« 生類憐ミノ令 | トップページ | ROCK FUJIYAMA 11/20 »

2006年11月24日 (金)

You can't be fired.

労働時間の規制撤廃、法制化へ

少し社労士の勉強をしたり、人を雇ったことのあるオイラは常々日本の労働者は過保護されていると思っていたのだけど、「一定以上の年収、業務、権限・責任をもつホワイトカラーに限定」して労働時間の規制が撤廃される方向で調整されるらしい。諸々のバランスでどうなるか分からんけど。

オイラが最初に入った外資は何故か残業という概念がなかったし(恐らくみなし労働によって年俸制をKeepするため)、その後は雇用側になったり業務委託契約を結んだりで残業をしたことがないのである。何という幸せな身分(違

ほら、店員とか受付業務とかは、そこに居て対応することがValueを生むのだから勤務時間と報酬は比例すべきなのよね。でもSEとかPGってどうよ?といつも思う。お客さんがお金を払うValueの対象はOutputであって時間じゃないし、同じPGでも例えば毎回リファレンスを引くから時間のかかるPGと、頭の中に大体入ってるからすらすら書くPGで、同じものを作るのに前者(時間のかかる方)が給料が高くなったらおかしいのですよ。
知り合いの職場でも、奥さんに残業代を稼いで来いと指令されて終業時間まで時間つぶしをしているオッサンがいるとか。ま、オイラも長く時間かけて仕事やればお金イパーイ貰えるのなら、評価との兼ね合いをバランスとりながら適当な匙加減で時間を稼ぐかも。

そういう意味で、「正しい」方向へ動きつつあるのかな。
簡単には解雇出来ず、労働時間も制限しなければならない今の労働基準法だと過保護過ぎますよ。

|

« 生類憐ミノ令 | トップページ | ROCK FUJIYAMA 11/20 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749397

この記事へのトラックバック一覧です: You can't be fired.:

« 生類憐ミノ令 | トップページ | ROCK FUJIYAMA 11/20 »