« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

マニアックニュース

今週見たもの
[NZ 31-21 ITA ('91 World Cup)]
Tuigamala と Little が凄い、というぐらいがラグビー観戦歴の短い91年当時のオイラの感想か。今見ると、No.8 Zinzan Brooke の絡みがすごい。いまの McCaw よりも顔を出す気がする。それでいてバックスのようなパス。ランニングスキルも高い。スーパースターだなぁ、と。
Fox が難しい角度のPGも決めまくりで、87年の試合ではやたら外してたので「あれ?Foxって百発百中のイメージだったのに」と思っていたら、百発百中は91年のイメージだったようだ。

[NZ 26-21 SA (Tri Nations)]
序盤からSAが押しまくる。NZはDCのキックが面白いように入らない。HO Oliverのスローもことごとく Matfield に絡まれる。前半終了間際にSAが1本取って 6-11 で後半へ。これは SA が行っちまうか?と思ったのだけど60分過ぎから明らかにSAがバテる。途中出場の "Secret Weapon" SO Steyn がミス連発。ABは"らしい"つなぎが出るようになって 2 tries でひっくり返した。
Graham Henry HC 曰く、「ABは後40%改善の余地がある」そうな。

[AUS A 14-14 Fiji (PNC)]
先週 JAB に完封負けした AUS A は序盤からテンションが低い。それに加えて Fiji のディフェンスが見違えるように良い。ゴール前のペナルティを貰っても AUS が PG を選んだほど。結局、一瞬の隙をお互いについたようなトライで 14-14 の引き分け。日本とやったときに比べて格段にFiji が強い印象。秩父宮で「今のJapanならFijiに勝てるかもな」とか思ったのだけど訂正。

  • SA は来週と再来週の敵地での Tri Nations 2戦で、20人を休ませて連れて行かないことを明言。元々 Super14 のシーズン中から「Tri Nations はベストじゃなくローテーションで行く」と言っていたのだけど、これに NZ と AUS の協会が猛反発。White HC は「W杯が最優先だ」「NZだって遠征にBチーム連れて来たことがあったじゃないか」と反論。
    とりあえず2戦の Captain は Skinstad になる予定。
  • その遠征チームに選ばれた AJ Venter は代表から引退を表明。ただ、Sharks とは後1年の契約があるので2008年シーズンまでは play すると。
    元々、W杯のSquadに選出されなかったら今年で引退すると言っていたのだけど、2軍扱いの遠征チームに選ばれたということでの辞退か。この間の NZ 戦で派手なシャツで観客席から笑顔で見ていたのが思い出された。いい選手なんだけど、SAも3列厚いからなぁ。
  • Leon MacDonald が足の付け根を傷めてチームを離れた。CTBにはMcAlisterが入る予定。
  • SAに行かなかった Chris Jack は無事お子様が生まれて AUS戦は先発予定。

ということで、無事にPNCも終わったので、今週末は Tri Nations の NZ@AUS のみ。Phil Waugh がベンチスタートということで、3列の力が圧倒的に弱い気がする。果たしてどうなんだろうなぁ?1,2列とハーフ団、CTB はいい勝負っぽいけど。

AUS:
8 Wycliff Palu, 7 George Smith (v/c), 6 Rocky Elsom
NZ:
8 Rodney So'oialo, 7 Richie McCaw (c), 6 Jerry Collins

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

早起きは三文の…

寝苦しくて目が覚めた。何とも梅雨時っぽい気候。

時計を見ると4時半。何だか2度寝も出来ないというか、元々苦手(?)なので起きることに。37インチで地デジ Oha!4 を見てちょっと得した気分になりながら PC を開く。

JSports の番組表ページから REGZAの予約機能用メールを作成する GreaseMonkey Script を書いて5時半。予約のテストも無事完了。BOS@SEA を見る。松坂先発かぁ。
少し調べ物をしたりして6時から洗濯。洗濯機を回しながらベランダの掃除、少し涼みながら読書。
洗濯物を干して、ここのところ忙しくて溜まっていた洗い物をして、シャワーを浴びる。ちょこちょこと仕事をして9時。BOS@SEA は 1-1 で延長に入ったところ。

さすがに4時半起きだと色々出来るもんだな。だが、難点は1度パンを食べたのに早くも空腹感を覚えているところか。

早起きが三文の得かどうかは、夕方のヒットポイントの残り具合で決まることであろう。不安である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

自由工作

昨日は一日ドライバー持ったり新しいPC接続したりで疲れて帰宅したのだけど、帰るや否や運送業者来訪。徳島からデカイ荷物が届きました。

某芝の REGZA 37Z2000 というもの。(下に W31T を置いてみた)

先週有楽町に仕事に行ったついでにビックカメラに寄ってハイビジョン液晶を見た。JSports が7月のTour de France からハイビジョン放送を開始し、9月のRugby World Cup もハイビジョン放送するとのこと。家のTVは2000年製の21インチ。もちろんブラウン管。引っ越してから少し小さい気がしているのと、ここのところ立ち上がりが遅くて良くない。立ち上がってしまえば問題なく映るのだけど。
何となく AQUOS がいいんだろうなと思って行ったところが、案外 BRAVIA が良く見えた。東芝REGZAも悪くない。他はちょっと落ちるかなぁ、と思いつつ SONY と SHARP のカタログを貰って帰宅。週末まで毎晩考えて32インチのAQUOSにしようと確定。いらん機能が多いんだけど、デザインとか画質を考えると落としどころかな、と。あれ?いつの間にか買うことになってる…

で、日曜日秩父宮の帰りに再度有楽町へ。もう一度見てみると段々分からなくなってきた。大体テレビの分際で入出力やらチューナーやら属性が多すぎて単純に比較が出来ん。目標にしていた32インチのAQUOS は世に言う古スペックハイビジョン(垂直1080)なのだけど、フルじゃない32インチと比べてもあんまり変わらなく見えてきた。32V位だと差がないのか。う~ん、何だかなぁと思いながら帰宅。

家に帰ってからネットでREGZAを見てみると、Ether対応のHDDを繋ぐとそのまま録画出来るそうな。ふむ。ハイビジョン対応のパネルを買ってもレコーダが対応していないと意味ないので、テレビ以外に5万~10万弱ほど投資してレコーダを買わざるを得ない。HDDなら取りあえず買って使って、ダメならレコーダ買ってHDDはPCに繋げばいいし。なんかそんなリスク回避的な判断で REGZA 購入。32V だと1080i ではないので、37Vに。大体、パネルの高さの3倍離れて見るのがベストらしいのだけど、32V と 37V だとベストの距離が20cmも変わらないのだ。もたれて座るか少し前のめりで見るか位の誤差じゃんかよ。

そのまま迸る勢いで購入。調べると徳島の卸が安くて5年保証を付けられるというので購入。代引きが安いようなので、佐川急便のお兄ちゃんにCashを支払う。玄関先でテレビ代金を払う時代というのも不思議なもんだ。

取りあえず荷が届いて開梱してから5分ほどで各種接続完了。ex-電気屋親父に育てられた利点はこういうところか。一番時間が掛かったのは重くて持ちにくいものを玄関から運ぶことである。さんざっぱら会社でEther Cable やら引き回して来たくせに、こういう自由工作(?)となると時間を忘れる。接続はすぐでも、近頃の家電はその後の設定が大変。Router あったよなぁ、と ADSL 時代に使っていた Router を引っ張り出してきて設定しなおしたりと、晩飯抜きで気がつけば22時過ぎ。
液晶はプラズマに比べて動きに弱いと聞いていたけど、とりあえず普通の放送なら全く問題なし。ハイビジョンでのBSのテニスは劇的に綺麗だった。テロップの縁がクッキリなのはさすが。
ゲームはどうかと三国無双をやってみたところ、大きなPan (武器振り回しながら見回すような動き) の時に画面全体に残像のようなものが出てちょっと気持ち悪い。アナログ接続にも問題があるのかもしれないけど、多分、こういうところは AQUOS とか BRAVIA がいいんだろうなぁ。

ま、そろそろこの手のゲームはやめて落ち着けということかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

厄日

朝来たら社内サーバが落ちてた。再起動してしばらくしたらBeep音が2回した。見に行ったら再起動。これはやヴぁそうだ、とデータのサルベージにかかったものの途中で再起動。
二度と帰らぬ人となった…

社内システムがいくつか入ってたので救出作戦たてたり、あぁ、そういえばDHCPサーバもやってたんじゃん、ということで別のLinux引っ張り出して dhcpd 立てたり、ラックからマシン外すのに苦心したり、外したマシンの筐体の開け方が分からず格闘したり(ありがち)…7時間経過。

やっと昼飯である。諦めがついたので(ぉぃ

ま、サーバ管理専属なんて雇えない中小企業だとこんなもんですよ。今日は良く寝れそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

Junior All Blacks 51-3 JPN

14:00キックオフ(後に変更されて14:10)の試合だったのだけど、かなり指定席の売れが良かったようなので11時半過ぎに家を出る。オイラはバックスタンドの自由席だったので。
家を出た時点で雨がぱらつき始めた。金曜までは日曜の天気予報は晴れだったのに、ここのところの天気予報はハズレ続きである。ヒドイわ

12時過ぎに到着。神宮で同時刻にロッテ-ヤクルトがあることもあって、歩道は渋滞。場内は雨もあってかさほど混んでいなかったけど、自由席はセンターライン沿いはほぼ抑えられていたので、少し入ったところに座る。雨が大粒でしっかり降り出したので、レインコート+折り畳み傘で iPod を聞きながら読書。13時過ぎぐらいから選手が出てきてアップ開始。Brett がキック、Nonu が細かいダッシュ、Tom Donnelly だと思うのだけど、両手を広げて前へ出てはすぐ後ろへ戻る動作を繰り返していた。ラックサイドディフェンスの練習かしら。CAB's の時も思ったのだけど、JPNに比べて個人が勝手にアップしてる感じ。

14時からセレモニー。そのまま試合開始だったのだけど、観客席から「ハカやらないの?」「ハカは?」という声が。今回は Junior(A代表)なので神聖な Haka は行われないのだ。あれば ABと AB Maori のためのもの。逆に言うと前回来日した CAB's がそれだけ本気だったということ。

前半30分ぐらいまで 3-0 でJPNリード。雨が降っていてNZ側にも Handling Error が多かったけど、日本のディフェンスが素晴らしかった。逆にサインプレーからHO 松原がゴールに迫ったシーンもあったのだけど、ここはNZに止められるという展開。あれが取れてたらちょっと違ったのかなぁ。前半終了間際、ブラインドサイドを抜かれて PR Crockett (CRU) にトライを許すも前半は 3-10 で折り返し。Super14 を楽しみに行ったのだけど、案外日本に期待を持たせてくれる、そんな試合。
この後も見ていて思ったのだけど Crockett は良く走るし案外速い。そんな 193cm 112kg。

後半に入ると雨が大分弱まった。開始早々に CTB Tuipulotu (CHIE) がトライ。これでJPNは切れた感じ。前半からの体を張ったディフェンスのダメージも蓄積していたのか、動きが鈍る。NZ は Kaino, Tuitavake, Wulf, Nonu が走る。途中出場の Donald も動きがいい。CAB's の時は「巧さ」を感じさせたが、今回は加速力、ランニングコース、スピンムーブなど一線級の「切れ」が感じられた。後、タックルされて倒れながら後10cmで地面というようなタイミングで絶妙のオフロードパスが繋がる、というシーンが何度も。Nonu から Tuiali'i へのパスとか Super14 マニアには堪らない。いつしか Junior AB のプレーを楽しむ感覚に。
Samoa 戦は相手に Fa'atau 一人だったけど、今回は同レベルかそれ以上がズラッと揃ったからなぁ。当然と言えば当然の 51-3 か。

日本はディフェンス重視のメンバーということもあって、攻撃の切り札で通用するのが WTB 小野澤ぐらいしか無い。後、やっぱりハーフ団中心にバックスのキックの精度がなぁ。裏を狙って相手に簡単に渡すキックが何度も。今日のSO 安藤は切るとこをちゃんと切っていけたので悪くなかったと思うけど、攻撃のためのキックとまでは行かない。今の日本の選手層じゃ、攻守に優れた選手というのは中々難しいのだ。逆に NZ は2度ほどピンチがあってもしっかり戻ってディフェンスもかっちりしている。
日本で目立ったのはFL マーシュと CTB 大西。大西は開始早々から体をはったディフェンスが目立ったのだけど、アタックの時に Lauaki と Kaino の間に突っ込んでいったのは頂けない。自殺行為ですよ。

これでPNCは終了。日本は最下位となった。箕内、大畑らが帰って来てどうかしら。
ま、何せ良い物見せてもらいました。

試合後に JAB の選手が Haka をやったそうなのだけど、雨もひどくなってきてたので早々に退散。
秩父宮に来るたびに伸びていく、某社本社ビル。ラグビー観戦には悪くない場所だな。そういう意味では評価できる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

マニアックニュース

今週見たもの
[日本 10-71 オーストラリアA (PNC)]
先々週末の試合だったのだけど、滋賀行ってたので今週みた。日本は成す術なしってところかな。SO 小野は案外いい感じだったけど。AUS はバックスが良い。1軍も含めてバックスの層は厚いのだよね。Barnes, Shifcofske, Hewat, Cross 辺りが素晴らしい。Barnes と Shifcofske を見てるとなんであんなに Reds が弱かったのか不思議だ。こないだの NZ-Fra を見たときも、NZ の3列見ながら「なんで Hurricanes 弱かったんだろうなぁ」と思ったものよ。

[日本 3-13 サモア (PNC)]
サモアのハカがリズミカルでカッコイイ。日本は負けないラグビーを目指したようで、ひたすら相手の裏へ蹴りこむ作戦。CTBとかはほとんどボールを運ぶ場面はなく、ディフェンスで相手のラインを早く止めることに専念しているように見えた。そういう意味では大西よかったなぁ。あと、マーシュ。アタックはラックからの球出しが遅いのと、2次以降の攻撃のプランが無いように見えた。ラインで回したり引っ張っても最終的にタッチに詰まる、みたいなの。惜しいシーンも幾つかあったのだけど、後半、Hurricanes の Fa'atau に走られてトライを取られ、これが決定的な差に。やっぱり役者が違う。去年は9-53で負けたことを考えると善戦か。

[Aus 19-22 SA (Tri Nations)]
Ausが Wales 戦とは見違えるようにいい動き。特にディフェンスが凄い。アタックに関してはやっぱ Gregan と Larkham じゃないとダメなのかなぁ、という感じでこちらも第1戦より良かった。総じて、2列が活躍してるときは SA が、3列が活躍してるときは Aus が良いみたいだ。
試合は3点ビハインド残り7分で途中出場の20歳になった Francois Steyn が又も大物感たっぷりの DG 2発で3点差の逆転勝利。特に1本目(下の動画で7分=残り3分弱ぐらいから)のは距離、角度ともPGでも難しいところ。奴はやべぇ。ま、でもそうでもしないと点が入らないぐらいAUSのディフェンスが良かったということで、"We were unable to get through the Aussie defence so I thought I'd have a go, and it just worked," とは Steyn の弁。
個人的な見所は LO Botha のハンドオフで思いっきり吹っ飛ぶ Gregan。マンガみたいだった。

Adblock

['87 Fra 9-29 NZ]
JK はえぇ。オイラが生で見た NEC 時代のJKは速さというよりはパワーとサイズのWTBだったんだけど、87年のJKは速い。後、何か「NZにはギャラハーっていう凄いFBがいたけどプロに行ってしまった」と聞いていた Gallaher を見ることが出来た。小林さんの解説だと、凄くなるのはこの後らしいのだけど。91年には既にプロ(リーグ)に転向していて出場していない。
先日の CAB'sを率いていた Fitzpatrick 団長が HO、先日 PNC で JK のJPNと闘ったSamoaのHCである Michael Jones が FL7番、JKは14番という時代を感じさせる面子。Jones は敬虔なクリスチャン故に日曜の試合には出場せず、この後91年のWorld Cup には選ばれたものの95年は代表から外された。95年の日程は準々決勝と準決勝が日曜に組まれていたからとのこと。Samoa 戦が日曜にあったらどうするんだろ?ちなみに若い頃は7番だったけど、オイラが見てた頃はもう6番だったような。
優勝したAll Blacks の横に置いてあったKDDのNameの入った漆塗りの盃がバブリーさを感じさせた。

[Tonga 21-15 Fiji (PNC)]
前半は20年前と同じように、味方を確認しない投げやりなパスが不思議とつながり、follower が湧いて出てくる Fiji がリード。ディフェンスでも素早いジャッカルがあった。Tonga は PG がことごとく外れるが、後半からスクラムを完全に支配。パワーでトライを重ねて逆転。
解説が朴訥な感じのラトゥということもあって、物静かでテンションの上がらない放送だった。いや悪かったわけじゃないけど。
前の日本-Fiji の時から気になってたのだけど、Fiji のスタジアムでは怪我の治療とか Water Break でプレーが止まった時にスタジアムに80's ディスコミュージックみたいなのがかかる。トンガの応援団もフィジー人も腰を振りながら踊っていてなんだかほのぼの。

  • ドコモ関西のSO アレジは日本代表復帰へ意欲を見せたとのこと。ただ、8末には試合に出れるようになる、といったコンディションのようで、調整できるゲームも無く、9/7開幕の World Cup に出れるかどうか、チームへのFit なども含めると厳しそう。それまでに他の SO が育ってくれればいいのだけど…
    ってか、萩本がドコモ関西のHCやってるって初めて知った。
  • Rodney Blake(REDS) は先の PNC で復帰。来週末のTri Nations の NZ戦で代表復帰予定。Aus屈指のPRだし、今季(膝の手術)のRedsの不振の原因をLathamと共に作ったようなものだからなぁ。
  • Chris Latham(REDS) はReds Academyで練習に復帰した模様。FBだけは充実のAus。
  • 南ア代表 Joe van Niekerk (STOM) が Saints と3年契約。
  • Jimmy Cowan(HILD) は2010年まで契約を延長。
  • Matfield (BULL) が Toulon と2年契約をしたとチームが発表。トップページに "Victor Matfield   à Toulon... c'est oui !" と書いてあるのだけどドイツ語選択のオイラには意味が分からない
    これで来季の Toulon には Tana Umaga(manager), George Gregan, Anton Oliver, Andrew Mehrtens, Victor Matfield が入ると。何だこれ??

今週末はTri Nations 2戦目 SA-NZ がある。SAは先のAUS戦で何人か負傷者を出していたけどどうか?Smit キャプテンは怪我でダメなようで、キャプテンは V-Mat になる予定。HO には Gary Botha。個人的に PR1番に Os du Randt が戻ってきたのが楽しみ。
Super14では Semi-Finals で NZのチームが共にSA のチームに敗れたのだけど、All Blacks は雪辱をなせるのか。非常に楽しみである。
NZ は Canada とのテストマッチ(64-13)では怪我人が出なかった模様。Canada は激しいディフェンスでNZを苦しめたらしい。カナダは World Cup では日本と同じグループに入るし、JKの言う2勝を上げるとしたらFijiとCanadaになるはず。

その AB にプレッシャーをかけるべく Junior AB は秩父宮に登場。Michael Jones 曰く、
「ジュニア・オールブラックスは、そのようなミス(小さなパスミス)をおかすと徹底的に突いてきます。厳しい“Punishment(処罰)”を受けなくてはなりませんので、その点に注意していただきたいと思います。」
とのこと。こえーよー。雨降らなきゃいいな。

John Afoa,Campbell Johnstone,Clarke Dermody,Wyatt Crockett,Corey Flynn,Derren Witcombe,Hoani MacDonald,Kieran Read,Tom Donnelly,Sione Lauaki,Mose Tuiali'i,Daniel Braid (c),Jerome Kaino,Andrew Ellis,Jimmy Cowan,Stephen Brett,Stephen Donald,Sam Tuitupou,Tane Tu'ipulotu,Anthony Tuitavake,Ma'a Nonu,Rudi Wulf,Scott Hamilton,Cory Jane

個人的には FW では PR Afoa, FLになるかな Tuiali'i, No.8 Kaino が楽しみ。やっぱ LO は手薄な感じ。BKはNonu, Rudi Wulf, Cory Jane が見たいなぁ。Janeの7人制の動きが好きである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

おサイフケータイ

現在EdyとSuicaを持っていればオイラの生活圏内のコンビニと交通機関はほぼカバーされる。唯一の例外がセブンイレブン。実は徒歩通勤途中にある am/pm と利用頻度を争うのが、最寄り駅から自宅の間にあるセブンイレブンでして、ここだけ毎度財布を出してジャラジャラとお釣りを受け取るというめんどくせー(とはいえ、数年前までは極めて普通だったのだけど)オペレーションを行うのである。

そんなセブンもネーミングがイマイチ分からん "nanaco" なる電子マネーを導入したので飛びつこうとしたのですが一つ問題が。
カードへのチャージがレジでしか出来ないのですよ。オイラ小心者なので、コンビニで時間のかかるオペレーションをさせるのがキライでして。あの後ろの人を待たせてる感が大キライなのですよ。公共料金の支払いとか絶対やらないし、チケット受け取りも出来るだけ空いてる時を狙うし。

最悪なのが、たまにセブンがやるくじ。
「買い物する」=>「会計する」=>「くじ引かされる」=>「当たりが出たら店員が商品探しに行く」=>「オイラレジ前で放置プレー」=>「後ろの客の視線が刺さる」という必勝コンボ。効率重視のセブンというかヨーカドーグループが何であんな愚かなキャンペーンをやるのか不思議でならない。やるなら引換券とかにして次回来店を促せばいいのに、会計監査上の何かとかあるのかしら。

で、話は反れたのだけど、Edyの入金も am/pm のレジでやったことは無く、近所のスーパーにあるチャージ機で行う。これなら人様の迷惑にならんしね。

そんなこんなで nanaco の申し込みを行わず、例によって現金で買い物をしていたわけですが、この間ふと au のページを見ると、Felica 搭載機が nanaco に対応しているとのこと。以前から Edy とモバイルSuica に対応しているのは知ってるし、あれならクレジットカードで入金可能。愛用の W31T(20mm)より薄い機種も出てきてるし、ここはおサイフケータイに乗り換えるか、どの機種にするかなー、高そうだけど W53T あたりかなー。とよくよく見たら結局入金は店頭レジでしか出来ないらしい。nanaco だけクレジットカード入金NG。

なんだよそれ、それじゃ意味ねーよ…ということで今回の機種変更は見送り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

Symantecの罠

Eric Schmidt が「朝おきて最初にすることは何?」と聞かれて「メールのチェック」と答えたそうだが、ここはオイラも Google CEO と同じ。

で、起きてPCを立ち上げたところ Alert Dialog が。AntiVirus が有効になってないそうな。有効にしようとすると「内部エラーが発生しました」。Windows を再起動しても同じ。
Symantecのサポートページを見ると、ファイルを re-activate(?)するツールがあるからダウンロードしろというのだけど、やってみてもダメ。ダメな場合は…一度アンインストールして再インストールしてくださいと。全うな答えではある。

オイラのPCに入っているのは AntiVirus 2004。もう足掛け3年ライセンス更新をしながら使ってきたのだけど、再インストールと言われても元のインストールファイルが行方不明。これまたファイル名がヘンテコリンなので検索も出来ない。一通りバックアップを置きそうなフォルダを調べても無く、過去のバックアップを取ったCD-Rをひっくり返しても無い。なんか Windows98 とか ProAtlas95 とか出てきたんだけど…
そもそも、パッケージ買ったんだかダウンロードだったのかも不安になってくるぐらい遠い過去の記憶。ダウンロードだったとしてもメール残ってないし。

結局、AntiVirus2007をお買い上げ。5000円弱。2004の方は10月末ぐらいまでライセンスが残っていたので4か月分を捨てたことになる。なんかさー、Symantec のソフトの不具合でなんでオイラが損せにゃならんのよ。元ファイルの管理も含めてオイラの落ち度は1つも無いわけじゃんかよー。
更に、後でAmazon見てビックリ。パッケージ版の方が特別優待とか言って安いし。ダウンロードよりパッケージの方が安いってどういう流通になってんだYO!

そんなことを考えながらシャワー浴びようと浴室に行ったら、2年住んでて1度も遭ったことのない事件に。


ドアの縁に右足の小指ぶつけた…

今日は悪い日になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

Ali Williams soup SOS

先日のFranceとのテストマッチでシャベルに顎を割られた Ali Williams だが、固形食が摂れず、毎日スープを飲んで過ごしているらしい。

そんな Ali が Best Soup Recipe を募集中。Best なものには All Blacks のサイン入りボールが送られるらしい。

Adblock

Youtube に上げているのもニュージーランド協会が公式に上げてるのだよね。Ali Williams は大変だけど(アゴ骨折なんて想像したくも無い)、ユーモアがあるし、こういう企画、こういう Youtube の使い方、好きですよ。我はと思う人は送るべし。で、ボール貰ったらオイラにくれ(ぉぃ

ちなみに最初上がってたバージョンにはシャベルに吹っ飛ばされるシーンが入ってたんだけど、権利の問題というより、シャベルに対する気遣いかな、新しいバージョンではカットされてるみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

セイウチ

Furo嬢が「歯が伸びた」と言っているので、セイウチについて調べてみた。

Wikipedia によれば、

雌雄共に牙を有し、雄の場合では牙の長さは100cmにも達する。これは上顎の犬歯が発達したものである。この牙はオス同士の闘争に用いる、外敵に対する武器、海底で獲物を掘り起こす、陸に上がる際に支えにする等の用途がある。

あぁ、犬歯だったね、何かで読んだことあるよ。結構あると何かと便利そうである。でも、いくら1mの牙があったとしても、それを「陸に上がる際に支えにする」度胸はオイラには無いな。

で、ふんふん読み進めて行くと

セイウチ(сивуч)とはロシア語由来でロシア語ではトドを意味する

な、何だってーーー!!確かに言われて見れば日本語っぽくもないけど。
それにしてもややこしい。イクラが魚卵ぐらいならまだしも、セイウチがトドって。

飲んでて「あのさー、セイウチがさー」とか話しかけられようものなら、
「ん、一寸待てよ。こいつが話そうとしてるのはセイウチのことなのかトドのことなのか、いや、このセイウチはトドじゃないセイウチの方なんだけど…」
とか独りで混乱して out of memory で卒倒してしまいそうである。recursive call には気をつけよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

マニアックニュース

先週末は小旅行であったのでラグビーを消化できず、平日頑張った
FRA@NZ 2戦目は1戦目よりも NZ らしさが炸裂、中々面白い試合だった。個人的には McAlisterから Toeava でのトライが良い。Toeava は1戦目で"不当な"Video Ref でトライを幻にしてしまい、Knock on も多発で国内で評価を落としているようだが頑張って欲しい。2戦目もいいとこでボール落としてたけど…後お気に入りは決まらなかったけど、No.8 So'oialo がキックして一番外にいた LO C.Jack を走らせたシーン。奴らすげーよ。France は Chabal 独りが暴れまくり。

その他、JSports では過去の名試合をやっているのだけど、今週は87年の第1回World Cupを2戦。KDDIではない、KDDの1社スポンサー。87年と言えば、安田海上火災がゴッホの「ひまわり」を落札したような時代。KDDもバブリーだったんだろうなぁ。オイラは中2で Gun's やら聞き始めた頃。
オイラが海外のRugbyを見始めたのは恐らく88年か89年ぐらい。World Cupは91年の第2回からしか見ていないので、第1回を見るのは初めて。トライが4点だったり PK でタッチを割ると相手ボールだったりというルールは懐かしいのだけど、それ以上に素人っぽさが目立って見えた。
当時はプロはWorld Cupに出れなかったし、ルールもアマチュアリズムと紳士のスポーツを反映したものだった。交代は怪我して動けなくなった時のみで原則選手は試合終了までフィールドを出ない、ボールは1つなどなど。スクラムも今みたいに駆け引きで落ちたりということがあんまり無く、すんなりと組む。みんな職業を別に持ちながら代表として集まって試合に出ていたのである。心なしかレフェリーも緩い。
今のテストマッチと比べると体格はもちろん、パントの処理やハンドリングの精度が全然違う。特に地面にあるボールへの働きかけは、Wilko や Giteau を見慣れてると雲泥の差。後は、ラインのディフェンスが組織立っていないので、2次攻撃やシザースなどで簡単に Big Gain が起こる。でも、ハンドリングが甘くて Knock on 多発みたいな。
あれから20年、ディフェンスが格段に進歩したんだなぁ、と再確認させられるのであった。だからこそ、3列を中心にFWの運動量とRunning/Pass Skil がチームの力を大きく左右するんだろうなと。
しかし、France-Fijiを見ながら、あの頃のFiji は楽しいラグビーしてたなぁとつくづく思う。Fiji の凋落も上記のディフェンス進歩の結果の一つか。France側では「褐色の真珠」 FB ブランコの伸びやかなプレーを久しぶりに見れた。

  • 日本代表候補でCAB's戦で左足2本骨折のSO アレジが本日退院予定。退院っていうだけで復帰がいつかは分からないのだけど、間に合うといいなぁ。広瀬がいなくなってからと言うもの JPN の SO は頼りなさ過ぎる。World Cup Year でなければ安藤や小野もいいんだろうけど…
  • Ali Williams(NZ) は France とのテストマッチでアゴを骨折。口から血をダラダラたらしていたので、口の中を切ったのかと思っていたのだけど、全治6~8週間とのこと。Sébastien Chabal のタックルとアタックはえぐかったからなぁ。ヒゲで長髪で目のギラギラした風貌も人造人間だし。
  • ということで、LO Greg Rawlinson (Blues) が代表に呼ばれた。又、paternity leave(育児休暇)で南ア(Tri-Nations)に行かない色男 Howlett の代わりに Rico Gear が Junior AB から昇格。入れ替わりで Nonu がJunior へ。秩父宮に来るんじゃねーの?Nonu には悪いけど(?)楽しみ。
  • Percy Montgomery(Sharks)はフランスのペルピニャン(Perpignan)へ。
  • 海外移籍先の噂の絶えない McAlister君(Blues)は今度はEngland の Sale Sharks からオファーがあるとのこと。Cullen の伝で申し出のあった Munster は断り、確実と思われた Toulouse は先に Byron Kelleher(Chiefs) が決まっちゃったので McAlister は用なし。
    Sale Sharks は Jason Robinson がW杯後に引退するのでお金に余裕があるそうな。また、Luke McAlister の代理人でもある親父さんは昔、Pro League の選手として Sale Area でプレイしていて、Luke も子供のころを過ごしたとか。

今週末は PNC では JPN はサモア戦。仙台(Home)とのことだけどどうかしらね。出来れば勝っておきたいとこだけど正直厳しい。
南半球では早くも Tri-Nations が始まる。Opening は AUS@SA。NZは暇なので Canadian Bears を Hamilton に迎えてテストマッチらしい。NZ は怪我人が出たり、怪我人が戻ってきたり、マコちゃんが休憩だったりで面子が大きく変わっている。FWは1.5軍、BKは1軍かしら。1.5とはいえ、十分強そうだけど。

Mils Muliaina; Doug Howlett, Conrad Smith/Luke McAlister, Aaron Mauger, Sitiveni Sivivatu; Dan Carter, Byron Kelleher; John Schwalger, Andrew Hore, Neemia Tialata, Ross Filipo, Troy Flavell, Reuben Thorne, Jerry Collins, Chris Masoe
Keven Mealamu, Carl Hayman, Rodney So'oialo, Richie McCaw, Piri Weepu, Luke McAlister/Rico Gear, Leon MacDonald

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

銀行

先日、某広告代理店の人から相談を受けた。相談と言っても畑違いのオイラに対するものなので「意見聞かせてよ」ぐらいだったのだけど。
彼のクライアントは某銀行で、大手広告代理店のクライアントにありがちな「利用者を増やしたいのだけどどうしたらいい?」という超ざっくりとした命題。

オイラは実は銀行に預金がほとんどない。貧乏なの
ってことではなくて、一般生活ですぐに下ろしたくなるぐらいの金額を残して、全部証券会社に入ってるのよね。今は少なくなったけど株とか、外貨(MMF)とか、その他投信などなど。

銀行と証券会社の違いって何? って考えると、それは「間接金融」と「直接金融」の差。お金を預ける側からすると、自分の預けた金がどこでどうなってるかは気にしないのが銀行。自分が預けた(実際は預けたというか売買を仲介してもらってるのだけど)お金で何を買って、今得してるか損してるか分かるのが証券会社。(近頃は銀行でも投信売ったりするけど)
一般の人にとって銀行は「お金を預かってくれて少ないけど利子を付けてくれるところ」なんだけど、他人のものを厳重に預かって、更に増やして返す、なんてアホな商売があるわけもなく、銀行は「会社とか個人にお金を貸して利子つけて巻き上げるところ」なんですな。高校、大学ぐらいまでは表面しか知らないけど、自動車だ家だでローンを組むと途端に裏面が見えてくるわけで。

で、何でオイラが銀行使わないかっていうと、利子が安いからでごんす。別に毎日のように株の売買やって運用して、とかは考えないけど、証券会社に適当に置いておくと個別で損したり得したりするんですが、不思議と全体でそれなりに増えてるのよね。銀行じゃ忘れた頃に数十円の利子がつくのが関の山。

以前、別の案件のリサーチで社会人2年目ぐらいまでの人に「株をやってみたいか」という質問をしたら、案外ほとんどの人が「興味がある」という答えだった。
オイラはたまたま未公開企業に入って在籍中に公開というのを経験したのだけど、そうでもなきゃ株をやるなんて考えなかっただろうなぁと。大体、社長に呼び出されて説得されるまで、自社株も買うつもりなかったし。当時は「株 = 怪しいもの」「株 = 金持ちの道楽」って感じだった。
「日本人は預金好き」というのは有名な話なのだけど、自分で投資・運用するんだ、という意識は確実に強まって来ている気がする。その裏にはペイオフ解禁とか年金の諸問題とかマスコミが煽る成金への憧れとかがあるのかしら。

そんなことを考えてると、この先銀行がお金を集めるのはだんだん難しくなるような気がする。融資して欲しい企業はいっぱいあるだろうけど、消費者が銀行に金預けない、みたいな。で、そんな中で銀行のプロモーションって何やればいいんだろうねぇ?

とりあえず、普通の消費財と違って1回口座作らせれば利用の継続性が見込める訳なので、「ソフトバンクモバイルばりにSpot でメチャなキャンペーンやって話題振りまいたらどうですか?」という曖昧な返答をしておいた。でも銀行って広告宣伝とかも煩いんだよな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

Windows自動更新後の再起動ダイアログ封じ

正確に言うと封じられないのだけど。
[追記]ていうか、もうこのエントリ古いし他であたってくださいな。

ついうっかり仕事中にWindowsの自動更新を行ってしまうと、「再起動してくれ」ダイアログが出てくる。「後でやるよ」ってな感じで閉じても10分ぐらいたつとまた出てくる。
コード書き中の佳境だったり資料作成中だったりするとウザイことこの上ない。さらにトップに出てきてカーソルのFocus取るので、「今すぐ再起動」を押してしまいそうになることもしばしば。

ということで、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」、 gpedit.msc と入れてグループポリシーエディタなるものを立ち上げる。
ローカルコンピュータポリシー -> コンピュータの構成 -> 管理用テンプレート -> Windows コンポーネント -> Windows Update -> 「スケジュールされたインストール時の再起動を再確認する」をダブルクリック。
出てきたダイアログで「有効」をチェックして下の分数を1440に設定すると24時間は再起動を促して来ないはず。と書いてる途中にダイアログが出てきた。「自動更新を構成する」が有効でないといけないらしい。

ってか日本語難しいね。「スケジュールされたインストール時の再起動を再確認する」「自動更新を構成する」って何のことか分かりませんよ。

[追記]
こんな記事が出てた
窓の杜 - 【今日のお気に入り】再起動をしつこく促すダイアログを抑制「XP にマホトーンをとなえる」v1.00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうでもいいニュース

昨日ってか一昨日か、一番面白かったニュース

35歳女と少年ら、男子高校生に暴行・稲城、容疑で逮捕

少年らは川崎市の私立高の男子生徒(17)に暴行しようと谷口容疑者に加担を求めたといい、「日本で1番ケンカの強い姉さんに頼んだ」などと供述。同容疑者も「私が出るしかないと思った」と認めているという。

稲城クオリティ高すぎ。これ何てシャア?

ガンダム第1話、連邦の新型(ガンダム)を偵察に来たシャアの配下への言葉。
「デニムに新兵が押えられんとはな。私が出るしかないかもしれん、船をサイド7に近づけろ」


三原じゅん子が離婚へ、結婚8年で破局

まぁ、別にどうでもいいニュースなんだけど…

女優三原じゅん子(42)とコアラから改名したタレント、ハッピハッピー。(38)が離婚することが11日、分かった。

ハッピハッピー。って!? それも「。」付きかよ!てか芸能活動してたのかよ!

で、どうでもいいついでに調べてみると、Wikipedia 曰く

2004年12月31日放送の日本テレビ『細木数子の大晦日スペシャル!!全て見せます六星占術』で「家庭を良くしたい」と言う事を理由に、占い師の細木数子からアドバイスされ、コアラから「ハッピハッピー。」に改名した。

すげーよ細木先生。もうそろそろ賞味期限切れなんでねーの?

そういえば関係ないけど、滋賀で見た関西ローカルの番組ではたむけんが素顔でジーパンだった。やっぱグラサンでフンドシなのは関東というかキー局というか全国ネットだけみたい。
でも、ネタが自分の焼肉屋の話なのは全国ネットと同じ。たむけんもそろそろ賞味期限切れか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

近江から京へ

石山寺の花の事を書きながら写真を上げてなかったので上げておこう。

1日目は朝が早かった&歩きまくったので疲れて22時ぐらいに寝てしまった。2日目は早朝に起きて食事を取り9時半に宿を出る。石山から京阪大津線で浜大津を越えて三井寺へ。
オイラは知らなかったのだけど京阪は一部路面電車なのね。で、三井寺に着くと改札は無く、駅員が切符を受け取る皿のようなものを持って立っているだけだった。帰りに気がついたのだけど、この駅は駅員が1人、そして上りと下りのホームに連絡通路が無い(改札が別)ので、踏切が鳴ると駅員はダッシュで向かいのホームに行って下りてくる客を待ち構えるという寸法である。だったらいっそのこと無人駅にすればいいのに。

三井寺の駅を下りて琵琶湖疎水に沿って北西へ。10分弱歩くとこんもりとした森というか山の入り口に立派な山門が見える。長等山園城寺、通称「三井寺」である。天台寺門宗といい、元は天台宗の派閥だったものが独立した宗派の総本山。戦国時代には関係ないのだけど、平安時代から鎌倉時代にかけての貴族や武家の帰依が篤く、武蔵坊弁慶に関わるエピソードもあったりして平家物語マニアには堪らない。

Adblock

ここも石山寺と同じく山の斜面に伽藍が展開され、アップダウンが激しく、非常に広い敷地を持つ。個人的には石山寺よりも古く、荘厳な雰囲気のするといった感想。石山寺同様、至るところに楓と桜の木があり、これも春や秋にはさぞかし美しかろうと思わせる。また、秀吉の北政所(いわゆる「ねね」)が建てさせたという金堂は残念ながらメンテナンス中で外観を見られなかったのだけど、展示されている仏像などは平安時代のものも何体かあり、よく保存できているなぁ、と素直に感心。

Adblock

その金堂の近くに弁慶の引き摺り鐘というものがある。昔から比叡山延暦寺と三井寺は幾度も戦いを行っていたのだけど、ある時三井寺が負け、叡山の坊、弁慶が三井寺の梵鐘を叡山の山上まで引き摺っていったという、「花和尚魯智深かよ!」というような逸話が残っている。その後、叡山で鳴らしてみたら上手く鳴らなかったので切れた弁慶が谷底に投げ落としてヒビが入ってしまったとか。さらに元を辿ると、この鐘は俵藤太がムカデ退治をしたときに琵琶湖の主からお礼に貰ったものだとかいうので、もうここまで来ると何が本当で何が嘘なのか分からない。っていうか全部嘘だね。ただ、物自体は奈良時代のものらしく、引き摺ったような後やひび割れは実際にあるのだな。

そんなこんなで最後に一際高台にある観音堂へ。ここは妙に俗っぽかったのだけど眺めは良い。あんまり琵琶湖を見た記憶ってないんだよなぁ。昔、黒姫に行くときに特急雷鳥に乗ってて見たっけなぁ。「琵琶湖周遊の歌」を思い出そうとするも、何故か「知床旅情」のフレーズしか浮かばない。そんなことを思いながら眺めてたら、突然爆音が。暴走族かと思ったら競艇がスタートしたらしい。競艇の音って初めて生で聞いたけど凄い音量。なんだかブチ壊しである。(下の写真、湖面の手前に囲いのようなものが見えるのが競艇場)

Adblock

ここで下山。元来た道を戻り、浜大津まで戻ってから京都方面に乗り換え。元々、京都に行こうかなぁと何となく思っていたのを滋賀に変えたので、帰りの新幹線は京都からのチケットなのだ。京都市役所前で下りてフラフラと散策し、昼食を取ろうと串焼き屋に入ったら驟雨。どうも昼飯で店に入ると雨が降るのがパターンのようだ。この串焼き屋はかなり美味かった。お勧めである。

で、店を出ても雨が止まないのでまたも駆け込むように烏丸御池へ。地下鉄で二条まで行き、地上に出ると照りつけるような太陽。どないなってんねん?今度はJRで花園へ向かう。

先日、友人に「妙心寺って知ってるか?」と聞かれたのだけど知らなかった。そんなの歴史にも出てこないし。っていうか、オイラのことを寺マニアとでも思っているのか?
で、聞くと友人の母方の宗派の大本山が京都の妙心寺というところだと。「宗派って何宗?」と聞くと「知らない」と。知っとけよ、と思いつつしゃーないから調べてみると臨済宗ということで禅宗ですな。臨済宗にも派閥がいくつもあって、その中の最大派閥が臨済宗妙心寺派なのだそうです。で、大本山と聞いたからには行かねばなるまい、ということで花園駅へ。

駅前の通りを道なりに上がっていくとそこが妙心寺の入り口。「時間が余ったら北へ抜けて龍安寺か仁和寺でも見ていくか」と思っていたら、めちゃデカイでやんの。塔頭は全部で46、龍安寺も one of them だそうで、ビックリでやんす。Google Mapを見ると分かる。
ついたのが14時35分ぐらいだったか。入り口の案内所のオッチャンがやたらと喋りかけてくるのだけど、「40分から見学の案内があるから急いで行け」と言う。普段、ガイド付きでずらずら並んで見るのは好きじゃないのだけど、やたらしつこく勧めるので仕方なく案内受付へ。500円だか払って待ってると、オモロいオバチャンネーチャンが先頭に立って歩き出した。後で分かったのだけど、これは単なる案内じゃなくて、この案内付きじゃないと見られないところに連れて行ってくれるものらしい。
んで、最初に連れて行かれる法堂には吊り天井に描かれた狩野探幽筆の雲龍図があるのだけど、これは必見。高さ13mの高さに直径12.5mの円、その中一杯に描かれた龍の図である。見る角度によって騙し絵のように変わる不思議な絵、それでいて、龍の視点はどこに立っても見る者を見据えるという、非常に良く計算された絵なのであります。
堂は立派な丸太の柱が二重に囲って支えているのだけど、この丸太を運んできた通りが丸太町通りと呼ばれているそうな。

Adblock

その他は公開されているのは3箇所ぐらいで余り見学できるところはないのだけど、伽藍をゆっくりぐるっと周ったら1時間半ぐらいかかったかな。とてもじゃないけど、仁和寺まで足を伸ばす余裕なし。石田三成一族の菩提所や、真田信之の孫娘が設けた菩提所、明智光秀を弔って作られた明智風呂など戦国マニア好みな塔頭も多いのだけど、公開されているものが少ないのが残念であった。

帰りは花園から京都へ、そして新幹線で帰る。1715発のぞみ140号を取っていたのだけど、ホームに上がったら目の前に1709発ののぞみ34号が到着。JR西日本500系である。あー調べてから取ればよかったー、と後悔。こんなに悔しいことは久しぶりである。
悔しがっても仕方が無いので普通に700系で帰ることに。西日本で思い出したけど、やたら仲間さんの広告が目に付く。目に付くポスターは予約サイトの広告なんだけど何とも良い。YouTube は ICOCA のもの。

Adblock

ちなみにJR西日本の改札でSuicaが使えるのかどうか自信が無くて使わなかった。ICOCAが関東で使えることは知ってたんだけど。帰りに花園で乗るときに使えると書かれていたけど、帰りはそのまま新幹線の京都発の乗車券に接続なので使えず。

長等山園城寺(三井寺)  (Google Map)
炭火串焼き 串くら(昼食) (Google Map)
妙心寺 (Google Map)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

近江

GW(大型連休)も引きこもりだったし、入梅も遅れてるらしいし、どっか行っておくか、と例によって思いつきで民族大移動。国内にも色々行ってみたいところがあるのだけど、今回は神戸人に近くて遠い国「近江」をピックアップ。

東海道新幹線で米原まで、米原に着くと降りる乗客のほとんどは北陸線へ。なるほど、名古屋方面から富山方面へ向かう人はこういうルートなんだな。オイラは超少数派の東海道本線へ。一駅乗って彦根に到着。天気が不安だったが何とか持っているという感じの天気。
駅から西へ10分ほど歩くと立派な堀と城郭が見えてくる。天守は緑に遮られて余り見えない。まずは玄宮園という綺麗な庭園を見た後、ほぼ山登りといった急坂を登って天守閣へ。天守閣は国宝であるが、大坂城や姫路城ほど大きなものではない。そして、何より中の階段がメチャクチャ急なので、足元の不安な人、高所恐怖症の人、スカートの女性にはお勧めできない。

天守閣最上部から眺めるとJRの線路の向こうに佐和山が見えた。綺麗な左右対称の丘で、天守閣が似合いそうなものだが、佐和山城を与えられた井伊直政が彦根城へ移したいということで大工事を行い、20年をかけて直政の死後やっと移ったとのことである。どうも直政は元の佐和山城主が石田三成だったのが気に入らなかったという話もあるとか。井伊直政といえば徳川四天王の一人、井伊の赤備えで有名な武将であり、戦国好きには堪らない

で、彦根城を下りて蕎麦屋に入ったところで雷雨開始。ただ、新快速が1時間に2本ペースなので、止むのを待つわけにも行かずダッシュで彦根駅へ。疲れた。

近江八幡の街でも歩こうと思っていたのだけど雨脚が変わらないようなので諦めて石山まで。石山に着いた頃には雨は上がっていた。京阪大津線に乗り換えて石山寺駅へ。京阪大津線は2両編成で、ちょうど世田谷線のような感じだった。駅から1kmほど歩いて石山寺へ向かう。石山寺駅っていうのでもっと近いのかと思ってたのだけど結構歩く。

石山寺というのは、元々は東大寺大仏建立の為に云々というので、1250年ほどの歴史を持つ寺である。紫式部が源氏物語を書いたとか言われているので、源氏物語マニアには堪らない…のだろうけど、オイラ源氏物語読んだことないのでね(古典の教材以外に)。ま、何かそれっぽい(腐)女子連れも何組か見たけど。ちなみに石山で寺というと戦国マニアは石山本願寺を思い起こすと思うのだけど、あっちは摂津(大阪)の石山なのでこことは無縁。

寺はと言うと緑豊かな感じで、雨上がりもあって非常に鮮やかでした。桜、紅葉、菖蒲、牡丹など色々あって四季折々楽しめそう。建物も中々古くてよかったんだけど天気がイマイチでな。伽藍はかなり広大でアップダウンが激しい。雨上がりで少し湿度もあり汗ばむ感じであった。

瀬田川でカヌーの練習をしているのを見ながら駅まで戻り、石山に取った宿へ行く。晩飯は近江牛。非常に旨いがサシの入った肉はそれだけ脂っこいのでね。オイラは80gぐらいが丁度良い。疲れて寝る。

彦根城 (Google Map)
石山寺 (Google Map)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

マニアックニュース

先週末のPNCの日本はトンガに辛勝。トンガは国際ランキング上位と言えど、1軍半~2軍の面子だったのでこれではJapanは苦しい。少し謎ジャッジもあったので日本はもう少し楽だったはずかもしれないけど。
同じく2軍でNZと当たったFRAは点数は大差だったけど案外戦えてる感じだった。NZの本気度合いがまだまだなのかしら。
ノロや怪我、FRAと同じく国内リーグの優勝争いで1軍半のENGはSAにボロ負け。Wilko が頑張って押し込まれたボールを敵陣に返してたんだけど、後半からやられたい放題。っつーか南ア強いよ。Super14の勢い持続で、今一番派手で面白いRugbyをする。

AUS-WALはテストマッチの中では唯一1軍同士の戦いに見えたのだけど、結構ミスが多い退屈な試合だった。オーストラリアはマジでやヴぁそうだなぁ。 代表とA代表のレベルがほとんど変わらない。NZの場合はA代表(Junior)のレベルが高いんだけど、Ausの場合は代表のレベルがイマイチという感 じ。2戦目はWalesを完封したので、点数の上では楽勝に見えるけど、後半 Gregan が入ってくるまではショボイ感じだった。Wales は 6Nations の時と同様波がある感じ。
個人的にはシーズン中左右で色違い(赤青)のスパイクだった Ioane が普通の黒のスパイクを履いていたのが気になる。代表ってそういう統一があるのかしら。

  • AUS期待の新星 Lachlan Turner がPNC Samoa戦で胸を痛めて少なくとも2週間はAチームを離れるとのこと。World Cup の Squad 入りも噂されていたのだけど。唯一と言ってもいいぐらい、今期のSuper14で光ってたオーストラリア人だったのになぁ。ということで日本戦には出てこないみたい。残念。
  • England相手に2試合で4トライのHabana は膝の精密検査を受けることに。もしかしたら1ヶ月ぐらい戦列を離れるのではないかと。
  • Ireland が Argentina に 0-16 と完封されたらしい。これで2連敗。IrelandはBig Nameがメンバーから外れてるとはいえ、Franceで活躍する選手が多い Argentina も1軍半の面子。大丈夫か?
  • 案の定代表入りしたけど使ってもらえない Luke Watson はやっとSamoa戦で先発予定。
  • 早稲田の五郎丸がヤマハ内定。来年の春の内定がもう出るのか。すでに入っているSH矢富と早稲田コンビですな。

もう録画スケジュールが大変なことになってまして、間違えて同じ試合を2つ録画してしまったり。今週末はNZ-FRA2戦目。PNCは日本 vs AUS. A が行われる。日本は1トライでも出来ればなぁ、といったところかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

リンクページ

はてぶに代表されるソーシャルブックマークサービス(SBM)は誰かが能動的にブックマークしたものが蓄積されている。Blogとか読んでるとはてぶにブックマークした人数が表示されていたり。

Google ってURLの頭に link: をつけるとそのURLにリンクしているページの一覧が取れるわけで。SBMではないけど、何かそんなの分かったら面白いかなーとおもって、「今見ているページにリンクしている(Google上での)ページ数」を出す GreaseMonkey スクリプトを書いてみた。

やってみた感想は、というと案外面白くなかった(ぉぃ
恐らく実際にリンクされてる数よりかなり少なく出てくるのよね。っつーか、Google はあんまりリンクの解析やってないのかな。でもPageRankに必要だしやってるはずだな。検索結果への反映がされないだけかな。

ま、たまにBlogやニュースサイトの個別の記事に対するリンクを追いかけたら面白いこともあるんだけど。

つーことでいい加減Script。Google Search API とか使うと面倒なので、ページとってきて正規表現。日本語が入ってることもあって、ゴミが入っちゃうことも多いんだけど、まぁいいや。

// ==UserScript==
// @name           Google Link Checker
// @namespace      http://hogehoge.com/
// @include        http://*
// @include        https://*
// @exclude http://10.*
// @exclude http://172.16.*
// @exclude http://172.17.*
// @exclude http://172.18.*
// @exclude http://172.19.*
// @exclude http://172.20.*
// @exclude http://172.21.*
// @exclude http://172.22.*
// @exclude http://172.23.*
// @exclude http://172.24.*
// @exclude http://172.25.*
// @exclude http://172.26.*
// @exclude http://172.27.*
// @exclude http://172.28.*
// @exclude http://172.29.*
// @exclude http://172.30.*
// @exclude http://172.31.*
// @exclude http://192.168.*
// @exclude http://www.google.*/search*
// ==/UserScript==

var target = 'http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=link%3A' + encodeURIComponent(location.href);

GM_xmlhttpRequest({
   method: 'GET',
   url: target,
   onload: function(r){
      res = r.responseText;
      init();
   },
});

function init() {
    if (res.match(/検索結果(.*)件中/) != -1) {
        var cnt = trim(RegExp.$1);
        if (cnt != '.' && cnt != '') {
            var d = document.createElement('div');
            d.setAttribute('id', 'google_link_checker');
            d.setAttribute("style", "position: fixed; bottom:0px; right:0px;");
            d.innerHTML = '<a href="'+target+'">'+cnt+'件</a>';
            document.body.appendChild(d);

            GM_addStyle('#google_link_checker{background-color: #eeffee; color: #88ff88; font-weight: bold; font-size: 12px;font-family: "Helvetica", "Arial", sans-serif; width: 75px; height: 16px; border: solid 1px #88ff88; text-align: right; padding 0px; margin: 0px;} #google_link_checker a{text-decoration: none; color: #88ff88;}');
        }
    }
}

function trim(s)
{
    var l=0; var r=s.length -1;
    while(l < s.length && s[l] == ' ')
    {    l++; }
    while(r > l && s[r] == ' ')
    {    r-=1;    }
    return s.substring(l, r+1);
}

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

恥の文化

保護者からの無理難題、悩む教師 教委が対策指南書

・ 毎晩9時から、学校での様子を1時間半も電話で説明させられ、それが半年続いた
・ 児童の父親から母親を朝に起こすよう頼まれる。起こさないと、子どもが学校に来ない
・ 給食を全部食べるよう指導した児童が帰宅後に腹痛を起こして以来、親が「能力不足、担任をかえろ」と要求し続ける。
・ うちの子を正選手にしろ
・ 第1希望でない選択教科の授業は受けさせない
・ 部活動のユニホームは学校で洗ってほしい

なんすかね、これ。モンスターペアレントとか呼ばれるそうですが。
オイラがガキの頃だったら、子供が恥ずかしくて嫌がると思うんだけど。うちのオカンとかオヤジがこんなことやってたら「勘弁してくれ、やめてくれ」って言うだろうなぁ。それ以前に親が恥を知れよ、って感じですが。

「日本は恥の文化」なんて言われてたもんですよ。恥ずかしいことを回避する、そこに趣きとか、その裏返しに思い遣りがあったり。その反面、自己主張が弱いとか契約関係が曖昧とか対外的に不利な点があったわけですが。
権利の主張、ダメと書いてないことはOK、悪いとこまで欧米化ですか。猫を電子レンジで乾かしたら死んだと家電メーカを訴えるとか、ファストフードのコーヒーで火傷したと巨額の慰謝料を要求するとか、ちょっと前まで海の向こうの笑い話だったんだけどなぁ。

ちなみに、コレ系の話は教育現場の知人からも聞いていて、そこ(学校)で同級生のものを盗んだ子供がいたので親に連絡をしたら「盗まれた子が悪い」「盗まれるようなものを持ってくる奴が悪い」と逆切れ。要は「うちの子は盗むように誘惑された」被害者だということらしい。ついには父親が出てきて「俺はXX大学(有名私立大学)卒だ」とやたらと学歴を引き合いに出して「だから俺は間違ってない」みたいな主張を繰り返したそうな。痛いよ、痛すぎるよ
他にも、近頃は授業中に立ち上がってウロウロしちゃう小学生が多いらしく、親から「そういうことをしないように先生が教育して欲しい」という意見があったとか。いや、それ親のしつけの範囲でしょ?厚顔無恥とはこのことか。

前にも「給食費を払っているんだから給食前に『いただきます』と言わなくていい(感謝する必要はない)と子供に教えた親」の話がネット上で話題になってたり、ちょっと前にはテレビなんかでもそもそも給食費払わない家のことを矢鱈取り上げてたり。こういうのが普通な家庭で育った子供はどうなるんだろうなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

Joost

友人TがJoostに誘ってくれて1週間ぐらいかな。

Joost は技術的なことを抜きにして簡単に言うと、「パソコンで見るテレビ」といったところ。それもYoutube などと違って、事業主がちゃんとコンテンツを買ってきて広告をつけて配信する、という既存のテレビ局と同じ形態である。既にストリーミングで Gyao がやっているけれども、Joost は P2P のクライアントをPCにインストールして視聴する。

現在は招待制で、まぁ mixi のような広げ方をしているところ。実際にソフトをダウンロードしてインストール、起動してみると10秒もしないうちに非常に綺麗な動画が。それもストリーミングのようにつっかえることもなく滑らかに動く。激しく Pan したときなどにブロックノイズが載るのが気になるけれども、フルスクリーンで見られるオンラインの動画、というところでは今まで見た中で一番綺麗なんじゃないかな。

ただ、問題はチャンネル。ギネスの記録挑戦みたいなのを延々流してるチャネル以外はほとんど見るものがない。ラグビーとかあるかな、と思ったら、何故かチリの大学ラグビーがあって、麦わら帽子被った監督がすごい早口でスペイン語まくし立ててたりしげ、なんだか一人で見てるオイラも含めて妙にシュールな空間が形成された。National Geographic を期待してたんだけど、権利の関係か US 国外では見られないらしい。

技術的なところで言うと、P2Pを使っているということからか、非常な高画質な動画とチャットなどのオンライン、インタラクティブな機能が乗っかっているのが面白い。後、U/IもどちらかというとMacっぽくてよろしい。TVをどうやってネットにつなぐか、インタラクティブにするか、みたいなところを家電メーカはやってるんだろうけど、逆サイドから攻めてきた答えがこれかね。

ただ、慣れの問題なのか、画面との距離(視野角)の問題なのか、なんかPCの画面でテレビをゆっくり見るっていうのに慣れないのだよね。うちはNotePCだからかな。

ちなみにオフィスのマシンにもインストールしてみたけどダメ。ここにある通り、そっとFirewallの外向き TCP 5223 と UDP 33333 を開けてみたけどダメだった。ISPでUDP遮断してたりするのかな。PortQry してみたところそんな感じも無かったけど。ま、いいや。

[6/20 追記]
久しぶりに Support ページを見たら UDP 33333 の代わりにUDP 4166 になっていたので試してみたけどだめ。でも UDP 4166 に加えて TCP 4166 も開けたら見えるようになった。まだまだ謎は多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

湾岸スキーヤー

日曜目が覚めて、SA-ENGの試合を見て10時過ぎ。特に用事もない休日なんだけど、さてどうするかなと。
2年住んでいると近所の散歩(徒歩1時間圏内)もマンネリ気味。

ふと思いついて、IKEAデビューをしてみることに。もちろん港北ではなく1年ほど過ぎた船橋の方。オープン時は大混雑だ渋滞だと言っていたけど、さすがにそろそろ空いている頃であろう。デゼニランド(or シー)行きの親子連れとカポーが降りた後の京葉線に揺られて南船橋に到着。最後に来たのは99年とか2000年だったかなぁ。

駅の階段を下りるとIKEAがどーんと見えるのだけど、最早SSAWSがどっち向きにどう建ってたかなんて思い起こせない。ただ、手前の団地(?)の給水塔と思しき建造物には見覚えがあって、"手ぶらでスキー"したこととか、友人の車で来たら帰りに船橋オートのおっちゃん達(奴等、車道を平気で徒党を組んで歩く)にブロックされて中々帰れなかったこととか、そんな記憶が蘇る。

そんなこんなで中へ。少し腹が減っていたので即2階で飯を食う。スキー場のようにセルフでトレイ持って食べ物乗っけて最後にレジ、といった仕組み。あんまり考えずに「焼鳥丼」を頼んでみたのだけど、昔勤めてた会社のUS本社を思い出させる味であった。特にご飯のベッチョリ具合がステキ。ま、500円ちょっとなんでこんなもんか。
食後に1Fに降りてぐるっと回る。結構な人出。なんつーか安いし、安さの割にはモノは良さそう、という初期のUNIQLO的な感じ。とってもデザインに優れたもの、とかは無いけど。上京したての学生がワンルーム借りて色々揃えたい、ってな時には重宝しそう。
とりあえずグラタン用の深めの皿と、重曹を入れておくビンに丁度よさそうなのを持ってレジへ。残念ながら巨大世界地図は見当たらなかった。

レジは客がカゴからブツを出してコンベヤの上に並べて置くという「欧米か!」というスタイル。仕切りのBarを置かないとか、中々慣れていない人も多そうだった。そう考えると日本のスーパーって親切だなぁ。

個人的なヒットは、以前Swedenに行った時に気に入って買って帰ってきたニシンの酢漬けを売っていた事。家具とかのレジの後で売っているのだけど、2瓶で500円というのは安すぎるぐらい。なんかSwedenで買ったのより身が細切れなのが気になるのだけどとりあえず王子サーモンの半額ぐらいのサーモンと一緒に購入。

ちなみにオイラの身の回りでは「酢漬け(酢の物)をキライな人はメタボ気味」という統計結果が出つつある。気のせいかな?

来年には神戸にも出来るそうな。あの神戸空港の手前の土地を見れば IKEA か Costco ぐらいしかなさそうだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

マニアックニュース

先週末の日本代表のフィジー戦はお粗末であった。これまでのJKの指導が幻だったかのような試合。CAB's がSO 安藤に残したのは教訓ではなくて傷痕だったようだ。まぁ、これが実力ってとこかね。週末のトンガ戦も安藤が先発のようだ。何か変わってくるのか。

  • Sivivatu は Waikato と2年契約延長
  • Wales戦前に Larkham がハムストリングの張りを訴えたので、急遽 Sam Norton-Knight がSOとして代表デビューした。第2戦は Larkham の予定。
  • England はノロウイルスと怪我人でヘロヘロのよう。Wilko は顔と腰に傷を負ったが復帰できそう。Balshaw はスネをやっちゃって本国送還。Strettle もノロで送還。
  • Highlanders の Nick Evans は Auckland に帰ると。理由は家族と過ごす時間を増やすためで、Highlanders からも「いつでも帰って来いよ」と円満退団。来季どこでプレーするかは未定。順当にBluesかしら?
  • Junior All Blacks から本隊に合流した Nonu が踵を傷めた。どうもNZは13番が不安定なようだ。France戦では Toeava(Blues)が入る予定で、Nonu はリザーブ。個人的には Toeava は攻守とも楽しみ。
  • トンガ代表キャプテンのラトゥがNEC入り。3列が凄いことになりそう。それにしてもラトゥってトンガ人は何人いるんだろうか?
  • 2011年からやはり World Cupの予選が変わるらしい。今まではサッカーみたいに各地区の上位チームが地区代表として出ていたのだけど、今後は前大会の上位12チームに加えて、各地区上位チームで統一の大会をやってその上位チームが本大会に出ると。つまり、アジアから1チームも出ない、ということも有り得ると。
    要は、地域じゃなくて、本当に世界で強いチームの大会にしようというIRBの思惑だが、95年に17-145で日本がNZに負けたのが少なからず影響しているとか。
  • Ireland は Argentina に 20-22 で負けたとのこと。Argentina 強いのか?ってか北半球弱いのか?

つーことで、週末は忙しい。Samoa-Fiji, Japan-Tonga とかは最早どうでもいい部類で、NZ-FRA, AUS-WAL, SA-ENG の放送が。それとあわせて22時からは気になるGiro の Liveが。なんか録画予約で混乱してます。キリンカップ?何それ。
ちなみに NZ-FRA は楽しみにしてたんだけど、フランス協会がドジ踏んで、国内リーグの終盤とNZとのテストマッチが重なったので、ベテランと若手(旬の選手がいない)の混成代表チームで闘うそうな。ある意味本番まで勝負を避けたのか?

ちなみに6月24日に日本に来る Junior All Blacks の Fiji 戦のStarter が発表に。BrettがCTBに入っているのが不思議だけど、これは垂涎物である。

1. Wyatt Crockett, 2. Derren Witcombe, 3. Campbell Johnstone, 4. Ross Filipo, 5. Greg Rawlinson, 6. Jerome Kaino, 7. Daniel Braid (captain), 8. Mose Tuiali’i, 9. Andrew Ellis, 10. Stephen Donald, 11. Anthony Tuitavake, 12. Stephen Brett, 13. Casey Laulala, 14. Rico Gear, 15. Cory Jane
16. Tone Kopelani, 17. Clarke Dermody, 18. Tom Donnelly, 19. Marty Holah, 20. Jimmy Cowan, 21. Tane Tu’ipulotu, 22. Scott Hamilton

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »