« ROCK FUJIYAMA 01/22 | トップページ | 手の甲 »

2007年1月29日 (月)

サントリー 40-39 ヤマハ

昨日からトップリーグ上位4チームによるプレイオフが開始された。普段IE6のCSS/JSエンジンの馬鹿っぷりに泣かされているオイラだが、このラグビーの大会をスポンサーしてくれている部分は唯一と言ってもいいぐらいMSKKを評価できる部分である。そう、この大会の名前はマイクロソフトカップ。ちなみにIE7は少なくともCSSに関してはお利口になっているらしい。が、IE6がすぐ消えるとも思えず、しばらくは両方に対応するという面倒な事態が続くんだろうなぁ…

昨日は、リーグ1位の東芝 vs 4位トヨタ、2位サントリー vs 3位ヤマハ。
もちろん Live で見るのは後者である。

前半はやはり地力で勝るサントリーが堅実に差をつけて 15-10。これ以上離されずに後半に入れたら面白いな、と思っていたのだけど、結局前半終了時には22-13。ヤマハはフェヌキタウが何度かラインに入って突破を試みるも1発で倒される。また、18分のネイサンのキックがチャージされてそのままトライされたのが痛かった。
後なぁ、前半のヤマハのチャンスを3連続ぐらいのファウルでサントリーが止めて、挙句にハイタックルでターンオーバーされたように見えたのがなぁ。

後半、前半以上にライアン=ニコラスに切り裂かれまくって、残り15分で40-20。もう終わったかと思って、オイラはNotePCを開いて仕事再開。ところがここからがヤマハの真骨頂。29分にやっとシンビンの解けたフェヌキタウに変えて、オイラが大好きなブレンダン=レーニー登場。バックスの流れが一気に変わり、サントリーのタックルが甘くなったこともあって、29分/32分/34分と立て続けにヤマハのトライで一気に 40-39。
リーグ戦では東芝を食っているし、もう1本が行けそうだったんだけど、ここまで。やっぱり前半のフェヌキタウの不発、レフェリーに分かりやすい場所での再三の反則によるシンビン、それによるレーニー投入の遅れが響いたか。レーニーが終了前に怪我再発か何かで下がったのも痛かった。

試合が終わって、もう一つはどうかな、とJSportsのチャンネルを変えたら、トヨタ遠藤のトライシーンが飛び込んできた。38-33で東芝が勝っているが、こちらも後1本というところで試合終了。結局、決勝は順当に1位 vs 2位ということに。神戸も消え、ヤマハも消えてしまった。
個人的にはあんまり楽しいラグビーではなく、硬派なガチンコラグビーになりそうな予感。

しかし近鉄花園のスタンドを埋めたスカイブルーの応援団。ジュビロの応援は素晴らしいです。来年は早稲田のSH矢富が加わることだし、更に強くなって面白くして欲しい。案外、日本のラグビーを盛り上げるのは東芝やサントリーではなくて、地元密着のヤマハではないかと思う今日この頃。

|

« ROCK FUJIYAMA 01/22 | トップページ | 手の甲 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749448

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー 40-39 ヤマハ:

« ROCK FUJIYAMA 01/22 | トップページ | 手の甲 »