« 湾岸スキーヤー | トップページ | 恥の文化 »

2007年6月 5日 (火)

Joost

友人TがJoostに誘ってくれて1週間ぐらいかな。

Joost は技術的なことを抜きにして簡単に言うと、「パソコンで見るテレビ」といったところ。それもYoutube などと違って、事業主がちゃんとコンテンツを買ってきて広告をつけて配信する、という既存のテレビ局と同じ形態である。既にストリーミングで Gyao がやっているけれども、Joost は P2P のクライアントをPCにインストールして視聴する。

現在は招待制で、まぁ mixi のような広げ方をしているところ。実際にソフトをダウンロードしてインストール、起動してみると10秒もしないうちに非常に綺麗な動画が。それもストリーミングのようにつっかえることもなく滑らかに動く。激しく Pan したときなどにブロックノイズが載るのが気になるけれども、フルスクリーンで見られるオンラインの動画、というところでは今まで見た中で一番綺麗なんじゃないかな。

ただ、問題はチャンネル。ギネスの記録挑戦みたいなのを延々流してるチャネル以外はほとんど見るものがない。ラグビーとかあるかな、と思ったら、何故かチリの大学ラグビーがあって、麦わら帽子被った監督がすごい早口でスペイン語まくし立ててたりしげ、なんだか一人で見てるオイラも含めて妙にシュールな空間が形成された。National Geographic を期待してたんだけど、権利の関係か US 国外では見られないらしい。

技術的なところで言うと、P2Pを使っているということからか、非常な高画質な動画とチャットなどのオンライン、インタラクティブな機能が乗っかっているのが面白い。後、U/IもどちらかというとMacっぽくてよろしい。TVをどうやってネットにつなぐか、インタラクティブにするか、みたいなところを家電メーカはやってるんだろうけど、逆サイドから攻めてきた答えがこれかね。

ただ、慣れの問題なのか、画面との距離(視野角)の問題なのか、なんかPCの画面でテレビをゆっくり見るっていうのに慣れないのだよね。うちはNotePCだからかな。

ちなみにオフィスのマシンにもインストールしてみたけどダメ。ここにある通り、そっとFirewallの外向き TCP 5223 と UDP 33333 を開けてみたけどダメだった。ISPでUDP遮断してたりするのかな。PortQry してみたところそんな感じも無かったけど。ま、いいや。

[6/20 追記]
久しぶりに Support ページを見たら UDP 33333 の代わりにUDP 4166 になっていたので試してみたけどだめ。でも UDP 4166 に加えて TCP 4166 も開けたら見えるようになった。まだまだ謎は多い。

|

« 湾岸スキーヤー | トップページ | 恥の文化 »

てっく」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749544

この記事へのトラックバック一覧です: Joost:

« 湾岸スキーヤー | トップページ | 恥の文化 »