« 張る/貼る | トップページ | ナンシー"小"関 風 パッチもん版画 »

2006年7月 3日 (月)

ウェブ進化論

Web2.0という「言葉」が嫌いである。この言葉を使ったときに、相手と自分が同じものを頭に描いているかどうかが分からない。それって言葉としては意味なし。ビジネスだと致命的

2週間ほど前のある日、お世話になってる会社の社長さんから電話。開口一番「Web2.0の時代ですなぁ。ウェブ進化論を読んでつくづく思ったよ」とのコメント。一体どうしたというのか
その社長さんはWebとかインターネットとは無縁の仕事を長くやってきた人だし、何か困ると秘書とかクレジットカード会社のコールセンタに電話する人。要は自分で何か調べ物をしたりということはしない(忙しい人だしね)ので、インターネット検索とか地図情報とかとは使ったこともないはずである。


これは怖い。

ということで、彼が何を吹き込まれたのを知るために、今更ながらウェブ進化論を読んでみた。

なるほど良くまとまった本だな、というのが第一印象。新たに知ることは少なかったけど、話がまとまっているので、頭の整理には良い。
でも、かなりセンセーショナルな書き方をしているので、実経験のない人たち(普段 Web Serviceとか使ってない人たち)には、冷や水っぽいショックを与えるかも。で、そういう人たちは往々にして結構上のほうの人たちだったりするので、先日Satoshiさんが書いていた「多元的無知」に走りがちな気がする。裏を返すと、危機感を煽る辺りがベストセラーとなる秘訣だったんだろうな。

別に買ってまで読まなきゃいけない本ではないと思う(持ってても半年か1年で世の中変わるし)けど、借りる相手がいれば借りて読むのはいいかもね。Web Serviceを普段使っていないような、買ったままのPCをIEのホームをYahoo!Jのまま使っているような人は理解ある相談できる若者をつけて読むことをオススメしますよ。

|

« 張る/貼る | トップページ | ナンシー"小"関 風 パッチもん版画 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749289

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ進化論:

« 張る/貼る | トップページ | ナンシー"小"関 風 パッチもん版画 »