« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

神戸製鋼引退選手

神戸製鋼コベルコスティーラーズ、2007年度 退任スタッフ・退部選手のお知らせ

だそうです。PR 清水、FB 八ッ橋、No.8 クリブが引退すると。黄金時代に押した清水、最後列で声を張り上げ不思議なステップを見せた八ッ橋、ex-All Blacks でランニングスキルも見せたクリブの引退は、今年やっと5位まで持ってきたチーム総合力が更に下がるのではないかと心配。
でも、もう皆いいオッサンなんだよなぁ。清水は神戸製鋼の社員として社業に専念、八ッ橋はどうも退社して指導者目指すのかな。クリブもラグビー選手から引退してGold Coast に渡り Second Career を開始するとのこと。5月にCAB's で帰ってくると言っている。

気になったのはWTB 瓜生。代表キャップを持ちながら目立つところがなかったのだけど、2年の在籍で退部。まだ辞めるわけでもなさそう。今年28歳だし、サントリーを退部したときは清宮体制(早稲田)に慶應出身だから追い出されたんじゃないか?なんて憶測も飛んだんだけど、活躍出来る場を探して彷徨う系の人なのかもしれない。四宮(近鉄)みたいに。

大畑、元木の名前が無かったのはちょっと安心したけど、特に元木は来年あたりが限界だろうなぁ。来年・再来年のチーム力が心配。平尾が「近畿でトップリーグってうちだけでしょ」と言ってた(来期は近鉄も参加)んだけど、大学も社会人もいい選手はどんどん関東に集まってしまうのかねぇ。高校までは強いのに。
SANZARのように出身地のクラブチームベースでプロ活動する、という意識が日本は薄いからなぁ。野球もサッカーも何でも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

マウス

先日、カイロプラクティックにいったんですよ。基本的にはアシスタントのマッサージと先生の治療と低周波治療器のお化けみたいなののセットなんですが。

何かああいうところって、妙にしゃべる客っているのよね。大抵はオバちゃん。まぁ、女性はとりあえず喋っておけば安心な生き物らしいので。

ところが、こないだはやたら先生と喋ってるオッチャンがいた。カーテンで仕切られているので声しか聞こえないのだけど、飄々としたしゃべり口で楽しそうな御方である。別に聞きたいわけではないけど、こっちも俯せでマッサージされてる状態なので自然と耳に入る。

で、オッチャン曰く、「先生、近頃顔が歪んでるんですよ」と。ここから全てが始まった。

先「顔?(笑)」
お「いや、笑い事じゃないですよ。真剣なんですよ。顔がどんどん歪んできてて」
先「そう?あー、こっち?これ筋肉が隆起してるんだよ」
お「やっぱ首凝ってるからですかね?」
先「いや首って言うより、こっちで歯ぎしりしてない?」
お「あ、してますしてます。ひどいらしいんですよ」

どうやら寝てる間に歯ぎしりをしていると、ちょっとした筋トレ状態になって片方の筋肉だけ鍛えられて隆起してしまうそうな。

先「首の影響も0じゃないだろうけど、これは歯医者行った方がいいよ。ナイトガード作ってくださいって言えば作ってくれるから」
お「何ですかそれ?」
先「マウスピースみたいなもんだよ。マウスピース知ってる?」
お「あのボクシングで着けてるやつですか?」
先「そうそう。あんなのを寝る前に着けて寝ると良くなると思うよ。後は歯の高さが違うかもしれないから歯医者で治してもらうことだな」
お「分かりました。かかりつけ有るんで行ってみます」

なかなか素直で良い人だ。そうこうするうちに治療が終わったらしく、待合室へ出て行く音。で、待合室から奥さんか誰かに電話する声が聞こえてくる。

「おう、あの歯医者によ、明日行くからって。明日。歯ぎしり治したいんだって言っといてくれ。真剣に言ってるって言っといてくれ。何か、マウスみたいなのを口にいれなきゃならないって、先生に言われたんだよ」

おっさんちゃんと先生の話聞いてたんか?絶対伝わらんと思うけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

草餅

先週末、急に和菓子を食べたい気分になり。渋谷か銀座のデパ地下に行こうかと思ったのだけど、週末は煙霧なる気象状況が発生するほどの強風。とても散歩気分ではなかった。

日曜の夕方、少し風もましになったようだし、引き籠もり2日はさすがにまずかろうと散歩も兼ねて遠回りで近所のスーパーへ。途中に小さな和菓子屋があったのを思い出して、まだやっているなら寄ってみようかと。どこかに卸しているのかもしれないので、売り上げ規模は分からないのだけど間口は狭い。

入ると陳列棚に1つずつ和菓子が。決して派手なものは無く、オーソドックスで上品なものが並んでいる。
とりあえず草餅と蕨餅が目についたので玄関先の鈴を鳴らすと奥から品のある中年の女性が出てきてオーダーを受け付けてくれ、奥に戻って包んでから渡してくれた。
渡すときに「草餅は茹でた蓬を使ってますので、口の中に繊維が残ることがありますけど」とわざわざ注意事項。

注意するってことは文句言うとか、文句まで行かないまでも不思議に思う人がいるってことなのかなぁ?ガキの頃はオカンと弟と散歩がてら蓬とって家でよもぎ餅ってか草餅か、つくったものですよ。なので繊維が残ってるのは当然。近頃の温室栽培の無菌豚みたいな生活してる人たちには青色X号とかで色のついた餅じゃないと違和感あるのかねぇ。

草餅は少し小振りなんだけど、甘みが少なくておいしゅうございましたよ。たまにはいいもんだ。
オーダーの際に「草餅は漉し餡と潰し餡の2種類ありますが」と聞かれたけど、オイラは潰し餡。あんパンでもおはぎでも漉し餡よりは粒あんもしくは潰し餡(半殺し)なんだよな。なんだろ。育ちが悪いのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

MVP

昨日トップリーグの表彰式があったそうな。

MVP はサントリーの小野澤。

正直違和感を覚えた。日曜の決勝含め、マイクロソフトカップ(プレーオフ)のMVPは決勝トライを取った小野澤かもしれない。でも、リーグ通してのMVPかなぁ。

小野澤は日本代表のWTBだし、海外の選手も手間取るステップとスピードを持ったすばらしい選手ではある。別にオイラ嫌いじゃないよ。でも、今期のトライ王でもないし。

違和感の原因は2つ。
1つ目として、トップ"リーグ"のMVPに、リーグ戦13戦13勝の三洋から選ばれないのは不思議な気が。
2つ目として、なんか最後の1本に至る過程があったのにゴールに飛び込んだだけで数ヶ月に及ぶシーズンの「もっとも価値のある選手」が決まってしまう点。なんつーか、サッカーで言えば中澤とかカンナバーロを選ぶセンスは無かったんだろうか。

優勝チームから選ぶんだとしても、シーズン通しで考えれば…誰なんだろ。サントリーってバランスよく欠点の無いチームなんだよな。得点も失点も三洋に次いで2位。反則は少ない。選手層が厚くとっかえひっかえローテーションしながら回してるので特に目立って素晴らしい選手っていないのだよな。それはベスト15に小野澤しか選ばれなかったことが表してると思う。っていうことは結局小野澤しかないのか。でもトライ王とか得点王ならまだしも、どっちでもないのだよな。

別に巨人のオーナーみたいにプレーオフで優勝チームが決まる仕組みに文句を言うつもりはないのだ。でも、MVP っていうのは「価値」をはかるのだから。トップリーグの試合を通しで見ていれば、攻撃・防御でもっと価値を出した選手が他にいるのは誰の目にも明らかじゃないかしら。
もし最後の試合の最後の一本が評価対象なんだったとしても、終始ガンガンにモールを押し込んで下地を作った大久保・佐々木・竹本辺りが評価されるべきだと思うし。
なんだか、SEとかサポートが死ぬほど頑張ったのに、結局社長賞は営業の奴かよ、みたいな感じが。どっちかっていうとSE側の人間の視点だからこう思うのかしら。

しかし、三洋って勝ち切れんチームだよなぁ。今も昔も。


5分くらいからがアツイ(1991.1.8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

新ルール

週末は 6Nations では Walesが、Super14 では Crusaders がすごかった。
強風の秩父宮で行われた MS Cup の Final は勝つためのラグビーに徹したサントリーが三洋を破って優勝。FWでのサイド攻撃とモールに徹したという点で見てる方には退屈なラグビーだったが、トーナメントで優勝するには退屈なラグビーが必要なのは RWC で Habana を敢えて封印した Boks と同じか。そんな中でも FL のような働きをする三洋 SO Brown が光った。6 Nations なら間違いなく Man of the Match だったんだろうけど、日本では最優秀殊勲選手ということで勝ったチーム側から WTB 小野澤が選ばれた。

まだ日本選手権が残っているので再度の対戦があり得るのか。三洋は line out の改善が無いと決勝に行くのも怪しいかもしれないけど。

さて、Super 14 では試験的ルールということで、主に球の動きを多くしてゲームをより面白くしようというルールが導入されている。大きいのは3つで、これまでのPKのほとんどがFKとなったこと、22mに戻してのダイレクトタッチは蹴った地点に戻されること、スクラムでのオフサイドラインが5m 下げられたこと、である。とりあえず前の2つのため、ほとんどボールがタッチを割ることがなくなったので、始終選手は走り回ることとなり、後半20分ぐらいでそこらじゅうに足が攣った選手が転がる状況が。でも、このルール、レフェリーにも厳しいはず。日本のレフェリーは平林さん以外はアマチュアなのだけど、もしこのルールがIRBの正式ルールになったら、アマチュアレフェリーでは体力の面できついんじゃないだろうか?
スクラムでのオフサイドラインについてはBKのオフェンスラインとディフェンスラインの間が開いたために、お互いの相対速度があがっており、角度を変えて走り込むサインが有効になったように思えるけど、1次攻撃だけなので前と大差ないのかな。

FK についてはとりあえず速攻が増えたのだけど、まだチームとして速攻の決めごとが出来ているチームは無いように思える。突っ込んでいって孤立なども散見された。状況によっては敢えてスクラムを選択するという手もあるはずなのだけど。後、ほとんどのペナルティがFKになる件については not release the ball までFKなので、自陣でボールを取られないよう抱え込んでても PG で3点ということにはならないのだよなぁ。このあたり、レフェリーの sin bin の判断も重要になるのかも。

Super14 のレフェリーは世界的なトップレフェリーも何人もいるので、6Nations などで笛を吹くこともあり、新旧ルールで混乱があるのでは?という話もあったのだけど、同じ反則をPKにするかFKにするか、とかタッチに出たときどう処理するか、というゲームが止まったときの判断の差なので、さして混乱はないかも。ラックで手を使っても良い、などという改善案もあったようなので、そうなると瞬時の判断が変わってくることになるのだけど。

とりあえず第1節だけを見たところでは、Crusaders と Blues のNZ勢は主力がヨーロッパへ移籍したものの案外チーム力が低下していない感じ。特に Crusaders は"らしくない"粗さが目立つものの、FWでの力強い突進とBKの展開力の両方がパワーアップしている感じがある。
南アのチームはメンツがもう謎である。誰か分からん。Bulls と Sharks もだいぶ力が落ちている気がする。
豪州はあまり顔ぶれが変わらないものの、昨年はぼろぼろだったからなぁ。Waratahs が名門復活となりえるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

顔年齢

別にお肌のツヤが、とかいう話ではなく。

今度のサイバーチョットは大人と子供の顔を認識するそうな。以前、笑顔を認識して自動的にシャッターを切る、という機能が話題になったのだけど、更にフレーム内に大人と子供が居た場合、子供の笑顔を優先してシャッターを切ることが出来るようになったと。

何を根拠に子供の顔と判断するのかというと、「顔の輪郭や眼、鼻、口の位置関係」から演算するそうな。

これは危険な商品だ

小学生の頃だったか、オカンの小学校時代のアルバムが出てきた時、そこに写っていたのは当時30代のオカンと同じ顔で跳び箱を飛ぶ少女の白黒の写真であった。どうも小学校高学年で完成形だったようで。

遺伝は避けがたく、オイラは従兄の町内会の神輿を担いでいたところ、休憩所で見知らぬオバちゃんから「うちの娘はどうか」と19で縁談を持ち掛けられ、スキーの常宿の奥さんには22の時に「30ぐらい」といわれたもので、人知れず傷ついていたものである。

愚弟に至っては中学の中間試験期間で早めに家に帰って勉強していたところ、ミシンの修理に来たオッチャンがオカンに「あ、ご主人ご在宅でしたか」と言われ、滾る怒りを抑え込むのに必死になっていたとか。その他、学校帰りに三宮で「お仕事中ですか?」とアンケートされそうになるなど武勇伝は尽きない。

要は、このカメラは純な子供を傷つける可能性があるぞと。「こども優先」のはずなのに、しっかり親が笑ったタイミングで自分が笑っていない写真が撮れたときの子供の心境を考えるがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

思ひ出ぽろぽろ

昨晩の同窓会の最中、急に元ボスに「お前のラインマネージャって誰だっけ?」と言われたので「Tさんだと思いますよ」と答えると、「え?そうなのか?O じゃないのか?」と言う。10年前のことだし、その後いろいろな部署を持たされ数百人のチームを持ったとも言う大ボスなので記憶も曖昧なんだろうけど、間違いなくTさんだった。

「でも、俺、T経由でお前に仕事振ったことないぞ」

そう言われれば、そうだ。すでに酔ってヘラヘラモードのTさんも「あぁ、それはそうですね」なんて言いながらニタニタしてる。

強い組織というのは「スーパーマンの独裁体制」か「出来る人間が自律的に動く集団」だと思ってる。当時の組織は後者だった。上からのミッションもあったし、上にエスカレーションすることは当然あったけど、細々と毎日発生する突発的なイベントに対しては皆が各個撃破して行ってた。オイラも他のチームから急に呼び出されて客先行ったりしてたんだけど、いちいちTさん通しってのはなかった。メールがCc されてたぐらいかな。

独裁は方向性が間違ってたときに崩壊するし、自律集団はチェック機能が働かないので危険。ということで、大きな組織が安定を求めれば合議制と承認フローを導入することになるんだよな。それ自体は仕方ないことなんだろうけど、個人的に中の人間としては余り面白くない。

もう一つ、昨日言われて気がついたこと。「こいつら人を育てようって気がないからなぁ」

確かにオイラ誰かに教えられるということがなかった。無視されてたわけじゃなくて、わざわざオイラの机まで来て教えてくれる人なんて皆無。
資料作成、トラブルシュート、サポートなどの仕事が与えられるので、後はひたすら本国の開発チームのサイトから資料落としたりして調べながら仕事してたものだ。プロトタイプぐらい作って見せれば色々的確な意見がもらえたものだけど。全員忙しかったし。

以前、「採用されて出社したら皆忙しいと言って仕事のやり方を教えてくれない」と書いてるサイトがあって、「それはひどい会社だ」というコメントがついてたのを見て何か違和感を感じたのだけど、それはオイラがそうじゃなかったからなんだなぁ。何か徒弟制の職人に弟子入りしたように、客のトレーニングの仕方、製品の不備の謝り方、リリースノートの書き方なんてのを横について見様見真似で盗んでいったようだ。

何か近頃「言わなきゃ出来ない」どころか「言ったことすらちゃんと出来ない」人と仕事をすることが多くて辟易してるんだけど、ああいうチームが異常だったんだのかなぁ、と少し残念な思いをしながら半分あきらめてるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

Decade

なんだか先週の半ば辺りから週末まで胃に軽いムカつきが。オフィスの空気が悪かったのか何か。そんな感じ。
こういうときは香辛料の効いた物を食べることにしているので週末はカレー。

近所のスーパーで見かけて買ってみたルーが美味い。これまじで美味い。調べるとアマゾンでも取扱があるようだ。

んで、カレーの時はワインと決めているのでセラーを見たのだけど買い足すのを忘れていて在庫4本。安物ワインがねぇよ。

とりあえず一番安そうなのを選択。


接写がイマイチでぼけてる

これCA <=> WA を車で往復した時に買ったんだっけなぁ。1998年なんてついこの間だと思っていたら、いつの間にやら10年前。コルクが途中で割れてしまったのだけど何とか抜くことが出来た。結構がっつりと渋みがあって好き嫌いが分かれそうな味に。というか「美味い!」という味ではなかった。元々98年って良くない年だった気が。

「あれから10年も」 by 渡辺美里
「10年はひと昔」 by 井上陽水

そういえばオイラ98年入社だった。今日は新卒として配属されたお化けチームの同窓会飲みがある。平均年齢40 over のオッサンばかり(女子1名か?)の集まりが何故か渋谷で。浮くこと必至
配属されて1年で解散されてしまった特殊部隊のようなチームなので、何年たってもオイラは新兵である。後輩の入ってこない部活みたいなもの。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

2008年代表Squad

52名のスコッドが発表されてますよと。FW 30 + BK 22 という内訳。

FWは目新しいところは余り無く。BKはやっぱRWCでボロボロだったハーフ陣がどうなるかと思ってみてたけど、個人的には妥当なところかと。吉田・田中と正面・廣瀬・野村辺りの組み合わせが良さそうだけど。
神戸の後藤は選ばれなかったんだなぁ。というか神戸はHO 松原とCTB 今村だけ。寂しい。

その他代表日程が発表されたけど、今年も CABs  がやってきますよと。ただ、前回は神戸と東京の2試合だったのが、今回は東京の1試合のみ。それも場所は国立競技場。
オイラ、国立競技場でみたこと無いのよ。なんかトラックあって遠そうだから。でもCABs が来るとなれば仕方ないなぁ。PNCは東京ではFiji戦。微妙。せめてAustralia A だったらなぁ。

秩父宮は芝がひどいコンディションなので、来年の秋ぐらいまでは使わないらしい。ちょっと試合やり過ぎよね。トップリーグだけじゃなくて大学とかでも使ってるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おら東京さ行くだ

はてなが京都に戻ったということで、何かネット上は賑わってるそうなのだけど、そもそも「はてな」って会社知ってる人が日本に何%いるんだろう?
オイラが美容室行って、何故かこないだ話題を振ってもないのに「私71年生まれなんですよ」とカミングアウトしてきた担当の美容師さんに「いやー、はてなが京都に戻りましたね」と言ったところでポカーンとされるか、「こいつ日本語大丈夫か?」と思われること請け合い。

要はさほど知名度もない会社(それが企業の質や製品・サービスと関係ないのは言うまでもない)がUS行ってやっぱ戻ってきました、といったぐらいでそんな騒ぐことなのかと。
といいつつ、オイラもしっかり乗っかっているのだけど、思ったのは近藤さんは正直な人なんだな、ってぐらいかな。

散々喧伝して自分の環境を変えてみたけど上手くいかなくて、それでも「ほらこっちはこんなにいいぜー」と痩せ我慢をしている人って結構いると思うのだよ。
別にUS行ったとかじゃなくて、東京行ったでもいいし、独立起業しましたでも、マンション買いましたでも、転職しましたでも、ケコーンしましたでも。

実は「あちゃー失敗したな」と思っていても、自己否定できない。とりあえず頑張って「ほらこっちはこんなにいいぜー」と見せる。見せられた方は「隣の芝」効果で信じる。実際、失敗したと思う本人もステータス変える前は甘い生活を夢見て信じてたわけで。信じられてるからもっと青く見せる、みたいな。

後はあれだな「努力すれば夢は必ず叶う」みたいな信仰持ってると、「夢が叶わなかった=努力が足りなかった」ということになるのでな。あれは危険な宗教だと思う。

そういや昔、異業種交流会という名の合コンモドキでポルシェ乗り回す金持ち坊ちゃんが「俺、US行くから何か事業やろうよ」と持ちかけてきて「何か順番逆じゃねーか?」と適当にあしらってたのがいて。後で聞いたら、本当に某IT企業(っつーかサイト運営会社)の社員やめて向こうへ行ったらしく。それが5年ぐらい前。どうなったか知らんのだけどなぁ。というか今考えればどうやって(ビザとか)行ったのかも良くわからん。

ちなみにオイラが経験して思うことはこんなとこ。

  • 上京:それなりに価値があるんじゃね?でも神戸に比べて壊れた人多いのが怖いかな。
  • 起業:よっぽどやりたい事なきゃ勧めんよ。オイラ個人ももうやる気はない。少なくとも今は。
  • マンション:賃貸もマンション(所有)も大して変わらないと思う。というのはオイラはちょっとローン期間とかが特殊だからかな。とりあえず床とか壁を大事にするようにはなる。
  • 転職:何が自分にとって良いのかマクロに考えて動くべきだな。昔さんざん会社とか役員に文句言って転職した同期が廃人みたいになってるのを見かけたときに思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

080217 秩父宮

先日の三洋-三菱重工 の試合で前半のみで三洋の主力が引いたのが消化不良な感じだったので。

初めてのマイクロソフトカップ(プレーオフ)に向かう。唯一MSKKを評価できるのはこの大会のスポンサーをしていること。試合は14時から。カードは 三洋(1位) - 東芝(4位) だが今年の上位4チームは実力伯仲もいいところ。

12時過ぎに家を出てゆっくりと青山墓地を抜け、カッシーナを冷やかしたりして秩父宮ラグビー場へ向かおうとすると外苑前の駅のところから凄い人。13時半にスタンドに入ったものの人がイパーイで座れない。「ラグビーってこんな人気あったっけ?」

グラウンドでは前座というか、クラブ対抗の決勝戦、タマリバ - 六甲クラブが行われている。余りに席がなくてようやく5mラインの辺りに座った時にタマリバのトライが決まった。21-0。電光掲示板を見ると大阪転勤で引退したと聞いていた愚弟の友人"和製 V.Mat" の名前があった。愚弟に聞いたら毎週大阪から東京まで練習に通っているらしい。愚弟以上のラグビー馬鹿が居たとは。
後ろに座っていた6歳ぐらいの子供がお父さんにやたらと「タモリクラブ」と言っていたのが印象的。何度「タマリバクラブだよ」と直されても「タモリクラブ」としか言えないらしい。中々面白いではないか。

前座試合がそのまま終わり、席を立つ人が少しだけだけどいたので、急いで真ん中辺りへ。なんとか10mラインあたりの席を確保。しかし寒い。今季の観戦の中で一番寒い。

試合は風上の東芝は外に回してミスをするものの、ディフェンスではFWの集まりが良く、低いスイープで何度も turn over する。三洋は展開にスピードがあるものの、孤立して相手ボールにしてしまうシーンがあり、風の影響もあって Brown のキックもいつもほどの精度が出ない。ラインアウトも不安定。お互い決め手なし。
前半はPG1本ずつと、終了間際にペナルティからあっけなくモールを押し込んで東芝がトライ。3-8 と東芝リードで終わるがロースコアの予感。

後半開始早々、FB 立川のパスがインターセプトされ、WTB 北川がトライ。これで 13-8 となるも、東芝もPG、CTB 冨岡の DG を決めて13-14と逆転。場に走る緊張感。更に30分にSH 田中にプレッシャーをかけ、逃げるようにパスしたボールをインターセプトして東芝がトライ。残り10分で13-21と8点差。1トライ1ゴールでは追いつかない状況で万事休すか?といった空気が流れ三洋応援団もおとなしくなる。

35分、相手DFともつれながらも WTB 北川がゴール右端にトライ。前半からの Break down への働きかけの代償か、東芝のタックルミスが目立ちはじめる。しかし角度が厳しくブラウンのゴールは外れ 18-21 の3点差で残り5分
この時点で2トライずつ、1ゴールずつを決めているので、三洋はPGかDGで3点加えれば Over Time に持ち込めると言う状況。一方の東芝は何とか時間を使い切ってしまいたいと、ペナルティを貰っても PG を狙わず、ひたすらラインアウトに逃げ、FWで勝負しようとする。

終了間際、モールで時間を潰しきれない東芝は冨岡がキック。これが中途半端になり三洋WTB北川があわやトライかと思えるぐらい深く攻め込み、ゴール正面で平林レフェリーの手が上がる。アドバンテージ。これで PGで3点は確実となったが、そのまま攻め続けゴール左側へ。東芝も粘り、ラックが出来たところで 40分経過のホーンが鳴り響いた。ラックに寄っていった Brown がいきなりBlind Sideを突いたところで敵味方縺れながらゴール内へ。目の前で見ていたレフェリーの手が上がってトライ。東芝の選手が天を向いて倒れた。平林レフェリーのポジショニングすごい。

最後はゴールも決めて 25-21。こんな凄いゲームは久しぶり。鳥肌絶叫モノ

帰り道、場内は異様な混雑振りだったのだけど、皆「いいものみた」といった顔であった。

花園ではサントリーがトヨタに勝利。決勝は三洋 - サントリーとなる。トヨタに上がって欲しかったんだけどなぁ。こうなったら三洋に頑張って欲しいところ。三洋の課題はラインアウトとFWの集散かなぁ。モールに関しては東芝にはやられてもサントリー相手なら特に問題はないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

Mii 管理

何か今日は午前中はてもちぶたさんに待たされることが多かったのだけど、その間馬鹿なことしか思いつかなかった。

で、一番疑問に思ったのがこれ。

「二股、三股かけてる Wii オーナーって Mii の管理どうしてるんだろう?」

とりあえず遊びに来たら Mii 作るよね。登録して遊んでまた次来た時消えてたら不自然よね。ということは残すよね。
二股だったらどうすっぺ?「『たかし』って誰だよ!?」「この『さゆり』って何!!」みたいな修羅場になりそうな気がするんだけど。

Wii は確か誰がいつ何をやったかってログも残ってて閲覧可能だしなぁ。カーナビの履歴で浮気がバレる、なんて話を思い出してみたり。

大体、近頃オイラ達、ログを取られすぎじゃねーか?子供の頃、停電して時計をセットしなおさなきゃいけない家電とか、電源切っても待機状態で電力を食う家電なんて無かったのが嘘のようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

リバウンド

気まぐれな運動「かえって太る」

 たくさん走る人(男性で1週間に32キロ以上、女性で同16キロ以上)の場合、走る距離を短くしたときに増える体重は、走る距離を長くしたときに減る体重とほぼ同じだった。
 ところが、1週間に数キロしか走らない人が走るのをやめたときに増える体重は、同じ距離を走っていたときに減る体重を上回っていた。また、走る距離を短くしたときの体重増は、たくさん走る人の4倍に達していた。

1週間に32kmと数キロの間の人間はどうしたらいいのですか?先生。現在のオイラの走行量は週2回で1回5~6km。現在8km前後のコースを模索中ですが。

この記事、逆に言うと一旦始めちゃったらもうやめちゃダメ、という宣告だなぁ。

現在のオイラのBMI (Body Mass Index) は22ちょっとで指標としては極めて健康。実際健康なんだが。
ちなみに25からが肥満ということで身長 1.73m のオイラは 25 x 1.73 x 1.73 = 74.8kg からが肥満。一時期70度線上を彷徨っていたオイラにはそこそこリアルな恐怖である。
ところがUSではこれは単に overweight なだけで、BMI30を超えなければ立派な obese と認めてもらえないらしい。30 x 1.73 x 1.73 = 89.8kg ってこれは無理だろ。

ちなみに平日の昼食をSOYJOYにして、毎週2回走ってBMI22を維持のオイラ。これ以上削るのは難しそうである。というか、普通の30半ばのオッサンの生活をしてたら BMI 25辺りは寧ろ標準な気が。

学生の時に単位が貰いやすいということで取っていたスポーツ医学の講義で、あれやこれやと測定されたのだけど、体密度測定の時に助手の人に「しげお君、便秘?じゃなきゃ、かなり内蔵が重いねぇ」と言われたのだ。もちろん便秘ではなかった。実際70kgぐらいの頃に、他人に体重言うと「え?そんなにあるんですか?」と言われたもので。見た目よりはずっしり重いのよ、オイラ。

どう考えても過労だろ、というぐらい働いても堅牢な内臓がダウンしないので休めないのはこの辺りか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

IE7

朝起きたら自動更新のお知らせの中に IE7 が。ついにこの日が来た。

IE4 => IE5 の時もなんか挙動が全然変わってて大変だった覚えがある。今まで見れてたものが見れないとか。でも、あの頃は Netscape のバージョン違いとかもあって、ちょっとしたWebサイト作るにしてもブラウザの数が多くてそもそも大変だったんだよな。
IE6 が出たときはもっと大変だったなぁ。何か入れたら二度とIE5に戻せないとか。妙に不安定になってたりとか。

今回のIE7は何となくシレーっと移行できて欲しいものだけど。いや、オイラが使うんじゃなくて、周りのリテラシーのそれほど高くない人達が自動更新で入っちゃってはまってオイラが呼び出される、という悪夢のルーチンを回避したいだけ。

とりあえず自宅ではIEはほとんど使わないのでIE7はスルー。多分ディスク食うだけだよね。IE7の方がIE6よりサイズが小さくてディスクが空くというなら入れる。けど、MSFTのプロダクトでバージョン上がってサイズが下がるってのは考え難い。

問題はオフィスのPCだな。サポートというかテストするブラウザが増えるのは鬱。使ってないノートに入れてみるか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

国宝第一号

南大門、全焼崩壊 韓国社会に強い衝撃

大手紙も「崇礼門が全焼崩壊」(東亜日報)、「国宝1号も守れない韓国」(中央日報)などと大々的に報じた。

韓国に行ったことがないので、南大門というのを見たことはないのだけど、韓国には国宝に番号が打ってあるらしい。日本でも国宝は管理されてるわけでIDぐらいありそうなもんだけど、ナンバリングされてる話は聞いたことがないなぁ。
でも、当然最初の国宝は存在するはず、と思って調べてみると、京都太秦の広隆寺の弥勒菩薩象がそうらしい。ふーん、行った事ないな、と思ったのだけど、更に調べると、別にこれは第一号ではなく、「彫刻第1号」なだけであって、文化財保護法施行後に最初に国宝指定する際には一気にどばっと指定されたらしい。ので、どれが第一号というのはないそうな。

ちなみに、昔は国の宝は十把一絡げに「国宝」だったらしく、一旦これを全て1950年に重要文化財と指定し、1951年にその中から「国宝」を選びなおしたとのこと。案外国宝の歴史は新しい。

さて、上記の広隆寺、縁起には聖徳太子の大事な仏像を祀る寺、聖徳太子の夢占いで建てた寺、聖徳太子の供養の為に建てた寺、などの諸説あるそうだが、何にせよ聖徳太子絡みで建てた蜂岡寺というのを現在の地に移したものだ、ということ。

ところがこの連休の東京新聞の社説にショッキングな記事が。

書き換わる聖徳太子像

国語・国文学、美術・建築史、宗教史からも実在は次々に否定され、史実として認められるのは、用明天皇の実子または親族に厩戸(うまやど)王が実在し、斑鳩宮に居住して斑鳩寺(法隆寺)を建てたことぐらい。聖徳太子が日本書紀によって創作され、後世に捏造(ねつぞう)が加えられたとの結論が学界の大勢になりました。

超弱る。鎌倉幕府のスタートが1192年じゃなくなってた以来の衝撃。今の小学生の教科書にはどう書いてあるんだろう?
歴史上の「事実」が研究で変更になるのは構わないけど、「大人」にも周知してくれないと。 変に子供とかに話をしたら「だっせー、まだ聖徳太子なんか信じてるの?」とか言われかねない。サンタクロース並の幻想である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

ねどべど

東京がネドベド獲得へ10億円補強に動く

左右ミドルの打ち分け、走りまくるスタイル、オイラがウイイレやってた頃には必ず中盤に置いていたような。ウイイレ初期から登録されてるネドヴェドも36歳。さすがにHUMANのサッカーにはいなかったかな。あのころはユーゴのトイコッチ(ストイコビッチ)がスター選手だったからなぁ。

本当に獲得できたら凄いことなんだけどな。取れたらJリーグ見に…いかないな、きっと。

サッカーを生で観戦したのは1度きり。Man. U - Celtic @ Seattle という訳の分からんシチュエーション。スター選手勢ぞろいだったし、ギグスはえーとかいうのはカメラワークに左右されず見れたので良かったとは思うんだけど、なんかサッカーって周りと盛り上がるのが目的で行くような気がしてな。特にJリーグとか代表の試合とか。
見てても結構退屈な時間多いし。中盤より後ろで回すだけとか。

そんなオイラは明日秩父宮に行くかどうか迷い中。
ラグビー見に来てる人って、皆周りは関係なく試合を見に来てるんだよな。で、いいプレーには敵味方無く拍手。そもそもちょっと足引っ掛けられてのた打ち回るスポーツと、全速力で走ってるのに後ろから足首狩られて吹っ飛んでも平気なスポーツの違いがあるし。
先週の試合が延期ということでチケットは持っていないんだけど当日券はあるだろう。カードは絶好なんだけどな。雪が降りそうっていうんでな。

今年3度目?4度目?本当によく雪が降る冬ですこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

ギョーザ

「ぎょーざ」で変換するとギョーザになる。
「ぎょうざ」で変換すると餃子。

近頃の報道は「ギョーザ」一辺倒。表記は「ギョウザ」じゃないのかという疑問。何か違和感感じるのよ。

語源は色々説があるようだけど、中国では「チャオツ」?と読むとか。中国も広いからどこが正しいのかわからんけど。そういえばドラゴンボール的にはチャオズ。チャオヅか?
これが訛りでギァオヅになったとかなんとか。

であれば、やっぱ「ギョウザ」の方が近いと思うんだけどな。

で、味の素の冷凍ギョウザしか食ったことの無いオイラに無関係と思われた今回の騒動。
3月中旬納品予定のクライアントが大手飲食チェーンでして。
広報が担当部署だったんですが、担当者が捕まりませぬ。

騒ぎがデカイのはコンシューマ向けだけど、インパクトでかいのは業務用みたいですな。

さて、オイラのスケジュールはどうなる事やら・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

心遣い

ここ数年同じ施設で健康診断を受けてるわけですが。

最初に聴力、身長/体重、血圧、視力、眼底写真、採血などがあるわけですよ。近頃は偉いもので、身長/体重、血圧、視力なんかは全自動なんですよ。横にプリンタがついてるので記録すら不要。
で、その結果採血のところにキューが溜まるわけで。さすがに採血を全自動とかいうのは無理なのかね。更に出るのに任せず吸引すればもう少し早く終わると思うんだけどな。ちょっと怖い気もするな。
そういえば、蚊は吸血って言うけど吸ってるんだろうか?それとも血圧で流入してくるのを待ってるんだろうか?ちょっと調べたけど分からんな。

で、今回の検診で変わったことが2つ。

心電図取った後で胴囲計られた。それもベタにメジャーで。測定系なら身長とかと一緒にやりゃええのに、と思ったけど「心遣い」なんだろうか?これ、あれだな。要はメタボ検査だな。

後、もひとつ。最後の検診が終わってファイルを渡されて受付に持っていくんだけど、その中身を見たら担当者のサインだけで数値系が全てブランク。明らかに記入用の欄があるのに。身長、体重、視力等々。去年までは記載されていたはずなんだけどなぁ。これも個人情報保護ですか?要は問診の先生とかが自分の担当外の数値とか見ないように?これまたお心遣いか。
結局、後日郵送されてくるまで自分のスペックは分からないのですな。

個人的には左の矯正視力が落ちてる気がしたので落ち着いたら眼科で測定してもらおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

手数料

月末は色々とお金を動かさなきゃならんのです。

で、先月末某都銀に行ったら自動音声で「取引限度額が変更になります」と。また引き下げるらしい。

別にお金持ちではないけど仕事の関係でそれなりのお金動かさなきゃならんのよ。売上が大きいからって利益が大きいとは限らないみたいにね。
今回の限度額引き下げで、これまでは1回ないしは2回で済んでた引き出し作業が3回ぐらいになるそうな。何度もおんなじ作業せにゃならんし、後ろに人待たしてたりすると気分悪いし。

大体、銀行側の都合なんだから、だったら手数料引き下げろと。手数をかけておいて手数料据え置きってどういうことよ。そもそも日本の銀行は色々と怠慢すぎるんだよな。(cf. 銀行のネット振込は、どうして半角カタカナ?)

などと憤慨しつつ銀行のサイトを見たら「IC認証カードへの切り替えが無料になりました」とのアナウンス。

ほう、やるではないか

ICカードにすれば限度額はこれまで通りかちょっと大きくなるとのことで、早速切り替えに行こうかと思ったのだけど、ICカードでも既存のATMでは磁気ストライプカード扱いですと。つまり限度額は引き下げられるわけで。当然、オイラが普段使う出張所レベルではICだの生体認証だのついたATMは無い訳で。

やっぱり手数料下げろよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

ラグビー三昧

トップリーグ最終節に 6 Nations 開幕週が重なってどないすりゃええねん?と。

[東芝 39- 21ヤマハ]
両チームとも4トライ以上のボーナスポイントを加えた勝ち点5がないとベスト4に残れない、ということで攻めまくる。ヤマハはSH 矢富、SO 大西の組み合わせでひたすら横に展開、東芝は全盛期の神戸を打ち破った頃のようなひたすらスピーディに縦に突っ込むプレー。結局はヤマハの細かいミスが響いて勝負を決めた感じだったけど、ボールが良く動いて面白いゲームだった。東芝はFL渡邉、No.8 豊田というところが良く絡み、良く走っていたイメージ。ヤマハでは矢富から大西への距離のあるフラットなパスは前半よく機能していたと思う。たまにほんわかしたパスがあったりしたので不安があったけど。
試合後にはSH 村田の引退セレモニーが。歳は40歳ということで、サントリーの清宮監督と同い年。堀越正巳とも同い年ぐらいのはず。東芝の瀬川監督からは後輩からとして花束を貰い、プライベートでも仲のいいというゴン中山から同じ背番号9のユニフォームを貰ったりしていて、中々感動的なセレモニーでしたよ。これで残ってる「あの頃」の選手は松田努、元木、伊藤剛ぐらいかなぁ。

[ENG 19-26 WAL]
ついに始まった 6 Nations。トゥイッケナムでの試合は前半、CTBの小気味いいインサイドブレイクとブレイクダウンでのFWの強さ、正確なWilko のPG/DG でEngland が圧倒。さすがに World Cup 準優勝国のホームゲーム、予選プールで去った Wales など相手にならんわ、という感じ。16-6 で England リード。
後半はさすがに Wales も修正してきたようで、さほど簡単に turn over されることは無くなったな、と思っていたら、あれよあれよという間に12分間で20得点。Wilko のキックやパス捌きにミスが出だしたのと対照的に Wales の SO J.Hook は全てのゴールを成功させ、後半には輝きを取り戻した。結局1トライ差をつけたところでまさかのEngland 敗戦。
RWC後に色々いわれながら首の繋がった Ashton HC にとっては悪夢のような試合。Wilko の後継者と目される London Wasps の20歳のSO D. Cipriani もCTBとして途中出場したものの見せ場なし。

[IRE 16-11 ITA]
World Cup では思いのほか弱かった Ireland のホームゲーム。あまり面子は変わっていない。
結局 CTB O'Driscoll の往年の縦突破は見られず、Ireland Team としての繋がりも見られず。一方の Italy は実力通りということで決して強い訳でもなく。非常に退屈な試合。
CTB Gordon D'Arcy は試合中に腕を骨折して手術が必要とのこと。残りの試合には出られない。


日曜起きたらすげー雪。府中競馬は中止とのニュースがあって、秩父宮でやる選手は大変だなぁ、と思っていたら、秩父宮も雪で中止と。トップ4を決める2試合は来週に順延。トップリーグのページには「これ菅平のスキー場?」と思えるような秩父宮ラグビー場の写真が。


[クボタ 27-20 九州電力]
勝てば入れ替え戦を回避できそうな2チームの争い。
九電がいい感じにせめて一時は 5-20 とリードしたのに終わってみれば27-20と。クボタはケフがいなかたのだけど、マクイナリ投入が効いたのかなぁ。なんか両チームともラインのスピードもFWの集散も遅くてあまり見所なし。

[神戸 28-26 IBM]
前日の東芝の勝利でベスト4入りが無くなった神戸。一方で何とか勝ち点2を挙げて2部との入れ替え戦を避けたいIBM。目標の有無が出たのか、終わってみれば2点差。神戸としては薄氷を踏む思いであった。SO Hola のキックが悪すぎ。FW陣も反則をとられまくって、乱闘もどきが何度か。J. Blackie が不思議な倒れ方をして退場したのが心配。一度立ち上がってから、ボールの無いところで独りで倒れたのでな。
IBMの結果次第で入れ替え戦に回ることになる九電の選手が試合展開を冷や冷やしながら見守っていたのが印象的だった。
三菱自工とリコーが自動降格、近鉄と横河電機が自動昇格。サニックスはマツダと、IBMはワールドかセコムとの入れ替え戦に回ることに。横河電機のゼネラルコーチは「あの頃」のスターWTB 吉田義人である。

日曜深夜の France - Scotland はお預け。今日はもう一つの楕円球、Super Bowl だしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

歯が (2)

治った。

「先生、俺の歯が、歯がぁ~~~」

と泣きじゃくりながら医者に行ったら先生も少しばかり驚いていたんだけど、一目見て

「あ、仮歯ですね」

と。

どっちかっていうと「何だよ仮歯じゃねーかよ、びびらせんなよ」という空気。

現在同時並行で3本仮歯だし、実は来週で仮歯とはサヨナラということで、結構いい感じに馴染んできてるので、どれが仮歯か自分で分かってなかったり。てか、歯医者の治療ってどこで何やってるのか全然わからん。麻酔打たれてる、とか、今削られてるってのは分かるんだけど、何かこないだはテープみたいなの巻かれてたような気がするし。養生だったんだろうか。あと、コーキングみたいなの流し込まれたり。何かちっちゃいのを詰め込んだり。

あれだな。メイド美容室みたいに上に鏡つけて何やってるか見せてくれてもいいような。って行ったことないけど鏡あるんだよね?オイラが親知らず抜いたときみたいに血で血を洗う修羅場だったりしたらぶっ倒れるのかもしれんけど。

とりあえずカルシウムは足りてるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯が

欠けた。

SOYJOY食って、ガム噛んだらゴリッとな。えれー硬いガムの表面だな、と思ったら歯でしたよ。

なんだろ痩せて弱まってるのか?毎朝カルシウム200mg を摂取してるはずなんだが。

火曜にいったばかりの歯医者に急患で午後行く事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »