« めぞん一刻 | トップページ | マニアックニュース »

2007年5月10日 (木)

Classic All Blacks @Kobe

日本代表が元NZ代表に健闘

JKが代表強化と絞込みの為にセットアップした豪華メンバーの第1戦が昨日神戸であった。親孝行担当としては両親にチケットを送っておいたのだが、それなりに楽しんでいただけたようである。元々、オイラ達兄弟がラグビーを見るようになったのは楕円球好きの親父の影響であることは否めない。

オイラは素直にCABのプレーを楽しみにしてみていたのだけど、その割にはJapanが健闘したと思われる。最も、Japanはここまで韓国・香港戦の2度のテストマッチとそのための合宿を積んでいるので、7日にヨーロッパとNZから集まってきた即席チームとは組織的なアタック/ディフェンスで差があったのは仕方ない。

面子からしてもBK陣が豪華だったので、華麗な展開を期待していたのだけど、案外一人目で縦を突くプレーが多く、楽しみにしていたFB Spencerのプレーは余り見られなかった。彼の今回の1番の見せ場はWTB遠藤に3度のハンドオフを許してタックルを外されたところか…(涙)  来日前に所属していた名門Saintsの2部落ちが決まって彼自身の日記でも"the worst season of my entire rugby career" と凹んでいたようだしなぁ。それでも前半終了間際には1歩踏み出してタックルに来たところを引いてかわすという技を見せてくれた。12日はもっとPerformanceを上げてほしいところ。

NZっぽいプレーは後半のTony Brown のプレーか。diveしてボールを獲得してそのままパスし、トライに繋がったところは正にWorld Class. Super14で Umaga がジャッカルからそのままダイブスローしたのを思い出した。後、神戸製鋼の Cribb ってこんないい選手だっけ?Highlandersの今期キャプテン Blackie も神戸に加入ということで来季が楽しみ。

Japanは昔に比べて攻める意識が強く出ている気がした。韓国・香港戦はプレッシャーもない試合だったのだけど、CAB相手に自陣から回すとかクイックスローを入れるなどというのはAttacking Rugby と言うに相応しいかも。その分 Risk も伴うし、昨日のように Line out が取れなかったり Handling Error が多いとつらいけど。JKも言うようにそういったところを修正できればまだまだ強くなれそうな感じを受けた。

昨日残念だったのは、World CupでもSOの本命と思われていたアレジが脛骨・腓骨とも骨折とのこと。膝下の骨が2本とも折れたということで、9月のWorld Cupには間に合わない公算が大きい。キッカー、司令塔としてこの損失はデカイ。後、心配なのは Lomu が左のハムストリングスを傷めたっぽく前半早々に引いてしまったこと。遠藤のトライもLomuが走れていればSpencerとの1対1にはならなかったと思うのだけど… 12日は彼の32歳の誕生日だし、秩父宮で元気に走ってほしいもの。

ということで、CABの面子がバリバリだった頃の Super12 のCM。MLBとかでも思うんだけど、海外のスポーツ選手ってこういうの上手だよなぁ。日本だと丸山茂樹はダントツにCMとか上手だけど、他の人は何か固い感じ。ICHIROもだいぶこなれて来た方かな。

Adblock

Adblock

|

« めぞん一刻 | トップページ | マニアックニュース »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749521

この記事へのトラックバック一覧です: Classic All Blacks @Kobe:

« めぞん一刻 | トップページ | マニアックニュース »