« ROCK FUJIYAMA 12/25 | トップページ | 初詣 »

2006年12月31日 (日)

年の瀬

今年は1月3日グランドオープンという商業施設の案件に関わったので帰省なし。江戸におります。海外行ったせいか曜日感覚を喪失していて、昨日は土曜なのに更新してしまったので、勢いで今日も。

昨日も相変わらずポツポツと仕事。オイラの担当範囲ではないところではまっているらしいのだけど、年末ということもあってオイラが調査せざるを得ず。調べてみると SunOS 5.9 の sendmail の設定がおかしいですよ。でも、サーバ設定はオイラの担当じゃないので「おかしいよ」とだけ連絡して外出。不親切に思われるかもしれないけど、サーバ系は下手に手を出してミスすると後々まで責任負いかねないのでね。これが大人の生き方

18時を回ったぐらいからテクテク散歩&リハビリも兼ねて買い物へ。通るたびに気になるのだけど、広尾の和民の客層ってどういう人たちなんだろう?と。わざわざ広尾まで行って和民?近所で働いてる人、っていうのも周辺の店や会社の雰囲気からは想像しにくいんだけどなぁ。そんなことを考えながら南青山七丁目に差し掛かった頃、前方から小柄なオネーチャンが真っ直ぐにオイラを見て近づいてくる。

「うわー、誰だろ。思い出せねー。やべー」とか思ってたら何やら声を掛けてきたので軽く焦りながらイヤホンを外す。
「この辺りにお住まいの方ですか?」結構カワイイ感じで上目遣いがgood. どうやら道に迷ったのか店を探しているのかそんなところみたい。

「いや、違いますけど、今、正月過ごす酒でも買おうかと、ちょっと渋谷まで歩こうかなと30分ほど歩いてきたところなんです。でも、この辺りは結構歩きつくした感があるので道に迷ったんならお教えできるかもしれませんよ」ぐらい言おうとしたら、「いや、違いますけど、」ぐらいで食い気味に「あ、すみませんでした」と逃げるように去っていってしまった。
オイラもイヤホンを戻して散歩復帰。確かに19時過ぎに手ぶらで歩いてたら近隣住民かなぁ。それにしてもちょっと萌える感じだったなぁ、追いかけて道案内すればよかったかなぁ、惜しい申し訳ないことをした、と反省しながら渋谷到着。

渋谷の駅前は心無しか空いている気がした。ハンズで風呂場掃除用のブラシを買って、Foodshowへ。Foodshowは年の瀬ということもあってか激ゴミ。それも普段と違う人種が多いのかあちこちで渋滞。とりあえず日本酒を見に行ったんだけど、あんまいいのが無いなぁ、ということで加賀鳶の千日囲いを。本当は李白が欲しかったんだけど、純米大吟が売り切れてた。

帰宅したらamazon到着。PLUTO 4巻である。1巻が2004年9月、2巻が05年4月、3巻が今年3月、そして4巻がやっと26日に出たところ。順調に年1巻ペースである。いつ終わるんだろ…余りに時間が空くので新しいのが出るたびに全部読み直さなければならないという面倒くささ。でも、実家に幼少の頃から手塚治虫全集があった身としては落とせないところである。
つーことで、今日はPLUTOでも読みながら過ごすか。折角江戸にいるからアメ横に行ってみるかなぁ、とか思ってるんだけど人ごみ嫌いだしなぁ(どっちやねん

|

« ROCK FUJIYAMA 12/25 | トップページ | 初詣 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749427

この記事へのトラックバック一覧です: 年の瀬:

« ROCK FUJIYAMA 12/25 | トップページ | 初詣 »