« ノラネコトマト | トップページ | ROCK FUJIYAMA 02/12 »

2007年2月15日 (木)

猿も木から落ちる

鬼の目にも涙

Tana Umaga が in goal knock on.

Super14 Round2 のHurricanes=ChiefsでUmagaの珍しいシーンが。タックルされたわけでもなく、片手でgrounding しようとして落球。
どうもこの日はUmagaはrefereeと馬が(しゃれではない)合わなかったというか、Chiefsの反則をrefereeが見逃してトライされた(とUmagaは信じてる)というのでフラストレーションが溜まっていたらしい。

そういえば以前、Umagaは「常に3つ先のPlayをイメージしている」と言っていた。そして、それが故に Knock on のようなつまらないErrorをしてしまうこともあると。3つながりで行くと神戸製鋼の元木はボールを持って走っているとき「常に3つ以上のオプションを持って走っている」と。臨機応変というのは決して反射神経だけではなくて、頭の中での準備がなしえる業なのであらう。ラグビーに限らず仕事でも生活でも同じことかと。

そんなUmagaも今年一杯でSuper Rugbyから退くとのこと。あわよくば来年辺り見に行きたいと思ってたのにぃ。
コーチになる気はないというので、州代表レベルの試合には出るのかもしれないし、フランスの2部リーグでやったようにNew Zealanderにとっては"Top Level"ではない他の国でプレーするのかも。日本食が好きという噂を聞いた気がするのだけど日本こねーかな。
round1 ではベンチスタートだったので、練習不足とか怪我かと思っていたんだけど、Umagaとしては自分に代わるPlayerが出てきて、自分はベンチに座っていたい、ということのようだ。でも見たいんだよねぇ。

1.5節ぐらい見てみて、面白いのはBlues, Hurricanes, Brumbies, Chiefs といったところか。後は日本人がGear ManagerをやってるRedsも中々面白い。Sharks-Bullsは期待して見たんだけど、Errorが多くてイマイチな感じだった。V-MatをとめるSmitとかは見れたんだけどねぇ。

日本では東芝の薫田監督退任へとのことで、トヨタの朽木、IBM大西と並んで神戸黄金時代後期辺りの懐かしい名前が消えることに。

|

« ノラネコトマト | トップページ | ROCK FUJIYAMA 02/12 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749460

この記事へのトラックバック一覧です: 猿も木から落ちる:

« ノラネコトマト | トップページ | ROCK FUJIYAMA 02/12 »