« 世代交代 | トップページ | ROCK FUJIYAMA 05/29 »

2006年6月 2日 (金)

negotiation

いつも思うのだけれど、まだ大して親しくない人とメールのやり取りなどを行っている時、どっちが最後のメールを打つのがよいのであろう?

ある程度親しい友人の間柄であれば、「まぁ、まだメール読んでないか不安に思えば電話でもかけて来るだろう」ぐらいの感覚で特にも気にならないのだけど。
まだそこまで親しくない場合、相手からメールを貰いっぱなしだと、オイラが無視してるような気がして、落ち着かない感じなので、返して自分で終わりにしたいのだけど。一方で、大した内容もないのにメールを送ることで少々シツコイ感が出るのも否めない。

待ち合わせなぞ決めて、

はぁい そうしましょo(^o^)o

と帰ってきたときなどに悩みつつも「何かあったら連絡ちょうだい、じゃあね」的な内容量が限りなく0に近い返事をしてしまうのが宜しいのか否か。悩みつつも結局送るのだ。
交渉内容については法令の規定により公開出来ない。

|

« 世代交代 | トップページ | ROCK FUJIYAMA 05/29 »

寝言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749264

この記事へのトラックバック一覧です: negotiation:

« 世代交代 | トップページ | ROCK FUJIYAMA 05/29 »