« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

Down, down, down...

Alice went down in a big hole...

違う。

どうも週末から色々なところがおかしかったんだけど(頭がおかしいのは元から)、昨日の朝の喉の痛みから本格的に風邪を引いたらしい。ニチレイの冷凍チャーハンぐらい本格的。

軽い吐き気と倦怠感を抱えつつも仕事は無くなってくれないので頑張ってみるんだけど、どうも脳味噌が遅い。

そんな中、昨日は21時過ぎにヤクを飲んで就寝。横になる前にSuper14の決勝と蒼天の拳のどちらを録画するか迷った挙句にRugbyを選択。
起きたら2時半。おかげで蒼天の拳見れたよ(バカ

その他色々不思議なことが身の回りで起こる


  • 月曜にAudio Playerに Allman Brothers Bandを入れたつもりが今朝になってDoobie Brothersが入ってることに気がついた
  • 都道府県一覧の「神奈川」が「神無月」に見えた
  • エレベータホールに放置されたドラ猫トマトのキャリアから封筒を盗みたい衝動に駆られた(配達員がエレベータに乗せるのを面倒がったっぽい)
  • 客先の帰りにすれ違ったチャリンコのにーちゃんのTシャツに「無敗」と書いてあった

倒れるほどの風邪は上京して1度しか引いたことがないので、オイラの中では結構重症の風邪。以前カタギの会社にいたときに健保組合から貰ったと思われる賞味期限2002年のルルも飲み干してしまったので、昨日はエスタックなど買ってみましたよ。自分で風邪薬買うのって初めてかも。

オイラ、日頃健康だから案外ポックリいきそうだな。ま、それも楽でいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

ROCK FUJIYAMA 11/27

ノドが痛くて5時半に目が覚めた。こんなことではうつ病になってしまう
ウガイとトローチで対応して起きてしまったのでビデオ鑑賞。

第35回。BEAT CRUSADERS なるバンドがゲスト。良く知らないけどノリの軽いにーちゃん二人組み?

新企画のミツオセンダゲームは面白かったかな。

勉強になったこと。不朽の名作を evergreen とは言わないらしい。「いつまでも新鮮」というような意味合いも有るみたいだけど、基本的にevergreenは常緑樹のことみたい。
正しくは timeless とのこと。何か時間がなくて遅刻しそうな感じの単語だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

「面白い」人

先週、nonoさんにお店に連れて行って頂いた。

カウンター8席ほどのこじんまりした店。若い大将が素敵な素材を素敵に調理してくれる。オイラは美食家ではないので旨いものがどれぐらい旨いかを判断する舌に自信はない(旨い事だけは分かる)が、酒なら分かる。種類は少ないものの、黒龍は三十八号としずく(八十八号じゃないのが残念だけど当然か)、磯自慢の県内限定、田酒、醸し人九平次など中々選りすぐった感があって素敵。旨口よりはさっぱり目を集めている模様。2杯目に初めて飲む楯野川というのを頂いた。これは少し濃口。

都合3時間ぐらい滞在したのかな。大将も中々に楽しい人でBGMなどないのだけども話が盛り上がるのでそれで十分。そろそろ立とうかという頃になって、隣に座っていた中尾彬と六平直政を混ぜて割ったような、それでいて声色は中尾彬という、簡単に言うと強面のおっちゃんが何とは無しに話しかけてきた。からすみが甘すぎるんじゃないかという話だったと思う。

この人がオイラもお世話になっている保険会社の結構偉い人のようなのだけど、実に面白い人で。話の50%は口からでまかせ、残り50%は自慢とホラ、10%ぐらいが含蓄で、足したら100超えちゃうよ、ってな感じの人であった。10%の含蓄と自慢が鼻につかないスカしっぷりがあるから、ただ単にうるさい落ち着かない人ではなくて「面白い」と感じられるんだろうなぁ。

今はもう無い新宿の行き着けも、企業の役員やら大学の副学長やら某政治組織の偉いさんやら、色々と「面白い」人が出入りをしていた。学生風情にはちょっと入りにくい雰囲気もあったんだけど、図々しくも常連になっていたので、カウンターで隣に座ると世間の身分も何もなくオイラみたいなものと冗談話をしてくれたお客も少なくなかった。あの時間があって幸か不幸か今のオイラがある。隣に二丁目のオカマちゃんが座ったこともあったけど(汗

昨日も何故か流れでお伺いさせていただいたのだけど、中尾彬似の方からnonoさん宛でお店にアイスクリームが送られてきてた。それも24個。面白いというか粋というか。

楽しい大将と楽しいお客、旨い酒と旨い肴、久しぶりに良い店に出会えた気がする。独りで伺う感じではないのが残念だけど、頑張って少しずつ開発してみよう。
Danke > nono-sang

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

JPN 54-0 KOR

久々に忙しくなりまして。ちょっとした規模の開発案件なのに開発期間が3週間というナメた案件。昔は日常茶飯事だったんだけど、近頃はお仕事を選んでいたのでなかなかこういう案件もなく、久しぶりに時間に追われております。

そんな中、土曜日も家で仕事。たまりにたまったラグビーの録画を消化すべく、最終節のCATS=BLUESという消化試合を消化。BLUESもやる気がなかったので仕事しながら流しておくには丁度良かった。で、見終わってというか流し終わってチャンネルを変えたら法政=関東学院の大学ラグビーが後半スタートの場面。
Super Rugby 見終わってすぐだったので、選手のサイズの違いとか「ディフェンス甘いなー(当然)」とか思いながら見ていたのだけど、エンターテインメントとしてはかなり面白い試合で仕事そっちのけで見てしまった。法政の逆転勝ち。

で、この辺りからおでんを仕込んで、19時からは台所に立たずにLiveで日本=韓国戦@香港。世の中ではほとんど知られていないけど来年のワールドカップへのアジア地区代表を賭けた戦いなのである。
前半の前半ぐらいまではちょっと緊張して見ていたのだけど、試合前に韓国のコーチが自信を持っていたFWに対して日本のFW陣が圧倒するぐらいのパワーを見せ付けたこともあって、韓国はなす術無しといった感じ。終わってみれば文句の付けようのない完封勝ちで圧勝でございました。PGすら与えなかったと言うのは素晴らしいことかと。ましてやエリサルドの代表監督放棄から2ヶ月ほどしか経っていないのだから、とりあえずJKを呼んだ日本協会はほっとしたところか。

ただ、IRB公式球だからということで使われていた新しいボールは非常にスリッピーなようで少し心配。片手でHoldしてハンドオフを繰り出すとボールが前に転がるといった場面が何度かあったのが気になるですよ。World Cup本番でも使われるのかな?まぁ香港とフランスじゃ湿度も違うだろうけど。

夜中にイングランド=南アフリカのLiveがあったのだけど、さすがに断念。日曜朝起きて見る。先週も同じ組み合わせでやってイングランドが連敗を止めたのだけど、正直南アのSinBinが無ければどうなったか分からない試合だったからなぁ、と思ってみていたら、案の定南アフリカの勝利。
愚弟オススメのPR Os Du-RandtとLO Victor Matfield は出てなかったんだけど、前半終了間際にラインに走りこんできたPR van der Linde の120kgの体をローリングしながらのトライに惚れた

試合中に度々カメラに抜かれた憂い顔のRob Andrewが悲しい。オイラがちゃんと見た最後のWorld Cupは1991年だったか。個人的にはハイパントを繰り返すEnglandの戦術が余り好きではなかったけどWill Carlingとかと共に輝いていた選手であった。もう43歳なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROCK FUJIYAMA 11/20

第34回。ゲストは再びの高島政宏。

別に面白くなかった訳ではないんだけど、一本調子のキンクリを中心としたプログレ談義だったので、前回登場時とあんま差がない気がするんだよなぁ。

まぁ、そういうニッチで捉えどころのない雰囲気がヘビメタさんクオリティなんだけど。次回ゲストって今日か、ゲストはBEAT CRUSADERSなる知らない人たちなのでちょいと不安。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

You can't be fired.

労働時間の規制撤廃、法制化へ

少し社労士の勉強をしたり、人を雇ったことのあるオイラは常々日本の労働者は過保護されていると思っていたのだけど、「一定以上の年収、業務、権限・責任をもつホワイトカラーに限定」して労働時間の規制が撤廃される方向で調整されるらしい。諸々のバランスでどうなるか分からんけど。

オイラが最初に入った外資は何故か残業という概念がなかったし(恐らくみなし労働によって年俸制をKeepするため)、その後は雇用側になったり業務委託契約を結んだりで残業をしたことがないのである。何という幸せな身分(違

ほら、店員とか受付業務とかは、そこに居て対応することがValueを生むのだから勤務時間と報酬は比例すべきなのよね。でもSEとかPGってどうよ?といつも思う。お客さんがお金を払うValueの対象はOutputであって時間じゃないし、同じPGでも例えば毎回リファレンスを引くから時間のかかるPGと、頭の中に大体入ってるからすらすら書くPGで、同じものを作るのに前者(時間のかかる方)が給料が高くなったらおかしいのですよ。
知り合いの職場でも、奥さんに残業代を稼いで来いと指令されて終業時間まで時間つぶしをしているオッサンがいるとか。ま、オイラも長く時間かけて仕事やればお金イパーイ貰えるのなら、評価との兼ね合いをバランスとりながら適当な匙加減で時間を稼ぐかも。

そういう意味で、「正しい」方向へ動きつつあるのかな。
簡単には解雇出来ず、労働時間も制限しなければならない今の労働基準法だと過保護過ぎますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

生類憐ミノ令

なんか徳島でお犬様が大変なことになってるそうな。野良犬が斜面から降りれなくなってるとかいうのを朝からどのチャンネルでもやってる。

ほとんどの人が「税金高い」と思ってるだろうし、税金の無駄遣いはして欲しくないと思ってると思うんだけど、今回の件は保健所と消防隊が出動してるそうな。ってことはコストは税金ってことですな。恐らく地方税で賄われてるわけです。
知事選とか区議会選とかいうと、現職の税金の無駄遣いとかを突っついて戦ってるわけですが、野良犬救出に税金を使うのはOKなのかしらね。熊が出て住民に不安を与えてるとかなら行政として取り除かないといけないけどねぇ。そういうわけでもないでしょ。

有志なりが自費で救出隊を組織してやれば、それはそれで「良い話」だと思われ。もちろん助けたら自分で飼ってね。

それに救出されたらどうなるの?保健所行きで処分じゃないのかしら?何だか死刑囚の手術をするブラックジャックを思い出す。「助けられなかった患者の手術料はいらん」みたいな奴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

病気?

先日、飲みに行くので地下鉄に乗った。

18時半ごろに乗ったのだけど、案外混んでなくて余裕をもって座れた。で、対面のおねーさんが結構キレイなので何となく眺めてたら、左隣からビニール袋の音が断続的に聞こえてくる。
空席を一つはさんだ左隣を見ると菓子パンかドーナツらしきものを食ってるんだな。オイラは長距離列車でもない限り列車内で飲食というのは苦手なのだけど、たまにいるよね。女子高生数人でポッキーとか食べてるの。

でも、隣人は30前後ぐらいの女性、それも独りで座って食べている。ブーデーかといえば、痩せてはいないけどそれほど太ってもおらず、森三中で言えばクレア黒沢ぐらいな感じ(分かりにくい例え)

で、ちょっと気持ち悪いな、と正直思いつつも危害を加えて来る感じはなかったので正面に視線を戻していたのだけど、次の駅に止まろうかと言うときに今度はカバンから煎餅が出てきた。隣なので直視するわけにもいかないのだけど、妙に音を立てないように気を遣ってる風に袋の上から煎餅を割る音。ちょっとした妖怪の気配である。
次の駅では仕事帰りの人々が結構乗ってきたのだけど、やはり皆引き気味でオイラと隣人の間の席に座ろうという猛者はいない。

駅を出て次の駅までの間に煎餅が1枚消費された。と、今度は板チョコが出てきたんだな。で、銀紙を向いて一片を割って口に入れたら(この辺になるともう気になって仕方がない)、残りをきちんと箱にいれてカバンに戻した。何故かほっとする。

安心したのも束の間、さらに次の駅との間に、またカバンから板チョコの残りを出して…何となくだけど、本人は自制しようとしてるのに食べずにいられないのかしら?もしかして何か病気?と思えるほどの食い気であった。

残念ながら(?)次の駅でオイラは降りることになったのだけど、彼女はどこまでいってどれだけ食べたんだろう。ちょっと辛そうに見えたのは気のせいかなぁ。病気だとしたらつらい病気だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

UFO探知機

世界初UFO探知機“ユータンレーダーストラップ”を開発

「日本におけるUFO研究の第一人者である矢追純一氏」が企画監修という優れもののようだけど、「宇宙人発見モード」が付いていて、対象者が宇宙人かどうかを判定できるらしい。

是非とも向けてみたい奴が約1名

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

おらいおん

今夜はウサギナイトだというのに朝からブルー。

昨日同期飲みに行ったら5年ぶりぐらいな面子もいたりして、あんま食べずに葡萄ジュースを流し込んでたらスライトヘデイク。

30またぎぐらいだと、概して男性より女性の方が容姿が変貌しそうなもんなんだけど、昨日の面子に限って言えば男子がもれなく容量アップ。女子は余り変わっていない感じ。まぁ同期の女子は元々色気というか湿度というかそういう失うべきものが欠乏気味な面子だったからなぁ(ぉぃ

帰りは例によって徒歩で帰還。見上げるとオリオン座が棚引く雲の向こうに見えた。オリオン座を見るといつもexamination hellにいた小学校時代、塾帰りに親父が最寄り駅まで車で迎えに来てくれたことを思い出す。
冬の追い込み時期、少し離れた駐車場から家へ向かって南へ歩くといつもオリオン座が正面にあったものだ。

星は20年たっても変わらないのに、オイラは油断すると容量アップしてしまう。何たる不公平か。もっとも、オリオン座の光だって何万年も前のものなんだし、今の姿かわかったもんじゃないけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

葡萄ジュース

朝トイレでローマ人の物語を読んでいたら、インターフォンが鳴った。
仕方が無いので無視。

任務完了後にインターフォンを見ると宅配ボックスに何か届いたとのこと。
「届くようなものないんだけどなー」
と思いながらも遅れそうなのでとりあえず出社。

asahi.com を見て今、気がついた。今日が葡萄ジュースの日だったのね。そろそろとは思ってたけど。

しかしトイレ中に来客(?)があると独り暮らしの不便を再確認。宅配便の時刻指定とかすると下手にシャワー浴びたり出来なくなっちゃうし。

ま、それをフォローする宅配ボックスなんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thunderbird on Mac

MacOS X使いの社員から、「客先にPPT添付したら別のExcelファイルが添付されて送られた」とかいうトラブル報告。メーラは何かと確認したらMicrosoft Entourageだと。何かよーわからんので、とりあえずThunderbird使ったら?と言っておいたのが3日ほど前。

今朝、「Thunderbird入れたんですけど、添付ファイルを開けないって言われるんです」とのこと。色々確認してみると、どうもWinのOutlook Express使いだけ開けないらしい。来たよMSFTプロダクト。ちなみにオイラのMewでは問題なく開ける。

つーことで色々探して、MozillaのKnowledge Baseに到着。その名も「受取人のメールクライアントによって、添付ファイル名が正しく表示されない場合がある
で、ここにPatchの xpi があるのだけど、Safariでダウンロードするとご丁寧にもzip解凍してしまって拡張機能としてインストールできない。

上記ページには「上級者の方は、オプションウィンドウから設定エディタ (about:config) を開くか」なんてさらっと書いてあるんだけど、about:config とJavascript コンソールに打ち込んでも何も起こらんし。
色々いじってたら、Thunderbird=>環境設定 の中に「高度な設定」みたいなのがあって、そこのmail.strictly_mime.parm_foldingを0にしたら問題解決。OE使いでも添付ファイルが開けましたとさ。

以上、備忘録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

ROCK FUJIYAMA 11/13

第33回。ゲストは相川七瀬と真矢。

驚くほど書くことがねーよ…orz

DVD紹介は近頃のばかりで良く分からんし。ギリギリひっかかっても the Black Crowes じゃサポート圏外でごんす。後は相川七瀬の趣味を当てようみたいな、ちょっとグダグダ感漂う企画。

マリリン・マンソンと高橋真梨子が案外合うってぐらいで、真矢がピンなら楽しいのになぁ、という回。

つーか、これから2週間ほどエンゲル係数高めの予定で、ビデオチェックする時間が激減するのに、ラグビーの録画ばかりが溜まっていく…ラグビーって見出すと90分使っちゃうのよねぇ。すでに6本ぐらい溜まってるわよ。ふがふが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

三つ子の魂

友人宅に行ったところ、6つの子が走り回る、3つの子が騒ぐとテンション高め。3時間ほどテンションキープ。前に訪問したときは6時間ぐらい大騒ぎ。改めて良く頑張れるもんだなと。
そしてあの状況で毎晩ご飯を食べるのは、楽しそうだがかなり疲れそうである。

上京したてのころ、近所に遠縁の親戚が住んでいて、そこの子が同じように当時6歳と4歳であった。最初の頃、まともに相手をしていたらこっちがバテてしまって、あの小さい体にどれだけのエネルギーが蓄積されているのかと不思議に思ったものである。

大学2年の時、簡単に単位が取れるという純粋な動機で、少人数のスポーツ医学のゼミを取った。単位のために取った割には毎回実践的で、心拍測定しながら卓球したり、日本代表クラスの陸上選手の測定をしたりと中々楽しかったのだけど、その教授が子供の成長による身体能力の変化を10年以上追いかけているという先生で。文部省の統計データとかではなくて、特定の個人を追いかけているのは珍しいらしい。
で、その先生曰く、小さい子供の運動にはリミットがあって、そのリミットを超える運動をさせると一瞬でバテるのだけど、リミット内なら延々と運動を続けられるらしい。で、限界で突然電池が切れたように倒れて寝ると。

そういえば、この間神戸に帰る時に買ったTarzanに、四条畷の幼稚園児がフルマラソンを走りきったというのが書いてあった。13人走って11人が8時間以内に完走したとか。先生が一緒に走ってお遊戯感覚で 5kmごとにお菓子とか飲み物とか置いて休憩しながら走ったら走りきっちゃったんだそうな。別に訓練したわけでもないらしいのだけど、リミット以内の負荷だったということか。

あんまり先のこと考えてないんだよな。せいぜい寝るまでとか次の日の朝ぐらいまでのことしか考えてない。
そんな幸せな時期がオイラにもあったんだなぁ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

ららぽーと豊洲

本来ながらオープンして1ヶ月ちょっとの商業施設など絶対に行かないのだけど。表参道ヒルズも未だに前を通過しただけだし、六本木ヒルズに至ってはオープンして1年以上行かなかった。
Lよろしくそろそろ南船橋のSSAWS跡地にでも行こうかと思っているぐらいである。

事の発端は代官山のあるお店でふと手にした箸。無くて困っている訳ではないけど、引っ越してから良い箸が欲しいなと思っていて。でも何が良い箸なのかイマイチわからず。その時手にした黒檀の箸が非常にしっくり来まして、何がいいかって8角形だったのですよ。値段が1膳2500円ぐらいだったか。それが安いか高いかもよくわからないのだけど、買うなら5膳買いたいので、とりあえず保留。

こうなると色々調べたいのだけど、和食器の店は数あれど、箸を様々取り揃えて手に取れる店は余り無いのだな。で、インターネットでフラフラ探してると馬喰町の川上商店という製造卸のページがいい感じ。個人向けにも販売してくれる箸だけを揃えた店舗があるのだけど、本業は業務相手だからか平日9時〜17時しか開いていない。で、どこか土日に行ける卸先は無いかと問い合わせたら、「豊洲ララポート内の置地広場さん」を紹介されたのである。

ということで木枯らし一号のお昼に豊洲到着。すでに混雑のかほり。海が近いことと、周りに何もないこともあって強風が吹きすさぶ。ただ、周りでは確認できるだけで3棟の大型マンションが建設中。有楽町まで15分程度で行けるけど地価は安いというところか。

とりあえず目的の店舗を目指すも非常な混雑。中は郊外型のアウトレットモールの雰囲気。人混みに軽い頭痛を覚えつつたどり着いた置地広場はなるほど箸が数十種類陳列されていて手に取れるところであった。が、肝心の八角の箸が無いのよね…弱った。

仕方が無いので箸は諦めて他をうろうろ。と、1階にも箸を扱っているところがあって、そこに見事に八角の黒檀発見。長さが女箸を含めて4種類ほどあったのだけど普通の23.5cmがしっくり来たので、5膳求めようとしたところが在庫は4膳。仕方がないので4膳購入。その他の戦利品はウニクロで靴下とフランクフランクで見つけたミドレロのクッション2つ。ずっと黄緑ではない緑のクッションカバーを探していたのだけどFranc^2は盲点。

しかし3階のレストランフロアは下から見ても人が溢れてるし、女性用トイレには列が出来てるし大変な混雑。六本木ヒルズなどと比べるとベビーカーとお子様連れが非常に多い。店舗の中にも子供用遊具が置かれているところもあったり。何より3階に話題のキッザニアが入ってるしね。
やはり、ケコーンして子供出来たので少し余裕のある間取りが必要で都内は避けて東側に逃亡したファミリー向けというところ。ACTUSもあるけど、人が入っているのはIn The RoomやFranc^2という感じで、お子様が出来てしまったので余り自分達にはお金を使えない人たちメインね。六本木・青山あたりと同じぐらいの年代を相手にしてそうだけど、ターゲットの可処分所得は明らかに違う。稼ぎを100%使える貴族のオイラにはイマイチFitしないなぁ、と正直思う。でもHMVも紀伊国屋もハンズもあるし、豊洲より東の人々には中々便利な施設ではないかな。

ユニクロで騒ぐガキお子様を抱きながら奥方に1200円程のセーターをあれこれ見繕われているダンナを見て、人生とはTrade Offだなぁと再認識。何かの幸せ(?)を取れば何かを失うのだな。裏を返せば何かを捨てれば得られる幸せもある、ということ。どうとるかは人次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROCK FUJIYAMA 11/06

第32回。前回の Kerry Kingの副作用か忘れてた。
ゲストは大槻ケンヂ。筋少が復活らしい。暴いておやりよドルバッキーぐらいのヒット(?)を飛ばせるだろうか。

中身は前回に比して90% offぐらいの薄さ。オーケンが悪い訳ではなく企画と選曲がハズレって感じ。しりとりは企画倒れのにほひがプンプン。

残った10%はSpinalTopというDVDの紹介。これはちょっとバカっぽくて面白そう。久々にDVDを購入してみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

火災報知機

仕事をしてたら目覚まし時計のような音がした。

もちろん職場で目覚まし時計が鳴る事は普通ないわけで、多分火災報知機のテストか誤作動か何かだろう………………………………………………………………………………………………………………と思って仕事を続けてたんだけど一向に止む気配がない。

鳴り始めてから5分ぐらいたっただろうか、オイラの考えた候補は2つ
1 まじでどっかのテナント(うちのフロアは複数の小さな会社が入ってる)で目覚まし時計が鳴ってる
2 火事だ

そう思って廊下に出たら、隣の会社からも人が出てきた。
どうやら皆「誤作動かテストだろう」と思って誰もビルのオーナーに言うわけでもなく放置していたらしい。

どうも誤作動だったっぽいんだけど、本当に火事だったらオイラ焼け死ぬかも。でも、案外みんなこんな反応なんじゃねーのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

物欲

先日、ターンテーブルが回らなくなったと書いた電子レンジであるが、量販店に見に行ったりカタログ比べたり色々したあげくに、使い続けている。別に皿が回らなくったって温まるんだもの。

と使い続けていたら、庫内でスパークがありまして、どうも金属製の件のターンテーブルがずれていたらしく、大慌てで戻したところ回り始めたんですな。何が悪かったのか、何が良かったのかよく分からないけどメデタシ。15年ものでもまだまだ活躍してくれそうである。

どうもreplaceしたいんだけど、使えてしまうものは買い替えに踏み切れないのがオイラの性格のようである。以前一緒に働いていた女子などは1年ちょっとでデジカメを3つも買い換えていたりして、何故かと聞いたら「だってこっちの方がカワイイじゃないですか」と真顔で答えられて面食らったものである。オイラなんて誤動作多発になってやっと2台目のデジカメを購入したというに。それも上京して以来の2台目。

そんなこんなで欲しいけど買えないもの。

1 NotePC
 何度か書いたけどVaioのTypeUとかKOHJINSHAの7型ワイド液晶で10万弱とかにも惹かれるんだよねぇ。でも、うちのNoteはこないだDisk換装したばっかりだし。旅行用にはLinux Zaurusがいるしなぁ。

2 Head Phone
 Sonyからノイズキャンセル機構のヘッドフォンが出てすぐぐらいに飛びついて、それから修理も含めて4回ぐらい購入したか。4回ってことはそれだけ壊れるのよね。悪名高い Sony Timer と見ることも出来るんだけど、通勤とか旅行に持っていくヘッドフォンって消耗品だしなぁ。今はプラグ型のノーマルのを使ってるんだけど、皮肉なことにこれが壊れない。
旅行を考えるとhidekojiが今回インド行きに買ったというBOSEの5万弱のも気になるんだけど、上記の壊れた経験を考えるとイマイチ手が出ない。完全に飛行機のノイズが消えるとかなら買うんだけど。

3 Portable Audio Player

 Rioの256MのStick型を愛用しているんだけど、もう液晶は日向ではほとんど読めなくて充電池の持ちも昔ほどじゃなくなってきた。5時間持つのかな?でも誤作動なんかはないんだよねぇ。
NIKE+iPodとかも気になるんだけど。新しいWalkmanはノイズリダクション内臓と書いてあるけど、やっぱ専用ヘッドフォンだしな(当然だけど)

4 TV
 世の中プラズマだ液晶だと言うのだけど、うちはブラウン管なのよ。これがまた立ち上がりは少々遅いものの問題なくキレイに映るんだな。どうしたものか。

5 HDR
 拙宅にはまだHDDに録画なんてのが珍しい時代の CoCoon があるのですが、DVDが焼けない。取っておいても見ない性格なのでいいや、と思っていたのだけど、ココのところ JSportsを見るようになって、東芝=ヤマハとかの名勝負は取っておきたい気もしたりして。さらに言うと、今はCS/BSチューナーが外部で連動できないので、外部入力から録画してるんですな。録画予約をするときは事前にチャンネルを合わせておかないと悲しい目にあうという面倒な状態。
BS/CSチューナー内蔵でDVDの焼けるHDRを買おうかと思うんだけど、これまた CoCoon が買った当初の「HDDなんてどの程度持つの?」という疑念を打ち払ってバリバリ現役なんすよ。チューナーもまだ買って1年しないし…

こんなとこかなぁ。でも、実は一番手を出しそうなのは。といっても霊感商法ではなくて、こないだ某インテリアショップに行ったら鮮やかなグリーンの壷があって、とても気に入って玄関に置こうと思ったら20万円弱。ありえねぇ。でもほすぃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

TagClick

某所で見かけたのでTagClickというのを左下に張ってみた。

タグに対応していないBlogでもタグつけして検索できると言うもの。



個人的にはタグクラウドという文字の大小でごっちゃにした表現方法が余り好きではないのだけど、じゃあどうすりゃいいんだというのはパッと思いつかない。そのうち思いついたらParserでも作ろう。



で、このTagClick、登録時にRSSを登録すると、RSSに登録されているエントリを引っ張り出して登録してくれて、後はタグを付けていくだけ、という簡単仕様なんです。

が、RSSなんて所詮直近の何件か、オイラの場合は15件しか入っていないので、16件前以前のエントリは自分で登録せにゃならん。一応Bookmarkletは用意されているものの、Bookmarklet押して、タグ追加して、日付訂正して、登録して、履歴戻って、前のエントリに戻って、Bookmarklet押して…というのはかなり面倒で挫折のかほり



ということで、オイラの中で静かなブームを巻き起こしている GreaseMonkey を使ってみた。

スクリプトはこちら。で、このスクリプトを使うためのBookmarkletは以下のもの。

TagClickへ追加



やってるのは、Bookmarkletで登録画面を呼び出すときに日付も渡して、GreaseMonkeyの方でその日付を登録フォームに入れてる。それと同時に前のエントリを別のTabで開くという至って簡単なもの。



TagClick使いでドリコムブログ使いでFirefox使いでGreaseMonkeyをインストールしてる人なら、スクリプトの修正で使えるはず。っているのかよ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

日本文化センター

先日、秋田出身の友人と話をしていたときに、ふと市外局番の話になった。
神戸は078、秋田は018だそうである。

オイラが市外局番をまたいで引っ越したのは今のところ神戸=>東京が最初で最後なのだけど、上京してテレビをつけっ放しにして何かをしていたときに、「とうきょうぜろっさーん」という日本文化センターのCMに非常に違和感を覚えた。
不思議なもので、日本文化センターの通販にさほど興味を持たなくても、神戸にいる間に「おおさかぜろっろくー」が刷り込まれていたようで、頭が違和感を感じるのである。

で、秋田の友人に件のCMがあったかと聞くと「あったはずだ」と言うのだけど、歌の部分は覚えていないらしい。「あきたぜろいちはちー」というのはかなり語呂が悪そうなのだけど。

で、日本文化センターのページに行って見て衝撃。

何と、電話番号のところが全国共通になったらしく、0120から始まってしまっている。てか、0120-00-2222.jp というドメインがすげー。

結局秋田は解決しなかったものの、困ったときのYoutube
コメントを見ると大阪が語呂が悪いと感じる人もいるようだ。オイラからすると名古屋とか福岡とか気持ち悪いんだけど。
やっぱ幼少時の刷り込みは大切(?)だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

JPN 19-61 AUS Prime Minister's XV

金曜小旅行を予定していたのだけどチケット手配が出来ず断念。朝からジムに行く。もちろん徒歩で

この季節、午前10時ぐらいに半袖で渋谷駅前を歩くと人目が気になる。それも3連休初日だし。めげずにジムで久しぶりのトレーニングをして帰宅。その後、少し仕事をしたりして、Foodshowで買ってきた小鼓など飲んでいたら急激に眠くなってきたので就寝。20時前だったと思う。とっても良い子。



目が覚めたら暗い。時計を見ると1時半。こんな時間に目が覚める訳はないのだけど、考えれば6時間ほど寝たことになる。そのまま横になっていてもイマイチ寝れないし、空腹なので起き出してみる。が、食べるものもないので、缶ビールとポテチ。これは太るなぁと思いながらテレビをつけてもロクな番組が…JSports でSuper14をやっている。Bulls-Crusadersの2006シーズン。ヤコが出てるなぁ、など思いながら結局最後まで見てしまった。終わったら午前4時前。

そういえば、明日は日本代表の試合があるなぁ。相手はオーストラリア首相XVという欧州遠征中のワラビーズ以外の若手中心チーム。スコッドのメインはRedsのようだ。ホントは Brumbiesとかならいいんだけど、1本目はもれなくワラビーズだしね。明日も暇だし行ってみるかと思いつつ2度目の就寝。



天気はイマイチだが雨ではないので出かける。前売りを持たずに行くのは久しぶりなのと、暇なのもあってキックオフ1時間半前ぐらいに外苑前に着くように出立。既に外苑前から秩父宮ラグビー場までの道は混み始めていて少し焦るが、半分ぐらいはそのまま神宮球場の方へ向かっていった。オイラの好きなバックA自由を2,500円で購入。お釣りの500円を小銭入れにしまわず歩いていたらプログラムを500円で売っていたのでつい購入。普段は映画とかスポーツのパンフレットは買わないんだけど。


さすがに1時間少し前に着いたので席はまだガラガラ。15段目ぐらいのセンターラインのところに陣取って、時間つぶしに「ローマ人の物語」を読み始める。たまに日が差すと少し暑いが翳ると涼しい。良い日和。徐々に人が入ってきてトップリーグよりも盛況という感じであった。後、子供が多く周りの声を聞いてるとラグビーを知らない人も多いぽかったなぁ。日本ラグビーのためにはいいことかも。

しばらくするとオイラの右隣に2つ3つ席を空けてアベック登場。社会人2年目ぐらいといった感じか。女性の方の異様なアニメ声が耳障りなので本を読みつつも気になる。別に彼女に悪気はないんだろうけど、生理的にダメな感じなのよね。

どうやらまだ付き合って浅いらしく、所謂「一番楽しい時期」であろう。彼女はサンドイッチを作ってきたらしく、個々のサンドイッチの中身を説明し、彼氏は出来のよさを誉め、彼女は「そんなことないって、箱に詰めれば上手に見えるんだってぇ〜」などと照れながら謙遜し……お前らラグビー場ってのはなぁ、どっかで買ってきたチーズケーキ出して食べながらデレデレするところじゃねーんだよぉハァハァ…人目が無ければナックルパートを見舞いたいところだったが、そこは我慢だ。


そんなこんなで時間がたって両チームfifteenが出てきたのだけど、何故か森元首相の冴えない挨拶(さらにマイクの調整が出来てなくて何を言ってるか聞こえない)&安部首相登場。こんなところで生安部見るとは思わなかったよ。その後両国(りょうごくではない)の謎歌手の国歌斉唱の後、いよいよ試合開始。


試合開始から6分ぐらいの頃に、静まり返る秩父宮に隣から大歓声が。神宮球場か?とスコアボードを見ると「スワローズ」と書いてある。この時期野球やってるのかなぁと思って相手チーム側を見ると、読みづらいが「六大学」と書いてある。そういえば、ヤクルトと六大学選抜が試合するとか書いてあったなぁ。それで人が神宮球場に向かっていたのか、と納得。

どうやら、六大学の2番のところにマークがあって1回裏に1点入っているところを見ると六大学選抜の先頭打者がHR打ったっぽく、それで歓声が上がったのであろう。甘いな。日本代表は開始5分で2トライ2ゴール取られてるんだぜ(涙


試合はオーストラリアFWのボールへの執念とバックスのサイズに日本がやられた感じ。いいところも有ったんだけど、何故か松原のスローインが何度も外れてチャンスを逃した。カーワンHCが決定してチーム練習も1週間ぐらいというところでセットプレーは難しかったのかな。個人的にはSuper Rugbyのジャッカルとオフロードパスが見れたので楽しかった。

AUSで印象に残ったのはフォースのCTBペレササとめちゃデカイ(186cm/98kg)のにキレのあるステップと後半は大畑を振り切ったスピードを持つ19歳のWTBカレブ・ブラウンか。後は3列のラックへの突っ込み、サポートが良かった気がする。
日本は前半箕内がちょっとよかったけど、基本的に相手のミスが無いと突破できない感じかなぁ。CTBが今ひとつ勝負できてなかったのと、FWのサポートが遅かったのが残念。小野澤とかがぬけて行っても孤立して turn over 食らうとか。タックル受けて頑張って立ってるとボールにどんどん手が絡んできたり。後半はAUSのラックからの球出しにも時間がかかるようになっていたので、ディフェンスは修正されたっぽかったけど。まぁ神戸ファンの贔屓目かもしれないけど、後藤=森田のハーフ陣はなかなか良かったような。森田は謎キックもあったけど。


印象に残ったのは、「うわぁ、バチって音がしたよ」とかカワユイお嬢様キャラで観戦していたアニメ声が、後半終了間際にオーストラリア選手がパワースラムばりの豪快タックルを決めたときに「うわっスゲー」と口走ったのが面白くて仕方なかった。ま、それだけ初ラグビーに入り込んでたのかな。彼氏はどう思ったんだろうか(笑)


帰りはカッシーナを冷やかしたのだけど、なんか100% DESIGN とかいう袋を持った若者が店内にやたらいて落ち着かないのでさっさと退却。誹謗中傷にも負けず徒歩。途中六本木交差点で通り雨に遭うも1時間ほどで帰宅。直線距離だと4km無いのである。


青山のSCEの前でPS3が見れるとオネーサンに誘われたのだけど、ガラス越しに中をみると混雑していたのでスルー。というか、PS3多分買わない。買うならWiiだけど、近頃ライフスタイルの中に占めるゲームの割合が低いからなぁ。PS2で打ち止めか?

代表に話を戻すと来週は国立でReds戦。こないだ Hurricanes と接戦をやってた(2006シーズン)のをJSportsで見たばかりなので、きつそうなイメージがあるけど、今回よりはいい試合をしてくれるに違いない。平日だし、オイラの嫌い(ピッチまで遠い)な国立なのでテレビ観戦予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

表層

PMというかオーナーがいけてない案件の退屈みーちんぐに出席。
プロジェクトの本質的なことは何も決めないのに、新聞とかで新しいネット技術とか動向とかを知ると、やたら喋る。てかそれ半月前の話じゃねーの?とか思いながらも、飯喰うための案件なのでおとなしく拝聴。

こういう人種によくある妄想が「ITとかシステムって導入すると売上が上がる」というの。確かに、効率化したり色々ワークフローを短縮したり出来るけど、本質的には商品とかサービスとかコンテンツの力ですから。その力を効率的に伝えるための仕組みが所謂システムなんですけど。

そういう勘違いの流れで近頃身の回りで多発する相談事が「(企業で)Blog立ち上げたい。RSS配信だ!」みたいなの。
「立ち上げるのは簡単だし安いよ、でもマメに面白い記事書かないと埋もれるし意味無いよ。コメント受け付けるの?え?でも都合の悪いコメントは排除?だったら誰か監視なり管理しなきゃね?」とか詰めていくと先方ゲンナリ。「面倒ですねぇ」というのがよくあるパターン。
面倒なところに価値が生まれるという当然のことをどこかに忘れてきたんだろうか?

で、退屈みーちんぐでぼーっとしてたら、オーナーさんが某ニュース系メールサービスのハードコピーを取り出してきた。「サイトのPV(PageView:閲覧数)を上げるために、コンテンツはメール会員登録した人しか見れないようにしたいのだがご意見伺いたい」とのこと。

最初のうちは?が3つぐらい頭の上に出てたと思うのだけど、PM氏の話を聞いていくと、
1. PVを増やすためには更新通知のメールが有効だ
2. なのでメール登録者を増やさなければならない
3. メール登録者を増やすために、コンテンツはメール会員限定にする

1つ1つのステップの間のLogicは正しく見えるけど、「そもそも何のため?」というところがすっぽり抜け落ちてるっぽい。
意見を求められているので「そんなことしたらPV減るよ」と言ったら、自分の素敵アイディアを傷つけられたと思ったのか妙に激昂しだして、結構面倒だったんだけど。
メールアドレスを集めたいのなら有効だろうけど、PV増やしたいのにサイト閲覧のハードル上げてどうすんの?っていうのが分からんらしい。

その場は他のメンバーもPM様の理論に賛同できずに「無かったこと」になったんだけど、こういうので時間が潰れるのって無駄。でも、こんなことでお金が貰えるというのも平和。
硬直化はしたくないもの。表層しか見えない人間にもなりたくない。大人になんかなりたくない(違

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

なまはげ

都内某所で「なまはげ」を連呼している人がいるので「あぁ、若いのに可哀相に」とか「いつもの持病だな」とか「お薬切れたのかな」とか思って軽く読み流していたのだけど、実話で au から SB に絵文字を送っても、対応していない絵文字は文字で表示される件についてであったらしい(最初から信用しろよ)。


で、 EZweb絵文字一覧【タイプD】(PDF)を見てみると燦然と輝く「なまはげ」の文字。




普通に「鬼」でいいじゃんと思うのに、何故か「なまはげ」。

そしてその次は「天狗」なのに河童に見える



1000弱も絵文字を選んでいたら少し脳味噌が飛んでしまっても仕方ないのだろうか。それとも部長が秋田出身とかいうオチ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »