は毎回言うことが変わる」と言われたものだ。別に接続詞とか話の順番とかくりちかるじゃなきゃいいじゃん。
結婚式の間は暇なので、何の話するかなぁと少し考える。新郎はやたらと寝るのでその話かなぁ、でもカブりそうだなぁ、と思いつつ、何故か「高校の時のN先生の口癖のモノマネで『いや、今日は暑いですな』とかやって受けた奴がいれば同じ高校出身だなぁ」とか訳のわからんことを思って一人悦に入る。実際暑かった。

結局、オイラの前に話した大学友人とかいうのが「良く眠る」ネタをやってしまったので、適当に違う話をして終わらせたのだけど、しばらくしたら、新婦友人とやらがやってくる。「もしかして、XX高校ですか?」と突然言われてびびる。と、高校の同級生Sらしい。意外な場所での再会と、さっき考えてたN先生のネタのSyncに驚きつつ関西弁で話をする。オイラが紹介されたときの苗字と顔を見て同級じゃないかと思ったらしい。申し訳ないのだが、オイラはSの名前も顔も覚えてなかったんだけど、Sの苗字が珍しいから言われればあぁそういえば程度だったんだけど…スマソ

そんな感じで披露宴が終わって、少し仲間で飲んで、その後は行きつけの元店員の女の子が結婚したのでぱーちーに。ぱーちーといっても、行きつけの店で料理囲んで日本酒のみまくるだけなんだけど、そこはそこで賑やかにやって、終電に合わせて退出。
駅のホームに行くと、早めに店を出たはずの別の元店員の女の子がいたので、同じ電車に乗ることになったのだが、ひどく酔っ払っているので結局乗り換えの駅まで送っていくことに。「サンダルを脱いで裸足で歩きたい」とか言うのを宥めつつ、改札まで送って終了。
0:30分に東京駅京葉線の地下改札です。こっから山手線には戻りたくねーなー、戻っても終電乗れるのか?オイラも3合ほど飲んでバランサーが怪しいのでタクって帰宅。何やってんだか。

そして結婚ぱーちーだとFAQの「まだ結婚しないんですか」を昨日1日で2回言われた。答えは常に一定なのだが。ま、既存システムとの互換性が少々失われようともオイラのメディアはまだ書き込み可能にしておきたいのよ。往生際が悪いってかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »