« おサイフケータイ | トップページ | Junior All Blacks 51-3 JPN »

2007年6月22日 (金)

マニアックニュース

今週見たもの
[日本 10-71 オーストラリアA (PNC)]
先々週末の試合だったのだけど、滋賀行ってたので今週みた。日本は成す術なしってところかな。SO 小野は案外いい感じだったけど。AUS はバックスが良い。1軍も含めてバックスの層は厚いのだよね。Barnes, Shifcofske, Hewat, Cross 辺りが素晴らしい。Barnes と Shifcofske を見てるとなんであんなに Reds が弱かったのか不思議だ。こないだの NZ-Fra を見たときも、NZ の3列見ながら「なんで Hurricanes 弱かったんだろうなぁ」と思ったものよ。

[日本 3-13 サモア (PNC)]
サモアのハカがリズミカルでカッコイイ。日本は負けないラグビーを目指したようで、ひたすら相手の裏へ蹴りこむ作戦。CTBとかはほとんどボールを運ぶ場面はなく、ディフェンスで相手のラインを早く止めることに専念しているように見えた。そういう意味では大西よかったなぁ。あと、マーシュ。アタックはラックからの球出しが遅いのと、2次以降の攻撃のプランが無いように見えた。ラインで回したり引っ張っても最終的にタッチに詰まる、みたいなの。惜しいシーンも幾つかあったのだけど、後半、Hurricanes の Fa'atau に走られてトライを取られ、これが決定的な差に。やっぱり役者が違う。去年は9-53で負けたことを考えると善戦か。

[Aus 19-22 SA (Tri Nations)]
Ausが Wales 戦とは見違えるようにいい動き。特にディフェンスが凄い。アタックに関してはやっぱ Gregan と Larkham じゃないとダメなのかなぁ、という感じでこちらも第1戦より良かった。総じて、2列が活躍してるときは SA が、3列が活躍してるときは Aus が良いみたいだ。
試合は3点ビハインド残り7分で途中出場の20歳になった Francois Steyn が又も大物感たっぷりの DG 2発で3点差の逆転勝利。特に1本目(下の動画で7分=残り3分弱ぐらいから)のは距離、角度ともPGでも難しいところ。奴はやべぇ。ま、でもそうでもしないと点が入らないぐらいAUSのディフェンスが良かったということで、"We were unable to get through the Aussie defence so I thought I'd have a go, and it just worked," とは Steyn の弁。
個人的な見所は LO Botha のハンドオフで思いっきり吹っ飛ぶ Gregan。マンガみたいだった。

Adblock

['87 Fra 9-29 NZ]
JK はえぇ。オイラが生で見た NEC 時代のJKは速さというよりはパワーとサイズのWTBだったんだけど、87年のJKは速い。後、何か「NZにはギャラハーっていう凄いFBがいたけどプロに行ってしまった」と聞いていた Gallaher を見ることが出来た。小林さんの解説だと、凄くなるのはこの後らしいのだけど。91年には既にプロ(リーグ)に転向していて出場していない。
先日の CAB'sを率いていた Fitzpatrick 団長が HO、先日 PNC で JK のJPNと闘ったSamoaのHCである Michael Jones が FL7番、JKは14番という時代を感じさせる面子。Jones は敬虔なクリスチャン故に日曜の試合には出場せず、この後91年のWorld Cup には選ばれたものの95年は代表から外された。95年の日程は準々決勝と準決勝が日曜に組まれていたからとのこと。Samoa 戦が日曜にあったらどうするんだろ?ちなみに若い頃は7番だったけど、オイラが見てた頃はもう6番だったような。
優勝したAll Blacks の横に置いてあったKDDのNameの入った漆塗りの盃がバブリーさを感じさせた。

[Tonga 21-15 Fiji (PNC)]
前半は20年前と同じように、味方を確認しない投げやりなパスが不思議とつながり、follower が湧いて出てくる Fiji がリード。ディフェンスでも素早いジャッカルがあった。Tonga は PG がことごとく外れるが、後半からスクラムを完全に支配。パワーでトライを重ねて逆転。
解説が朴訥な感じのラトゥということもあって、物静かでテンションの上がらない放送だった。いや悪かったわけじゃないけど。
前の日本-Fiji の時から気になってたのだけど、Fiji のスタジアムでは怪我の治療とか Water Break でプレーが止まった時にスタジアムに80's ディスコミュージックみたいなのがかかる。トンガの応援団もフィジー人も腰を振りながら踊っていてなんだかほのぼの。

  • ドコモ関西のSO アレジは日本代表復帰へ意欲を見せたとのこと。ただ、8末には試合に出れるようになる、といったコンディションのようで、調整できるゲームも無く、9/7開幕の World Cup に出れるかどうか、チームへのFit なども含めると厳しそう。それまでに他の SO が育ってくれればいいのだけど…
    ってか、萩本がドコモ関西のHCやってるって初めて知った。
  • Rodney Blake(REDS) は先の PNC で復帰。来週末のTri Nations の NZ戦で代表復帰予定。Aus屈指のPRだし、今季(膝の手術)のRedsの不振の原因をLathamと共に作ったようなものだからなぁ。
  • Chris Latham(REDS) はReds Academyで練習に復帰した模様。FBだけは充実のAus。
  • 南ア代表 Joe van Niekerk (STOM) が Saints と3年契約。
  • Jimmy Cowan(HILD) は2010年まで契約を延長。
  • Matfield (BULL) が Toulon と2年契約をしたとチームが発表。トップページに "Victor Matfield   à Toulon... c'est oui !" と書いてあるのだけどドイツ語選択のオイラには意味が分からない
    これで来季の Toulon には Tana Umaga(manager), George Gregan, Anton Oliver, Andrew Mehrtens, Victor Matfield が入ると。何だこれ??

今週末はTri Nations 2戦目 SA-NZ がある。SAは先のAUS戦で何人か負傷者を出していたけどどうか?Smit キャプテンは怪我でダメなようで、キャプテンは V-Mat になる予定。HO には Gary Botha。個人的に PR1番に Os du Randt が戻ってきたのが楽しみ。
Super14では Semi-Finals で NZのチームが共にSA のチームに敗れたのだけど、All Blacks は雪辱をなせるのか。非常に楽しみである。
NZ は Canada とのテストマッチ(64-13)では怪我人が出なかった模様。Canada は激しいディフェンスでNZを苦しめたらしい。カナダは World Cup では日本と同じグループに入るし、JKの言う2勝を上げるとしたらFijiとCanadaになるはず。

その AB にプレッシャーをかけるべく Junior AB は秩父宮に登場。Michael Jones 曰く、
「ジュニア・オールブラックスは、そのようなミス(小さなパスミス)をおかすと徹底的に突いてきます。厳しい“Punishment(処罰)”を受けなくてはなりませんので、その点に注意していただきたいと思います。」
とのこと。こえーよー。雨降らなきゃいいな。

John Afoa,Campbell Johnstone,Clarke Dermody,Wyatt Crockett,Corey Flynn,Derren Witcombe,Hoani MacDonald,Kieran Read,Tom Donnelly,Sione Lauaki,Mose Tuiali'i,Daniel Braid (c),Jerome Kaino,Andrew Ellis,Jimmy Cowan,Stephen Brett,Stephen Donald,Sam Tuitupou,Tane Tu'ipulotu,Anthony Tuitavake,Ma'a Nonu,Rudi Wulf,Scott Hamilton,Cory Jane

個人的には FW では PR Afoa, FLになるかな Tuiali'i, No.8 Kaino が楽しみ。やっぱ LO は手薄な感じ。BKはNonu, Rudi Wulf, Cory Jane が見たいなぁ。Janeの7人制の動きが好きである。

|

« おサイフケータイ | トップページ | Junior All Blacks 51-3 JPN »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749558

この記事へのトラックバック一覧です: マニアックニュース:

« おサイフケータイ | トップページ | Junior All Blacks 51-3 JPN »