« 宝くじ | トップページ | 通話料 »

2006年1月17日 (火)

THE 有頂天 ホテル

邦画には基本的に興味がないというか、洋画にもさほど興味がないというか、用賀には近頃めっきり縁が無くなったというか、そんなオイラだが、「THE 有頂天 ホテル」は気になる。邦画としては北野武の座頭市以来の気になりようである。まぁ、結局、座頭市も映画館には見に行かず、テレビで見たので、今回もそうなるんだろうが。

座頭市の時はその演出とかが気になったので見たいと思ったんだけど、今回は内容を知らない。全くといって良いほど。じゃあ何が気になるってその題名でしょう。「ざ うちょうてん ほてる」って何で「ぢ うちょうてん」じゃないのかとか思うんだけど、何とも言えないこのネーミング。絶妙に心に残る。それでいて間違いなくコメディだと伝える力のあるこの題名。幸せそうな名前。
昔(今でもか?)は映画の配給会社には惹句(じゃっく)師という、副題をつけるプロが居たというが、この題名を考え出した人は絶妙のマーケティングセンスだと思う。ちょっと異常な頭かも。

そういや先週金曜に飲んで帰ってきたら三谷幸喜が報道ステーションに出ていたんだけど、古館が三谷監督がメディアに出まくってるという流れで「この後、『世界の車窓から』にも出られるんですか?」というキレのないギャグを飛ばそうとして「せかいのさそうから」と言って、キレのなさを倍増させていた。三谷幸喜も少し戸惑ってたし。古館も噛むんだなぁと。

|

« 宝くじ | トップページ | 通話料 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749160

この記事へのトラックバック一覧です: THE 有頂天 ホテル:

« 宝くじ | トップページ | 通話料 »