« サントリー 40-39 ヤマハ | トップページ | ROCK FUJIYAMA 01/29 »

2007年1月30日 (火)

手の甲

エントリが前後するのだけど、先週末は久しぶりに愚弟と会った。オイラが正月帰らなかった(愚弟は何だかんだで律儀に帰る)し、夏に帰ったときはずれていたし、いつ以来会うのかわからない。去年の正月は会ったんだろうか?

20時から飲み始めて1時まで。お互い5合か6合ぐらい飲んだか。
話したのは
・元トヨタのフラベルの素晴らしさ
・オドリスコルマンセー
・今年のハリケーンズは熱い
・中竹監督Story
・元All Blacks の Cullen は凄い
など恐らく誰か聞いてても良く分からん話だった。番外として「メッシはすごいね」とか「引っ越す理由」など。

ということで Christian Cullen の代表デビュー2試合目。ギャビン=ヘイスティングスが懐かしい。

そんな話をしていたときに、ふとJSports解説の村上さんが「手の甲の思い出」というのを書いていたのを思い出して、愚弟の右手を見てみた。毛深くて良く分からんので、見せてもらうと確かに大きな傷が3本ほど、細かい擦り傷が無数にある。
村上さんの話をしたら、「あぁ、確かにラグビーやってたって言う人の手の甲は見るよ」とのこと。タックルをしてバインドして、向こう側に倒したときに手の甲を擦るらしい。今では手袋をする選手も多いけど、昔はなかった。日本にラグビーのできる芝のグラウンドはそうそう無い。そういう傷のある人はそういうプレーをする人、つまりは逃げずにディフェンスに行ってしっかり倒す人、ということなんだそうな。
だから手の甲に擦り傷のある元ラガーは仕事をしてても安心して一緒に仕事が出来る、というようなことを言っていた。

ちょっと格好いいなぁと。オイラは機械科上がりの癖に情報系なので綺麗なオテテなのだけど、今度から「ラグビーやってます/やってました」という人がいたら手の甲を見てみよう。

|

« サントリー 40-39 ヤマハ | トップページ | ROCK FUJIYAMA 01/29 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749449

この記事へのトラックバック一覧です: 手の甲:

« サントリー 40-39 ヤマハ | トップページ | ROCK FUJIYAMA 01/29 »