« どうでもいいニュース | トップページ | 銀行 »

2007年6月13日 (水)

Windows自動更新後の再起動ダイアログ封じ

正確に言うと封じられないのだけど。
[追記]ていうか、もうこのエントリ古いし他であたってくださいな。

ついうっかり仕事中にWindowsの自動更新を行ってしまうと、「再起動してくれ」ダイアログが出てくる。「後でやるよ」ってな感じで閉じても10分ぐらいたつとまた出てくる。
コード書き中の佳境だったり資料作成中だったりするとウザイことこの上ない。さらにトップに出てきてカーソルのFocus取るので、「今すぐ再起動」を押してしまいそうになることもしばしば。

ということで、スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」、 gpedit.msc と入れてグループポリシーエディタなるものを立ち上げる。
ローカルコンピュータポリシー -> コンピュータの構成 -> 管理用テンプレート -> Windows コンポーネント -> Windows Update -> 「スケジュールされたインストール時の再起動を再確認する」をダブルクリック。
出てきたダイアログで「有効」をチェックして下の分数を1440に設定すると24時間は再起動を促して来ないはず。と書いてる途中にダイアログが出てきた。「自動更新を構成する」が有効でないといけないらしい。

ってか日本語難しいね。「スケジュールされたインストール時の再起動を再確認する」「自動更新を構成する」って何のことか分かりませんよ。

[追記]
こんな記事が出てた
窓の杜 - 【今日のお気に入り】再起動をしつこく促すダイアログを抑制「XP にマホトーンをとなえる」v1.00

|

« どうでもいいニュース | トップページ | 銀行 »

てっく」カテゴリの記事

コメント

情報ありがとうございます。
これはそもそもUpdateの確認をしないのではなくて、再起動の確認を封じるものなのかな。
機会あれば試します。

投稿: しげお | 2009年11月12日 (木) 13:34

net stop "Automatic Updates"
コレをファイル名を指定して実行にコピペして実行で終了です

投稿: tannba | 2009年11月12日 (木) 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749551

この記事へのトラックバック一覧です: Windows自動更新後の再起動ダイアログ封じ:

« どうでもいいニュース | トップページ | 銀行 »