« 久々のヘリ | トップページ | 銃刀法 »

2006年9月 6日 (水)

アルコールテスト

都内某所で見かけたアルコールテストをやってみよう。

何杯飲んだかなと思い出す時、1杯目の中生はカウントしてない。
大勢で行ったら流れ上ビールですが、個人的にはビールじゃなくて、日本酒で始めるか、スプマンテとかその辺で始めるのです。
ちなみにビールを頼むときは「生中(なまちゅう)」です。中生ではありません。

シラフの人に酔ってるかと聞かれると、「酔ってない」・「平気」・「大丈夫」とこたえる。 (酔ってるのに)
どうも本当に酔ってしまうと、至極真面目そうな人間になってしまうそうです。ヘロヘロだったり記憶が無くってもそうは見えないそうで、非常に危険です。記憶が無いのにお勘定をちゃんとしてたりするそうです(伝聞)

「顔が赤い」とダメ出しされても、「店が暑い」・「体調悪い」など、酔いを否定。
上記同様、顔色が変わらないんですね。これはどうも父方の血はみんなそんな感じのようです。従兄は大学の体育会系部活に入ったとき歓迎会でメチャクチャ飲まされていたのに顔色がまったく変わらず「こいつ飲んでない」ということで洗面器でビールを飲まされて大変なことになったとか。

ウーロンハイを飲んでも、本当に焼酎が入っているのか自信の無い時がある。
近頃はあまり足を運びませんが、赤い居酒屋に行くとよくあります。後、カラオケに行くとモスコミュールがどうしてもジンジャーエールにしか思えないのも亜種ですかね。

ウーロン茶だけを飲んでる人との会話が成り立たなくなる。
酒を飲めないのに酒の席にいて会話についてくる人は尊敬します。どうやってテンションをコントロールできるんだろう?

焼酎ロックを飲んで「水だ」と言う。
ねーよ。ちなみに昔は焼酎はストレートで氷水を横に置いて飲んでました。今では軟派にロックですが、泡盛はちゃんと飲むときはストレートで飲みます。

飲んだ翌日、見覚えの無い傷や痣が出来ていることがある。
傷はないですね。タクシーの領収書を握り締めて寝てることはしょっちゅうでしたが。昔、バイトの打ち上げで記憶をなくしてポケットから会った記憶のない人の名詞が5枚ほど出てきたときはかなり不安になりました。今でも不安です。

気づかず人のを飲む。
それすら気づいていないかも。たまに自分のか分からなくなって不安になります。勢いで乗り切ります。

こぼす。
極限まで疲れていて、前の人にビールを注いでいるつもりでテーブルに注いでいたことがありました。こぼされるのは不得意です。一度、バーテンダーにカウンターの向こうからこぼされたときはリアクション取れませんでした。フラツキ加減の可愛い女の子が残りわずかなグラスを倒すぐらいは好きです。

チェイサーがビール。
私は氷水ですが、友人の奥方はこれですな。4人で飲みにいって注文するお酒が5つなので店員が困惑します。

白目がちになる。
ならねーよ。

口から泡。
やべーよ。

で、これで何がわかるんだ?

|

« 久々のヘリ | トップページ | 銃刀法 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749338

この記事へのトラックバック一覧です: アルコールテスト:

« 久々のヘリ | トップページ | 銃刀法 »