« 四輪駆動 | トップページ | RSSと著作権 »

2006年2月13日 (月)

りなざう

iPod だの W41T だのとHDD持ち運びが流行りのようなので、オイラも取得。

SL-C3100 でございます。横にあるのは500円玉。量販店でも見たのだけど、実際手元に来てみると結構小さい。

取得目的は昨年末から書いてるように Bluetooth でつなぎたい以外の何者でもないのだ。
まず、いきなり添付CD-ROMからターミナルをインストール。おお、bash が立ち上がる。
でもって、いろいろ参考にしながら苦戦。大体Bluetoothをまともにいじるのが初めてな上に、いきなりLinuxである。

以下、参考にしたページ
ウィルコム WX310K と ZAURUS SL-C3100をBluetoothで繋ぐ
りなざうとA5504Tで快適Bluetoothライフ
BlueZのセットアップ
特に3番目のページのコメントのやり取りがなければ、オイラはカードを捨てて不貞腐れていたことであらう。

1. bluez_zaurus_2.12_2.4.20_alpha4_arm.ipkを入れる
2. ここのbtdun-pluginを入れる
で、普通(SocketのCFカードとか)は認識されるっぽいのだけど、オイラのBT2000-CFはLEDが点かない。あぁ、安物買いの悲しさよ。ちょっと高くてもSocketのを買っておけばよかった。もっと早くに目覚めてハギワラシスコムが何故かCFカードを作らなくなる前に確保すればよかった。

で、色々みてたのだけど、とりあえず、
3. 先の「BlueZのセットアップ」からbluez-libs 2.23とbluez-utils 2.23を落としてきて入れる。utilsを入れたときに Warning らしきのが出るのが気持ち悪いのだけどとりあえず無視。Special Kernelに入れ替えておいたほうがよいのかな。

で、再起動してCFカードを差してみると、めでたくLED点滅。
後は、上記ページに書いてある通りなのだけど、チャネルの設定を「1」にするとW31Tは返事をしてくれなかった。なので、ターミナルを開いて
# stptool search DUN
これでチャネルを教えてくれるので、その値に設定。auto でも同じことやってくれそうだけど念のため。

接続してみると、W31Tの画面にPINコード入力画面が。ちょっと感動。
とりあえず au.NETにかけるとお金がもったいないので、もう1台の携帯を鳴らしてみる。
いやー携帯電話ってだけで不思議だったのに、PDAと携帯2台が全く繋がってないのにPDAからの指示で携帯が携帯に電話かけるんですよ。
日曜21時過ぎにPDAと携帯2台を並べてソファでにんまりする三十路男。いかがなものかと。

何故か毎回W31TにPINコードを聞かれるのはどういうわけか。と思っていたらW31Tの方でBluetoothのセキュリティをOFFにしたら聞かれなくなった。これって大丈夫なのか?と少し不安になる。全くもってBTに関しては素人というか方向音痴な感覚。

とりあえずはMission Accomplished というところ。でも色々やりたくて512M SDとかUSB dongleとかamazonに注文してしまったことよ。 しばらく楽しめそう。

|

« 四輪駆動 | トップページ | RSSと著作権 »

てっく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749179

この記事へのトラックバック一覧です: りなざう:

« 四輪駆動 | トップページ | RSSと著作権 »