« ROCK FUJIYAMA 10/09 | トップページ | ケーブル »

2006年10月16日 (月)

とんき

散歩に国立自然教育園に行ってみた。松平讃岐守の下屋敷跡とのことだが、何だか放置された野原で首都高の騒音が聞けるという不思議な空間で、正直入園料300円は高い気が。街中に山林を確保するのに金がかかるのかしら。なんで行ったかというと、松平讃岐守と言えば、中山安兵衛改め堀部安兵衛と縁があるからである。詳しくは忠臣蔵関係の小説でも読まれたし。

で、朝からまともな食事をしていなかったので、帰りにトンカツでも食うかと、目黒のとんきを覗いてみた。家では揚げ物はしない(出来ない)ので、とんかつなぞ年に3〜4回ぐらいしか食さないのだけど、なんとなく。

有名な店で、行列が出来るのだけど、16時過ぎに行ったら開店直後だからか2階にすんなり入れた。行列してまで飯を食いたいとは思わない人種なので、行列があると、おまいら、そんなに並んでまで食べたいですか?っと、東京人の行列好きに突っ込みながら敢え無く撤退してしまうのである。というわけで3回目ぐらいの「本とんき」。

昔、マジメにとんかつ食いに行ったらとんきに行列が出来ていて、ふらふらと歩きながら、買い物して家で飯作るかなぁ、でも、とんきで食うモードだったし腹減ってるからこれから自炊は精神的にキツイなぁ、などと考えていたら、目黒のバスターミナルの近くに「とんき」発見。
何か良く分からないのだけど、これ幸いと入って定食を食った。店の中は権之助坂の方とはまったく違って至って静か。悪い言い方をすると活気がない?でも客はそれなりに出入りしていく。
味はというと、キャベツも美味いし、衣が卵っぽく内側が黄色で肉からすぐ外れる(少し食べにくい)のも本物(?)と同じ。味も大差ない気がするのだよな。

権之助坂側のとんきとの関係は何なんだろう? と調べると、でかいのを「本とんき」、バスターミナル側を「駅前とんき」と言うらしいが関連性は謎。まさか近場で縁も縁も、「えんもゆかりも」って変換するとこうなるのかっ!、同じ名前の店を開くとは思えないけど。とりあえず駅前の方が空いてて定食が少し安いはず。後、昼からやってるけど日曜休みなのが駅前とんき。

腹いっぱいで苦しくなりながら帰るのはどちらも一緒。幸せなのです。

|

« ROCK FUJIYAMA 10/09 | トップページ | ケーブル »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749365

この記事へのトラックバック一覧です: とんき:

« ROCK FUJIYAMA 10/09 | トップページ | ケーブル »