« ねどべど | トップページ | IE7 »

2008年2月12日 (火)

国宝第一号

南大門、全焼崩壊 韓国社会に強い衝撃

大手紙も「崇礼門が全焼崩壊」(東亜日報)、「国宝1号も守れない韓国」(中央日報)などと大々的に報じた。

韓国に行ったことがないので、南大門というのを見たことはないのだけど、韓国には国宝に番号が打ってあるらしい。日本でも国宝は管理されてるわけでIDぐらいありそうなもんだけど、ナンバリングされてる話は聞いたことがないなぁ。
でも、当然最初の国宝は存在するはず、と思って調べてみると、京都太秦の広隆寺の弥勒菩薩象がそうらしい。ふーん、行った事ないな、と思ったのだけど、更に調べると、別にこれは第一号ではなく、「彫刻第1号」なだけであって、文化財保護法施行後に最初に国宝指定する際には一気にどばっと指定されたらしい。ので、どれが第一号というのはないそうな。

ちなみに、昔は国の宝は十把一絡げに「国宝」だったらしく、一旦これを全て1950年に重要文化財と指定し、1951年にその中から「国宝」を選びなおしたとのこと。案外国宝の歴史は新しい。

さて、上記の広隆寺、縁起には聖徳太子の大事な仏像を祀る寺、聖徳太子の夢占いで建てた寺、聖徳太子の供養の為に建てた寺、などの諸説あるそうだが、何にせよ聖徳太子絡みで建てた蜂岡寺というのを現在の地に移したものだ、ということ。

ところがこの連休の東京新聞の社説にショッキングな記事が。

書き換わる聖徳太子像

国語・国文学、美術・建築史、宗教史からも実在は次々に否定され、史実として認められるのは、用明天皇の実子または親族に厩戸(うまやど)王が実在し、斑鳩宮に居住して斑鳩寺(法隆寺)を建てたことぐらい。聖徳太子が日本書紀によって創作され、後世に捏造(ねつぞう)が加えられたとの結論が学界の大勢になりました。

超弱る。鎌倉幕府のスタートが1192年じゃなくなってた以来の衝撃。今の小学生の教科書にはどう書いてあるんだろう?
歴史上の「事実」が研究で変更になるのは構わないけど、「大人」にも周知してくれないと。 変に子供とかに話をしたら「だっせー、まだ聖徳太子なんか信じてるの?」とか言われかねない。サンタクロース並の幻想である。

|

« ねどべど | トップページ | IE7 »

智慧袋」カテゴリの記事

コメント

札のデザイン改訂の時に全部新しい時代の人にしたのは、あの時すでにウスウス感付いていたんじゃないかと思ったり。

投稿: しげお | 2008年2月14日 (木) 08:02

旧1万円札は捏造された人物を使っていたことになりますなぁ。

投稿: kei | 2008年2月13日 (水) 10:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232324/37749744

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝第一号:

« ねどべど | トップページ | IE7 »