« 伝言ゲーム | トップページ | 左下 »

2007年10月 5日 (金)

RWC観戦記 10/04

今日明日で頑張る。Rails を片付けて頑張る。

[SAM 25-21 USA]
4分に Fa'atau のトライ。その後 Tuilagi もトライ。両 WTB でトライというのは理想的かと。USAのタックルはSamoa選手の腰の強さもあって決まらないし、FB のライン参加にディフェンスが対応できずに大外が余る場面が何度も。攻撃も積極的に自陣から回したりするのだけど不発。
USは後半 Sin bin の選手が出てから何故か調子が良くなり、結果としては4点差。Samoaもミスが多い。雨の影響もあるけど、難しいパスキャッチとか無理をするところしないところの選択が昨日見た All Blacks との差なんだろうな。個々の選手のスキルは高いのだけど。
しかしこんな組み合わせの試合でも雨でも観客ぎっしり。

[ENG 36-20 TON]
England と Samoa が争うと思われていた Pool A 2位を意表をついて Tonga が争うことに。本当に今大会の 2nd Tier と言われる国々のレベルアップというかラグビー宗主国との差の縮まり具合がすさまじい。日本は置いていかれたなぁ。
9分にPGでTongaが先取点。すぐ13分にWilkoがPGを返す。16分Tonga CTB 陣で切り裂いて Hufanga がトライ。放送で聞いてると Umaga と紛らわしい。19分、ゴール正面のペナルティで当然 Wilko が狙うと思いきやキックパス。これを WTB Sackey がエンドラインギリギリにトライ。アメフトでつま先残しのタッチダウンがあるがあんな感じの好プレー。すかさずスタジアムでは Swing Low, Sweet Chariot の合唱。32分に Wilko の DG が決まる。少し前に正面から外した Berkley とは役者が違うね。37分には Tonga のパスミスを拾った Sackey がカウンターのトライ。これが痛かった。Tonga は60分ぐらいから動きが鈍る。これまでの善戦続きが堪えたか。

後15時間分ぐらいになったよ。それも Live の録画が多いから実質10時間分ぐらいか?

|

« 伝言ゲーム | トップページ | 左下 »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749644

この記事へのトラックバック一覧です: RWC観戦記 10/04:

« 伝言ゲーム | トップページ | 左下 »