« 春の嵐 | トップページ | The Da Vinci Code(続報) »

2006年3月22日 (水)

ウィルキンソン

残念ながらジョニーではない

昨日は友人宅での少し早い花見にかこつけた飲み会へ。もう8年の付き合いになる面々である。Host&Hostessが食べ物を用意してくれると言うので、参加者は飲み物持参との規則。
いつもならワインか日本酒を持っていくのだけど、事前にワイン持参を予告したり日本酒持っていくかもと予告したりする参加者がいるので、どうしたものか。

本来は恵比寿辺りまで散歩して、ワインでも買っていくかと思っていたのだけど、日曜の散歩の折に足首を痛めてしまったらしく、思わしくないので地下鉄で渋谷へ。オイラのお気に入りのPlaceの一つであるFoodShowの酒屋へ行って梅酒を買う。以前、結構美味いと思った梅の宿の梅酒。女性もいるのであらごしを選択。

その後、何かツマミでも買っていくかなぁと成城石井をフラフラしていて発見したのが、ウィルキンソンのジンジャーエール。1本82円(だったと思う)。たまにBarとかで見かけるが、ほとんど市販されていない「甘くない」ジンジャーエールである。
正直自分が飲みたくてドライとノーマルを4本ずつ、計8本衝動買いで購入。結構重い。

友人I宅について、皆がビールを開ける中、一人ジンジャーエールを開ける。特に冷えて無くても美味く、甘すぎず、そしてこの喉が焼けるような独特の感じ。カナダドライではダメである。
実はイギリス人が兵庫の有馬で見つけた炭酸を元に作り上げたブランドということで、海外ブランドではないのだな。ということは日本最古のラムネ製造会社布引サイダーと源は同じか。

調べてみるとカクヤスでも扱ってるみたいなので聞いて見るかな。自宅にケースで取り寄せるかなぁ。同席したHは眠気覚ましにオフィスに取り寄せようかとか言ってたし。

飲んだことのない方にはお勧めである。

|

« 春の嵐 | トップページ | The Da Vinci Code(続報) »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749207

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルキンソン:

« 春の嵐 | トップページ | The Da Vinci Code(続報) »