« でんちすと | トップページ | Prague »

2007年10月17日 (水)

Paprika

以前から調味料?としてのパプリカの存在は知ってた。オイラがいつか全種類揃えてみたいと夢見ている GABAN のシリーズの中にもある。オレンジ色の粉。

それとは別に、赤や黄色やオレンジのピーマンみたいな野菜をパプリカというのも知ってた。

今回、ハンガリーに行ってハンガリー料理を食ったら、本当に何でもかんでも調味料の方のパプリカ入り。ポテトチップスもパプリカ味がメジャーである。色はオレンジ色で香りは唐辛子っぽく、煮込み類に入っているとなんというか坦坦麺っぽいんだけどそれほど辛くない。んでもって、土産屋に調味料のパプリカが並んでいたのだけど、その袋には赤く細長いトウガラシのような絵が描いてある。赤い袋と白い袋があって、土産屋のあんちゃんに聞くと「赤は hot で白は sweet だ」と言う。hot は分かるが sweet って??ここでもまだピーマン状の野菜と香辛料が結びつかなかった。後、麻縄みたいなのにいっぱいトウガラシをぶら下げたのも売ってた。

帰ってきて調べてみると、調味料のパプリカは野菜のパプリカを干して挽いて粉末にしたものだと。でも形が違うやん、と思ったら、ハンガリー語で唐辛子系のもの全般を指す言葉が"Paprika" なんだそうな。語源は南方のセルビアで、"something hot" という意味らしい。なので、黄色いピーマンみたいなのも、真っ赤な唐辛子も "paprika" なんだそうです。

ちなみに日本でのピーマンは唐辛子の仲間で、フランス語の "piment" から来ているのだが、"piment"も唐辛子のことらしい。あー、そういや KOEI の大航海時代でメキシコ辺りの特産品にピメントってあったぞ。英語では Bell Pepper といって、緑の所謂ピーマン以外に Paprika なども全て Bell Pepper と呼ぶのだと。
ってことは、ピーマンだけ特別扱いしてるのは日本だけなのかも。

いつか暇になったらハンガリー料理に挑戦してみやう。ちなみにパプリカ味のポテトチップスはかなり美味い。ビールのつまみに最高。日本でも出せばいいのに。

|

« でんちすと | トップページ | Prague »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749658

この記事へのトラックバック一覧です: Paprika:

« でんちすと | トップページ | Prague »