« R.I.P. | トップページ | SP-350 »

2006年4月17日 (月)

ハナミズキ

オイラは無神論者だし宗教にも入っていない。海外の教会を見たり、国内の寺院を見たりするのは好きだから、その下地として歴史的な宗教の知識は持っていても、それを信じることはないのだ。
なので、霊魂だの、あの世だのも信じないし、オイラの中でスピリチュアルうんたらとか言うオッサンは、FBI超能力捜査官と同列なのである。FBI超能力捜査官については、やっと中国から帰ってきた「中国初恋」の作者さんがまとめているのでどーぞ。つーか、1ファンとしては捜査官より日記の続きが読みたいのだが…

週末土曜日、大将に線香を上げてきた。詳細書いても仕方ないのだけど、上記のような考えのオイラとしては、死んでしまった者に何かしても仕方が無い、というのがBaseである。うちの親もそう言うのだが、自分の葬式や墓石やらに金をかけて欲しくない。誰かに何かをするなら生きているうちで、死んでから何をしたところで仕方が無い、というのがオイラの考え。

元従業員と常連で線香上げにいきませんか?と誘われたとき、不思議と行きたいと思った。おそらく最後に会ったのが、カウンターで隣に座って酒飲みながら(大将はお茶だったけど)どうでもいい話をしただけで、その後結局会えなかったので、どこかで区切りを、というのがあったのかしら。線香あげても大将にとって何にもならないのは分かっちゃいるのだけど、それでも行って良かったなぁと思った。何かしてあげた、というよりは自己満足だな。

いつぞや、誰かと話していたのだけど、葬式だなんだというのは、死んだ人のためじゃなくて、遺された人達が残された人達のためにやるものなのかもしれない。
ってことで、オイラも後事を託す人がいれば、「金の無駄だから葬式はするな、墓石はいらん」と言い残すつもりだったけど、「でもやりたかったらやってもいいよ」ぐらいを付け足しておくことにするかな。

帰りの夜道には寒風の中、港区の木、早目のハナミズキが咲いていた。一青窈の曲が頭を回る。

|

« R.I.P. | トップページ | SP-350 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749226

この記事へのトラックバック一覧です: ハナミズキ:

« R.I.P. | トップページ | SP-350 »