« ブランディング | トップページ | 氷結 »

2007年7月20日 (金)

マニアックニュース

今週見たもの、ってか tour de France 見過ぎで記憶が朦朧としてる…Evans とか聞いても Cadel Evans なのか Nick Evans なのかという感じ。

[AUS 12-6 ENG ('91 World Cup)]
England での Final。エリザベス女王も来場しての所謂天覧試合である。
LO John Eales のディフェンスが良い。解説の村上さんも言ってたけど、オイラも当時はBKのアタックばっかり見てて余りFWのディフェンスとか見てなかったなぁ。この Ealse のあだ名は"Nobody" だったらしい。何故、Nobody かというと "Nobody is perfect"、つまり Ealse は Perfect だ、ということらしい。FW なのに place kicker も出来て Super12 ではわずか6トライなのに402得点というFW記録を持っている。Wallabies としても173得点。若い頃はクリケットでも有名で、ラグビーを引退してからは自分の会社、その名も「John Eales 5」を起業して成功。Qantasの顧問もやってるとかやってないとか。かっこよすぎるぜ
ただ、試合全体は地味。唯一のトライもラインアウトからFWで押し込んだものだしな。

[JPN 13-41 Fiji ('03 World Cup)]
オイラが見てない頃の試合。2003年って何か思い出したくないことで忙殺されてたなぁ。
FL 箕内がムニムニしてる。FB松田が懐かしい。No.8 タケオミが凄い。日本は総じてキック処理がまずいなぁ。まぁ、今もあんまり変わらんけど。両チームともハンドリングエラーが多かったのだけど、後半からスタミナの差で突き放されて終わり。今年も予選リーグで当たるFijiである。どうなることやら。

[NZ 33-6 SA (Tri Nations)]
何故かうちに来ていた愚弟とLiveで見た。SAは例によって "B Boks" と揶揄される2軍チーム。場所はNZの本拠地 Jade Stadium ということで、SAを撃破するNZが期待されたのだけど、ハンドリングエラーのNZ、タックルミスのSAという感じで両チームとも決め手を欠く。特にNZは何度もゴール前まで攻め込みながら取り切れないという状況。最後10分間でさすがに足の止まったSA相手にオマケのようなトライで突き放したけど、途中の So'oialo のパンチで sin bin でも取られてたらどうなったか分からない。どうも McCaw と DC が調子を落としているような気がした。McAlisterはBreakは相変わらず素晴らしいのだけど、守りにかなり難がある。MaugerとMcDonald がいないのはイタイ。
個人的なポイントはNZの国歌を歌っていた Mongomery にジャッキーチェンのホッペタをくっ付けたような歌手が身振り手振り付きで自分の世界に入りながら歌ってたのが極めてウザかった点だな。

  • Springboks の World Cup squad 30人の内、23人が発表された。まぁ、妥当なところ。残り7人の枠は17人で争われるとのこと。この17人の中で注目は、Johan Ackermann, Luke Watson, André Pretorius, JP Pietersen といったところかな。JP Pietersen は先週の AUS 戦で凄いディフェンスでアピールしてたんだけどな。アタックでも Habana の次に危険な player だと思われ。
    According to our calculations, the following 23 players are World Cup certainties: Os du Randt, Gurthro Steenkamp, BJ Botha, CJ van der Linde, John Smit, Gary Botha, Victor Matfield, Bakkies Botha, Schalk Burger, Juan Smith, Pierre Spies, Danie Rossouw, Bob Skinstad, Fourie du Preez, Ruan Pienaar, Ricky Januarie, Butch James, Bryan Habana, Ashwin Willemse, Jean de Villiers, Jaque Fourie, Percy Montgomery, Francois Steyn.
    That leaves just seven places for these remaining 17 players: Bismarck du Plessis, Deon Carstens, Jannie du Plessis, Johan Ackermann, Albert van den Berg, Wikus van Heerden, Luke Watson, Pedrie Wannenburg, Jacques Cronjé, André Pretorius, Derick Hougaard, Peter Grant, Wynand Olivier, Waylon Murray, Akona Ndungane, JP Pietersen and Breyton Paulse.
  • Jake White は Springboks も haka やったらどうだ?とか言い出してるそうな。記録によれば1926年に Springboks はテストマッチで Zulu dance をやっていたとか。
  • AUSのFB Julian Huxley は Brumbies のシーズン終了の打ち上げパーティで怪我をしてしまったとか。なんかふざけてチームメイトと取っ組み合いをしてたら太腿を痛めて、恥ずかしかったのかそのまま放置してたんだそうな。で、今週末のメンバーからは外れた。そのため、まだ3ハーフ(120分)を地元でプレーしただけの Latham にチャンス到来。
  • Wales のNo.8 Ryan Jones は先週左肩の手術を受けたが安定するまで今シーズン一杯かかるということで World Cup を辞退。2005 Lions の時に痛めたのと同じ箇所で、2006シーズンから復帰して頑張ってきたのに、ということで26歳のJones は凹み気味。それでも次回(2011年)を目指して頑張るよ、と健気なご様子。
  • [追記] 週末 NZ との Tri Nations に No.8 で出場予定だった David Lyons(AUS) はふくらはぎに血栓が見つかったため外れる。来週検査を受けるが、World Cup squad 入りが難しくなるかも。

今週末は土曜に個人T.T.、日曜からいよいよピレネーである。個人T.T.はやはりカザフの防衛大臣直々にヴィノクロフからのエース交代指示があったと か無かったとか言うクレーデン、後は「俺は2年前とは違うぜ」と言い、メンショフから Rabobank のエースを奪った(自称)ラスムッセンがどこまで頑張れるか注目か。プロローグで目の覚めるような走りを見せたカンチェラーラ 再びというのも期待したい。昨日は座ったままでハンターとスプリント勝負してたし、相変わらず調子が良さそう。

違った…今週末は Tri Nations 最終戦で、Eden Park での AUS@NZ である。Tri Nations の優勝決定戦でもあるが、World Cup Year の今年はそれ以上の意味が。NZとしては雪辱を望みたいところだが、ここのところディフェンスの素晴らしいAUSと攻めきれないNZがどうか。
9月の World Cup を考えると、AUSはSuper14で散々ながら、メンバーを固定してチームの完成度が高まっている。一方のNZはタレント揃いということもあって、とっかえひっかえ戦ってきたのがここへ来てチームとしての成熟にマイナスなのか。1軍がいなくなると途端にやヴぁいAUS、1軍のレベルは世界最高だけど控えが混じるとチーム全体の精度が落ちるNZ、そう考えるとそこそこ高いレベルの1軍とほぼ変わらない控え面子を持ち、B Boks の善戦が見せたように単純な力のラグビーをするので控えが出てきてもレベルの下がらない SA がかなり強い気がしてくる。

NZはSH Kelleher とFLに Collins を入れてきた以外は先週と変えずに戦うようだ。やっと落ち着かせる感じか。個人的には前の試合から Flavell が外れてるのが気になる。一方のAUSはFBに入れたAdam Ashley-Cooper が楽しみだし、何より Reserveに入る予定の Chris Latham の出来が気になるところ。恐らく後半にFBとして出てきて、Ashley-CooperをWTBに入れる、なんて使い方をしてくるのだろう。
インタビュー記事によれば McAlister は Mauger と C.Smith が戻ってきてかなりの危機感を持っているとの事。自分のerror について誰よりも分かっているし、改善して Mortlock を止めると意気込んでいるらしい。このあたりも見所。

New Zealand: 1 - Tony Woodcock, 2 - Anton Oliver, 3 - Carl Hayman, 4 - Chris Jack, 5 - Keith Robinson, 6 - Jerry Collins, 7 - Richie McCaw (captain), 8 - Rodney So'oialo, 9 - Byron Kelleher, 10 - Dan Carter, 11 - Josevata Rokocoko, 12 - Luke McAlister, 13 - Isaia Toeava, 14 - Doug Howlett, 15 - Mils Muliaina.
Reserves: 16 - Keven Mealamu, 17 - Neemia Tialata, 18 - Reuben Thorne, 19 - Chris Masoe, 20 - Brendon Leonard, 21 - Aaron Mauger, 22 - Nick Evans.

Australia: 1 - Matt Dunning, 2 - Stephen Moore, 3 - Guy Shepherdson, 4 - Nathan Sharpe, 5 - Dan Vickerman, 6 - Rocky Elsom, 7 - George Smith (vc), 8 - David LyonsStephen Hoiles, 9 - George Gregan, 10 - Stephen Larkham, 11 - Drew Mitchell, 12 - Matt Giteau, 13 - Stirling Mortlock (captain), 14 - Mark Gerrard, 15 - Adam Ashley-Cooper.
Reserves: 16 - Adam Freier, 17 - Al Baxter, 18 - Hugh McMeniman, 19 - Mark Chisholm, 20 - Phil Waugh (vc), 21 - Scott Staniforth, 22 - Chris Latham

|

« ブランディング | トップページ | 氷結 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749578

この記事へのトラックバック一覧です: マニアックニュース:

« ブランディング | トップページ | 氷結 »