« Stairway to Heaven | トップページ | PostgreSQL=>MySQL »

2007年1月17日 (水)

ROCK FUJIYAMA 01/15

第41回。ゲストは鮎川誠。
普通の人はあんま知らないんじゃないかな。昔、目薬のCMに出てたのを見た気がするけど。オイラもコラムを読んだことはあっても、TVでロックを語るのは初めて見た。

登場からやたらゴリゴリというよりジャリジャリした妙に軽快なギターの音を鳴らすんだけど、音作りの基本は「ギターのアンプの全てのVolumeは10」と後半で話してた。音質云々とかより、そういう前に押し出す"ろっけんろーらー"なスタンスらしい。

Jumpin'Jack Flash(The Rolling Stones/1968)
1969年のHyde Park Concert の映像が流れてた。言わずと知れた名曲だけどオイラの生まれる4年前にその頃のファッションの彼らが演奏しているのは合成かパロディかと思えるほど不思議な感じ。Mick Jagger がオイラの30上なので、当時26。そう考えれば普通。というか今でも現役なのがすごいんだろうなぁ。

後、Dr.Feelgoodが紹介されてた。安齋肇(だっけ?)の時にも流れてたけどWilko Johnson(g)の Moon Walk のようなsolo が印象的。曲自体はありがちなRockという感じで個人的にはグッとこないけど。

その他見所は熊田曜子を彷彿とさせる SHELLY の強制(?)ハナウタ。これは中々楽しいので続けていただきたい。


総じて鮎川誠は中々かっこいいオッサンでしたよ。話し方とか話の間が怪しいけど。
実はもう10年ぐらい前になるかな、モデルになったばかりの娘さんと遊び仲間だったころがあって、色白でほっそいところは父娘でよく似てるのかな。当時二十歳になりたてとかで、博多弁で天然でfragileな感じの娘さんでしたよ。そんなことを思いながら見てたら、急に冬の丸の内線の中でブーツだか靴下だかの話をしたことを思い出したんだけど、何の話だったか思い出せない。ヒールの高いブーツを履いててオイラよりでかかった印象が。
どうしてるのかなーと検索してみたらモデルを続けてるようだ。更新されてるかどうか怪しいページだけど。今や彼女も30歳。妙に「欧米に受けるアジア系モデル」みたいな感じになってるんだなぁ。わざと不細工っぽく(?)してる感じ。デザイナもやってるとか。当時からPCで絵を描いたりしてたような。

そかー、オイラも年取るよなぁ。当時は23ぐらい。何も分からず学生ベンチャーごっこやってたんだなぁ。

|

« Stairway to Heaven | トップページ | PostgreSQL=>MySQL »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749439

この記事へのトラックバック一覧です: ROCK FUJIYAMA 01/15:

« Stairway to Heaven | トップページ | PostgreSQL=>MySQL »