« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

2007年4月27日 (金)

マニアックニュース

  • LO Chris Jack(CRU)が来季 Saracens との契約を行った
  • Johnny Leo'o(CRU)は来季フランス2部へ
  • 首を痛めて担架で退場したCollins(HURR)の首は深刻な怪我ではなかった。それどころか最終戦のWaratahs戦はUmagaの最後の試合だから絶対に出ると気合を入れてるらしい
  • 足の手術で開幕から欠場していたMils Muliaina(CHIE)がいきなり先発復帰。Sivivatu が11番に戻って押し出されるように Masaga が Reserve へ。CTBが今ひとつとはいえ豪華なBK陣だ。
  • Luke McAlister(BLUE)は最終節のForceとの一戦に戻ってこれそう。来シーズンからToulouse と2年の正式契約をしたとの現地報道。抜いて出る技術ならNZ随一のCTBなんだけど、まだ23歳ということもあって2年経ったら帰ってきて All Blacks に戻るのではないかとの憶測。

今週末は2位 Blues が遠征先で4位 Bulls と。Blues はここのところ2連敗しているのでここが勝負か。コーチ曰く「Troy Flavell にとってもAll Blacks 入りへの試練の試合だ」とのこと。昨年末の代表Squadのうち、James Ryan(HIGH) は World Cup 絶望。ということで Lock が空いている状況。日本から帰ってきてからの一定の評価はあるものの、昔の悪童のイメージが払拭出来ず代表としてはいかがなものかと国内でもちょっとした議論になりそうとか。

その他、日曜には日本代表 vs 香港代表が。勝つのは当然なのでミスの少なさが求められるところかしら。

R・ギアにインドの裁判所が逮捕状」とか見ると一瞬「ん?Rico Gear?」と思ってしまうようになると終わりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月26日 (木)

誤差

スピード違反測定装置の「誤差」訴訟、高裁に差し戻し

結構前から気になってたんだよな。別にオービスに限らず、所謂「ネズミ捕り」とか。スピードガンだって怪しいものだし。

法律では数値が記載してあって、実際はセンサを使って測定した数字を根拠に犯罪を立件するっていうのは危険っちゃー危険よね。飲酒運転だってそう。

なんちゃって機械工学科出身からすると、誤差とか誤認識のない装置なんて作れないわけで。だったらいっそのこと法律の方に「オービスでXXkm以上オーバーしてたら罰金XX円」みたいに書いてしまえばいいと思われ。

大学1年の時だったか、物理実験の時に煩い教授が「誤差とは何かね?」と同級生に向かって禅問答のようなことをやっていたのを思い出した。誤差ってちゃんと説明しようとすると難しいのよね。「真の値とは何か?」っていう何だか精神世界とか宗教みたいな話になってしまって。

あーそうだ。捕まったらこういえばいいんだ。

「観測されたことで系がスピード違反の状態に収束してしまったのだけど、確率的に期待値は法定速度だったのだから私は無罪だ」

警察とか裁判所じゃないとこに連れて行かれそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星野真里

昨日帰ってTVをつけたらヘキサゴンなる番組をやっていたのだけど、

「なんか今日の星野真里は良く喋るなぁ~」

と思ってみてたら松井絵里奈という人らしい。

中々の天然っぷりでボケキャラは被ってるってとこか。いや、ホントそれだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

それ、今更Plaggerで…

先日打ち合わせに行ったら先方課長さんが電話中とのことでしばらく待たされた。
会議室に、営業と制作と私の3人、先方の平の人2人。

営業と制作の人間はThinkPadを開いてメールのチェックとか始めたのだけど、おいらは手持ち豚さん。zaurus と H"を取り出してBTで…とかやってもいいんだけど、ド変態扱いされそうだったし、別に急ぎのメール無かったし(メールの通知は携帯に来る)。
先方は紙文化の会社の様で分厚いファイルをいくつも持って暇そう。で、そのうちの一人が
「しげおさんはNotePC持ち歩かないんですか?」と。

前にも書いたかと思うのだけど、この職種にしては珍しくNotePCを持ち歩かない。常駐気味の時は先方に環境を用意してもらうことが多いのもあるけど、持ち歩かなくて困るのはVPNで社内につないでスケジュールチェックしたりすることぐらいである。後はあんまりないけど添付ファイルをチェックしなきゃいけないときかなぁ。ただ、VPNも zaurus でシェル起こしてやれば出来るのだけどかったるい

で、先日1日暇な日があったので、ついに念願のPlaggerに手を出してみましたよ。

半日格闘してとりあえず動くようになったっす。やってることは社内のスケジューラのHTMLを取って解析してRSS Feed作って、FTPでサーバに上げるってとこ。少しカスタマイズというか処理を作ったけど基本的にはYAML2本で出来た。サーバに上げたFeedには Basic 認証かけて、WebベースのRSSリーダに登録。これを携帯で見る。

とりあえず自分のPCで動かして定時に起動するために CRONw なるWindows上で動く unix cron ライクなものを使ってみた。ほぼ cron と同様に使えるので中々良いのだけど system ユーザで起動するらしく、Perl のパスが通ってなくて exit 1 とか連発で参った。再起動したら解決なんだけど、別件でバッチを回してて(OAマシンでやるなよ)再起動も出来ない。仕方が無いので、 path コマンドを書いた bat ファイルを作成して対処。

path D:\Perl\site\bin;D:\Perl\bin;%PATH%
plagger -c d:\Perl\site\bin\config.yaml

それにしても、検索してみるに Plagger は使わない人+これから使う人と使ってる人の乖離が激しい気がする。整理されたDocumentが見当たらない。せいぜいインストールまでぐらいで、後は皆「こうしたらこんなことが出来る(出来た)」といったBlogのArticleぐらい。公式と思しきページでも各Plugin についてはCPAN見ろ、ぐらいの勢いだし、CPAN行ってもちゃんと書かれてなくって結局ソースを覗かなきゃいけなかったり。

YAMLを書くだけで何でも出来ますよ、というのがウリなんだろうけど、実際なんでもやるには Perl の知識が必要。でも、Perlとか出来ない人に少なくとも可能性を与えているし、Perlが出来る人間にとってはかなり楽に色々出来るツールってとこか。今のところ後者が強そうだなぁ。初心者というかちょっとメールフォームぐらいを作れるぐらいのレベルの人にはキツそう。
Yahoo Pipes との違いは、オイラみたいに社内で走らせて何かするってことがPlaggerだと出来るってことかね。もちろん社内機密とか個人情報とかそれ系流しちゃダメよ。色々と下ごしらえして第三者が見ても大丈夫なようにしなきゃね。

昔勤めていた会社が株式公開直前になったこともあって、あれこれやっちゃダメになったんだけど、その中に会社のメールを社外に転送しちゃいけないってのがあった。当時はVPNなんてなくて、社外からメールを読もうと思ったら会社に直接ダイアルアップするしかなかったと思うんだけど、マーケのOさんから「しげおくん、何とかして外でメール読めるようにならんかね」と悪いことを企む時のいつもの顔で相談されたのを思い出した。

その時「定期的にメールサーバ見に行って社外に投げるように出来ますけど」なんて言いながら実際は作らなかったのだけど、あの時のオイラの頭の中には Java で Socket 開いて…なんて設計があったんだと思う。PHPとかなかったし(Version 2 とかがあったかもしれないけど市民権を得ていなかった)。PerlのPackageも今ほど充実してなかったし。JavaのAPIも貧弱だったなぁ。つーか、近頃はSMTPとかHTTPとか喋れなくてもそれ系のシステムが組めるんだね。
今ならPlaggerで一瞬でご要望にお答えできそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

甘夏

オイラは八朔が好き。サンフルーツとかデコポンとかそういう甘いのは余り好きじゃないのだな。

甘夏はさして甘くないのに何故「甘夏」なのか。
調べてみると「甘い夏みかん」ということで夏みかんとしてはあれでも十分甘いそうな。

もともとの夏みかんは(ナツダイダイ)、そもそも酸っぱくてまるで食べられるものではないらしく、子供の遊びに与えたりしていたそうな。ふとしたことで、夏まで残っていた実を食べたら酸味が減っていて食える、ということで食用になったと。普通のミカンと同時期に色づいても初夏まで樹上に置いておかないと食えたもんじゃない、このため夏喰うミカンということで夏みかん。

で、カワノナツダイダイという夏みかんの変種が従来の夏みかんよりも、甘みが強いということで甘夏と呼ばれるそうな。甘夏は酸味の減り方も夏みかんより速いらしく、初夏まで待たずとも冬のうちから食える。これが甘夏。

ちなみに八朔は8月1日のことで早稲の稲穂が実る頃、今の9月1日辺りのことらしい。この頃に食べられるようになるので八朔というそうな。
関係ないけど徳川家康の江戸城入城は1590年8月1日だったと。

で、何でいきなり甘夏かというと、先日 nono さんのBlogにあったムッキーちゃんを入手したのですよ。妙に欲しくなって近所の大き目のスーパーやホームセンターを探したけどなかったので、遠路はるばる東急ハンズ渋谷店に行ったらありましたよ。2Cの調理用品のところ。野菜のピーラーのとこには無かったんだけど、果物剥きみたいなコーナーにあった。
ムッキーちゃんだけだとコッパズカシイので他に買うものはないかと3周ぐらいしてみたんだけど何も無いのでムッキーちゃんのみ購入。何か、バナナホルダーなるものが何種類か売られていてコーナーまで出来てたんだけど、バナナ持ち歩くのが流行ってるの?一時のペットボトルホルダーを髣髴とさせる一品でした。

ブツの説明はリンク先で。肝心の使い心地なんですが、良いですよこれは。刃がいつまで持つのかわかりませんが。nonoさんは外皮は「結構力ずく」と書いていたんだけど、オイラはサクサク切れました。

ということで嬉しくなってきたのでまた甘夏を買いに行こうと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

東京 13R

第1回ジョッキーマスターズ レース結果

このオヤジたち熱すぎ。てか懐かしすぎですよ。

こちらのムービーも是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本 82-0 韓国

カーワン日本が韓国に大勝/ラグビー

昨日は日中少し用事があったので帰宅してからすぐJSportsの録画を見る。

先のWorld Cup予選の時と違ってアジア版 Tri-Nations って感じで気楽に見れたのだけど、カーワンJapanは前回より明らかに強くなったようだ。アタックでは韓国の緩いタックルを面白いように切り裂いていたし、ディフェンスは韓国の速いパス回しもしっかり止めていた気がする。裏を取られたのは1回ぐらいじゃなかったか。問題があるとしたらFWかしら。スクラム、ブレイクダウンとも楽勝とは言えなかった気がする。個々のスキルは確実に上回っているみたいだけど、集団となったときは別。

注目の20歳と5日ほどでの代表デビューとなったNZ育ちのSO 小野も登場。キックでのミスが2つほどあったけれども自分の判断で年上の代表選手を動かす様は中々堂々としていた。特に交代で入ってすぐに見せたキックパスは絶妙。本場カンタベリー恐るべし

この試合の後、先週録画しておいた Bulls vs Stormers を見る。やっぱこのレベル(Super14)のタックル、ジャッカル、空中のボールへのプレーの精度を見ると今日の日本の試合なんか「回復をはかる稽古台にもならぬわ」(c)ラオウ ってところか。大畑がトライ記録を打ち立てたのを聞いたキャンピージが軽く笑って聞き流したというのも分かる話である。昨日の韓国戦だけで小野澤は4トライだもんな。

先の小野のSOにしても、NZには21歳のBrett, AUSには18歳の Beale, SAには19歳の Steyn がいる。どれもSuper Rugby のレギュラーレベルで出ているし、先ごろ髪を切って一瞬別人かと思わせた Steyn に至っては代表Capも3つ。今日は大学生も何人か代表Debutしていたけど、日本ももっと力のある若手を関東大学リーグなんていうレベルじゃなく育てられるといいなぁと、大差勝ちだっただけに逆にそんなことを思ったわけでした。

つーことで、BullsのBryan HabanaがCheetah と競争したニュース(走るのは2分15秒ぐらいから)。単純に「人とチーターの勝負」と報じられてるみたいだけど。勝負は置いといてHabana速過ぎ。グラバーキックを追いかけさせたらもう少し速かったと思うのだけど。

Adblock

ちなみにSuper 14 では Habanaの Bulls が4位で Cheetahs は12位ということで、Habana 圧勝ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月20日 (金)

マニアックニュース

  • 戻ってこれるはずだった Mortlock(BRUM)は今週も手の怪我でダメっぽい。
  • 南ア代表は今年のTri-Nationsは本気モードでは行かないと。World Cupに照準を合わせるために rotation しながらやっていくとのこと。
  • WTB Mark Gerrard(BRUM)が2010年までの3年契約をした
  • LO Mark Chisholm(BURM)が2009年までBRUMでプレーする
  • Rico Gear(CRU)は来期以降は北半球に行く予定

なんかBrumbiesばっかだな。Gearに関して言うと、その他北半球に行くっぽいのは Mauger, Kelleher, Tuitupou, McAlister, Chris Jack, Hayman 辺りとのこと。

今週末は順位表からすると4位対3位の Chiefs vs Sharks なんだろうけど、面子の豪華さでいけば文句なしに Crusaders vs Hurricanes ですな。バックスは Mauger と Umaga がいないけど十分豪華。3列の衝突も見ごたえありそう。その他見所はここのところ調子よさげな Collins の軽やかなステップと Flynn のモミアゲ。ちなみにマーク=ハントが金髪にしたみたいな Collins は地毛なんだよねぇ?あれ染めてたらちょっと悪趣味。

昨日、Classic All Blacks との5月12日の試合のチケットをコンビニで出力。早いものであと3週間。サッカーの親善試合みたいに来日直前になって実は主力は来ませんみたいなことにはならないことを祈るのみ。トップリーグ外国人選抜+αなんて嫌だから。
豪華メンバーではJonah LOMU, Carlos SPENCER, Justin MARSHALL が見たいなぁと。晴れて欲しいが雨でも行くよ。オイラの好きなバックスタンドを取ったのでレインコート引っかぶってでも見るよ。



[追記] 侍バツベイが東芝から近鉄に移籍
へ?なんで??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

iPod nano

ついに購入しましたよ。iPod nano
お色はもちろんミドレロ

以前使っていたプレイヤーは Rio SU30 というもので、調べてみると2003年5月発売のものらしい。HDDを持ち歩くなんてことが考えられなかった当時としてはかなり多めの256M の容量で、サイズも小さいのが良かった。「256Mあればアルバム2枚分入るじゃん!すげー!」ってな時代。USBメモリとしても使えるというのも当時は珍しがられた気がする。

もう2年ぐらい前から液晶が掠れてきて明るいところでは見えなくなっていたのだけど、プレイヤーとしては問題ないので使い続けていた。ここ2ヶ月ぐらい高音部にノイズが入り始めてヘッドホンが傷んだのかなと思ったのだけど、同じ楽曲の同じ部分にノイズが乗るのでこれはプレイヤーが原因のよう。そろそろ買い換えるかと思っていた矢先、先週いきなりバッテリーが逝ってしまいまして。再生可能時間が30分ぐらいになってしまいましたよ。もう無理。

で、迷わず iPod 購入。元々自宅で無線で飛ばすために AirMac Express を使っているので我が家には所謂オーディオ機器というものが無い。もう2年以上、音楽はPC上で iTunes を使って再生のみ。ということで、iTunesでSyncできる iPod 以外は考えなかった。
今やコンピュータ屋さんではなく人々の生活に切り込むようになった Apple だけど、AirMac Express から切り込まれた人は珍しいかも。普通はPCかiPodだろうな。

実際に使ってみて音質に驚いた。前のがノイズのり気味だったことを差し引いても、恐らくこのサイズでのD/Aが3年半(iPod nano 2nd gen. は昨年秋発売)の間に素晴らしく進化したのだろう。この大量消費時代に4年も同じ携帯音楽プレイヤーを後生大事に使い続ける奴はいないのかもしれない。ちなみにオイラはこれが4代目。最初のCASIOのプレイヤーはそもそも mp3 が珍しい時代に何かで貰ったもので Win95 のみでしか使えなかったのかな。それで使えなくなって新たに買った韓国製のは酔っ払って東急蒲田駅のベンチに忘れて無くした。で、3代目が Rio SU30 だった。
後、使ってみて何となく感じるのは、OSの上でアプリが動いている感じ。なんつーかレイヤが別れてる感覚。今までのプレーヤはチップに焼かれてる感があったのよね。ま、どうでもいいんだけど。

そういえば所謂Appleのエコシステム中の新製品、iTV 改め Apple TV をこの間銀座で見た。何だかちょっと画質が粗い気がしたんだけど Encode でどうにかなるのかなぁ?でもデモなんだから出来る限り高画質にしていそうなもんだけど。毎日のようにデジタル放送のSuper14を見ている目が肥えているのか?
UIはさすがという感じ。でもMSのMedia Center もUIはMSFTらしからぬ良さであったからいい勝負かも。とはいえ、片や製品、片やOSだし、市場への影響力が今や全く逆転してるからな。『Apple TV で iTunes 使って旅行に行った時の写真がTVで見れる、PCに入れてる音楽が再生できる、スゲー』とか思ってる人多いみたい。もう何年も前からWindows で出来るのに。やっぱ Microsoft is Dead. か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

2007 統一地方選

引っ越す前に色々と家を見たのだけど、今の場所に決めた理由にはいくつかある。
そのうちでも比較的重要だったのは「駅から近い」ことと「静か」ということ。

大抵の人が望む条件だと思うけど、当然ながら矛盾するのである。駅から近いところって大抵大通りや商店街があったりするので。
今の家の近所にも大通りが存在するのだけど、うちは1本入ったところにあって、部屋は裏の細道に面している。そのため、日頃は前の家のバカ犬が吠えない限り静かなもの。

日曜、競馬から帰ってきてテレビを見ていたら、その細道に選挙カー。そこで大通り走行中と同じと思われる大音声で候補者名連呼。それも1台ではなく、間隔を置いて別の候補者の車が3台ぐらい通っただろうか。テレビの音声聞こえんって。普段8ぐらいのボリュームを15にしても聞こえんって。今週の土曜も同じことが起こるのかと思うとウンザリである。

思えば引っ越してきてはじめての区議会選挙。先の都知事選とか国会議員選挙だと数も知れているのだけど、区議会となると候補者も多いし、エリアは区内に限られているので、もうバングラデシュ並みの人口密度である(謎

候補者名の連呼と「よりよい区政」「ありがとうございます」「お世話になっております」ぐらいしか流さないのは選挙活動と言えるのか?人様に迷惑かける奴を選ぼうって奴はいないって。清き1票ではなく、「こいつは落としたい」という負の1票を持たせて欲しい。1票といわず一人5票ぐらい。
でもってインターネットでの選挙活動を解禁するとかね。そうすれば連呼も無くなって、もう少し頭を使った選挙活動を行うと思うのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

ニッポンの名前

日曜の「イッテQ」で、宮川大輔がメキシコの祭りに参加したところ、現地メディアの取材をやたらと受けて新聞の1面に載ったというのをやっていた。
地上30m以上の鉄塔の上からロープを体に巻きつけただけでグルグル周りながら"鳥人"になって降りてくるという恐ろしい祭りなのだけど、「外国人で降りることはおろか鉄塔の上まで上りきった人間もいない」とか。

で、オチとしては現地報道で名前を間違えられた、というところだったんだけど、実際検索してみるとマジなんだな。

MIYAGAWO DOISUKE - Google 検索:

これはひどい

日本人の名前って母音が多すぎるんだよなぁ。なもんで、昔オイラは裏のアルファベット表記の名前を Shige と短くした名刺を作っていたんだけど、皆「しぎー」としか呼んでくれなかった。アヤシュとかいうイスラエル人なのかなぁ、には1回自己紹介した直後は「しげ」と呼んでくれたけど次から「しぎー」。子供には短い名前付けるがよろし。母音2つ以内とかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

第67回 皐月賞

「これはいかぬ」
第9R、10Rと柴田善臣を信じて軸馬にしたのに2レースとも8着である。

突然、学生時代の友人Oから「日曜休みになったので皐月賞に行かんか」と誘いがあったのが金曜日。いつものように12時過ぎに船橋法典で待ち合わせ、6Rから買っていたのだが1つも当たらぬ。普段なら元が取れないまでも抑え馬券の1つぐらいは取れるのだが、2人とも軸馬が来ない。

GI というか、jpn1 というのかな、何せ大レースの日なので競馬場がどんどん混んでくる。10Rが終わってから予想をしてメインの11Rを買いに行くと売り場が激混みになるので、いつも9R終わりで10R, 11R の馬券を合わせて買うのだけど、9Rを終えた時点でカスリもしないオイラは今日のレースを投げてしまった。11Rは安藤勝のフサイチホウオーと武のアドマイヤオーラを見て楽しもうという気になって、要するに参加する気が失せてしまったのである。

予想する気もなく馬柱を見ると中山2000の京成杯を勝ちつつも、前走スプリングSで8着と大敗したために人気薄のサンツェッペリンという馬を発見。単勝オッズは100倍超である。
これはネタ的に面白い。松岡はたまに大穴空けるし、ツェッペリンも嫌いじゃないしな、ということで、10Rを買って端数だった200円をサンツェッペリンの単勝へ、ついでにもう1000円張って複勝も抑える。
もう考えるのやめたから」と友人Oに見せて笑いを取る。

レースが始まって予定通りツェッペリンが逃げにかかったところを、外から口を割りながらリンカーンの弟、田中勝春騎乗のヴィクトリーが勢い良く抜いていく。「あー、ヴィクトリーかかったなぁ」と思いながら見ているとそのまま4角へ。ヴィクトリーにサンツェッペリンが並びかけながらも脚はバタバタで2頭とも終わったと思ったのだけど、どうして中々粘ったまま残り100m。

「こ、これは・・・??」

サンツェッペリンがヴィウクトリーを鼻差かわしたように見えたが、外から凄い勢いで迫り来るフサイチホウオー。こうなっては安穏と見てもいられないので絶叫である。
バテたと思われたヴィクトリーが信じられない勝負根性を見せてもう一度差し返したところがゴール。これがリンカーンの弟の血か。残念ながら100倍の単勝はならなかったが、20倍超の複勝を当ててウハウハ。久しぶりにJRAに預けた金を少し引き出すことが出来る。

レースが終わって払戻に行ったのだけど、いつもGIの後だと長蛇の列が出来る払戻機の前もガラガラ。7番人気-15番人気で決まりだしな。
換金して駅に向かう途中「勝春なんてGIにいらねージョッキーだろー」という愚痴るオッサンの声を聞いて笑う。勝春はこれまで150回騎乗してわずか1勝。勝率7厘、連対でも7分のジョッキー。1992年ヤマニンゼファーでの安田記念以来のGI勝利となった。

ホウオーは追いすがったものの、オーラは少し離された4位。ダービーの予想は荒れそう。ホウオーがインパクトの代わりにならなかったJRAとしては痛そうだ。

JRA 第67回 皐月賞 ビデオ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

マニアックニュース

  • Stephen Larkham(BRUM)は今季末でオーストラリア協会と契約が切れる=代表・Super14から引退なんだけど、おフランスのToulouseから来期のオファーが来ていて真剣に検討中
    ちなみに現在 Toulouseの Frédéric Michalak は2008年は南アのNatal Sharksと契約とのこと。Super14にも出るんだろうなぁ。なんかカリーカップ用のチームとSuper Rugby用のチームが別なのかどうか、その辺が良く分かってない。まだマニアックさが足りない
    でもおフランスで40Caps 以上の Michalak, 南アで14Capsの Butch James, 新進気鋭の Francois Steyn と SO 並べてどうするんだ?Steyn は FBとして育てるのかなぁ。それにしてはAttackの時 SOの位置にやたら立ってる気がするし。
  • Jono Gibbes(CHIE)が先発でキャプテンで復帰。Tana Umagaも雰囲気に飲まれそうになると恐れる Waikato Stadiumで W.Force を迎える仕事人。Force では Gitau が10番に入るそうな。PelesasaがInside CTB。
  • Newby(HIGH) が怪我したのだけど、Josh Blackieが復帰してキャプテン。U-21時代は McCaw を控えに差し置いたとかいう Blackie だけど、今となっては何かエライ差が開いてる気がするな。Jimmy Cowan も怪我、James Ryanに至っては今季絶望という中で、Cru との週末。

今年がWorld Cup Year ということもあってか、今季を境に代表引退したり、欧州へ移籍する主力選手が多そう。来年は勢力図もガラっと変わりそうな予感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

PASMO バスポイント

パスモ、売れすぎて販売制限 8月まで定期のみに

なんか某飲料メーカとかが得意の「評判良すぎて売り切れです」マーケティング戦略を髣髴とさせる。

先日、PASMO(Suica互換)で都バスに乗れるけど、バス共通カードの方が得だ、ということを書いた。

で、共通カードでバスに乗っていたら気になる張り紙が。どうもPASMOで累積1000円乗るたびに100円~450円分のポイントが付与されて、バス運賃として使えるそうな。この100~450ってのがまたよくわかんないんだけど。

調べてみました。

バス利用特典サービス(バス特)

結局南極5000円分PASMOで乗ると850円分オマケがつくので共通カードと同等。こ、これは、と思ったら、累積は1ヶ月単位でリセットらしい。何そのいけてないマイレージ制度

ということで、男は黙って共通カード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

同期

ふらふらとした仕事のスタイルをとっていていいな、と思うのは仕事での人間関係の広がりが恐らく一般のサラリーマンよりは広がりやすいこと。飽くまでオイラ目線なので実際は違うかも知れないけど、企業、それも大きな企業に属して年齢を重ねていくに従って、社内外で会う人間のスペック(年齢、スキル等)はある程度予定調和的になっていくような気がする。あなたは勤続X年目なので、そろそろ新卒n人の面倒見て頂戴、とか、そろそろマネジメントに上がって現場は直接見なくていいから、とか。

で、オイラは舌先三寸で稼ぐこともあるけど、今でも1開発者として(大したコードは書けないけど)少し稼ぐこともある。社内開発的なものもあれば、いろんな会社の人たちが集まっていることもあったり。

以前いっしょに仕事をした人と呑んだ、というか卒業祝いをした。何とまぁ、一回り下の人間が大学を卒業する歳になったものである。オイラが上京したときの一回り下の親戚は年長さんから小1に上がったところであったから、月日の流れを感じる。
残念ながらカワイイ女子ではなくて、ごつい男子なのだけれども、彼はよく勉強しているし、コードを書く際の考え方というかセンスが良いものを感じる。何より新しい言語に関しては悲しいかなオイラより詳しいので、何かと教えてもらったりしたものである。

で、この4月から晴れて技術系ベンチャーに就職したと。その時に社長さんに「同期が2人しかいないねぇ」というようなことを言われたんだそうな。まだピンとは来ていないらしいけど、少し寂しい事だというのは理解しているらしい。

同期の有難さについては mixiの上でKeiさんも書いていたのだけど、オイラにも同期が120人ぐらいいる。とは言え、話した事も無いのが多いけど、研修が同じクラスだったのは25人ぐらいかな。今でも気の会う人間とは6人とか、3人とか、そんな感じで飲むし、海外に転籍した奴が帰ってくるといえば、10人、20人と集まることもある。
オイラは大人数の飲みが苦手なのだけれども、そうやって6人とかを選ぶだけの母集団があるというのは非常に幸せなことなんだなぁと、近頃思うわけです。

別に皆仲良しならいいじゃん、とも思うのだけど、実際にベンチャーに身を置いてみたり、急成長した会社を見てると中々そうもいかない。最初10人程度で皆親しく話せて、各々が何をしているか、何を考えているか分かっているところに会社の成長に合わせて中途採用の人がポロポロと増えていくと、50人ぐらいになったときにそれぞれの周りに薄い壁のようなものが出来てくるのよね。微妙にスキルセットや今関わってる案件とかが分からなくなってきて。話も「今、何やってるの?」といったようなところから始まる。役員とかは「彼、誰だっけ?」といったレベル。経営層と1社員の間にも距離感が出てくる。
これが大企業だとひどくて、プロジェクトで集められた人間が同じ会社の人間なのに目の前で名刺交換をし始めたり、なんてこともあったり。オイラも最初に入った会社で全体会議以外で社長を見かけたのは片手で足りるぐらいだしな。

そういう時に「一緒に研修を受けた仲間」という仕事と関係ない切り口でレイヤーを作れるのはちょっとした財産ですよ。特に入社から時間がたって、関わる仕事もバラバラになり、転職する奴が出てきたりしてきた頃に、物理的じゃない繋がりの大切さが分かる、そんな気がするわけです。これから先、もっともっと大切になっていくのでせう。

ということで、お誕生祝いに寿司食っといたよ > KEi-sang (まるきり関係なし

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

昇魂式

ラオウ死す…「北斗の拳」キャラ葬儀

漫画「北斗の拳」の人気キャラクター、ラオウの葬式が営まれる。漫画の中でも最大の見せ場となる、主人公ケンシロウとの戦いの末に命を落とす場面をアニメ 映画化した「真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章」の公開(28日)を前に、配給会社などが東京・高輪の高野山東京別院で18日に「昇魂式」を開 催。遺族代表、葬儀委員長なども立てた本格的なセレモニーだ。

映画のプロモーションを兼ねてということなのだけど、中々本格の遊びのようだ。
場所は高野山東京別院ということでオフィスから徒歩圏内である。

迷うところだけど(何を?)、18日って水曜で平日だしなぁ。喪服着て仕事に行く訳にもいかんし。暇なら外からのぞいてみようかしら。って暇な自分がイメージできんが…

どうでもいいけど"昇魂"って聞くと、修羅の島に渡ってすぐの修羅同士の戦いの場面を思い出すのはオイラだけか?あれは承魂か、って誰にも分からんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マニアックニュース

  • まだメディカルチェックが終わってないものの、Mortlock(BRU) が腕の怪我から戻って来れそうだ by Laurie Fisher
  • Percy Montgomery(SHA) が大腿筋の怪我から完全復活でBlues戦に出れる by Dick Muir
  • Brendan Cannon (WFOR) がCrusaders戦のスクラムで壊れたけど大事には至らなかった
  • Andrew Walker(RED)がAJ Venter(SHA)と激突して肋骨を痛めてお休み。Clinton Schifcofske とか帰ってきたばっかりなのにねぇ。Redsは相変わらず苦しい。Crusaders とかBluesのReserveの充実ぶりと対照的

結局10節まで終わって Blues, Crusaders, Sharks, Brumbies というところ。開幕前を思えば、BluesがTopというのは少し意外かもしれないけど、苦戦と思われていたCrusadersが地力で2位につけているのがさすが。同じく Conditioning Program で代表を封印されていた Hurricanes が12位というのとは対照的ではある。いい選手揃ってるのになぁ。今年は去年と違って Handling Error が多い気がする。
今週末は Waratahs v Reds で最下位争いである。Waratahs は一時の輝きが全く感じられず。一方の Blues v Sharks はかなり楽しみ。

そういえばアデレードでの7人制で Kenyaが England を Cup quarter-final で破って semi-final 進出だそうである。南ア以外の所謂アフリカ勢がラグビーの世界でも頭角を現しそうな予感。近年の新興国と言えばアルゼンチンやイタリアだけど、そんなの一気に呑み込みそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

4月8日

昨日、4月8日はオイラの誕生日(8月4日)をひっくり返した日なのだけど、知り合いの誕生日x2、友人の息子の誕生日、人生の師匠の命日、ゴータマ・シッダールタの誕生日(潅仏会)である。

これだけのイベントが重複するのも珍しいような気もするけど、日付のような単純記憶が極めて弱いオイラなので、自分の誕生日と絡めて覚えられるイベントだけが記憶に残っているのかもしれず。大体、1年365日しかないので、誕生日が重なったりってそれほど珍しいことではないのだよな。

ということで、おめでとうございます > 関係各位
個人的には桃井かおりと同じ誕生日というのが妙に羨ましい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

Google Notebook

Google Notebook

平たく言うと、ネット上でBookmarkを管理するサービス。共有も出来るそうなので、はてブとかと同様の SBS なのかしら。

昔、一瞬はてブを使ったことがあるのだけど、3日たたないうちに使わなくなった。なんかこう仕事とか生活に入ってこなかったのよね。とりあえず Google Notebook は1週間近くもってるかな。

作業中なのに打ち合わせとか外出とかになったときに、作業手順の書いてあるページをクリップして出て行くといった使い方かしら。オイラ家でも作業するし。

ちなみに Google Notebook Data API が公開されている。けど、何かアイディア湧かんのだよな。そもそもBookmark共有っていうのがイメージ湧き難いし、個人的にSBSに魅力を感じないんだから、自分のBookmarkを公開して何かに使うっていうのを考え付かないのは当然か。
社内共有とかにはいいのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 5日 (木)

Oracle Instant Client

昔はOracleを入れていないマシンからOracleにつなごうと思うと色々と設定が面倒だったのだけど…

Oracle Instant Client

とりあえず、Basic と SQL*Plus をダウンロード。展開して、PATH通して(Windows版ね)、環境変数 NLS_LANG を設定(Windowsなら普通はJAPANESE_JAPAN.JA16SJIS?)する。で、コマンドラインから
> sqlplus username/password@server/service_name
と打てばあら不思議。Oracleに繋がりますわよ。
> sqlplus scott/tiger@192.168.xx.xx/orcl
みたいな感じ。

当然 Oracle側で Listner 立てておかなきゃ無理だけど。
PHPでも
$conn = OCILogon("scott", "tiger", "192.168.xx.xx/orcl");
でお手軽に繋がる。何て親切な会社になったんだろう?

ちなみに PHP での利用については適宜検索されたし。
オイラがやったのは Windows に 5.2.1 インストーラ版を入れて、Oracle8の extension を有効にしただけ。興味本位で Oracle Instant Client の sdk もダウンロードしてあるけど多分不要のはず。

Linux 版だと sdk を落として ./configure に引数で指定が必要なのかな?まだやってない。

いやーそれにしても記憶が曖昧だわ。というか、近年いかにDBじゃなくてアプリケーション層(Java, PHP, etc...)に依存していたかを痛感。でかいDBを解析しようとすると、SQLでなんとかしないと、ということで副問合せパズル中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

ネットは広大だわ…

Furo嬢が階段をショートカットしてスネが大変なことになったとBlogに書いていたので、心の中でせせら笑いながら出社して、プリンタのところまで行ったら美脚自慢の(?)M嬢がスネにグルグル巻きの包帯をしておりました。

「あらま、どうしたの?」と聞くと、「階段から落ちたんです」とのたまう。

実はFuro嬢とは互いのBlogで戯れておりますが、実物を見たことは無く、いつかはひっ捕まえてやろうと手薬煉引いて、へー「てぐすね」ってこういう字なのね、待ち構えていたのですよ(嘘)。

それがこんなに身近にいたとはっ!と、自分の油断を悔いてこの場で腹掻っ切って果てようかと思ったのですが、うちの会社では桃色のお尻を数えたり、秋刀魚を取り分けたりする業務は無いので別人かなぁと思っている次第。
とはいえ、これからはM嬢には気を許さず、監視を怠らぬようにしよう。秋刀魚だって単なるネタかもしれないしな。大体 Furog の半分は嘘で出来てるんだし。残りの半分はやさしさだと思うけど。

で、小生のオフィスのM嬢は階段をスライディングした後、貧血だかなんだか分からないけど気を失ったらしく、気が付いたらスネに15cmほどの傷が出来ていたとの事。以前一緒に働いてた女子も新宿ヨドバシカメラの階段の上から気を失いつつ直滑降したことがあって、その御仁は「足が見せられない」と1ヶ月か2ヶ月毎日パンツで来ていたのだけど、M嬢はミニスカートで登場。聞くと「私、タイトなパンツしか持って無くて、穿くと当たるだけでも痛いんですよ」ということで、うら若き乙女が見た目も憚らないほどの痛みなんだそうな。

みなさん階段の上では貧血起こしたり躓いたりしないように。聞いたり見たりする方が痛そうだから。
しかしそんなに落ちるものかね?30年ちょっと生きてるけど階段から落ちてくる妙齢の女性というのは見たことがない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黄砂

昨日、ぼんやりとめざましテレビを見てたら中野アナが「黄砂」を「おうさ」と読んでそのまま番組が平然と進行したのでビックリ。これが"めざまし"テレビか。

アナウンサーとしてとか一般常識どうこうよりも、あの元ミス慶応は名曲「黄砂に吹かれて」を知らないのかと。あの世代なら知ってそうなもんだけど。つーか慶応的にどうよ。

いや、名曲って言うのは工藤静香じゃなくて、もちろん中島みゆきバージョンね。

ここのところ鼻がやや機能不全気味なのは大陸からの砂のせいだったのかしら?花粉症にしては季節外れだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 3日 (火)

PEPSI NEX

年末にFiji に行った時にあまりに買うものがないので、Rumを買ってきたのだけど、何も考えずに一番デカイ瓶を買ってきてしまったらしく、1リッター以上あるのである。

買ってきたはいいけどどうすっかなー、毎週洋菓子作りって訳にもいかんしなー。ということで、ひたすら Rum&Coke を作って飲んでるんですな。別に毎晩飲むわけじゃないけど。
元々、コーラなんてほとんど飲まないのに、ここのところ1ヶ月2リットルぐらいのペースである。あまりビールは飲まなかったのに Spainから帰ってきてビールの量が増えたようなものか。

で、一応気を使ってずっとDiet Coke を飲んでたのですが、週末ふと見かけてPEPSI NEXを買ってみた。と、缶に「果汁1%」という記載が。何かと思えばレモン果汁入りらしい。
これは Rum&Coke には好都合である。今後はNEXを探して買ってみよう。

それにしても、PEPSI NEXのCMの沢尻エリカは見事なアンドロイドというかCGっぽさである。Lumixか何かのCMに出てきたときの浜崎あゆみのインパクトも中々だったけれども、あの時よりも完成度が高い。

Adblock

しかしこの人、ころころ雰囲気の変わる人だな。デビューしたての小川範子を思い出す。ってどこいったんだ?あの人。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

身延山久遠寺

先日知人から「遠縁の親戚が東北から出てきて箱根に行きたいと言っているんだがどうしたものか」と言われ、「はとバスでも乗せればいいんじゃん?」とご提案。
で、はとバスのサイトを開いてみたのが運の尽き。トップに踊っていたのは「身延山のしだれ桜」という文言である。

昨年は小淵沢まで神田の大糸桜を見に行ったのだけど、その時も身延山を考えなくもなかった。ただ、この身延という場所、甲府と富士の丁度真ん中辺り(両方から1時間20分ぐらい)にあり、電車は1時間に1本か2本、14時台は0本という恐ろしい場所である。どうでもいいけど甲府と富士でどっちが上りなのかと思ったら富士行きが上り線らしい。直感的には逆なんだけど。甲府まで日帰りするだけでも結構大変なのに身延だとホント無理、ということで断念。

つーことで、はとバスのトップから反射的に予約。予約してから一寸後悔。日頃、仕事で人付き合いの調整ごとばかりやっているので、週末は自閉モードでいたい。そんなオイラがバスツアーってどうよ?バスツアーなんて学生時代に安比高原までスキーで行って以来じゃねーの?

そんな不安を胸に日曜早朝に集合場所へ向かうと思ったよりオジサン・オバハンばかりではなく若い女子が多数いるので少し安心(何が?)。と思ったのもつかの間、ほとんどが別のバスの「いちご狩りツアー」に取られてしまって残念。それでも数組は残ってたけどね。割合としては50歳以上が半分ぐらいかねぇ。気になるところとしては、明らかな不倫(or 援交)カポーが一組。正直キモイ。

バスは案外順調に高速を進んだ。オイラは幸い座席が後ろの方だったので良かったけど、最前列でバスガイドのミニクイズコーナーに付き合わされていたら泣いていただろう。
Q. 富士吉田市と言えば何が有名かご存知ですか?
A. 自衛隊の演習場
Q. 桃太郎の家来と言えばご存知ですよね?
A. マッシュ、ガイア、オルテガ
こんな答えしか思いつかない。そんなノイズを排除しつつ浅い不貞寝をしていると昼前に三嶋大社へ。オイラにとってはオマケ的な存在だったのだけど、これが中々よかった。神社としてはしっかりとした造りで、プチ出雲大社といった感じ。満開から散り際といったところで風が吹くと文字通りの桜吹雪となって美しかった。

それにしても暑い。半袖で参拝したのだけど気温25度を超えていたんじゃないかしら。

その後、富士山の西側を富士川に沿って遡るといよいよ身延山久遠寺である。ここは日蓮宗の総本山ということで、無宗教なのに総本山好きとしては堪らない。いよいよ到着というところで超渋滞。山間の細道を大きなバスが何台も連なりすれ違うので、改めてバス運転手の技量に驚くばかり。何とか駐車場までたどり着いて急坂を登ると本堂前。
結論から言うと少し期待はずれ。幾つか要因があると思うのだけど
・枝垂桜の見頃を少し外した(遅かった)
・天気が悪くなった(昼頃まで晴れていたのにここでは曇)
・伽藍が新しすぎというか派手(古刹の雰囲気は極僅か)
上記3つかな。ただ枝垂桜は見頃を外したとはいえ、カメラに収めるとそれなりに写って見えるのは"格"というものか。

伽藍は本堂と三門はそれなりの雰囲気なのだけど、その他のものが煌びやか過ぎ。特に受付のある建物なんて、これ何てヨーロッパ建築?って感じである。儲かってるのは構わないけど雰囲気が無いのはなぁ、と残念であった。ちなみに平成20年には五重塔が出来るらしく、大成建設が鋭意建設中であった。

帰りは思ったほど渋滞に巻き込まれず、それでも20時半に新宿着。帰って風呂入ってビールをあおって倒れる。さて、来年の桜はどこにしようか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »