« Brendan Laney | トップページ | DoCoMoからのメール »

2007年3月13日 (火)

霊感商法

超能力や心霊現象のテレビ番組、行き過ぎ是正を要望

「霊能師」と称する人物が「霊界やオーラが見える」と断言したり、タレントの未来を断定的に予言したりし、出演者が信じているような番組

ということでかなりピンポイントなのが笑える。

「あるある」で大騒ぎになったときに思ったのだけど、花王がスポンサーを降りた理由は「広告主として日ごろから信頼性のある番組であることを要望しており、今回のことは極めて遺憾だ」とのこと。上記ピンポイント番組も大手食品メーカや菓子メーカが提供しているんだけど、広告主として信頼性は気にしないのかな?

以前にも事実と異なる断言をして、何故か出演者本人ではなくてテレビ局が謝りに行くという騒ぎがあったのに番組フォーマットは問題なし。同じくテレビ局が謝った「あるある」は打ち切り。要は潮時か、まだ金になるかって違いかね。今回のも「要望」なので4月からの番組改編でテレビ局が対応するかどうかは局まかせ。まだしばらくは食い物になりそうだなぁ。

個人的にもっと気になるのは「オーラが綺麗になってきた」筈の国分太一が8年越しの彼女と別れたのに世の女性どもはまだオーラだスピリチュアルだと言うのかと。
とか言う話を、以前友人宅で話していたら奥様が非常に不機嫌になられたので、女性の前で話すのは控えるべし(苦笑

|

« Brendan Laney | トップページ | DoCoMoからのメール »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749481

この記事へのトラックバック一覧です: 霊感商法:

« Brendan Laney | トップページ | DoCoMoからのメール »