« 宇野のヘディング | トップページ | 世界の車窓から »

2007年12月 5日 (水)

New Rules Implemented for Super 14

関東学院の春口監督が辞任したとのこと。戦い方の好き嫌いは別にして一時代を築いた名将の引き際としては寂しすぎる。だからといってホトボリさめたから復活ね、なんてのも許されるべきではない事件だとは思うけど。

で、World Cup も終わったということで、IRBからルール改正が発表になるはずだったんだけどどうなったんだっけ?

とりあえず、来シーズンの Super14 のルール改正が発表に。

Posts and flags around the field

  1. Posts and flags around the field (ARC variation)
    a. Corner posts will be positioned at the outside junction of the goal line and the touch line.
    i. If a player is in possession of the ball and touches a corner post he will not be in touch unless he touches the touchline or the ground beyond the touchline.
    ii. If the ball is not being carried by a player and it touches the corner post the ball will be deemed to be touch in goal.

Inside the 22 metre line

  1. When a defending player receives the ball outside the 22 metre line and passes, puts or takes the ball back inside the 22, the following can occur.
    a. If the ball is then kicked directly into touch, the lineout is in line with where the ball was kicked.
    b. If a tackle, ruck or maul is subsequently formed and the ball is then kicked directly into touch, the lineout is where the ball crossed the touch line.

Lineout

  1. On a quick throw in, the ball can be thrown straight or backwards towards the defenders goal line, but not forward towards the opposition goal line.

Breakdown (tackle/post tackle)

  1. Players entering the breakdown area must do so through the gate.
  2. Immediately the tackle occurs there are offside lines.
  3. The half back should not be touched unless he has his hands on the ball.

Scrum

  1. The offside line for players who are not in the scrum and who are not the teams scrum half, is 5 metres behind the hindmost foot of the scrum.

Sanctions

  1. For all offences other than offside, not entering through the gate, and Law 10-Foul Play, the sanction is a Free Kick.

んーと、
1. コーナーポストに当たってもタッチではない。ボールが当たった場合は touch in goal を割ったとみなす。
2. 22m の外から中に戻したボールを蹴った場合は、22m の外から蹴ったのと同じ扱いに。ただ、持ち込んでからタックルやモール、ラックが発生した場合は22m内からのKickとみなす
3. quick throw は真っ直ぐじゃなく自陣側に投げてもOK
4. Break down に入る場合は真後ろからじゃないとダメ、って今更感があるけど厳しくなるってことか?
5. タックルが発生した時点でオフサイドラインが生じる。
6. ボールを持っていないSHに触っちゃダメ。よく引っ張ったりするのがあるけどダメなのね。
7. スクラムに参加していないSH以外の選手に対するオフサイドラインはスクラムの最後尾から5m
8. オフサイド、真後ろから以外のラック・モールへの参加、10条に定められた「不正(妨害・危険・非紳士的・繰り返し)なプレー」以外の反則では Penalty Kick ではなく Free Kick が与えられる。

Free Kick 多発、22m 内に戻しての touch が狙えないということで、直接タッチを狙うシーンはかなり減ることになりそうだ。走り続けなきゃなんないんだろうなぁ。他にもラックでのハンド容認とかモールコラプシング許可などの案もあったはずだけど採用されなかった模様。
世界最高峰の attacking rugby は更に激しさを増す模様。もしくはまさかのスタミナ切れか?

|

« 宇野のヘディング | トップページ | 世界の車窓から »

ラグビー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749700

この記事へのトラックバック一覧です: New Rules Implemented for Super 14:

« 宇野のヘディング | トップページ | 世界の車窓から »