« 表層 | トップページ | 日本文化センター »

2006年11月 6日 (月)

JPN 19-61 AUS Prime Minister's XV

金曜小旅行を予定していたのだけどチケット手配が出来ず断念。朝からジムに行く。もちろん徒歩で

この季節、午前10時ぐらいに半袖で渋谷駅前を歩くと人目が気になる。それも3連休初日だし。めげずにジムで久しぶりのトレーニングをして帰宅。その後、少し仕事をしたりして、Foodshowで買ってきた小鼓など飲んでいたら急激に眠くなってきたので就寝。20時前だったと思う。とっても良い子。



目が覚めたら暗い。時計を見ると1時半。こんな時間に目が覚める訳はないのだけど、考えれば6時間ほど寝たことになる。そのまま横になっていてもイマイチ寝れないし、空腹なので起き出してみる。が、食べるものもないので、缶ビールとポテチ。これは太るなぁと思いながらテレビをつけてもロクな番組が…JSports でSuper14をやっている。Bulls-Crusadersの2006シーズン。ヤコが出てるなぁ、など思いながら結局最後まで見てしまった。終わったら午前4時前。

そういえば、明日は日本代表の試合があるなぁ。相手はオーストラリア首相XVという欧州遠征中のワラビーズ以外の若手中心チーム。スコッドのメインはRedsのようだ。ホントは Brumbiesとかならいいんだけど、1本目はもれなくワラビーズだしね。明日も暇だし行ってみるかと思いつつ2度目の就寝。



天気はイマイチだが雨ではないので出かける。前売りを持たずに行くのは久しぶりなのと、暇なのもあってキックオフ1時間半前ぐらいに外苑前に着くように出立。既に外苑前から秩父宮ラグビー場までの道は混み始めていて少し焦るが、半分ぐらいはそのまま神宮球場の方へ向かっていった。オイラの好きなバックA自由を2,500円で購入。お釣りの500円を小銭入れにしまわず歩いていたらプログラムを500円で売っていたのでつい購入。普段は映画とかスポーツのパンフレットは買わないんだけど。


さすがに1時間少し前に着いたので席はまだガラガラ。15段目ぐらいのセンターラインのところに陣取って、時間つぶしに「ローマ人の物語」を読み始める。たまに日が差すと少し暑いが翳ると涼しい。良い日和。徐々に人が入ってきてトップリーグよりも盛況という感じであった。後、子供が多く周りの声を聞いてるとラグビーを知らない人も多いぽかったなぁ。日本ラグビーのためにはいいことかも。

しばらくするとオイラの右隣に2つ3つ席を空けてアベック登場。社会人2年目ぐらいといった感じか。女性の方の異様なアニメ声が耳障りなので本を読みつつも気になる。別に彼女に悪気はないんだろうけど、生理的にダメな感じなのよね。

どうやらまだ付き合って浅いらしく、所謂「一番楽しい時期」であろう。彼女はサンドイッチを作ってきたらしく、個々のサンドイッチの中身を説明し、彼氏は出来のよさを誉め、彼女は「そんなことないって、箱に詰めれば上手に見えるんだってぇ〜」などと照れながら謙遜し……お前らラグビー場ってのはなぁ、どっかで買ってきたチーズケーキ出して食べながらデレデレするところじゃねーんだよぉハァハァ…人目が無ければナックルパートを見舞いたいところだったが、そこは我慢だ。


そんなこんなで時間がたって両チームfifteenが出てきたのだけど、何故か森元首相の冴えない挨拶(さらにマイクの調整が出来てなくて何を言ってるか聞こえない)&安部首相登場。こんなところで生安部見るとは思わなかったよ。その後両国(りょうごくではない)の謎歌手の国歌斉唱の後、いよいよ試合開始。


試合開始から6分ぐらいの頃に、静まり返る秩父宮に隣から大歓声が。神宮球場か?とスコアボードを見ると「スワローズ」と書いてある。この時期野球やってるのかなぁと思って相手チーム側を見ると、読みづらいが「六大学」と書いてある。そういえば、ヤクルトと六大学選抜が試合するとか書いてあったなぁ。それで人が神宮球場に向かっていたのか、と納得。

どうやら、六大学の2番のところにマークがあって1回裏に1点入っているところを見ると六大学選抜の先頭打者がHR打ったっぽく、それで歓声が上がったのであろう。甘いな。日本代表は開始5分で2トライ2ゴール取られてるんだぜ(涙


試合はオーストラリアFWのボールへの執念とバックスのサイズに日本がやられた感じ。いいところも有ったんだけど、何故か松原のスローインが何度も外れてチャンスを逃した。カーワンHCが決定してチーム練習も1週間ぐらいというところでセットプレーは難しかったのかな。個人的にはSuper Rugbyのジャッカルとオフロードパスが見れたので楽しかった。

AUSで印象に残ったのはフォースのCTBペレササとめちゃデカイ(186cm/98kg)のにキレのあるステップと後半は大畑を振り切ったスピードを持つ19歳のWTBカレブ・ブラウンか。後は3列のラックへの突っ込み、サポートが良かった気がする。
日本は前半箕内がちょっとよかったけど、基本的に相手のミスが無いと突破できない感じかなぁ。CTBが今ひとつ勝負できてなかったのと、FWのサポートが遅かったのが残念。小野澤とかがぬけて行っても孤立して turn over 食らうとか。タックル受けて頑張って立ってるとボールにどんどん手が絡んできたり。後半はAUSのラックからの球出しにも時間がかかるようになっていたので、ディフェンスは修正されたっぽかったけど。まぁ神戸ファンの贔屓目かもしれないけど、後藤=森田のハーフ陣はなかなか良かったような。森田は謎キックもあったけど。


印象に残ったのは、「うわぁ、バチって音がしたよ」とかカワユイお嬢様キャラで観戦していたアニメ声が、後半終了間際にオーストラリア選手がパワースラムばりの豪快タックルを決めたときに「うわっスゲー」と口走ったのが面白くて仕方なかった。ま、それだけ初ラグビーに入り込んでたのかな。彼氏はどう思ったんだろうか(笑)


帰りはカッシーナを冷やかしたのだけど、なんか100% DESIGN とかいう袋を持った若者が店内にやたらいて落ち着かないのでさっさと退却。誹謗中傷にも負けず徒歩。途中六本木交差点で通り雨に遭うも1時間ほどで帰宅。直線距離だと4km無いのである。


青山のSCEの前でPS3が見れるとオネーサンに誘われたのだけど、ガラス越しに中をみると混雑していたのでスルー。というか、PS3多分買わない。買うならWiiだけど、近頃ライフスタイルの中に占めるゲームの割合が低いからなぁ。PS2で打ち止めか?

代表に話を戻すと来週は国立でReds戦。こないだ Hurricanes と接戦をやってた(2006シーズン)のをJSportsで見たばかりなので、きつそうなイメージがあるけど、今回よりはいい試合をしてくれるに違いない。平日だし、オイラの嫌い(ピッチまで遠い)な国立なのでテレビ観戦予定。

|

« 表層 | トップページ | 日本文化センター »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749381

この記事へのトラックバック一覧です: JPN 19-61 AUS Prime Minister's XV:

« 表層 | トップページ | 日本文化センター »